たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

XR250

グレート・ストライカー号除籍

名称未設定 1

 今日、足立の陸運局に行って、XR250グレート・ストライカー号の廃車手続きをやってきた。やった事ない手続きだけに、ちょっと躊躇いもあったのであるが、やってみたらアッサリ10分ほどで終わってしまった。まぁ、書類はバイク屋に書いて貰ったので、自分はナンバー返して、書類出しただけなのであるが。
 特段、感慨深いものがないのは、バイクそのものは、市貝においてあるからだろうか。もっとも、教習車としては使いにくいって事で、他に転売して貰えるよう、急遽、廃車の手続きをしたので、長いことはあそこには置いてないかもしれない。
 しかしまぁ、とにもかくにも、これでお役ご免である。ツーリング用ならまだまだ乗れると思うので、他の人のところで役立ってくれる事を希望する。






勇者の帰還

名称未設定 1

 XR250グレート・ストライカー号は、AAGP猪苗代全国大会のあとに整備に出す事にしていた。と思ったら、その猪苗代大会でクラッチが滑ってしまい、予定外の大修理になってしまった。しかしまぁ、夏までの半年間、スクールで散々こき使ってきたのであるから、ここらで思い切った整備も必要であったのだ。
 今回やって貰った整備は、フロントフォーク・リアサスのオーバーホール、ステム・リンク・スイングアームのグリスアップ、クラッチとその周辺部品の交換、エンジンオイル・フィルタ交換、リアブレーキパット交換。しめて70,422円の大整備である。
 この修繕以外に、フロントフォークの突き出しを5ミリ追加、リアサスのセッティングをノーマルに戻して足つき性を良くし、サブフレームのヘルメットホルダーと荷掛フックを除去して軽量化と転かした時に起こし易くする工作もして貰った。自分がこのバイクでスクール受けたり、スプリント系のレースに出るという事はないのであるが、他にスクールに行きたい人用に一般的なセッティングに戻して貰ったのである。
 もっとも、まだまだ余計な物が一杯ついている。スクールで使うなら、ハンドガードやアンダーガードは不要であるし、公道走らないのであれば、メーターやホーンも必要ないのであるから、取り外す予定である。(残しておけば、いつでも公道仕様に戻せる)
 リアサスは相当にヘタっていたそうである。去年の秋にフロントフォークのOHに出した時は、リアは余り使ってないと言われたものである。まぁ、スクールで跳びまくったので、ヘタるのも仕方ないというものだ。しかし、レーサーに乗り換えた今となっては、よくもこんなバイクで跳ぼうとしていたものである。今なら御免である。それよりもコブの通過を徹底的にやっておくのだった。その方が上級に上がってから楽だというのを、今になって気が付かされた。
 その様な訳で、グレート・ストライカー号は中級までの練習機という位置づけで、跳ばずに地面を這い回るマシンとして、これからも活用していく事にする。






初オイル交換

名称未設定 1

 今日、初めてグレート・ストライカー号(XR250)のオイル交換をした。オイル交換と言えば、こないだのスクールが終わったあと、ランスチャージ号(CRF250R)のオイルを交換したのであるが、今日の作業でいくつかの間違いがあるのが判った。
 交換の仕方は、今までもバイク屋で見てきたし、サービスマニュアルもあるんで、一通りは理解してたけど、イザやってみると、ドレンボルトの回す方向間違えたり(いつもの事たが)、飛び出したオイルがオイルパンを飛び越して地面に垂れたり、新しいオイルを注いでて溢れさせたり、といった具合。失敗する度に、前はどうしてたかを思い出して、それが勉強になった。
 一応、メスシリンダーで計って入れたが、エンジン回してみると、やや少ない感じ。少し足して完了したが、ランスチャージ号の方は、定量入れただけでエンジン回してないから、改めて確認しないと。
 今回は、地面も汚しまくり、パーツクリーナーも使い過ぎた。次はもう少し上手くやるだろう。作業するに当たっては、キッチンペーパーの様な物が必需である。






フロントフォークOH

名称未設定 1

 前回のスクールのあと、急に始まったFフォークのオイル漏れ。特にひどかったのがディスクのある左側で、地面にオイルのシミが出来るくらい。明らかに異常である。次のスクールまでに2週間の間があるものの、あれこれと忙しい事もあって、近所のバイク屋で診て貰う事にした。
 結果は、インナーチューブのメタルが摩耗して、ガタが来てる、との事。前回のスクールではジャンプの度に底突きしてた訳だが、それにも増してレーシーなブレーキング(というほどレーシーでもないと思うのだが)の連続で、ディスクのある方に負荷が掛かったのであろう。
 新車で購入してレース始めるまでは、こんな症状は現れなかったし、前回OHしたのは去年の9月である。その間、レースには4回出て、ここ2ヶ月の間にスクールには5回は行っている。トレール車としては過酷な使い方をしている、という事であろうか。本来なら、もっと大事に乗らなければならない車体、という事でもあると思う。
 当初の計画では、8月までに中級を終えるとして、それまではグレート・ストライカー号で受講して、それ以降はレーサーに乗り換える事にしていた。トランポもまだ調達してない事もあって、秋までは持たせるつもりでいたのだ。しかし、予想以上に早くレーサーが必要になってきた様である。






S12装着

名称未設定 1

 昨日、仕事から帰って、速攻でクライゼルに行き、レース用ホイールのタイヤをAC10からS12に交換した。事前情報では、S12のビートは固くて、なかなか入らない、という事だったのだが、難儀したのは最後にはめ込む時くらいなもので、あとはAC10の時とさほど変わらない難易度だった。むしろ、半年ぶりなので、手順は一応頭に入っているものの、手つきが怪しくなっていた。こういう作業は、マメにやらないと身体が覚えない様だ。まぁ、無理して自分一人でやろうとせず、バイク屋のサポートを受けたのは、時間のない事もあって正解だった。
 さて、帰りは当然、乗って帰ったのであるが、まず車高が2センチほど上がった様な気がする。足は両方のつま先しか着かない。まぁ、それでも着いてしまうところが、図体のデカイ身体の有り難いところだ。舗装路の走行は、まぁ地面が乾いている限りにおいては、時速60kmくらいだったら安全に運転出来るっぽい。ただし、コーナーで車体を倒し込むと、ある一定の角度を超えると、カクっとなって倒れそうになる。もっとも、このタイヤは公道使用不可であるし、またこのタイヤ履いて自走でアチコチ行きたいとあまり思わなくなった。
 それよりも、顕著に感じたのは、グイグイと前に押しだそうとする感じがする事。S12に比べると、今まで履いたタイヤは、道の上を転がってる様なものである。さすがは泥対応のタイヤだけの事はある。






Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索