たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

家財

センサーライト 屋外 ソーラーライト 60LED

2019-01-21-10.15.53

 四街道の今のウチに引っ越してから、ずっと思っていたのは、夜中、駐車場が暗くてスクーターの鍵を差すのにも難儀する、という事である。他所のウチを見てみると、人が通ると明かりが点くセンサーライトを付けてたりする。そこで調べて見たら、そんなに高いものでもない事が分かった。
 色んな聞いた事もないメーカーが、色んなソーラーライトを出しているのだが、正式な商品名の分からない商品ではあるが、レビューが良かったので買ってみた。2499円で300円引きのクーポン付きだったから、安い。しかも2個入っている。当面、必要なのは駐車場の1個だけなのだが、まぁ他にも使い道があるだろう。
 このセンサーライトは、基本的には壁なり柱なりにビス留めして使うものらしくて、ビスだのアンカーだのが付属していた。駐車場のカーポートの柱に穴あけする事も考えたのだが、あまり穴は開けたくないので、3Mの強力な両面テープで貼り付ける事にした。
 さて、夜中になって、駐車場に行ってみると、ほほう、ちゃんと光る。それなりに明るい。自分がいる限り光り続けている。無いよりは全然いい。2500円程度でこれなら、十分使えるというもんだ。あとは、耐久性がどれだけあるか。一応は防水仕様という事らしい。
 どうせなら、もちっと明るくても良いのにな、と思ってたら、なんとLEDが82個ついたタイプがあった。こちらは2019年版で、自分が買った方は2018年版という事らしい。どうりで300引きのクーポン付きだった訳だ。形は全く同じだから、年々高輝度に進化してるって事なんだろうか。

2019-01-21-23.39






タニタ 温湿度計 デジタル グレー TT-559 GY

IMG_4585

 四街道はクソ寒い、という事で、気温湿度を数値的に把握する必要が生じた。と、宣ったところ、嫁さんが(おそらく尻尾がついてたら振り振りしながら)「ありますよ〜〜」と、戦前チックな機械を出してきた。何でもドイツ製で9000円ほどもする高級品で、かのプーチン大統領もご愛用の品、だという。ドラムが三段になっていて、上が高度計、真ん中が温度計、一番下が湿度計らしい。まぁ、きっと上等な物なのだろう。が、ぶっちゃけ見難い。目を凝らさんと何度か分からん。これなら水銀計の方がよっぽど見やすいというもんだ。玄関の靴箱の上のオブジェとしては良いのだろうが、パッと見て分かり易いのが一番である。
 そこで、タニタの温湿度計を買う事にした。 Amazonで1480円である。ドイツ製のより随分安いが仕事は同じ事をする(はずである)。もっとも、2000円以上買わないと送料が無料にならないというから、嫁さんから頼まれた叙々苑のドレッシングを(しかも2本からでないと売ってくれない)買わねばならなかった。
 さて、届いたのを早速、早速玄関の靴箱の上に置いてみたのだが、こうやってみると意外と小さい。この倍くらいの大きさがあっても良かったのだが。とにかく、パッと見て気温だの湿度だのが分かりたいのだ。階段の上からでも見えるくらいが良かった。ついでにいうと、玄関は昼間は明るく、夜は暗いのだが、壁に立てかけると画面がちょっと暗くて見え難いかな。斜めに立てかけたら良いかもしれない。一応、カレンダーと時計も入ってて、アラームも鳴らす事が出来るらしいのだが、目覚まし時計として使う予定はないので、まぁ鳴らさないかな。
 ともあれ、これで一目で気温が分かる様になったのだが、ここんとこ比較的暖かい。といっても、正午で10度なのだから、新小岩の頃に比べたら全然寒いのである。






TaoTronics 加湿器 TT-AH009 (2L)

2019-01-09-12.35.33

 そもそも自分は加湿器など必要と感じた事はこれまで一度もなかったのだが、四街道に引っ越してきて、ようやくその必要性を感じる様になった。というのも、冬場になると、毎朝、鼻がガビガビに鼻くそが詰まってるし、喉もカラカラなのである。そして、窓はまったく結露していない。自分の認識では、冬場は窓が結露するもんだと思っていたのだが、四街道のこの家は結露しないのである。つまり、相当に空気が乾燥しているという事だ。
 そういえば、去年も年末年始に風邪をひいたのであるが、特に喉の状態が悪かった。これまでの人生で、空気が乾燥してて喉を痛めるという経験をした事がなかったので、そうと理解出来なかったのである。そして今年、試しにマスクをしてみたら、相当に状況が改善した。実はマスクするのは子供の頃から大嫌いなのであるが、四街道の冬場の寒さと乾燥では、好き嫌い言ってられなくなった。そして加湿器である。
 この加湿器、嫁さんがインフルエンザに罹った時に注文したのであるが、うまい具合というか、自分が罹った日に届いた。早速寝室で使ってみたが、やはり有ると無いとでは大違いである。鼻にせよ喉にせよ大分楽である。ファンヒーター使う部屋だとさらに効果は覿面で、試しに加湿器を切ってみると、途端に咳が出たりする。なるほど、加湿器が数多く売られている理由が何となく分かった気がする。
 今まで住んでいた新小岩の賃貸マンションは、南向きで狭かったので、冬場でも結構暖かく、湿度もそれなりにあったのだろう。ところが四街道の今の家は、そもそも四街道の吹きさらしの台地の上に建っているし、陽が出ててもクソ寒く、そこへ持ってきて無駄に家が広くて暖房ない部屋や廊下は外気と変わらん気温で、そしておそらく湿気が籠らない構造なのだろう。ゆえに、冬場は結構キツいのだ。ある程度機材で対応していくほかあるまい。

家庭用無洗米精米機 BT-AG05

04427a9f75a6b4e9e01aa4ace359bc88

 近所のナフコのそばにオープンしたコメリが、オープンセールなのか、千葉県産のあきたこまちの玄米30kgを7300円で売り出していて、しかもお一人様3袋まで、と書いてあった。この近所のホームセンターだと、30kgで9800円くらいなので、確かに安い。しかも玄米なので、しばらく置いておいても悪くはならない。実は直前に秋田産のあきたこまちの精米30kgを買ったばかりなので、この玄米を買っても直ぐには使えないのであるが、安くて大量という点で目を離す事が出来なくて、30kgを3袋買って帰った。現在、ウチには米が120kgもある。
 さて、玄米といえば、2年ほど前に炊飯の研究で散々食ったので、今となっては玄米飯など食いたくないので、精米する必要がある。玄米を売ってるホームセンターには、大抵コイン精米機があるもんだが、ここのコメリにはなくて、置いてあるスーパーもあるにはあるが、どっちにしても歩いて5分とかの距離ではない。すると、嫁さんが家庭用の精米機が欲しいと言い出した。普段、物を増やしたくないとかいう割には、自分の欲しいものは増やしたい性格なのである。しかし、精米機買っても、今後も玄米買って食うならともかく、今回限りだと勿体ない気もしないでない。
 ともあれ、精米機がいくらするのか、コメリの家電製品コーナーを見てみたら、高いので3.5万円くらいする。意外と高いものである。その値段を見て難色を示した訳であるが、おりしも結婚一周年記念という事で、親父がお祝いしたいと行ってきたから、それに乗っかって買う事にした。そこで調べてみたところ、精米機も1万円しないのもあって、ピンキリであった。値段の差は、精米の度合いとか糠の除去の仕方とか、そうした所に差があるらしい。なので、せっかくであるから、高いのにした。この精米機にしたのは、胚芽米まで作れるところに魅力を感じたし、車中泊用の無洗米も作れるのは大きなメリットだ。
 さて、届いたのを早速使ってみた。5合まで精米出来るのであるが、糠を除去したら4.5合くらいになる。面白い様に糠が取れて、しかも糠用のポットに溜まって行く方式なので、取れた糠はそのまま庭に撒ける。精米した米は奥のポットに溜まる方式で、なるほど安い精米機より明らかに便利に出来ている。
 米は精米したてが美味いというから、これからウチは玄米買って精米して使う生活になる。






Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索