たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

実家猫

実家がネコを飼ったらしい

76ed666af4dccd54e8a504e3e00d4466

 野良ヒマラヤンのシロフサがおっ死んで2ヶ月。新ネコが実家に配備されたらしい。当初は、シロフサ同様、毛長の子猫を買うつもりだったそうだが、どのペットショップ行っても売ってなかったとか。だったらブリーダーを探せば良さそうなもんだが、そういう知恵は回らなかったらしくて、里親募集中のトコに行ったらしい。ところが気に入ったのがいなくて、でも手ぶらで帰りづらくて、居ないのを承知で「毛の長い子がいたら良かったんですけどねぇ〜」と言ってみたら、「実はー」と出てきたのが、このネコ。写メではよう判らんが、鯖トラと白い毛長ネコの合いの子。問題は、推定生後7ヶ月。初対面で、「ふわぁーっ」と威嚇されたそうな。
 でも、何かオヤジとオカンの琴線に触れるものがあったらしくて、昨日から実家の一員になったそうな。抱っこはおろか、お触りも出来ないそうだが、まぁ、まだ来たばっかだからね。





シロフサ死す

00886729d9dcf5f2e760150a69113ca7

 今朝、親父からシロフサが死んだ、と電話があった。
 3年前、出勤途中で、ボロボロになって路地から出てきたところを、その姿が、争議終わって路頭に迷ってた時の自分の姿に重なって、捨てて置けず、連れて帰ったまでは良かったものの、クロスケもいる事で飼いきれず、「粗略に扱うと家運(というか、オレの運)が傾く」と脅して、実家に押し付けたのだ。以来、オレは安泰に過ごして来たのだが、実家の方は、全然なつかない猫押し付けられて、噛まれるわ掻かれるわ、病院代は掛かるわ(ヒマヤランの子猫が優に6匹は買えたはず)エライ事になってたのである。
 しかし、そのオレが正に危機に直面した時、最後の任務を果たして、おっ死んだのである。さすがである。常々、生き物は大事にせないかん、と考える訳だけど、大抵において、タイムリーな因果があるものである。

 心ある人よ、この猫のために祈られたし。





シロフサ再会

b98a34c4b036469b971b9212da78918f

2007年11月末に、前のアパートの近所で保護した、
野良ヒマラヤンのシロフサウッシッシ
実家に押し付けて「粗略に扱うと家運が傾く」と脅してきた訳だが、
オレ的には、ついこないだご利益があったexclamation ×2

怪我は全然治らなくて、腎臓も悪くて、毎日点滴してるらしい注射
病院代をトータルすると、ヒマラヤンの子猫が4匹は買えるとかあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、何とか毎日生きてるみたいだった手(チョキ)






シロフサ

0d095fac0151a32478d73b240dcae4d5

 2007年11月に前のアパートの近所で拾った、両足ズル剥けの怪我したヒマラヤンの♀。去年の正月に、血統書好きの親父に押し付けて、何だかんだで一年経った。こっちでかかった医者がヤブだったのか、足は全然治らず、去年の暮れに医者を変えたらしい。既に、ヒマラヤンの子猫を3匹ほど買えるほど、医者代が掛ったとか。まぁ、粗略に扱ったら家運が傾く、と脅しておいたのだが、やや気の毒な話しである。
 もっとも、夏に見た時に比べれば、大分慣れたみたいで、多少触っても威嚇したりしなくなったみたいだ。足の包帯の交換も、比較的大人しくやらせている。ただし、錠剤はなかなか飲まないらしくて、オカンはしょっちゅう手を噛まれている。しかも、血が出るくらいだから、かなりキツイ噛み方だ。
 まぁ、そのお陰で、オレがレースで大ケガしてないと思えば、やるだけの意義があると思うので、頑張ってもらう他あるまい。






Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索