たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

シロ

現行犯

 ついに現行犯でシロがベッドの上のシャツにしゃがんでションベンしてるところを押さえた。手でしばいたのでは暴力が過ぎるので、シャワーして身体拭いてたバスタオルでしばき倒してやった。これで確定したのは、とにかく、服が地面なりベッドなりに落ちていると、シロはその上で気持ち良くションベンする、という事だ。対策としては、服を落としておかない、ションベンしたくなりそうな物を置いておかない、という事だ。
 ぶっちゃけ、これ、ウチのオカンだと、シロ捨てに行くと思う。下クセの悪い猫を捨てに行った話しは良く聞かされたものである。今なら無責任、という事になるのだろうが、始終ションベンされてその後始末の面倒は、無責任呼ばわりする連中がしてくれる訳じゃないから、口出しすんな、という事だ。
 これが全然懐かない、憎たらしい猫だったら、とっくに捨ててると思う。そんな奴飼うほど猫好きじゃない。ところが、シロは実に人たらしな猫なのである。可愛らしいからウチで飼う事にしたし、これまでもシバきつつも捨てなかったのだ。これもシロの生き物としての生存戦略なんだと思う。
 しかし、被害被って、こんな時間に洗濯機回すハメになって、寝ようと思ってたのに寝れなくなって、当然頭に来てしかるべき状況ではあるけど、猫をシバくのは決して気持ち良くない。頭に来るからシバかん事には気が済まんけど、決して気分が良くない。まぁ、良くなったら、それは異常だが。
 DVやる奴って、こんな感じなのかな。世評で聞くDVは、取るに足らない事や理不尽な言いがかりをつけて暴力ふるう奴の事だと思ってたけど、俺の場合、取るに足らない事でも理不尽でもないと思うんだが。ただ、人間と猫とでは、常識が違うから、猫にとってはDVになるか?
 ともあれ、今回は現行犯であるから、ことさらキツく当たった。本人もなんで自分が怒られてるか、自覚あるんじゃないかな。Macの横のスチール棚の逃げ込んで今だに出て来ない。まぁ、俺がMacからツイートしてるからだが。姉貴のかぼすが、心配そうにウロウロしてる。
 自分の流儀として、怒る時は怒る、でも、それ以上は引きずらない。いつまでもネチネチと怒るのは、それはもはやイジメに過ぎない。





ションベン猫

名称未設定-1

 かなり前から、トイレ以外でションベンされてて、そのたびにシロをどついて叱り飛ばしてた。というのも、みりんもかぼすも、トイレ以外では粗相をした事がなく、シロが来てからションベンの被害が増えたからである。
 ションベンは大抵、地面に置いている衣類にされる事が多い。そのため、ネコ共にボロボロにされたクローゼット(その中に掛ている衣類は、大抵ネコ共に落とされて、素にされてしまってた)を処分し、最初はハンガー掛け、最近はコンテナボックスに変えて、衣類を露出させない様にした。すると今度はベッドにされる様になったので、こちらもシーツの下に大型のペットシートを敷いて、出来る限り対策する様にした。それでも毛布とかにされてしまうのだ。
 問題は、本当にシロがやったのかどうか、確証が持てない事である。もしかしたら、みりんがやってる事もあるかもしれない。というのは、シロがトイレでシッコした直後にもベッドでションベンされてた事があって、シロばかりがションベンしてるとは思えない事件もあったからだ。そのため、現行犯でない時は、3匹に等しく当たる様にしている。
 ところがこないだ、電気消して、さぁ寝よかと思ったら、がさごそ地面を掘る様な音が聞こえる。まさかと思って電気つけたら、ネコベッド代わりのバスケットの中に敷き詰めた古いベッドシートにションベンがしてあった。みりんは自分の足下で寝てたし、かぼすは隣の部屋で寝てた。となると、シロ以外に居ないのである。そのシロは、早々とベッドの下に逃げ込んでいた。
 現行犯なので、そのシロを引きずり出し、首根っこ捕まえてションベン跡に鼻面押し付けて、「なんでこんなトコにションベンすんねん!」と怒鳴りながらしばき倒したのだが、腹は立つけど正直いい気はしない。愛玩動物は愛愛玩するためのものであって、しばいても気分は良くないのだ。いつまでもしばいてても仕方ないので、ションベンされたシーツを処分し、砂箱の砂も翌朝取り替えるのを、目が覚めたついでに取り替えた。シロは俺が近づいたら逃げ、逃げられないと怖い時に出す声で唸ってた。

 そんなしばかれまくるシロでも、やっぱり俺に懐きたいらしくて、人の顔色を伺ってすり寄ってくる。一通り怒ったら、いつまでも怒らない方針なので、頭を撫でてやると、安心してベタベタしてくる。やっぱり可愛いなぁ、と思う。それだけに、出来れば怒りたくない。
 対策としては、砂箱の砂を早めに変える用にしてるのだが、明日やろうと思った時に限ってやられたりする。替えてもやられたりするので、もう、その都度、怒ってしばくしかないのが現状なのだ。





頭に来るが捨てられない

名称未設定-1

 またシロが毛布でションベンしやがった。先週金曜日にされて洗ったばかりなのに。こんな時間に、しかも雨降ってるのに。あまりに頭にきて、逃げようとするのを捕まえて、ションベンに鼻押し付けて、頭シバきまくった。
 それでも腹の虫が収まらない。今までにも何度もションベンされてるのだ。もう限界と感じて、首輪はずして、ベランダに放り出した。野良なら好きなトコにションベン出来るだろう。ブリブリ怒りながら、ティッシュでションベン拭きまくった。
 ベランダを見てみると、シロが呆然としている様子。雨は降ってるし寒いし、いきなり出されて途方に暮れた感じだ。自分が悪い事した自覚はないんだろうな。でも怒られてシバかれて怖い思いして、今はベランダにいる。訳わからん、と言う様がありありとしてる。
 なんか、その姿を見てたら、可哀想と言うか、なんかバチ当たりそうな気がしてきた。やっぱり、一たび家族になったら、早々は縁を切れないもんだ。
 ガラガラとベランダの窓を開け、シロを呼んでやったが、怖いのか入って来ない。ベランダに出て抱いて入れてやろうとしたら、部屋に向かって逃げようとした。
外に向かって逃げなかったのは、やはり部屋に戻りたかったんだろな。部屋に戻ったら、他の2匹がシロによっ てきて、心配そうにクンクンしてたのが印象的だった。
ションベンはかなり拭きとったが、それでも臭い。今夜はシロのションベンの臭いの中で寝る羽目になった。





対猫関係

名称未設定-1

 こないだ、シロを抱っこして、「お姉ちゃんだぞ〜〜」とかぼすの鼻先に近づけたら、かぼすが「フ〜っ!」と威嚇して、シロに猫パンチを繰り出し始めた。かぼすとシロは母親が同じタマの血の繋がった姉弟である。なので、てっきり仲良いのかと思ったら、どうもそうでもない。逆にかぼすを抱っこしてシロに近づけたら、シロが明らかに嫌そうに身体を反らせ、かぼすがウーウー唸り出した。どうやら、かぼすの方がシロを嫌いな様である。
 今まで部屋ん中で追いかけっこし、取っ組み合いをしてたのを、てっきりケンカごっこするほど仲が良い、と思っていたのであるが、実態はシロを気に入らんかぼすが、何かの拍子にシロを追いかけ倒し、噛み付いていた事が判明した。姉というのは一般に横暴なものらしいが、にしてもシロがかぼすから嫌われる理由がイマイチよく分らない。確かに、トイレの砂を替えた時は、みりんに次いで二番目にうんこしにくるが、それが長幼有序にもとるというので頭に来ているのだろうか。何にしても、端から見てて、やはり横暴に見えるのである。
 ものは試しで、シロを抱っこしてみりんに近づけてやると、みりんはペロペロとシロを舐め出した。シロも特段逃げようともしない。長兄みりんは、もとがフレンドリーなお世話好きな猫であるし、よしんば気に入らん事があっても、一閃睨みつけるだけで他の猫は言うこと聞いてしまう威力の持ち主であるから、ケンカにならんらしい。逆にみりんを抱っこしてシロに近づける反証もすべきであるが、みりんは抱っこ嫌いでヤマネコなみの抵抗を示すので、やらずにおいた。
 何にしても、かぼすとみりんは仲が良く、シロはいつも少し離れたところにいるのだが、これはみりんが怖いとか苦手なのではなくて、なんと実妹かぼすが怖くて離れていた事が分った。まぁ、だからといって、別にどうこうする気もなければ、出来もしないのだがw





猫を追うより魚を退けよ

 朝、起きたら、わざわざ衣紋掛けに吊るしてあるYシャツが落とされて、シャツの上でションベンされた。怒る前からシロはベッドの下に避難。怒鳴りつけ、たたき出し、首根っこ捕まえて、ションベンした後に鼻先押し付けて、怒りながら頭を数発ビンタ。
 シロのやつ、「にゃう〜〜〜〜〜〜〜」とか不安げな声で鳴いてたが、自分がやった事の自覚はあるらし。他の猫は知らん顔してたから、他の猫は自分が怒られてない事も分ってるらしい。猫って、何も考えてない様でいて、3歳児なみの知能はあるっぽい。
 怒る、というのは、気に入らん事とか、されたら困る事をされたから怒る。これは本能的な事でもあるし、怒らん事には直らんから、躾の意味もある。問題はその度合いなんだと思う。怒られてる方は、なんで怒られてるかは分らなくても、怒られてる事自体は理解してる。
 ここで、躾なのか虐待なのか、微妙に難しい問題が出て来ると思う。怒りは制御されなくてはならない。制御されない怒りは、限度を超えた躾、つまり虐待に繋 がると思う。子供であれ猫であれ、基本的に聞き分けない生き物だと思う。同じ事を繰り返す。猫に関して言えば、知恵のいたちごっこである。
 そんな猫でも、後になって、「にゃう〜〜〜」と不安げに鳴いて、こっちの様子を伺ったりする。怖々謝って来てるのだ。触ろうとしても逃げたりする。でも、やっぱり鳴いて寄って来る。その時は優しくしてやる。いつまでも怒ってるのは、飼い主としても気分の悪い事である。

 今日、仕事が終わったら、クリーニング屋に行く予定だったが、ションベンされたままでは持って行けない。急遽洗濯して、干してから仕事に行こうとした。で、あと1分で脱水が終わりだったから、スイッチ切ったら、チャイルドロックかなんか知らんけど、洗濯機の蓋が開かない。
 慌てて解除の仕方をネットで調べて試したが、やはり開かない。出勤時間は迫る。イライライライラ〜〜ときた。ヤバイ怒りである。もう我慢ならん。「このク ソ忙しい時に!誰のせいでこうなったと思ってやがるんだ!お前のせいだぞ!分かってんのか!」と、ベッドの下に逃げ込んだシロをどやしつけた。
 朝、出勤前にブリブリ怒りながら家を出る、と言うのは良くない事だ。仕事に対する気の持ち様も悪いし。それが今生の別れになるかも知れない。だから、出勤 する時は怒りを和らげる努力なり工夫なり、気の持ち様が大事なのだそうな。しかし、今朝は怒りっぱなしで出てきてしまった。





Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索