たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

XR230

XR230売却

2019-11-02 10.50.57
 XR230“パンツァーファウスト号”を売却した。急な話である。先月、谷田部で一緒に走ったTOYZのお客さん(その場でエンデューロ部に強制入隊w)が、XR230が欲しいという事で、こないだの日曜日、TOYZの脇の駐車場でチョロっと乗ってもらい、その場で即決した。しかも、今月10日のじょんいっと祭りに投入するらしく、その日、TOYZに置いてきた。あっさりしたお別れである。
 XR230は元々はトレールトライアル用に買ったのであるが、早々に挫折。むしろ粘り強い強心臓なトルクに惚れ込んで、これでもかこれでもかと改装しまくり、2013年から2015年の主力機となった。今でこそ「重さの割にはパワーがない」と文句言っていたが、当時はこれでデコボコランドを走り回っていた。乗ってて楽しいバイクだった。というより、バイクを乗る楽しさを始めて感じれたバイクだった。
 それまでバイクを「乗りやすく改装する」という発想は全くなくて、とにかく「乗りこなせる様に頑張る」という思想しかなかったのだが、それはすなわち、心身ともに苦行であった。趣味で苦行なんざ真っ平であるから、このバイクとMotoshop TOYZが無かったら、今頃、この趣味は辞めていたはずである。
 そうした重要な役割を果たしたバイクではあるが、近年、旧式化した印象は免れず、勝沼レベルのレースでは明らかにパワー不足だった。そして、CRF450RXと合わせて、軽量かつ高出力なバイクに統合する計画の中で、BetaのX-Trainerに転換する事になり、その資金の為にも売却を考えていた矢先、幸いな事に引き取られる事になった。
 同じTOYZのお客さんが引き取ってくれた事でもあるし、これからもちょくちょく見かけるではあろうけど、ひとまずご苦労様でした。









トライアルスプロケ復活

2019-04-18-00.11
 前回のWEX勝沼でXR230“パンツァーファウスト号”のクラッチを焼いた件で、動画を見たマックさんから、スプロケのサイズを変えた方が良くない?と提案されました。現状では、フロント12丁のリア42丁なのですが、リアをデカくしたらどう?という事です。確かに、その方が坂を登るのは楽になります。その代わり巡航は遅くなるので3速に上げて走らねばなりません。
 しかし、リアをデカくするとなると、まずスプロケを買わねばなりませんし、チェーンガードも下げねばなりません。またチェーンも長くしなければならずと、出費がかなり大きくなります。ところが、自分は以前、10丁のトライアルスプロケを使ってました。ただ、フロントスプロケが小さ過ぎると、エンジンに負担が掛かるのでは?と思って12丁にしました。しかし、そんな事は全然ないんだそうで、だったらリアをデカくするよりは、フロントを小さくした方が、そのままポン付けですからお手軽です。
 と思って、久々にトライアルスプロケを使う事になったのですが、いざ使うとなるとどこ行ったか分からない。確か。1月のクロスミッションADVの時に使うかどうか迷ってて、サークリップを失くしたので使わず終いだったのですが、その時にどこかにやってしまったらしい。もしかしたら、もー要らんと捨ててしまったかもしれない。せっかくサークリップ貰って来たのにー、と地団駄踏む始末。結局、リアをデカくするよりは改めてトライアルスプロケを買い直した方が安いので、以前買った時と同じ三谷さんとこで買い直しました。
 で、こないだの成田の時に12丁から10丁にしたのですが、乗った嫁さん曰く「こっちの方が乗りやすい」、側で見てたエンデューロ部隊員曰く「信じられんゆっくりした速度で大阪登ってた」という事で、やはり変えただけの事はありそう。まぁ、早く走りたい時は3速にすれば良いという事で、しばらくそれで行ってもらう事にしました。






XR230 クラッチ交換

IMG_6975
 先日のWEX勝沼で2周半でクラッチ焼いてリタイアしたXR230“パンツァーファウスト号”のクラッチを交換した。もう10回以上は交換してるので、店の方も心得たもんで、クラッチ交換頼んだだけで、必要なパーツを揃えてくれる。XR230のクラッチ交換はモトクロッサーとちょっとやり方が違うが、マニュアルも無しにサクサクっと交換してくれる。手慣れたもんである。
 今回もクラッチ板やフリクション板は真っ黒け、オイルもくっさい臭いを漂わせていたが、ケースの中は意外にきれいだった。これが前なら、茶渋が付きまくった感じに汚れていたのだ。きれいな理由は、クラッチが滑って坂を上らなくなった時点で、それ以上無理させずに止めた事と、エンジンオイルのシルコリンの洗浄作用によるものであろう。クラッチスプリングは流石にヘタっていたが、バスケットの方はさほど段付きも起こしておらず、まだまだ使えそうである。
 今回は、あのコンディションでクラッチ焼くかー、と思わないでもなかったのだが、混戦で坂の途中で前が詰まったりすると再発進に手間取ったし、疲れ始めてアクセルの開けが悪くなってきて、坂のアプローチに遅れを取ると、途端にクラッチに負担のかかる乗り方になった。今のスプロケのセッティングでは、ちょっと荷が勝ちるのかもしれない。
 ちなみに、XR230で勝沼のレースを走るのは、これが3回目であるが、満足に完走した事がない。腕前もさる事ながら、XR230で勝沼のレースを走る事自体がオーバーワークなのかな、とも思わないでもない。






XR230 マッドガード

2019-03-22 18.22.37
 XR230はポテンシャルの高いバイクでありながら、クラッチの耐久性が悪いとか、整備性が悪いとか、色々ハンデのあるバイクなのであるが、そのハンデの一つにスイングアームが短いというのがある。つまり、100/100-18くらいのサイズのタイヤなら良いのだが、トライアルタイヤとか最近流行りのエンデューロ向けのタイヤだと、サイズが大きくてタイヤがマッドガードに接触する事が多いのである。おそらく、設計段階でそんなデカいタイヤを履く事を想定していないのだろうと思う。
 ところが、XR230はトレールトライアル向きのポテンシャルを持っているし、トリンバなどで使う時はトライアルタイヤを履くしかない。となると、たちどころに走ってる最中にマッドガードに接触して、マッドガードがめくれ上がったり削れたりする。ビビビビーー、みたいな音がする様になるのである。また、110/100とか120/90みたいなタイヤを履くと、マットガードまでの隙間が5mmくらいしかなくて、これでマディーとかだったすると、たちまち泥が詰まって重くなり、最後は動かなくなる。「死ねばいいのに」の時がまさにそんな感じだったのだ。
 なので、スイングアームを延長する計画も持ち上がった事があったのだが、最終的にはキャンセルする事になった。というのも、そもそもエンジンのパワーが大した事ないのに大きいタイヤつけたら、余計にパワー食われてしまうだろうからであろう。しかも、既にCRF250R(X)が就役してた事もあって、今後の主力車の方にこそ金をかけるべきであって、練習車になるXR230は履けるタイヤで対応する、という事になったからだ。その様な訳で、XR230でエンデューロに出る場合は、AT81の100/100-18で出る事になっている。VE33Sに比べると今や信頼性が低いのだが、まぁ、履けるタイヤが無いのだから仕方ない。
 さて、マッドガードだが、とにかくトライアルタイヤを履くと擦れて壊れるので、常時予備を持っておく必要を感じる様になった。そこで、ウェビックの純正部品で通販したのだが、パーツリストには1000円くらいだったのが、今は1458円に値上がってた。3枚頼んだら4374円。結構な出費になった。まぁ、送料かからないのが幸いか。クレジットカードで払おうとしたら、パスワードを聞いてきたのだが、いつもサイン書いててそんなもんはしらん。結局、Paypalで払う事にしたのだが、そっちだってクレカ引き落としでは無いか。おかしな所で気を使っているものである。








白井再び

2019-01-27-12.56

 オフロードパーク白井に行ったのは、実は今回が2回目だった。前回は確か2012年頃に行ったのだけど、その時一緒に行った奴にいきなりエライとこに連れて行かれ、嫌になって止めたら軽蔑の眼差しで見られと、非常に不愉快な思いをした。そういう思いをした時は記録に残さないので、他の人は自分が実は一度、白井に行ったという事は知らないのだが、まぁ、そういう事が前にあって以来、白井は自分には縁遠いところというより、些かの用事のないところという事になったのだ。
 自分のオフロードバイクのとっかかり口は、それこそトレールトライアルだったのだが、コレヂァナイ感を感じてベストテクに行き、モトクロスを一時期やってたけど怪我してエンデューロ(というかクロスカントリー)一本に絞った経緯がある。やりたいのはクロカンであって、トライアルではないのだが、昨今のハードエンデューロの勃興と、それにつられてクロカンもハード志向になってる現状から、せめてトレールトライアルくらいは馴染んでおかん事には、どのレースも出れん様な状況になりつつある。
 とはいえ、自分の攻勢終末点は、目一杯頑張って日野ハードエンデューロのソフトクラスが限界で、オフロードパーク白井で開催されるいかなる大会も、自分の限界以上と考えていたから、どんなに誘われようとも断る方針でいた。それを今回、あえて参加したのは、あまり断り続けるのも気の悪い話しだと思った事と、ともかく行ってみない事には良いも悪いもなかろう、と思ったからである。何事も経験である。
 終わってみて感じた事は、今回はぶっつけ本番でやったのだが、あれはあれでレベルの低い所から少しずつ慣らしていく様な練習をしてたら、それなりに出来て来る様になるのかもな、という事だった。こないだのトリンバの練習と同じ事である。いきなりハードルの高いところは目指さなくても良い。低いところからやっていくべきなのだ。
 あと、どんな事でもそうなのだが、一緒に行った人次第で、同じ事でも感じ方は違うという事だ。大変な思いでも、楽しい思い出になるか、嫌な思い出になるか、やっぱり人ありきだと思う。





XR230のハンドルウェイト

 去年の今頃、XR230“パンツァーファウスト号”は最終形態に完成したのであるが、今は大枚かけて付けたそれらの装備は全部外されて、完全に嫁さん仕様に改装されている。
 ハンドルはZETAのED-Lowよりも純正のレンサルバーの方が良いというのでそれに戻したのだが(もちろん、ZETAのCRF230F用のハンドルクランプキットも外した)、いざアーマーハンドガードを付けようとしたら、ハンドルのパイプに六角のボルトが入っている事に気が付いた。これではハンドガードのアダプターが入らないのでボルトを抜いてみたら、さらにその奥にゴムの栓の様な物が入っており、自分では抜けない事が分かった。そこでMotoshop TOYZに持ち込んで抜いてもらって出て来たのが上の写真のブツである。なんでもこの栓は、高速走行した時にハンドルが振動しないためのウェイトなのだそうである。XR250のように純正の鉄ハンドルであれば、予め中にウェイトが溶接されているそうだ。XR230のは社外のレンサル製なので、わざわざホンダの方で入れたようである。
 この他にも、レバーが遠くて手が痛い、というので、レバーの位置を調整して貰った。といっても、目一杯手前に調整してるので、これ以上前後位置は変える事が出来ない。そこで、レバーブラケットの位置を内側に寄せて貰った。本来ならウインカースイッチがあって、ハンドルグリップとレバーブラケットはもっと離れていたのだが、自分の手に合わせて近づけていたのである。しかし、それだと嫁さんの手では、レバーの根っこに近い位置で握る事になり、それで手が疲れていた様である。言われてみれば、その通りである。
 また、足もあと1センチくらい地面に着いて欲しい、という事で、シートを削る事も考えたのだが、その前にリアサスのプリロードを全抜きにして貰った。というのも、自分の体重でサグを出しているので、自分より軽い嫁さんが乗れば、その分沈まないので足が届かない理屈である。プリを全抜きにする事で、サスが柔らかくなって足付きがよくなり、お陰でシートを削らずに済みそうである。
 こうやって見てみると、つくづくXR230というのは、女の子向きに作られたバイクなんだな、と改めて実感した。

bc5be8c94e5c7d9265a04ce2318c3c66






山頂晴れて

82cb00981f76cd5ca60203319f69b007

 昨日の新谷田部ESLでの練習の事。嫁さんは今回もコースのご好意で昼休みに走って良いよという事で、延々40分も走っていたのであるが(なかなかタフである)、その最後の方で、新しく出来た奥のコブの所で、何をどうしたのか思いっきり前転してXR230“パンツァーファウスト号”を背負い投げしていた。自分が見たのは、あの太いIRCツーリストのリアタイアが天空の方を向いてバイクが逆立ちしてるシーンだったのだが、コンクリートトーチカ並みに頑丈な嫁さんの事だから、おそらく大丈夫だろうと思って様子を見ていたら、案の定、ちゃんと自分でバイク起こして、何事もなかった様に再発進した。羨ましいほどにエンデューロ向きに出来た心身である。
 さて、あとで一体どうしてそうなったのかを聞いてみたら、「ジャンプ飛べるか試してみた」との事。で、フロントが浮いたまでは良かったが、フロントが地面に着いたら背負い投げになったという。まぁ、大体どうしてそうなったかは分かったが、ポイントはそうなった時に「あれこれしてもどうにもならないから、そのまま前転した」という。結果として、それが怪我に繋がらなかった。どうしても本能的に足を出したり手を出したりするのであるが(それで怪我する事が多い)、転ける時は素直に転けた方が怪我が少ないのである。
 しかし、ジャンプしろとも言ってないし、ジャンプの仕方も教えてないのに、よくもまぁ、あんな尖ったコブでジャンプ飛ぼうと思ったものである。それだけ“乗れて来た”という事でもある。そして、最初怖々乗っていたのが、乗れて来た辺りで大体一発目の怪我をする。誰しもが通過する成長過程である。怪我をしなかったのは、若干なりとも武道の心得があったのと、クソ度胸があったからであろう。
 自分に比べて、彼女は飲み込みは早い方だと思う。おそらく、横系の動きに対しては基本的な感覚は身に付いたんだと思う。となれば、前後系と縦系の動きについて、そろそろ教えてあげないと、オフロードを楽しめないだけでなく、安全に乗る事は出来ない。あれだけの頑丈さと根性と粘り強さがあれば、良いエンデューロライダーになるはずである。







課題が見出される庭園

5216685a998f37effb4ceebc84d88aae

 先日の新谷田部ESLでの練習のこと、嫁さんが「5、6歳の子に何度も抜かれて屈辱的だ」としきりに言うので、「こちらがいくら6倍長生きしてても、バイク歴はあちらさんはたっぷり3年はあるんだから、抜かれて当然」といなしたのだが、いまひとつ納得いかない様子。まぁ、悔しけりゃ、アクセル開けるしかないし、アクセル開けるのが怖ければ、走り込んで慣れて行くしかないのであるが、オフロードコース初体験の人にそんな事言っても始まらない訳で、その割には上手に走れてるので、誉めて伸ばす方向でいく事にした。
 ところが今度は「たにしさん、ちびっ子に抜かれてるじゃないですか!」と宣う。抜かれたのではなくて、抜いてもらったのだが、それが傍目にはええ歳こいたオッサンが恥ずかしくないのか、という風に写ったらしい。人様からどう見られようが、今さら恥ずかしいとも思わん様になったのだが、ここは大事なところなので、この世界の常識というかモラルというか、そういうのをご教授した。つまり、
 「コースで練習中は、誰それと競争してる訳ではない。仮に相手を抜いたとしても、相手には自分と競争している意識はない訳だし、それをもって自慢するのはお門違いである。自分の心の中で「あの人を抜く」と目標にして走るのは結構だが、それを自慢するというのは間違いである。逆に、自分が何かテーマを持って走っている時は、後ろから早そうな人がきたらラインを譲る。今のは、バイクの調子を見るために、先にあの子に言ってもらったのである。」
 そのあとも、「他の人はジャンプ飛んでるのに、たにしさんは全然飛んでないじゃないですか!」とか言われたが、いやいや、一応は軽く飛びましたから。ただ、飛ぶよりナメて走った方が次のセクションにつながり易いから飛ばんだけの話しで、飛んで具合の悪くない人は飛んだらよろしい。なんなら、あんたもピョーンと飛んだって構わないのよ。
 とはいえ、人に抜かれて悔しいと思うのはガッツのある事だし、あの重たいXR230を、転けてもちゃんと自分一人で起こして乗って帰ってくるのだから、大したものである。走りにしても、自分が初心者の頃に比べたら、彼女の方がおそらく上手だと思う。このまま続ければ、もっとライディングを楽しめる様になると思う。
 この日は、まだバイクに十分慣れてないというか、まだしっくり行かない所があって、もっと頑張れるところまで行かなかったのだが、「もしかしたら本当にちびっ子に勝てなかったらどうしよう」不安になったので、密かに追尾した。筋のいい子で、頑張って走ってたが、こちらは9倍の排気量のあるバイクであるので、ストレートで一気に抜かせて貰った。バイクは良いのだ。乗り手の問題である。







練習機

0bb1bb94b9d1753856d89517f5b65157

 レース車両としては退役させたXR230“パンツァーファウスト号”、その後の任務は練習機という事になっているのだが、実は具体的な使い道についてはあまり考えてなかった。練習機であるからには、自分はあまり使わないであろうし、貸し出すにも借り手もあまり居ないという事で、とりあえず保管しておく、という感じだったのだ。
 練習機というからには、バイクの乗り方をこれから習う人を前提としているのだが、問題は場所である。バイクの起こし方や押して8の字歩く、といった超々初心者の段階で、オフロードコースに行くとなると、走行料3〜4,000円が馬鹿にならない。さりとて適当な河川敷や山がある訳でなし、どういう形であれ、どこかのコースでやるよりない。そこで目をつけたのが、トリンバである。ここは他より全然走行料が安いのだ。それでいて、初心者向けの練習をやってもあまり迷惑にならない。奥のウッズに行けば、アタックツーリングの練習も出来るのである。
 問題は、トライアルタイヤを履かせる必要がある事だ。まぁ、トライアル場なので当たり前なのであるが、前に持っていたのは2年も前のだったので売ってしまい、手持ちにあったのがK140だったので、それを履かせて使わせてもらったのだが、これがウッズでは結構滑る。こんな事なら、前のトラタイヤを残しておけば良かった。おそらく、XR230は今後はエンデューロでは使わないと思うし、仮にオフロードコースを走るにしても、よほどのマディでもなければトラタイヤでも問題ないので、練習機用として改めて調達しようと思う。
 オイルはシルコリンのPro4を使っているが、これも練習機に使うには贅沢かなぁ、と思わないでもない。トリンバで練習するならば、それほどエンジン回す訳でもないし。XR230は180分でオイル交換するのであるが、1.5リットル消費するので値段も馬鹿にならないのだ。しかし、120分を越える辺りでギアの入り方が悪くなってくるバイクである。G3みたいな安いオイル入れて変な風になっても困る。それに毎週使うのであればともかく、月に1回も使えば多い方であるから、この辺りはあまりケチらない方が良いかもしれない。
 XR230はセロー225と同様に「女の子バイク」という認識をしていたのだが、実際には結構重たいバイクで、おにゃのこには扱いかねる傾向がある。CRF150FとかXR100辺りが軽くて足付きも良くて、初心者には乗りやすいバイクなんだろうと思うのだけど、公道走って、キノコとか生えてる山とかに行くなら、100ccクラスのバイクではキツいものがあるし、実際、アタックツーリングに行ってる女子達はXR230やセロー225で頑張っている。これまではレースメインで色々考えてきたけど、今後は公道(というか、そこらの山とか)も考慮に入れて考えてみようと思う。





自分を元気付けるためのものです

 今回2作目となった「しねばいいのに2017」すでに再生回数が3500回、イイネ36人と、WEX勝沼動画ランキング(恐らく)堂々総合1位の勢いです。



 この曲、もちろん自分が作ったものでなくて、他の人が作ったものなのだけど、なんと特設サイトがあった。
 ここには、こう書いてある。

「あくまで、他人を笑わせるためのものです」
「自分を元気付けるためのものです」

 そうか、そうなのか、自分を元気付けるためのものだったのか。なんて心優しい、勇気溢れる曲なんでしょう。
 もともと神々しい(だから歌詞が余計に可笑しく聞こえる)曲だけど、そのカラオケバージョンは、どっかの会社の社歌にしたいくらいキレイで格好良かったです。



最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ