たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

書籍

審判の日

 五十嵐均著『審判の日』(定価680円+税)●角川文庫刊)を実は三日前に読了していた。この本は、珍しくのめり込んだ本である。そもそも第一、タイトルがいい。これが海外作品だったら見向きもしなかったのだろうが、日本人作家でここまで言い切ってしまうタイトルを付けるのは、小松左京くらいなものであろう。内容を触れると、読了前の読者の意欲を逆なですることになるから、深くは追求しないが、要は最新技術で神様(この作品の場合は「神の子」)を作って、自分の願望なり理想を実現しよう、というモノ。作品のスタンス的には、アイラ・レヴィンの『ブラジルから来た少年』に近い。
 遺伝子工学の発展は目覚ましく、ついこないだ、ドリーとかいう羊のクローンが出来たかと思うと、今度はそのドリーが子羊を産んだとかで、新聞の片隅を賑やかしていた。要するに、今日の、そして将来の遺伝子工学をもってすれば、少なくとも肉体的物体的な意味での生命のコピーは可能だ、という事だ。その内、そのコピーした体に、その遺伝子の提供者の記憶を移植する技術が完成する事であろう。そうなれば、秦の始皇帝の夢も叶おうというものだ。
 しかし、今の技術では、コピーした体に自分の記憶を、その一部でも植え付ける事は出来ないらしい。つまり、体つきは間違いなくそっくりでも、人格は別個、という訳だ。しかも、今の自分の姿をコピーするのではなく、自分と同じ遺伝子を持った子供が出来る、という制約がある。すなわち、その自分のコピーは、新たな人格として成長していくのだ! という事は、自分とは違う(どう頑張っても、自分が育った環境を再現する事は出来ないだろう)環境で育つ自分のコピーは、自分とは違う人格に育つ可能性の方が大きい、という事である。『ブラジルから来た少年』では、この辺りがきちんと描写されていたが、『審判の日』の方ではされていなかった。
 しかし、いずれにしても、自分とそっくりの肉体を要求するなどという事は、極度のナルシストか、誰にも手渡したくない程の権勢を持っている、と自覚した者であろう。言い切ってしまえば、肉体は別でも、自分の人格が永久に生き続ければ、それでも良いはずなのだ。事実、巨大なコンピュータによって、人格を保持し続けようとする研究が、アメリカあたりでは行われているし、自分の脳ミソだけ摘出して冷凍保存する財団もあるのだそうな。それはそれで良いとして、問題なのは、そこまでして生き続けたいのか、そうまでして守るべき人生なのか、という事だ。
 私などは、一体どうして自分がこの世に送り出されてきたのか、常々考えさせられる。不細工な造りの外見に、最悪の人間性。こうした人間が、果たしてこの世に必要であったのか? 例えば、土中に住む気味の悪い生き物とて、分解者としての役割を持っている。しかるに、一個の人間たる自分には、何の任務が課せられているのか。ぶっちゃけた話し、自分の人生に何の意義も感じないのである。言い換えれば、神が何かの手違いで、自分を作り出したのだとしか思えないのである。この世には、色々な人間が住んでいるが、素晴らしい人生を与えられないのであるならば、そんな人生は返上したい、と考えている人間が大勢いるはずなのである。自分はその一人である。
 人生、人間の生命は、選択の余地なく、押しつけられる。しかも、それを全うする様に要求される。親共は、生まれてきた子供に大きな期待を掛ける。しかしその子が手に持っていた箱の中には、宝石ではなくて糞が入っているかもしれない、という事は考えない。その子が、一生その糞にまみれて生きていかねばならない、という事に想像力が働かない。クローン技術を開発している連中も同じである。生命は、どんな手段を使ってでも、究極的には製造可能である。しかし、素晴らしき人生、神からも世界からも祝福された人生は、絶対に生産不可能である。それは、運命であり科学や技術といった人智を越えた問題である。来世紀に宗教が生き残るとしたら、この世の中の絶対的な不平等をテーマにする他ないであろう。





猫の遺言状

 ヒロコ・ムトー著『猫の遺言状』(定価(本体1333円+税)●文藝春秋刊)読了する。
 写植オペの仕事をしている関係上、文庫の広告は市場に出回る前に見る事が多く、この本も発売される何日も前から知っていた。『近所の猫好きにさえ嫌われていた黒猫がある日、子連れでわが家にやって来た。野良猫の「意地」も「プライド」も捨て、飢えたわが子の安全と食糧を求めて……』(本書オビより)なんてコピーをガチャガチャ打っている内に、本当に読みたくなってきた。ウチにもネコがいるが、去年の秋まではノラをやていた。他人事とは思えなかったのだ。内容に関しては、ここでは触れない。ただ、ネコを題材にしている本としては珍しく、涙なくしては読めない本であった。29の大のおとなが、ティッシュの箱を半分カラにする威力を、この本は持っていたのである。
 この本に書かれていた体験は、実は私にもある。東京で一人暮らしをして間もない頃、私は茶虎の子猫を拾ってきて、そいつを首尾良く外猫に育てて、独り身の寂しさを紛らわせていた。この猫がまたよく出来た猫で、アパートで飼うネコの条件をすべてパスしていただけでなく、粗食で健康、よく懐くし邪魔にならんしで重宝していた。この猫はメス猫で、しかも当時は非常に貧乏していたので避妊手術を受けさせられず、飼ってから1年ほどして4匹の子猫を連れて帰ってきたが、誰に教わるでも無しに、よく育てていた。上京2年、ホームシックにもかからず、しっかりと独立の基盤を作る事ができたのは、この利口な猫のおかげであった。
 ところがある日、学校へ行こうとアパートから出ると、その猫が私の部屋の前で血塗れになって倒れているではないか。びっくり仰天、「おいっ! お前どうしたんだっ?!」と叫んで抱き上げてやると、そいつは弱々しい声で「ニー」と鳴く。半生半死になっても自分の家まで戻ろうとした訳である。ただ、私のアパートを見て脱力したのか、そのままの格好で朝を待ち、私が出てくるのを待ちかねていたのであろう。私は学校へ行く事など忘れてしまい、画材をその場に放ったらかしにして、猫を抱えて部屋に戻り、蒸しタオルで血に汚れた体を拭き、毛布にくるんで、一日中猫を見守っていた。
 しかし、猫は相当の重傷であったと見え、起きあがる事はおろか、毛づくろいも食餌も出来ない有様で、日に日にやせ衰え弱っていった。実質的には植物人間ならぬ植物猫であった。普通であれは、犬猫病院に連れていき、治療するか安楽死させるのであろうが、自分の生活で精一杯の当時、その様な「贅沢」はさせられず、精々マタタビの粉末を買ってきて牛乳に混ぜ、スポイトで与えるのが関の山であった。そんな毎日が、一ヶ月ほど続いた。
 事故から約一ヶ月後。学校から帰ってくると、部屋の中は死臭でむせ返るほどだった。2月というのにその日はとても暖かく、猫の死臭が部屋の中に充満していたのだった。よく晴れた日で、しかも部屋は角部屋だったから、部屋の中は真っ白なほど明るかった。猫は今朝出ていく時に見た時の、横向きのままで息絶えていた。悲しみにむせび泣く前に、おもむろにかいだ死臭で吐き気を催し、共同トイレに駆け込む方が先だった。和式便器に戻しながら、今朝まで確かに生きていた猫が死んでしまっているのを、どうしても信じられなかった。もはや、ミイラの様にやせ細り、鳴き声一つ立てず、ただ息だけしているに過ぎなかったが、それでも確かに生きていたのだ。
 たった1年の生涯。老衰でも病死でもない猫の死は、あまりにも不憫であった。そして、その死に様は、あまりにも凄惨であった。その死は、私が直面した初めての「死」であった。猫にとっては、あるいは死は解放であったかもしれない。しかし私にとっては、死の後に訪れたものこそ凄惨であった。まず、死体の処置について保健所に電話をかけて聞いてみた。ところが返ってきた答えは、「死んだネコはゴミですので清掃局に連絡して下さい」。今の今まで、それこそ何時間前まで、生きていたのだぞ! 死んでしまえばゴミなのか? それが人間であっても、そうなのか! しかし、病院に連れていってやれなかった私は、やはり葬式をしてやる事も、火葬してやる事もできなかった。実家に住んでいるのであるならば、近くの河原に埋めてやる事もできた。東京では、そんなに近くに穴の掘れる川はない。それどころか、穴の掘れる地面自体がない。どうする事も出来なくなった私は、結局、猫の死骸をゴミ袋に入れ、ゴミ捨て場に捨てる他なかった。
 あの猫は、私の求めに十分に応えてくれた。しかし、私は、それに相応しい何ものもあの猫に与える事が出来なかった。





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ