たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

CRF250R

モルゲンシュテルン号、売却

d293d3fc5edd8065d515d7767d6d7126

 CRF450RXを購入するにあたって、CRF250R“モルゲンシュテルン号”を売却した。トランポに3台はバイクを載せられないし、2台あっても主に乗るのは1台だけである。今回も450購入に関連する出費は、これまでの新車購入の倍以上の経費が掛かる見込みなので、少しでも多く現金を持っておきたかった事情があった。幸いにして、次のオーナーはTOYZ Racing エンデューロ部の隊員で、前からこのバイクの事を見てる人だったので、話しが早かった。
 引き渡すに際して行ったのは、トップブリッジをZETAのハンドルバークランプキットから純正のものに交換し、それに伴ってハンドルバーも純正のものに換えただけである。ハンドルバークランプキットは、2010年モデルのランスチャージ号で使っていた物をそのまま移植したので、2012年モデルのトップブリッジとハンドルバーは未使用のまま残していたのだ。2010年モデルと2012年モデルでは、形はほとんど変わってなかったので、パーツに互換性が多くあった。しかし、2018年モデルではかなり形も変わっているので、ハンドルバークランプキットが使えるかどうか分からない。しかも、2018年モデル対応のハンドルバークランプキットはまだ発売されていない。まぁ、クランプ位置はセンターのまま使っていたので、場合によっては純正のトップブリッジにファットバーのクランプを付けるだけでも対応できるかもしれないし、その場合は古いハンドルバークランプキットは売りに出せば良い訳だ。
 CRF250Rに付属する装備は、2010年モデル以来、8年分の蓄積があるので、それ相応に量があった。純正未使用の外装、練習用の黒の外装、ビッグタンク、19インチリアホイール(これが本来付いていたホイール)、純正マフラー、その他、細々としたもの。それらが一気に部屋から消えたので、少し部屋の中が片付いた。

 CRF250R“モルゲンシュテルン号”は、この趣味での自分の低調時代に符合するバイクだった。スクールに90回も通ってもなお結果が出せず、あれこれ人から言われ、悶々としてXR230に回帰して、数年放置されたバイクだ。結果、自分の乗りやすい様に改装して、初めて楽しめるんだという事に気がついてからは、評価が一転したのだけど、十分に楽しむ前に乗り換えられてしまうという、ある意味、可哀想なバイクである。しかし、乗り付けないバイクだったのが、そこそこ乗れる様になるにはどうしたら良いのか、答えを得たバイクでもある。その答えは、次のバイクに活かされると思う。





共通化

40973ceaef9e7ff625dc20ee37bd60ef

 特に兵器の世界では、部品の共通化というのは、生産性や運用の面で利点が多いと言われているのだけど、バイクに関しても同じだと思う。2014年の後半以来、XR230“パンツァーファウスト号”に次々とCRF250Rのパーツが取り付けられ、CRF250RX“モルゲンシュテルン号”もリアを18インチ化した事で、両車には様々な共通部品が増えた。

  • 前後タイヤ
  • 左右レバー
  • ハンドル

 タイヤが互換させれるメリットは非常に大きいと思う。どちらもエンデューロマシンとして仕上げたので、同じエンデューロタイヤ使えるのは有り難い。いわゆる補給の面で非常に楽である。今までなら、ヘタしたら、2台分で4本もタイヤがダブつく事があったのだが、うまくヤリクリすれば、どちらかに新しいタイヤを履かせた時に、もう1台に古いのを履かせて使う、という事も可能だ。あと、リア18インチは結構潰しの効くタイヤで、山や角が残っていれば、ヤフオクで転売する事も可能である。19インチだとなかなか買い手が付かないのだ。
レバーは、これまに折った事はないとは言え、やはり予備を持っておく必要のある部品であるが、2台別だとやはり面倒臭い。共通化していれば、1セットあれば、とりあえずはどうにかなるし、何ならどっちかから外して使う事も可能である。言ってみれば、予備を2本持っている様なものである。ちなみに、これまでZETAのピボットレバーを使って来たのだが、アーマーハンドガードを常備する様になってからは、純正のレバーに付け替えている。実は純正のレバーの方がタッチが好きなのである。ただし、ガードを付けていても折れたり曲がったりする時はするので、その意味で予備が多いのは有り難い事である。
 ハンドルは共通化の為というより、XR230で楽に乗る為の施策として、ハンドルバークランプキットを装備したのだが、結果として、CRFと同じZETA SX3 ED-Lowを共通化する事になった。この効果は早くも現れていて、こないだの日曜日、谷田部で試走してみたところ、ハンドルの形状や高さに対する不満はほぼなくなった。ただし、もう5mm前に出した方が良さそうな感じである。そうした微調整も可能であるので、大枚かけた価値はあった。
 この他にも、グリップもXRにCRFの物を付ける事で、グリップの予備も共用する事にしている。ハンドガードも新しい物を買ったが、別に2台とも新しくしなくても、レースに出る方に新しいのを付ければ良いだけで、まぁ、お金に余裕が出来たら2台目にも新しい物を買おうかと思う。





パーセンテージ

51f9210817d7c17eb331178b8e606c47

 まもなく、CRF250R“モルゲンシュテルン号”の改装が始まる。実は3月頃から話しをしてたのだけど、XR230“パンツァーファウスト号”の改修や改装に押されて、伸び伸びになっていたのだ。まぁ、前回のオーバーホールが丁度2年前の9月だから、キリのいいタイミングになった。
 今回準備した予算は50万円。その内訳は、上記のグラフの通りで、改装というより定期整備の方が遥かに多い。いわゆる“魔改造”の部分というのは、DLCやWPC、フライホイールウェイトなど、走りに影響及ぼす加工で、見栄え重視とかではない。改装分もリア18インチホイールの事である。そんな訳で、今回は改装というより、延命とアップデートの為の整備という感じである。
 しかし、毎度言われるのが、「これだけの金額だすのなら、新車買ったら良いのに」という事。まぁ、畳と女房は新しいほど良いというのと同じで、バイクも新車は良いのは確かである。今の自分の目的と用途でいうなら、同じCRF250でも、RよりもXの方が良いんじゃないのか、とかなり悩んだものである。もし、現行のXが2010〜2014モデルのCRF250RをX化したものだったら、乗り換えたと思う。しかし、2009モデル以前のキャブ車を今さら買う気にならなかったのが決め手となって、モルゲンシュテルン号をさらに乗り続ける事にした。
 もしも仮に現行のXを買っても、R化する事は目に見えているであろうし、そうなれば新車代+改装代で、今回用意した予算の倍以上は使うことになる。金のなる木があるじゃなし、そんな余裕はないのである。新車に変えれば乗り易くなったり、早くなったりする訳でもないので(自分の場合は)、乗り馴れたバイクをボチボチ改造していく方が楽しいと判断した訳だ。
 しかし、まだ整備改装は始まってないのだが、すでに予備は1割を切りつつあって、いやはやお金足りんのかよ、といった感じ。実は18インチホイールは時間かけて探す事になるだろうから、今回はそもそも予算に計上してなくて、予備は2割あるつもりをしていた。なので、XRのステムの整備やステダンの装着は、その予備の中から出すつもりでいたら、お店の方にホイールあるというのが判って、予算的に慌ただしいことになった。まぁ、ある時に確保しとかないと、いつ手に入るか判らないので、押さえたのだが、お金というのはあればあるだけ使ってしまうものである。





ED仕様

名称未設定 1

 モトロマンで頼んでたパーツと、ヤフオクで落札したスキッドプレートが、同時に届いた。予想以上に早くてビックリ。取り付けは、ちょっと先になるんだが、早めに揃ったのは有り難い。
 今回頼んだパーツ類は、ハンドル周りはMX仕様からED仕様にスイッチングするためであるが、それ以外は装甲である。スキッドプレートとラジエターブレースである。去年のAAGP猪苗代大会では、ボテボテ転けまくったし、亀の子になる事もしばしばあったので、これらの装甲がなければ大事なところがエライ事になってしまう可能性が高い、と考えた訳だ。合計で4万円弱の出費になったが、エンジン割れたりラジエター歪んだりしたら、それ以上の出費になってしまうのである。
 しかし、CRF250Rランスチャージ号はMX、XR250グレート・ストライカー号はEDという風に、使い分けるという当初の方針は、とっくに崩れてしまった感がある。EDでは飛んだりする気はないので(だからといってMXで飛んでる訳でもないのだが)、XRでも十分と思うのではあるが、如何せん、重い、パワーがない。タンクを樹脂化して、エンジンをハイコンプ化する、という手がまだ残っているのであるが、トレール車に金掛けても仕方ない、という考えがあるので、結局CRFの方で出る事になった。
 まぁ、去年の猪苗代大会の時点では、まだレーサーでレース出る自信がなかったのでXRで出たのであるが、今となってはCRFの方が走りやすい。レーサーが手元にある間は、XRの出番は無くなるかな、という感じである。






シールスキン

名称未設定 1

 昨日、仕事に行く前に、やっとこさCRF250Rランスチャージ号にダートスキンのフロントフォークシールスキンを履かせた。先週には手元にあったのであるが、天気が悪かったり花粉症で調子悪かったりで、なかなか作業する気にならなかったのだ。やっとこオイル交換する気になったので、オイル落としている間に履かせたのである。
 2月末のオフビの6耐で超絶マディを走ったあと、ヘロヘロに疲れてFフォークの掃除を忘れてしまい、結果、次乗る時からダストシールからジワっとオイルが滲み始め、その次にはさらに滲み、前回のスクールで南コースのバシャバシャを走ったら、目に見えてオイルが垂れ始め、帰ってきた翌日にはトランポの床にオイルが溜まっていた。1月の下旬にもOHしたのに、この有り様である。XR250グレート・ストライカー号も去年のスクールでオイル漏れを起こしたが、ここまで脆くはなかった。それよりも強力なサスの割には、簡単にオイル漏れを起こす。まぁ、一般にマディ走ったら速攻でオイルシール破る、と言われているし、そもそも手入れを怠ったのだから仕方ないのだが、、、
 しかし、OHの度に1.8万円弱の出費である。まぁ、自分でOH出来れば、部品代3000円くらいで済むのであるが、さすがにまだそこまでやる自信がない。バラせても元通りに出来る自信も保証もない以上は、専門家に頼むのが得策である。だが、3ヶ月もせんウチにこの体たらくでは、さすがに家計が崩壊する。そこで紹介されたのが、このシールスキンという訳だ。ダストシールの上からこれを着けておく事で、ダストシールの手前でマディの浸入を極力防止しようという発想だ。ネットのインプレなどを見ていると、確かに効果はあるらしい。ただし、一生物ではなくて消耗品で、早ければ半年くらいでボロちくなるとか。それでもOHのサイクルが伸ばせるのなら、2900円は安いものである。
 もっとも、こういうのが必要となるダストシールやオイルシールって、一体何なんだ、とツッコミを入れたくはなるのだが、、、






総合9位

 前回のウィークエンドレーサーズ第一戦は、事前の練習段階から、「これではレースにならない」という事が判っていた。競り合いとか駆け引きといった事など遥か以前の、セクションを普通にスムーズに走る、開ける所では開ける、といった基礎的な部分で、まだまだだと感じていたからだ。それでも出場したのは、すでにエントリー費を振り込んでいたからである。
 出るからには、勝てないまでも、自分なりに確かめたい事があった。それは、前回の2009年WER最終戦のあと、何回かスクールを受け、そこで自分が足りなかったものが何なのかが判り、それを改善する手掛かりを得て練習をしていた。その成果を見たかったのである。無論、行った回数はわずかに6回、事前練習も2回と少ない事から、極端に成果大となる風には思ってなかった。少しでも前進があれば、習っただけの事はあった、という事になる。逆に前進がなければ、やり方に問題がある、という事だ。
 結果は、1ヒート目が11台中8位、2ヒート目が9位。総合9位であった。前回の最下位に比べたら、僅かではあるが前進したのである。しかも路面は前回よりは悪かった。スクールでも事前練習でも、ああいうマディでは走ってないのである。それを考えたら、やはりスクールで習っただけの事はあった、と見るべきであろう。確実に言える事は、去年の自分だったら、ロクすっぽ走れなかったに違いない、という事だ。
 今、自分が考えている事は、レースに出る事よりも、今しばらくスクールに通って、気持ちよくスムーズに走れる様になる事だ。それは結果として車速を上げ、タイムを縮める事に繋がると思う。レースは、出来栄えを確かめに行くために、ピンポイント的に出る、という感じで当面は良いかなと思う。
 その意味では、今回のレースは、これまでの方針で間違いがなさそうだ、と判った意味で、大いに成果を感じる事が出来た。







ブラックエディション

名称未設定 1

 レーサーに乗りたい、と初めて思ったのは、2008年10月に2009年モデルのCRF250Rブラックエディションを見た時だった。その頃は、まだトレール車さえもロクに乗れなかったし、レーサーなんかモトクロスやれる限られた人が乗るもんだと思ってたから、自分には縁もゆかりもないないと思ってた。
 それが、気が付いたらレーサー乗って、しかも黒くしてしまったのだから、何でも諦めずにチャレンジするってのは大事な事だと思う。まだまだ自在に操ってるとは言い難いのだけど、とにかく今はこれじゃなきゃダメだ、と思うところまでやってきた。
 スクールの回数券は、前回で切れてしまったので、次回行く時に追加で20回分買う事にしている。使い切ったら合計で53回通った事になる訳だが、それだけ突っ込んでおけば、最低限度、モトクロスの練習を自主的に出来るところまで持って行けるんじゃないかな、と目論んでの事である。今の段階では、まだまだ自分で練習行くという段階でなくて、習うのを中心にしなければならない。まぁ、4級を合格したら、そろそろかなと思ってる。
 どこまでやれるか、あるいはいつまでやれるか、予想も出来ないのだけど、でも頑張りたいと思うし、また頑張ってる自分というのも気に入っている。お金は半端無く掛かっているのだけど、その分、思いっきり楽しめてるから、十分元は取れていると思う。あとは、ケガせず怖い思いをしなくてイイ様に、しっかり習って、徹底的に練習するまでだ。






デカール貼り貼り

名称未設定 1

 そろそろこないだ買ったONEのコスメティックキットをどうにかせないかん、という事で、先日スクールでスクールの先輩から教えて貰った方法でデカールを貼る作業をしてみた。
 その方法というのは、「風呂にお湯はって、湯船の中でデカールを貼る」というもの。さて、やってみたのであるが、なかなか位置が決まらないので、大変ではあったが、湯に漬けてるので角に合わせて曲げたりは楽で、良い感じに貼る事が出来た。所々、水泡が出来てしまったが、完全に乾燥させた後、針でつついて潰すしかあるまい。
 ちなみに、こうした曲面が多いアイテムにカッティングシートなどを貼る時は、石けん水をスプレーして貼った方が楽である。サイドカバーなどにクリアを貼る時はそうしている。ただし、この方法だと、地面に擦れた時などに剥がれやすいのである。一応、このデカールは外装の保護用であるから、敢えて、真水を使う方法で貼る事にした。
 一週間くらい放っておけば、良い感じに乾くと思うので、バイクに組み付けるのはその後だなー。そうそう、シートカバーもあるんで、タッカー買ってこないと、、






エアーボックスカバー

名称未設定 1

 年末のスクールで転けて痛い目に遭い、スクールの先輩にランスチャージ号をトランポに載せて貰ったまま、洗車も出来ず年末年始に突入にしてしまったのでした。ようやく、バイクの上げ下ろしが出来る程度に回復したので、出勤前にチャッチャと洗っておきました。
 もっとも、ほとんど泥も土も付いてないので、外装も外さず、じょうろでチャプチャプ水掛けて、手洗いして、砂埃だらけのチェーンだけは念入りに洗っておきました。しかし、やっぱり納車時についてるチェーンは伸びるの早いんですな。今週中にモトロマンに持って行って、ミッションオイルの乳化の原因を診て貰うので、オイル交換は敢えてせず、エアフィルタだけ外して洗う事にしました。
 そこで、こないだ取り寄せた、ツインエアーのエアーボックスカバーを装着。当たり前の事ですが、何ら不都合なくつきました。取り付けのボルトが余ったり足らなかったり、という事もなく、ジャストサイズです。これで遠慮なくエアボックスの中も洗えます。実はこれ、いつぞや山本鯨選手のメカの人が洗車の時に使ってて、初めて使い方というか、利便性を理解できたんですよねー。最初から使っておくべきだった。






一つずつ手こずって

名称未設定 1

 昨日、初めてCRF250Rランスチャージ号のタイヤ交換をしようとした。新しいタイヤは、ミシュランのMH3。12月20日のウィーク・エンド・レーサーズに対応する作業だ。タイヤ交換自体は、XR250グレート・ストライカー号で何度か経験済みなので、まぁ大変には違いないが、やれると踏んで作業を開始した。
 取りあえず、リアの方が大変なので、フロントからチャレンジしてみた。バラすのは、トレールに比べると、随分楽なんだな、という事が判った。アスクルシャフトを外すのは、ナットを緩めるだけで良いし(最初、ブラケットのボルトを先に緩めて、ナットを回そうとして、開くするシャフトが空回りした)、ブレーキキャリパーも外さなくて良いし。メーターのケーブルもないんで、楽勝である。
 タイヤを外す方は、まぁ、いつも通り。今までは、キジマのレンチ付きタイヤレバーだったので、力を込めるとレンチが手に食い込んで痛かったが、新しくKTCのタイヤレバーを買ったので、今度はラバーグリップだから力が入れやすい。
 チューブはノーマルのが入ってた。他の人に話を聞いたら、皆さんハードチューブを入れるらしい。XRの奴があるからイイや、と思っていたのだが、タイヤ交換2回おきに新品に替えるとか。しかも、XRはリアが18インチなんで、19インチのには使えない事に今になって気が付いた。予備のチューブは頼んでおくべきだった。
 さて、新しいタイヤをハメに掛かったのだが、これがまた、ビードが硬い。今まで、T63,AC10、S12とミシュランのタイヤをハメ続けてきたのだが、半端ない硬さである。特に最後の方が硬くて、レバーが刺さらない。プラハンマー使って、無理矢理差し込んだ位である(こういうやり方は良くないし、グレート・ストライカー号の時にはやった事がなかった)。
 やっとこチューブを入れる段になったが、何と、バルブをリムに固定するナットがないのに気が付いた。最初は無くしたのか?と思ったが、よく考えたら外した記憶がない。あるのはゴムの台座とキャップだけ。これではチューブを入れる時、バルブがリム穴から外れたり、斜めになったりするではないか。取りあえず無しで入れてみたが、案の定、斜めになってしまった。
 仕方ないので、いったん取り出して、今度はちゃんとプーラーでバルブを引っ張り出してから入れたものの、入れ終わった時にはバルブが大方引っ込んでしまって、どもこも行かん状態。そこで、XR用のチューブからナットを外してきて、仮止めしてバルブを出して、それでタイヤを組む事に。
 ところが、タイヤの中が狭いのか、リムが狭いのか、どうしてもチューブがはみ出てしまう。注意しながらタイヤレバーを差し込んだものの、どうしてもチューブを噛みそうである。それでもどうにかはめ込んで、やっとの思いで空気を入れてみたが、どうにも入っていかない感じである。
 いい加減空は真っ暗。雨まで降ってくる始末で、ブリブリ怒りながら慌てて仮組みし、撤収した。
 やはりレーサーは新奇なるもの。慣れるのに時間がかかりそうである。しかし、慣れたらトレールよりは簡単そうな気がしないでもない。。






最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ