たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

内側靭帯

《内側靭帯》膝の調子

49c3fcbd51941d4701b5cce16f73ce78

 木更津で受傷して、今日で正味、1か月。やっとこさ、座った状態だったら足を完全に伸ばす事が出来るようになった。
とはいっても、伸ばしきると、内膝の関節の部分がまだ当たって少し痛いんだけど。立った時は、まだ伸ばしきれない。
 というのは、伸ばそうとすると、膝の皿の、恐らく裏側あたりだと思うんだけど、皿が若干痛くなるからだ。半月板の「受け」の部分を痛めてる、という事なんで、そこが痛むのかな。
 左足で片足立ちしたり、四つんばいになって膝を地面に着いたり、足を交互に出して階段登ったり、といった動作はちゃんと出来る様になった。ただ、時々、膝がビビっと痛くなる事がある。あと、膝を曲げると、膝が鳴る様な感じもする。まぁ、あとちょっとだね。
 最近の第三次レコーディング・ダイエットの効果が現れてきたのか、アスタリスクCELLのフクラハギのところが、若干緩くなってきた。それに合わせて、太もものところもユルユルである。大いに結構、良い感じである。完全復帰の日は近い。







《内側靭帯》3週間目

 今日でかっきり3週間経った。ようやく杖なしでも歩けるようになったけど、あまり急いで歩いたり、長時間歩くと膝が痛くなったり、疲れたりする。かなり伸びるようにはなってきたけど、完全に伸ばそうとすると、内膝が引っかかる様な感じになって伸びきらない。だから歩く時は相変わらず爪先立ちっぽい歩き方になってしまう。
 踏ん張りは思った以上に利く様になっていて、左足だけで立つ事は出来る(ただし、膝は曲がった状態だが)。その代わり、身体の向きを左右に回すと、膝が抜ける様な感じがする。その意味ではまだまだ予断を許さない状態だ。バイクの方も、乗って乗れない事はないとは思うが、不意に足を着く様な事があると危ないし、また往々にしてその様な事は多いので、まだ乗らない方が無難だと思う。完全に治りきる前に事を急けば、大抵失敗するものである。
 医者の診断では、今日からさらに3週間、様子を見ましょうという事だった。つまり、今月いっぱいはまだ治療期間中である。日常生活は徐々に普通に戻りつつあるが(今日も朝8時から早番で出勤した)、バイク、特にオフ練はまだまだ先だ。早く乗りたいし、また乗らない事には、せっかく覚えた事も忘れてしまいそうだが、こればっかりは仕方ない。







《内側靭帯》職場復帰

56c9a365727a64a4a0756249f0122661

 今日から職場復帰。ところが、あいにくの雨でジョルノで移動する事が出来ない。仕方ないので、左側で松葉杖を突き、右手に傘を持って、肩から雑嚢を提げて、整形外科が終わったらそのまま職場に向かう事にした。
 しかし、鈍足であるから歩くのも大変なら時間も掛かって仕方ない。さらには電車が混んでて、揺れる度に転けそうになったり、左膝がズキズキしたりして、結構大変だった。やっぱりジョルノで移動した方が早くて楽である。よほどレインウェア着て移動しようかと思ったのであるが、整形外科で脱いだり着たりするのがイヤだったので、やらなかったのだ。
 膝の方であるが、完全に曲げようとすると、腫れた靱帯が邪魔して曲がりきらず、完全に伸ばそうとすると靱帯が伸びきらない感じで、やはり伸びきらない。短い距離なら杖なしでもあるけるが、足はびっこである。多少の捻りには耐える様になったが、うっかりするとギクっとくる。
 つらいのは寝る時で、足が伸びきらないから折りたたんだ布団の上に足を上げて寝るのが丁度いい。ところが、昨日あたりから寒くなってきたので、布団を被って寝ようとすると、布団の重みに膝が押されて痛い思いをする。仕方ないので、ベッドと壁の隙間に足を突っ込んで寝ようとするが、今度は股関節が変な風になるし、足も変に捻っているらしくて結局は膝が痛くなる。身体を横向きにするのも、左膝が上にくる右向きなら良いが、左向きは厳禁である。なかなか不便で困ったものだ。







《内側靭帯》今一歩

 膝の具合であるが、日に日に良くなっている。膝頭の腫れも大分ひいてきた。赤剥けになった湿布のあとも、処方された軟膏を塗っていたら治ってきた。
 ただし、足が完全に伸びきる訳ではない。伸ばそうとしたら、内側の靱帯が痛む、という事は段々なくなってきたのだが、膝の皿が邪魔して伸びない感じである。だから今でも歩く時はビッコである。さすがに、短距離なら杖無しでも歩けるし、機動力をアップさせたい時は左側の杖だけでも大丈夫だが、なんせビッコであるから、右足の方に負担がかかって直ぐ疲れる。なかなか不便な事である。
 完全に足が伸びて、スタンディングの姿勢が取れる様になるのはいつか、正直なところ、よく判らない。やはり年内一杯は難しいかなぁ。
 ニーブレース調達の資金の動員は済ませた。取り敢えず、右足は大丈夫なので、ブーツ持って試着に行ってくる。ただし、買うのは復帰前だな。早く治って欲しいもんだ。







《内側靭帯》来週から復帰

 今日、新しいボスが職場に着任するというので、挨拶かねがね状況報告に職場に行ってきた。ジョルノに松葉杖載せて走るのもいい加減慣れてしまった。ただ、足を曲げると膝が痛くなるので、適度に伸ばしつつ乗らなければならない。これがちょっと大変だった。
 挨拶をし、診断書を提出して、今度の段取りを旧ボス交えて相談した。取り敢えず、今週一杯は休んで、来週月曜日から出る事になった。ただ、早番の開館と遅番の閉館は、松葉杖つきながらでは出来ないだろう、という事で、昼番をやる事になった。整形外科に行ってから出勤、という事になる。取り敢えず、杖が要らなくなるまでは、そんな感じの勤務になるだろう。
 膝の具合は、伸ばしきらなければ痛みはない。うっかり捻ると痛いが、確実に良くなっているのは判る。段々と腫れも引いてきて、膝頭が見える様になってきた。良い感じだ。もし、靱帯が切れていたりしたら、こんな風には回復していかないんだろうと思う。その事考えたら、今回は良い経験だった、という事になる。何と言っても、10万円するニーブレースを買う決意を固めるに十分な激痛だった訳だから。
 職場から帰る時に、職場貯金を回収してきた。既に一部は労金に預けていたのだが(その方が利息もちょっとはつくし)、自宅貯金と合わせると、11万7000円になっていた。スゴイ!毎日トータルで500円の貯金も、半年以上やればこんなに貯まるのだ。カメラに使うつもりをしていたが、自分の身を守る装備に使う事にしよう。







《内側靭帯》膝の経過

 今日も整形外科に行ってきたが、包帯を替えただけ。湿布の後のかぶれがまだ治ってないので、湿布はなし。恐らく、湿布をした方がより治りが早いのであろうが、赤剥けの跡が治らない事にはどうしようもない。
 靱帯の方は、日に日に良くなってはいるが、やはり包帯を外したり、杖なしで歩いたりすると、膝がギクっとなる。うっかり捻ると痛みが走る。本調子にはまだまだほど遠い感じだ。まぁ、慌てても仕方ないから、今日も一日、ゆっくりしていた。
 ところで、今日包帯巻いてくれたのは、いつもの主任のあんちゃんじゃなくて、他の子だったのだけど、巻き方が緩くて心もとなかった。それでもないより巻いてあった方が安心感があるのだが、風呂上がりに自分できつくまき直したら、きつ過ぎた様でかなり窮屈になってしまった。しっかり巻くのと、きつく巻き過ぎるの、なかなか加減が難しい。







《内側靭帯》診断書が出る

a28912f019acf5bc0efc7daf5da28d5c

 今日は雨。歩いて病院まで行こうかとも思ったが、普通の足で歩いても10分。松葉杖付きながら、傘差しながらでは、倍は時間が掛かるし、さすがにまだそれはシンドイので、ジョルノで行ってきた。カッパ着ようかとも思ったが、それこそ5分の移動でカッパ着たり脱いだりは面倒だったので、
少々濡れるのも仕方ない、という事にした。
 今日は診断書を出して貰う事になっていたのだが、その前に、湿布の後のかぶれが少々キツイので、軟膏を出して貰う前に、その軟膏を出して良いかどうか、診察して貰う事になった。まぁ、軟膏そのものは別にどういう事なかった様なので、センセに靱帯はどうなってるのか聞いてみた。答えは、 「経過からすると靱帯が切れている事はないでしょう」との事だった。MRIかけるほどでもない、との診断である。今後どのくらい、完治するまで掛かるかは、やはり経過を見てとの事だが、
まぁ、一安心、というところかな。帰りに診断書を貰って帰った訳だが、内容は以下の通り。

病名:左膝部捻挫
付記:平成20年9月22日、当院初診。上記診断にて加療中。向後約1か月の加療を要す。

 この診断書、職場に提出するために貰ったのだが、今日は雨で、いささかジョルノで持って行くには勇気が要る。で、職場のボスに電話してみたら、「滑って転けるから来なくていい」との事。で、これからの自分の事が気になるので聞いてみたら、「しばらく加療して様子みましょうや」との事。重ね重ね感謝。

《内側靭帯》膝の具合

e7543641b89c03ed91dfb828d612c084

 シャワー浴びるんで、膝の包帯を取って、右の膝と比べてみました。比べてみると、やっぱり腫れてますね。本来、凹んでるところが、ぷっくり。包帯してるとうっとうしいのに、外すと、膝が痛いから、やっぱ固定するだけの意味はあるんですな。
 しかし、ちょこーっと捻っただけ、この有様だから、やっぱ、膝というのは、簡単に壊してしまうんだなー。もっとも、日常生活普通に送ってる分には、あまり壊す様な事もないから、やっぱ、エンデューロというのは気をつけねばならない趣味な訳だ。
 こりゃぁ、時間掛かりそうだなぁ。。。早く練習したいのに〜

 シャワーを浴びようと思って、膝の包帯を取ってみた。受傷してから丸一週間過ぎた訳だが、まだ足は完全に伸びきらないし、曲がりきらない。うっかりドシンと地面に足を着くと、膝が痛い状態である。包帯を外してみると、何となく、膝がうっかり捻ってしまいそうだし、ちょっと立っただけでも膝が少し痛い。やっぱりまだ固定をしていないと行けないらしい。というか、包帯でグルグル巻きにしているだけだが、それだけでも大分違うんだという事が判った。
 左右の膝頭の違いを見てみたのがだ、本来凹んでいなければならないところが、ぷっくり腫れている。実際以上に痛そうだ。一週間経っても腫れが引かないんだから、こりゃ当分長引きそうである。なってしまった物は仕方ないから、今さらジタバタするつもりはないが、早く練習したいし、その前に職場に戻らない事には、気が気でない。
 とにかく、今は座学以外の事は何も出来ないんだから、ライテク本、メンテ本を片っ端から読んでおこうかと思う。







《内側靭帯》内膝真っ赤っか

7ddf3a238cfe4bd030fbe92edf2b7df5

 今朝も整形外科に行って、包帯を取り替えて貰った。 昨日、風呂から帰ってきて、湿布貼ってがっちり固定したつもりだが、 所詮素人芸、寝てる間に緩くなった。そういや、寝てる間も、何度か膝が鳴ってた様な。。要するに、何かの拍子に曲げているだろうな、きっと。もっとも、膝が鳴るたびに、膝の可動範囲が広がっている様な気がする。
 さて、包帯の交換だが、困った事に、湿布がべったり内膝にくっついている。無理ムリ剥がすと、肌が真っ赤っかになって、一部かぶれたり剥けたりしている。ずっと湿布貼って包帯しているから、炎症を起こしている。そこへ持ってきて、昨日、銭湯で念入りに洗ったものだから、皮が赤剥けになったのだ。
 市販の湿布薬は粘着力が強力なので、こういう所に貼ると、剥がすのが大変だとか。そういや、いつも医者が貼ってるのは、もっとやっこい奴だし、しかもガーゼ1枚噛ませていたなぁ。。消毒パッドで拭かれたが、これがまた痛い。まぁ、仕方ないので辛抱したが。
足の方は、まだ力を入れて伸ばす事は出来ないが、
かなり真っ直ぐなる様になってきた。
 それに合わせて、包帯の固定も、伸ばした状態にやる様になった。もっとも、今度は曲げにくいのであるが、まぁ、あまり動かしてはいかんので、これくらいで丁度かな。
 来週、診断書(3150円だそうな)を取って、職場に提出する。







《内側靭帯》銭湯に行く

f5de7be4867fc87798a6ae2b66e1e3e3

 一週間ぶりに風呂に入る事にした。今まで、膝にビニールか何か被せて風呂入れ、という実行不能な条件が付いていたので、シャワーで頭洗うのが精一杯だったのだ。しかし、いい加減、忍耐の限界に達したので、医者の許可をとって入る事にした。
 しかし、足はまだまだ危なっかしので、立ったままシャワーを浴びるのは危ない。かと言って、座って身体が洗えるほど湯船が広くない。しかも、一週間風呂に入ってない身体だ。念入りに洗いたい。
 そこで前のアパートの時に行っていた銭湯に行ってきた。わざわざ遠い銭湯に行くのは、やっぱり慣れた風呂屋の方がくつろぐからだ。いやはや、風呂入るのがこんなにキモチイイとは。今や風呂代も450円である。安アパートに住んででもない限り、おいそれ通えない。その意味では、前のボロアパートでは、一部豪華な事をしてたんだな。
 些細な事でも、幸せを感じる神経や感性を、大事にしたいものである。







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ