たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

CRF250R

モルゲンシュテルン号、売却

d293d3fc5edd8065d515d7767d6d7126

 CRF450RXを購入するにあたって、CRF250R“モルゲンシュテルン号”を売却した。トランポに3台はバイクを載せられないし、2台あっても主に乗るのは1台だけである。今回も450購入に関連する出費は、これまでの新車購入の倍以上の経費が掛かる見込みなので、少しでも多く現金を持っておきたかった事情があった。幸いにして、次のオーナーはTOYZ Racing エンデューロ部の隊員で、前からこのバイクの事を見てる人だったので、話しが早かった。
 引き渡すに際して行ったのは、トップブリッジをZETAのハンドルバークランプキットから純正のものに交換し、それに伴ってハンドルバーも純正のものに換えただけである。ハンドルバークランプキットは、2010年モデルのランスチャージ号で使っていた物をそのまま移植したので、2012年モデルのトップブリッジとハンドルバーは未使用のまま残していたのだ。2010年モデルと2012年モデルでは、形はほとんど変わってなかったので、パーツに互換性が多くあった。しかし、2018年モデルではかなり形も変わっているので、ハンドルバークランプキットが使えるかどうか分からない。しかも、2018年モデル対応のハンドルバークランプキットはまだ発売されていない。まぁ、クランプ位置はセンターのまま使っていたので、場合によっては純正のトップブリッジにファットバーのクランプを付けるだけでも対応できるかもしれないし、その場合は古いハンドルバークランプキットは売りに出せば良い訳だ。
 CRF250Rに付属する装備は、2010年モデル以来、8年分の蓄積があるので、それ相応に量があった。純正未使用の外装、練習用の黒の外装、ビッグタンク、19インチリアホイール(これが本来付いていたホイール)、純正マフラー、その他、細々としたもの。それらが一気に部屋から消えたので、少し部屋の中が片付いた。

 CRF250R“モルゲンシュテルン号”は、この趣味での自分の低調時代に符合するバイクだった。スクールに90回も通ってもなお結果が出せず、あれこれ人から言われ、悶々としてXR230に回帰して、数年放置されたバイクだ。結果、自分の乗りやすい様に改装して、初めて楽しめるんだという事に気がついてからは、評価が一転したのだけど、十分に楽しむ前に乗り換えられてしまうという、ある意味、可哀想なバイクである。しかし、乗り付けないバイクだったのが、そこそこ乗れる様になるにはどうしたら良いのか、答えを得たバイクでもある。その答えは、次のバイクに活かされると思う。





共通化

40973ceaef9e7ff625dc20ee37bd60ef

 特に兵器の世界では、部品の共通化というのは、生産性や運用の面で利点が多いと言われているのだけど、バイクに関しても同じだと思う。2014年の後半以来、XR230“パンツァーファウスト号”に次々とCRF250Rのパーツが取り付けられ、CRF250RX“モルゲンシュテルン号”もリアを18インチ化した事で、両車には様々な共通部品が増えた。

  • 前後タイヤ
  • 左右レバー
  • ハンドル

 タイヤが互換させれるメリットは非常に大きいと思う。どちらもエンデューロマシンとして仕上げたので、同じエンデューロタイヤ使えるのは有り難い。いわゆる補給の面で非常に楽である。今までなら、ヘタしたら、2台分で4本もタイヤがダブつく事があったのだが、うまくヤリクリすれば、どちらかに新しいタイヤを履かせた時に、もう1台に古いのを履かせて使う、という事も可能だ。あと、リア18インチは結構潰しの効くタイヤで、山や角が残っていれば、ヤフオクで転売する事も可能である。19インチだとなかなか買い手が付かないのだ。
レバーは、これまに折った事はないとは言え、やはり予備を持っておく必要のある部品であるが、2台別だとやはり面倒臭い。共通化していれば、1セットあれば、とりあえずはどうにかなるし、何ならどっちかから外して使う事も可能である。言ってみれば、予備を2本持っている様なものである。ちなみに、これまでZETAのピボットレバーを使って来たのだが、アーマーハンドガードを常備する様になってからは、純正のレバーに付け替えている。実は純正のレバーの方がタッチが好きなのである。ただし、ガードを付けていても折れたり曲がったりする時はするので、その意味で予備が多いのは有り難い事である。
 ハンドルは共通化の為というより、XR230で楽に乗る為の施策として、ハンドルバークランプキットを装備したのだが、結果として、CRFと同じZETA SX3 ED-Lowを共通化する事になった。この効果は早くも現れていて、こないだの日曜日、谷田部で試走してみたところ、ハンドルの形状や高さに対する不満はほぼなくなった。ただし、もう5mm前に出した方が良さそうな感じである。そうした微調整も可能であるので、大枚かけた価値はあった。
 この他にも、グリップもXRにCRFの物を付ける事で、グリップの予備も共用する事にしている。ハンドガードも新しい物を買ったが、別に2台とも新しくしなくても、レースに出る方に新しいのを付ければ良いだけで、まぁ、お金に余裕が出来たら2台目にも新しい物を買おうかと思う。





パーセンテージ

51f9210817d7c17eb331178b8e606c47

 まもなく、CRF250R“モルゲンシュテルン号”の改装が始まる。実は3月頃から話しをしてたのだけど、XR230“パンツァーファウスト号”の改修や改装に押されて、伸び伸びになっていたのだ。まぁ、前回のオーバーホールが丁度2年前の9月だから、キリのいいタイミングになった。
 今回準備した予算は50万円。その内訳は、上記のグラフの通りで、改装というより定期整備の方が遥かに多い。いわゆる“魔改造”の部分というのは、DLCやWPC、フライホイールウェイトなど、走りに影響及ぼす加工で、見栄え重視とかではない。改装分もリア18インチホイールの事である。そんな訳で、今回は改装というより、延命とアップデートの為の整備という感じである。
 しかし、毎度言われるのが、「これだけの金額だすのなら、新車買ったら良いのに」という事。まぁ、畳と女房は新しいほど良いというのと同じで、バイクも新車は良いのは確かである。今の自分の目的と用途でいうなら、同じCRF250でも、RよりもXの方が良いんじゃないのか、とかなり悩んだものである。もし、現行のXが2010〜2014モデルのCRF250RをX化したものだったら、乗り換えたと思う。しかし、2009モデル以前のキャブ車を今さら買う気にならなかったのが決め手となって、モルゲンシュテルン号をさらに乗り続ける事にした。
 もしも仮に現行のXを買っても、R化する事は目に見えているであろうし、そうなれば新車代+改装代で、今回用意した予算の倍以上は使うことになる。金のなる木があるじゃなし、そんな余裕はないのである。新車に変えれば乗り易くなったり、早くなったりする訳でもないので(自分の場合は)、乗り馴れたバイクをボチボチ改造していく方が楽しいと判断した訳だ。
 しかし、まだ整備改装は始まってないのだが、すでに予備は1割を切りつつあって、いやはやお金足りんのかよ、といった感じ。実は18インチホイールは時間かけて探す事になるだろうから、今回はそもそも予算に計上してなくて、予備は2割あるつもりをしていた。なので、XRのステムの整備やステダンの装着は、その予備の中から出すつもりでいたら、お店の方にホイールあるというのが判って、予算的に慌ただしいことになった。まぁ、ある時に確保しとかないと、いつ手に入るか判らないので、押さえたのだが、お金というのはあればあるだけ使ってしまうものである。





ED仕様

名称未設定 1

 モトロマンで頼んでたパーツと、ヤフオクで落札したスキッドプレートが、同時に届いた。予想以上に早くてビックリ。取り付けは、ちょっと先になるんだが、早めに揃ったのは有り難い。
 今回頼んだパーツ類は、ハンドル周りはMX仕様からED仕様にスイッチングするためであるが、それ以外は装甲である。スキッドプレートとラジエターブレースである。去年のAAGP猪苗代大会では、ボテボテ転けまくったし、亀の子になる事もしばしばあったので、これらの装甲がなければ大事なところがエライ事になってしまう可能性が高い、と考えた訳だ。合計で4万円弱の出費になったが、エンジン割れたりラジエター歪んだりしたら、それ以上の出費になってしまうのである。
 しかし、CRF250Rランスチャージ号はMX、XR250グレート・ストライカー号はEDという風に、使い分けるという当初の方針は、とっくに崩れてしまった感がある。EDでは飛んだりする気はないので(だからといってMXで飛んでる訳でもないのだが)、XRでも十分と思うのではあるが、如何せん、重い、パワーがない。タンクを樹脂化して、エンジンをハイコンプ化する、という手がまだ残っているのであるが、トレール車に金掛けても仕方ない、という考えがあるので、結局CRFの方で出る事になった。
 まぁ、去年の猪苗代大会の時点では、まだレーサーでレース出る自信がなかったのでXRで出たのであるが、今となってはCRFの方が走りやすい。レーサーが手元にある間は、XRの出番は無くなるかな、という感じである。






シールスキン

名称未設定 1

 昨日、仕事に行く前に、やっとこさCRF250Rランスチャージ号にダートスキンのフロントフォークシールスキンを履かせた。先週には手元にあったのであるが、天気が悪かったり花粉症で調子悪かったりで、なかなか作業する気にならなかったのだ。やっとこオイル交換する気になったので、オイル落としている間に履かせたのである。
 2月末のオフビの6耐で超絶マディを走ったあと、ヘロヘロに疲れてFフォークの掃除を忘れてしまい、結果、次乗る時からダストシールからジワっとオイルが滲み始め、その次にはさらに滲み、前回のスクールで南コースのバシャバシャを走ったら、目に見えてオイルが垂れ始め、帰ってきた翌日にはトランポの床にオイルが溜まっていた。1月の下旬にもOHしたのに、この有り様である。XR250グレート・ストライカー号も去年のスクールでオイル漏れを起こしたが、ここまで脆くはなかった。それよりも強力なサスの割には、簡単にオイル漏れを起こす。まぁ、一般にマディ走ったら速攻でオイルシール破る、と言われているし、そもそも手入れを怠ったのだから仕方ないのだが、、、
 しかし、OHの度に1.8万円弱の出費である。まぁ、自分でOH出来れば、部品代3000円くらいで済むのであるが、さすがにまだそこまでやる自信がない。バラせても元通りに出来る自信も保証もない以上は、専門家に頼むのが得策である。だが、3ヶ月もせんウチにこの体たらくでは、さすがに家計が崩壊する。そこで紹介されたのが、このシールスキンという訳だ。ダストシールの上からこれを着けておく事で、ダストシールの手前でマディの浸入を極力防止しようという発想だ。ネットのインプレなどを見ていると、確かに効果はあるらしい。ただし、一生物ではなくて消耗品で、早ければ半年くらいでボロちくなるとか。それでもOHのサイクルが伸ばせるのなら、2900円は安いものである。
 もっとも、こういうのが必要となるダストシールやオイルシールって、一体何なんだ、とツッコミを入れたくはなるのだが、、、






Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索