たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

XR230

共通化

40973ceaef9e7ff625dc20ee37bd60ef

 特に兵器の世界では、部品の共通化というのは、生産性や運用の面で利点が多いと言われているのだけど、バイクに関しても同じだと思う。2014年の後半以来、XR230“パンツァーファウスト号”に次々とCRF250Rのパーツが取り付けられ、CRF250RX“モルゲンシュテルン号”もリアを18インチ化した事で、両車には様々な共通部品が増えた。

  • 前後タイヤ
  • 左右レバー
  • ハンドル

 タイヤが互換させれるメリットは非常に大きいと思う。どちらもエンデューロマシンとして仕上げたので、同じエンデューロタイヤ使えるのは有り難い。いわゆる補給の面で非常に楽である。今までなら、ヘタしたら、2台分で4本もタイヤがダブつく事があったのだが、うまくヤリクリすれば、どちらかに新しいタイヤを履かせた時に、もう1台に古いのを履かせて使う、という事も可能だ。あと、リア18インチは結構潰しの効くタイヤで、山や角が残っていれば、ヤフオクで転売する事も可能である。19インチだとなかなか買い手が付かないのだ。
レバーは、これまに折った事はないとは言え、やはり予備を持っておく必要のある部品であるが、2台別だとやはり面倒臭い。共通化していれば、1セットあれば、とりあえずはどうにかなるし、何ならどっちかから外して使う事も可能である。言ってみれば、予備を2本持っている様なものである。ちなみに、これまでZETAのピボットレバーを使って来たのだが、アーマーハンドガードを常備する様になってからは、純正のレバーに付け替えている。実は純正のレバーの方がタッチが好きなのである。ただし、ガードを付けていても折れたり曲がったりする時はするので、その意味で予備が多いのは有り難い事である。
 ハンドルは共通化の為というより、XR230で楽に乗る為の施策として、ハンドルバークランプキットを装備したのだが、結果として、CRFと同じZETA SX3 ED-Lowを共通化する事になった。この効果は早くも現れていて、こないだの日曜日、谷田部で試走してみたところ、ハンドルの形状や高さに対する不満はほぼなくなった。ただし、もう5mm前に出した方が良さそうな感じである。そうした微調整も可能であるので、大枚かけた価値はあった。
 この他にも、グリップもXRにCRFの物を付ける事で、グリップの予備も共用する事にしている。ハンドガードも新しい物を買ったが、別に2台とも新しくしなくても、レースに出る方に新しいのを付ければ良いだけで、まぁ、お金に余裕が出来たら2台目にも新しい物を買おうかと思う。





Panzerfaust Projekt

677daccd7aaa0ee88a9bacee4f1ef31d

 XR230“パンツァーファウスト号”、2013年8月に15万円で譲って貰って以来、あれやこれやで70万くらい使って、ここまで仕上げたんだろうなー、我ながらアホやってるなー、とか思ってんだが、改めて家計簿引っ張り出して、購入以来今日まで掛かった経費を計算してみた。

 驚愕した!!!!!

 なんと、合計で1,136,953円!!!! 我が目を疑った!! 一体どこをどうすれば、そんな金額になるのか???

  • まず、車体を含め、各種装備品に274,472円。
  • エンジンなどの必要な通常整備に378,051円。
  • 度重なるクラッチの交換費用に154,758円。
  • レーサー化の為の特殊整備に329,672円。

 これだけの金額あれば、外車のエンデュランサー買えるよね? もし他の誰かがこんな事してたら、親愛の情を込めて「アホちゃう?」と言うw うん、言うな。つか、口が裂けても親には言えんなwww なんぼ「早う大きなって自分で買い〜」と言われ続けて、あまり欲しいもん買って貰えなかったにしても、こりゃ大人買いのほどが過ぎるww
 しかし、特筆すべきは、こんなに使った自覚が全然ないという事だ。確かにお金はそれなりに掛かっているので、先にも述べた様に70万くらいは行ってるかなー、とは思ってたんだが、まさかの100万越えwww しかも、さらに5万くらい掛けて、ブレーキパッドだのバッテリーだのを換えるつもりでいるのだww 120万逝っちゃうねw
 使った自覚がそれほどないのは、別に貯金取り崩した訳でもないし、その都度その都度、お金工面してたからで、息切れしてなかったからだと思う。それが証拠に、さらにCRF250Rの方もこれからやっつけるつもりなのだ。





幸せになれたのか?

c67d236ae9d8fd787380310783943323

 昨日の練習の時に「トレール車にいくら金掛けても仕方ないからレーサー乗れっていうからモトクロッサー乗ったけど、果たして幸せになれたのか?」という命題について友人と話しをしてた。二人の共通見解としては、「必ずしもそうではなさそう」というものだった。自分に関して言えば、正直なところ、もっか大金を注ぎ込んでるXR230の方が乗ってて楽しい。かつてXR250でやろうとしてた事を、一気にこれで実現しようとしてる感じだ。
 レース用のマシンというのは、以前にも書いた事であるが、そこそこ以上に乗れる様になった人が乗って、初めて幸せを感じれるマシンなのであって、そこそこ以上を目指さない人、目指しようのない人、目指す気のない人は、トレール車でも十分幸せになれるのではなかろうか。どうしてもこの世界は、やれレーサーに乗り換えろっていう風潮が多いのであるが、その結果、不幸になった人も多いんじゃないのかなー、とそこはかとなく感じるのである。
 まぁ確かに、もう1台バイク買えちゃうほどのカスタムをしちゃうのも、あまり人にはオススメ出来ないのであるけど、趣味の楽しみ方は人それぞれ、毎年モトクロッサー買い替えるのも、バラのパーツからバイク1台作るのも、総じて楽しみ方であると思う。そして、その時々の自分のニーズにあったお友達やお店に巡り会えるかどうかが、幸不幸を分ける気がする。まぁ、これは運次第ってところでもあるが。

 ところで、こんなナーバスな話しをしたあと、二人してサスのダンパー調整をやったら、二人ともモトクロッサーが乗り易くなって、前言をあっさり翻してしまった。要するに、苦行でないならモトクロッサーもそこそこ楽しいという訳だ。





最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ