たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

日本陸軍

軍袴

7956305882271a8e3d519499c6aa57a3

 軍袴というのは、旧日本陸軍の軍服のズボンの事である。その軍袴は、今みたいにベルトで腰に固定するのではなく、腰の両側から生えている、約1.5mほどの紐で固定する。具体的には、まず前でクロスして、後ろに回して後ろでクロスさせ、また前に持ってきてヘソの下で結ぶか、そのままクロスして、剣道着の袴の帯みたいに、紐に巻き付けて固定する。独特な着方をする衣服なのである。
 さて、事件が起こったのは、今朝の東京駅。浜松町の国際貿易センターで開催されるVショーに向かう途中の事だ。昨日の晩から、やや腹を下し気味だったのだが、東京駅で停車中に、急に下腹がギュルギュル言い出したのだ。出来ることなら、浜松町まで辛抱したいところだが、信号停止なのか全然電車が発車する気配がない。風雲急を告げる下腹。このままでは車内で大惨事を迎えるに違いないと咄嗟に判断し、直ちに下車。エスカレーター上がった先のトイレに急行した。もはや、ガンバレ!括約筋!状態である。
 しかし、こういう時に限って、お約束の様に大便所は二つとも先約済みだったりする。しかし、もはや一歩も動けない状態である。イライラを通り越してヒヤヒヤしながら、待つ事3分。今回は幸いにも前の奴が出て行った。ここからが寸秒を争う修羅場である。
 まず、帯革(装備を押さえる革のごついベルト)を外し、肩から下げた雑嚢をドアにぶら下げ、ようやく軍袴の紐を緩めにかかる。ところが、長ったらしいだけになかなか緩まない。しかし、便器を前にもはや括約筋は頑張る意志がない。紐でまごつき手間取る自分を無視して、ケツの股に堤防決壊が始まった。もはや半泣き状態である。
 ともにもかくにも紐をゆるめ、前ボタンをはずして、ようやくしゃがめたのであるが、そりゃもう、開放感よりも憤怒と絶望感の方が勝っている。一体全体、どうして帝国陸軍は、こんなややこしいズボンを設計したのであろうか。よく南方戦線でアメーバ赤痢に掛かって垂れ流しになる兵隊の話しを読むが、便所に手間云々の前に、軍袴の紐を外す手間が惜しいというか間に合わなかったはずである。自分だって、垂れ流し直前(というか、ちょっと垂れた)までいったのだから。
 何が言いたいのか、というと、自分はそこそこのミリタリーマニアで、旧軍の事もそこそこ知っているが、服の着方までは今回着てみて初めて分ったのだ。やってみない事には、当時の人がどんなだったか、理解する事は出来ない。ただでさえ、面倒くさい紐なのであるが、緊急事態に際しては、破滅的な状況を招来する事もある訳で、それを回避する為には、普段から慣れておく必要があるのを、いたく感じ入ったのである。
 物事は、表面から見てたのでは、決して分らないのだ。





包帯包

f76de0e5bbf70d4f1c0699692efd20b2

 軍衣の内ポケットに入る包帯包は、三角巾、セロファン紙でつつんだ昇汞ガーゼ包で構成されてたそうな。昇汞というのはリバノールの事で、今はアクリノールというのが一般的らしい。黄色い消毒液である。
 そのアクリノールに浸したガーゼが売ってるのか?と思ったら、普通に売っていた。その名もリバガーゼ。アルミパックに個別密封されていて、ガーゼの上から貼るシート付き。
 ところで、包帯包に入っていた昇汞ガーゼは、サイズが30×40cmのデカイ奴だったらしい。まぁ、戦傷用だからチマチマした傷とは限らないから、大きめなんだろう。リバガーゼの方は5×4cmで、チマチマした傷用だ。ただし12枚入っている。
 もっとも、飯盒オフレベルのイベントで、チマチマ以上の怪我をするのは考えにくいし、むしろ怪我なしてミッションが終わる事の方が多いから、とりあえず形だけ整えると言う事で、二つ折りにした三角巾に、リバガーゼとシート12枚をサンドイッチして、ポケットに入れる事にした。
 まぁ、草色の米軍の三角巾を買う事も考えたが、それなりに値段するし、ガチで使わないかん時に、リエナクトへったくれ言うてる場合じゃないので、とりあえず市販のを使う事にした。
 二つ折りにしてガーゼとか挟んだら、それっぽいサイズになった。せめて包装布くらい、何とかするかな。





何事も慣れ

3dea583fcb86e7d589e77b40a796c1ae

 日本陸軍の九〇式鉄帽のレプリカ。レプリカだけどしっかり鉄製らしいので(実物はクロムモリブデン鋼)、いざの時には防災用に使えるかもしれない。まぁ、防災用なら、もっと軽い樹脂製のがあるけど、最近のは工事用か建設現場用っぽいんだよな。
 それはさておき、この鉄帽のアゴ紐は、今風のベルト式やバックル式の留め方でなく、兜結びって留め方だ。紐の左右の長さの関係で、アゴの横で蝶々結びするんだが、これがなかなか難儀した。蝶々結びが出来ない訳ではない。手元が見えなくて、かつ自分に向かってやるのが、なかなか勝手が分からなかったのだ。鏡見ながらやっても、逆像で分かりにくいし、、、
 そこで基本に立ち返り、靴紐をゆっくり手順を踏みながら結んで、蝶々結びの仕方を解明し、かつ、それを頭に思い描きながら、鏡の前で何度も練習した。それで何とか、結べる様になって来た。
 この鉄帽は、略帽の上から被る事になっているので、略帽の分、アゴ紐も短くなるのだが、それでも何とか結べる様になってきた。何でも練習である。何回か練習してるうちに、鏡見ないでも結べる様になるだろう。
 昔の兵隊も、初年兵の頃に、班長や古兵に怒鳴られながら、練習したんだろうなぁ。





襟布

680bdabb997adbf1896789fdc0353b80

 九八式軍衣に襟布を付けた。三角巾を82×51cmのサイズに切り、3.6cmの幅で四つ折りにした。
 襟布は軍衣の襟に縫いつける事になってるのだが、付け方が分からん。とりあえず、3mmほど出る感じに、適当にざっくり縫い付けた。
 当然、襟布の分だけ首回りがキツイのだが、昨日より楽にホックが留めれたらのは、昨夜の練習の成果だ。昨日よりも首が絞まって頭がボーっとするんだが、慣れるまで着たままにしとこう。





ホック

3b8c2c84517f2d8098cf0b8b0a0b1865

 首にホックが付いてる服を30年ぶりに着た。中学の学ラン以来だ。その時の学ランも、首がキツくてホックが留めにくかったんだけど、この軍衣も大概キツイ。サイズがデカイのに、首にだけ余裕が無いのだ。とはいえ、留めない訳に行かないので、息吐いて止めて、鏡の前であーでも無いこーでも無いとかなり格闘した。
 やっとこ留まったが、今度は外すので難儀した。そういうのを繰り返してるうちに、大分首が慣れてきた。そして、最後には、ホックの鈎の方を少し広げてやったらいい、と言う事に気が付いた。その後、何度か練習して、何とか留めれる程度にはなってきたけど、やはり難しいには違いない。
 まぁ、慣れなのかな?





靴紐

ef1fcf96a6708e5bfbf0fec704f99252

 今日は雨なので、軍装のお手入れ。ちゃっちいレプリカの編上靴といえども、ちゃんとした編上靴が手に入るまでは、自分の足を守る唯一の靴なんで、ちゃんと保革油塗っておきます。
 さて、編上靴といえば靴紐です。「靴紐も結べない癖に…」は頭の悪いアホ呼ばわりする時の常套句ですが、靴紐の結び方は様々あって、確かに頭使うところでもあります。
 日本陸軍では、ちょっと変わった結び方してたみたいです。まず、一番から三段目までは鳩目の外側から紐を通し、内側に来る紐を二段目飛ばして三段目に通した様です。四段目からは、鳩目の内側から通したみたい。
どうしてこんなやり方なのか分かりませんが、紐が緩みにくいんでしょうかね?
もっとも、このやり方、他のマニアの人がやってるやり方なんで、ちゃんと一次資料に基づいてるか分かりません。
 ちなみに、この靴紐は、日本陸軍仕様ねレプリカで、紐の端が金具で止められてます。
それは良いんですが、イキナリ片側が外れてしまいました。仕方ないんで、縫い糸で補修しましたが、当時の兵隊もそうしてたかもしれませんねぇ。




お手入れ

3e12a4163f716e977a004c80f48f68a0

 今日は頭の調子は凄く良くなったんだけど、やはり大事とって安静に。せっかくのバイク日和なのにな。
 部屋の掃除終わってから、やる事ないんで、日本陸軍の軍装の手入れをした。床に置いてるもんで、猫の毛が凄いんだわさ。
 昭和17年製の毛布は特に酷くて、コロコロ掛けまくり。携帯天幕もコロコロ。背嚢も円匙も地下足袋もコロコロ。毛布は天日干しした。
 とりあえず、乾パンや米、替えの軍足といった小物は背嚢へ。地下足袋も背嚢の中へ。タコ足の紐も出来るだけ纏めて、邪魔にならない様にした。
 問題は保管で、床におけば、また毛だらけになるだろうし、さりとてしまう場所もないし、思案中である。
 そうこうしてる内に、猫の餌食になっていた(^^;;




靴の話

016d7d8917064424e0398766181cd1b8

 自分が靴で悩み始めたのは、中学の頃あたりからである。水泳部に入って急に身体がデカくなり始めたのだが、足もその例に漏れず、26、27、28cmと半年もしない間にデカくなっていったのだ。しかし、問題は当時はデカい靴が早々売ってない。なので無理矢理27cmくらいの靴を履いていたと記憶する。しかも自分の足は、親指よりも人差し指の方が長い。なので人差し指を親指までの長さに納めねばならなかったため、人差し指が第一関節のところで靴先に当たって曲がった状態で履いていた。曲がった関節のところが靴に当たってタコになり、それがかなり目立つので恥ずかしくて夏場は水泳の授業を全部休んだ事があったくらいだ(水泳部だったので、休んでも点は付いたみたいである)。デカイだけに補給もなかなかして貰えなくて、上履きなどは靴の横が破れてくるのだが、当て布して自分で縫って補修していた。当時は仕方なしにやっていたのだが、今となっては分厚い布地を縫う良い経験になったと思う。
 上京してからもしばらくは靴で困っていた。やはりデカイ靴が売ってなかったからである。そうこうしている内に、デカイ靴の専門店なども出来て、普段履きには困らない様になってきた。足に合った靴を履く事で、知らないうちに人差し指の第一関節のタコも消えてしまった。
 しかし、問題は趣味の方の靴は、その後も困り続けた。上京して4年後にサバゲーに復帰するのであるが、ジャングルブーツやコンバットブーツといった、編み上げのブーツでデカいサイズはまだまだ無かったのである。自分が初めて履いたジャングルブーツはたしか9Wとかだったが、これはジッとしても足の甲が痛い靴で、とてもじゃないが使い物にならず直ぐに手放した。ちなみに自分の足は足の長さは28cmであるが、甲周りは29cmある。これはバイクのブーツをフルオーダーした時に分かった事である。
 その後、段々と大きいサイズのブーツが出回る様になって、米軍のブーツサイズで自分の足に合うのは、11Wである事が分かった。ちょうど、デカいサイズの靴屋が出来始めた頃の事である。まぁ、軍用ブーツなど早々買い替える事はないので、一旦新品が手に入れば数年持つ。昔はヤフオクで、今ならeBayなどで気軽に買う事が出来る。
 モトクロスブーツは、幸いにもガエルネがアジア人向けの足型でブーツを作ってくれていて、かつ29cmのデカ足でも3ヶ月待てば受注生産してくれる。これがあったお陰で、自分はオフロードバイクのレースを始める事が出来た。ちなみに、他のメーカーのでも良かったのだが、基本的には欧米人向けの足型(ワイドでなく、レギュラーやナロー)で作られているので、同じサイズでもやっぱり狭い。ちなみに、ガエルネでも海外のショップから通販すると、欧米人向けのサイズのが来るそうである。
 さて、このたび日本兵の格好するにあたって、やっぱり困ったのが靴だった。旧陸軍の編上靴は、レプリカがない訳ではないのだが、サイズが28cmまで。とりあえず在庫のを履いてみたが、つま先以外は全く入らなかった。あれでは「靴に足を合わせる」事さえ出来ない。となれば代用品を探すしか無い訳で、いろいろ当たってみたが、結局、第二次大戦中の米軍のアンクルブーツのモデル品に落ち着いた。この時代、どこの国の軍隊も似た様な靴を履いていたみたいだ。まぁ、よく見れば違うとこが一杯なのだが、履けるだけマシ。代用品を使ってる人も結構いるから、これで良しにした。もし、履ける靴が無かったら、この企画も頓挫してしまうところであった。




地下足袋

7b7a208f3420a944f51b1041ed277f07

 来るべき飯盒オフは日本軍の格好でやるなんて決まっちゃったもんだから、あれこれと新規に勉強している訳だけど、一番の問題は靴。いつだって問題になるのだが、甲周りが29cmもあるもんで、いつも履いてる靴は29cm。モトクロスのブーツも29cmなのである。しかし、旧軍の編上靴は一番デカくても28cmまでで、しかも非常に品薄である。
 そこで目を付けたのが地下足袋。旧軍でも地下足袋を使っていたとの事だが、いろいろ調べた結果、今でいうところの「実用」とか「快足」とか銘打ったコハゼが3枚の底が黒いのが、旧軍で使ってた地下足袋に相応する事が分かってきた。しかし、その地下足袋とて、一番大きいのは28cmまでで、あとはコハゼが7〜12枚という鳶職の人とか用になってしまうのだ。
 ところで、自分の足は甲周りは29cmであるが、足の長さそのものは28cmである。つまり、アジア人らしい甲高の足をしているのである。あまり伸びない靴では融通利かないかもしれないが、布地が多い地下足袋だったら、もしかしたら伸びるかもしれない。そこで近所のワークマンに行って28cmの地下足袋を履いてみた。そしたら思惑通り、多少履く時に窮屈な思いをするが、ちゃんと履けたのである。とりあえず、これで問題が一つ減った。
 さて、どこのメーカーのを頼むか。一番有名どころでは、力王とか丸五であるが、その他にもアサヒとかムーンスター(昔、陸軍の編上靴作ってた月星化成)などもある。いくつかあるメーカーの中で自分が選んだのは、壮快堂というメーカー。というのも、山登りとかにつかうゴムピンのスパイクタイプの地下足袋で、4枚コハゼという比較的短い地下足袋を出していて(他のメーカーは5枚)、ゴムピンタイプでない3枚コハゼの実用地下足袋と見た目の互換が近い、という理由からである。まぁ、旧軍ではゴムピンタイプじゃない底のを使っていたのだが。
 ともかく注文したのだが、どういう訳かゴムピンタイプのが先に来て、普通のはまだバックオーダーである。まぁ先に来た方から履いてみたのだが、ここでもう一つ問題。それは軍足はいわゆる先丸タイプで、親指のところは分かれてない。ところが地下足袋の方は分かれているのである。普通に履こうとしたら、軍足の先が邪魔で履けない事になる。そこで考えたのは、軍足のつま先を少し伸ばしておいて、親指の又にめり込ませて履くというもの。実際それで履いてみたが、ちょっとコツが要るし、地下足袋を履く時も結構キツいし、コハゼが留めにくかった。
 それ以上に心配に感じたのは、要は靴下をちゃんと履かないで指のところでクシャらせているのだから、長時間歩いたら、そこが擦れて靴擦れになってしまうのではないか、という事だ。実際、昔の兵隊さんの本にも、靴下がずれて靴擦れになる話はいっぱい出てくる(それは旧軍の軍足が立体裁断でなく、踵の無い寸胴タイプだった事にも原因する)。しかし、実際に歩いてみると、素足で履いた方が親指の又が痛い事が分かってきた。かつダイレクトに風が当たるので寒かったりもする。無理してでも軍足履いた方が、足が守られてる感があって安心である。
 せっかくだから、外を少し歩いてみたが、思いの他歩きやすいと感じた。なるほど、登山で使う人がいるはずである。残ってた雪の上にも上がってみたが、スパイクタイプのせいかあまり滑らなかった。もっとも、頂上まで上がったら、片足が雪の中に膝までずっぽりハマってしまったのだがw




古物探求

名称未設定 1

 日本軍の格好でキャンプするという、年甲斐もない事をやる事になったのだが、これがどうしてどうして、いろいろ勉強したり考えたりしなければならない事が意外にあった。おそらくこれからも出てくると思うのだが、既に勉強した事を列挙しておこう。
 まず、飯盒を塗り直したのだが、これがそこらのホームセンターで売ってるスプレーではなかなか再現が難しかった。日本陸軍をイメージするカラーと言えばカーキ色なのだが、一口にカーキ色といっても赤みがかったのから緑がかったのまで千差万別。その上、物の程度によっても色が違ったりで、どれが正解か分からん様になってくる始末。結局、見本の写真に出来るだけ近くなる様に、2色の色を薄く重ね吹きしたのであるが、それにしたって正解にはほど遠かった。結論からすれば、プラモデル用の日本軍のカーキを使った方が一番再現性が高かったのではないか、と思う。ちなみに、昔の陸軍が編纂した「被服手入保存法」に出てくる飯盒及水筒塗換法によると、「塗換に使用する茶褐漆…生漆百三十五匁、三輿朱粉三十匁、石黄百匁」の量目で塗料を混ぜると、日本陸軍の飯盒や水筒の色になるらしい。漆は分かるし、石黄ってもwikiに出てたが、三輿朱粉というのは分からなかった。ちなみに、スプレーではなく刷毛塗りだった様である。
 次に水筒。飯盒の方は今でも昔のロ号飯盒と同じ物が兵式飯盒として売られているが、水筒はすっかり廃れて同形の物はない。当時の物はオークションなどで手に入るが、さすがに70年以上も前のものを使う気になれない。そこでレプリカを買った訳だが、一口に昭五式(九四式)水筒といっても、年代によって様々なタイプがあり、しかもパーツが混同されてたりで、これまたどれが正解か分からん様な状態だった。でも、これは逃げ道にもなる話で、結局初期のタイプに似せたコルクの栓を作る事が出来た。
 個人用の照明器具についても調べてみた。個々の兵隊レベルでは提灯とかロウソクなんだろうな、と思っていたのだが、一応は懐中電灯とか発電式のライトもあったらしい。自分が興味を持ったのは、手提げの角形ランプで、これが実はあの松下電器がナショナルの商標を初めて使った製品で、かつ爆発的に売れた商品だという事を初めて知った。なおかつ、これは元は自転車の前照灯で手持ちとしても使える2ウェイライトで、類似品もいっぱいあったらしい。もっとも、このスタイルのライトも今は廃れてしまって、わずかにサンヨーの廃盤品を手に入れるのが精一杯だった。
 靴の問題日常生活にも影響あるのだが、特に軍装に関しては米軍以外ではサイズがないのが実情である。レプリカの編上靴も28cmまでで、かつオーダーメイドは無さそうである。そこで目を付けたのが陸軍でも使っていたという地下足袋だ。といっても、軍が採用してた地下足袋は底が黒で3枚コハゼの物である、という事が分かった。幸いにも、それに近い物は今でも作られていて、ワークショップなどには無いものの、通販で取り寄せが可能である。しかし、ミリコスでまさか地下足袋を履く事になるとは思ってなかった。しっかりした靴しか履いてこなかったので、プロテクションに少し不安があるが、最近では登山でも使っている人が多い由である。

 まぁ、こうした事はマニアや研究家の人はよく知ってる事なんだと思うが、戦記や戦争映画でしか日本軍を知らない自分にとっては、軍装の研究というより当時の技術や世相の研究に近い感覚がした。自分はこれまで、現用の装備しか扱った事がなかったのでこうした感覚は新鮮である。言ってみれば古物の探求ではなかろうか?






最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ