たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

みりん

機械仕掛けの神

2020-08-02 09.55.03
 自分が子供の頃によく見ていた「あっちこっち丁稚」というコントバラエティで、山田スミ子扮する御寮さんが激怒してキレた時に登場する赤フンのおっさんが、自分が初めて見た、機械仕掛けの神とも言われるデウス・エクス・マキナーである。デウス・エクス・マキナーは、古代ギリシャ演劇の演出とされ、その後の様々な作品にも使われる手法であるけど、それはまったくの「作り事」でなくて、実際の生活にもちょいちょい出てきて、それが演劇に援用される様になったんではないか、と自分は思っている。
 さて、みりんの「トイレ以外でうんこする問題」である。結論から先にいうと、最近は目の前で、しかもテーブルの上で、気張ってコロンコロンとうんこする事がある。こないだなどは、テーブルの上で寝そべって、びっくりする様な量のウンコをブリブリブリ〜〜、とこいたのである。そこまで堂々とされると、頭に来るのを通り越して、もう笑ってしまう。なんかもう、おかしくてしょうがないのである。
 みりんがテーブルの上でウンコこく時には、パターンがある。嫁さんにキツイ口調で小言を言っていたり、別に文句でなくても自分の声が大きい時、二人の間に入ってうんこ気張るのである。なんというか、もう可笑しくて可笑しくて仕方なくて、小言も文句も中断。間に合えばトイレットペーパーをケツの下にしいて、ウンコするのを二人で見守っているのである。まこと、機械仕掛けの神なのだ。
 みりんも別にトイレでウンコするつもりがない訳でなくて、ウンコしたくなったら、砂箱で気張っているのだが、10歳にもなると気張る力が弱いのか、今までみたいにブリっとは出ないっぽい。これは人間も同じらしくて、70歳過ぎたオカンにこの話しをしたら、やっぱりなかなか出ないらしい。人間なら知恵も支えようもんだが、猫ではそうもいかず、この話しをしたら気の毒がっていた。おそらく、一応は砂箱で気張るが、そこでは出なくて、諦めて出たら出そうになって、その場で気張ってコロン、という感じらしい。ビチグソでは処置無しであるが、カチグソなので大目に見てやれと嫁はんにはいうのだが、ソファーや床にウンコが転がってると、やっぱり怒るのだ。気持ちは分かるが、糞詰まりになられたら病院代もかさむし、出ないよりマシだと自分は思っている。
 そのみりんが、夫婦がケンカしてると感じた時、使命感に駆られてるかどうかは分からないが、二人の目の前で、ブリブリとウンコをする訳である。その真剣な眼差し、頑張ってる姿、なのにやってる事はウンコ、というシュールかつギャップな光景が、やっぱりデウス・エクス・マキナーに自分は感じるのである。現に、ウンコ転がってたら怒ってる嫁はんも、この時だけは堪らず笑うのであるから、その役目は果たしている。
 ちなみに、自分が飼った歴代の猫で、10歳超えはこのみりんが初めてである。猫の10歳は人間の60歳に当たるそうである。見た目は昔とあまり変わらなくても、老齢なのだ。自分もあと10年したら、寝グソこく様になるかもしれない。





うん抗議

EXa0A3IVcAI_foN
(2020年04月07日 ねこちゃんホンポ)

 最近、黒猫みりん(10歳♂)がトイレ以外でうんこする様になった。もともとそんな事する奴じゃなかったし、おしっこは今でもトイレでちゃんとするのである。ところが、うんこだけは、リビングや流しの下、ソファ、テーブルの上や椅子の上でする様になった。今日などは、台所の調味料とか置く棚の上で気張ってる写真が送られて来た。一体どうしてまた、そんな所で気張る気になったのか。これらの写真、嫁さんが送ってきたのだが、ウチに帰って聞けば、2時間にわたってリビング各所でうんこをころころコキ、ついには料理盛った皿の中にもしたという。あまりの事に、もう笑うしかなかったのだが、嫁さんは激おこである。方々うんこされまくって、されたとこ全部、洗濯か掃除&消毒であるから、怒るのも無理はない。かつて、自分もシロのションベンにはホトホト手を焼かされたものである。
 シロとの経験で、猫にはいくら怒っても効き目はなくて、むしろ逆効果である事を学んだ。原因は何かあるのである。調べてみると、大体、体に変調を来している、トイレが気に入らん、ストレスを抱えている、このどれかだそうだ。シロの場合は、狭い逃げ場のない賃貸マンションの中で、先住猫2匹に相当なストレスを抱えて居たのであろう。嫁さんが逃してしまい(脱走4度目)、外で見かけた時の、あの伸びやかな様をみて、ああそうなんだろうな、と達観したものである。
 さて、みりんの場合はどうであるか。まず砂箱であるが、これは今までとサイズも構造も同じであるが、もしかしたら、歳と共に使いにくくなっているのかもしれない。10歳というのは、たにし家でも最長記録で(かつ日々更新中)、自分も猫が高齢になるとどんな変化を生じるか、経験がない。自分自身だって、老眼だの明け方おしっこしたくなるだと、若い時とは違うのであるから、猫だって同じであろう。
 ストレス、というのは色々あるが、みりんの場合は、寂しいんじゃないかな。もともと、自分が一人暮らしの時も一日の半分は家に居なかったし、帰ってきてからも自分の事が最優先で、一緒に寝る事くらいしか構ってやってなかったのだが、それでは辛抱たまらん様になっているのかもしれない。また、嫁さんにあれこれ小言を垂れる訳だが、そんな時はみりんは気が気でない風だったりする。そして、トイレ以外でうんこすると、嫁さんから「うんこたれ造」など憎まれ口を叩かれたりするので、余計にストレスを感じているのかもしれない。
 最後に、みりんはもともと腹はしっかりしてる方で、カチグソしかした事ないのであるが、最近は気張る力が弱いのか、便秘気味なのかもしれない。つまり、トイレでブリンと出しきれずに、出そうな時に頑張って出す、みたいな感じになっているのかもしれない。これは医者に連れて行く案件なのかどうか分からないけど、歳食ってきてそういう風になっているところもあるかもしれない。
 ともあれ、10年一緒に過ごしてきた猫である。ましてや福猫たる黒猫である。粗略に扱っては、家運にも関わる気がする。みりん自体も、別に嫁さんの事を嫌ってる訳でもないと思う。嫁さん曰く、「猫のストレスには気遣って、私のストレスは放ったらかしか」という事なのだが、ここはもうしばし辛抱してもらって、対策を講じたいところである。





うんこキャット

2020-03-25 08.03.27
 昨日、飯を食っている時に、なんかケツに当たる感じがするなぁ、と思ってたのだが、ビロビロに伸びた椅子のカバーが丸まってるのかな、とあまり気にしなかった。その後、風呂に入る時に、スウェットを着替えようとしたら、昼に干したのがまだ乾いてないというので、仕方なしに着替えずに寝たのだが、その時、試しにケツのところを匂ってみたら、結構おケツ臭がする。まぁ、ちゃんと拭いてもおケツ臭がする歳だしなぁ、にしても俺のケツ臭とはちょっと違うなー、と思って寝た。
 で、今朝起きてきて、椅子に座ってみたら、やっぱりケツに何か当たる。なんやろかと思って、ビロビロに伸びた椅子のカバーを伸ばしてみたら、カバーの下から、蛾のサナギみたいにカッチカチになった猫のウンコが出てきた。このサイズは黒猫みりんである。みりんは人糞と見間違うほどの立派なウンコをするのだ。一体、いつからそこに埋葬されていたのか知らないが、ともあれカチカチであったのは不幸中の幸いである。これが生、もしくは半生であったら、被害はこんなもので済まなかったはずである。
 ちゃんと砂箱でうんこするし、砂箱が分からん様になるほどのボケる歳でもないので、何かしら気に入らん事があったのだろうとは思うが、まぁ、固形物であるから迷惑度はかなり少ない。前にソファーでいきなりションベンされた時は面食らったし、昔飼ってたシロはベッドや服の上でションベンしまくって、その被害額たるや相当なもんであったが、それに比べたら、まぁ迷惑には違いないが、可愛らしい者である。なので、うんこくらいではあまり怒らない。
 ただねぇ、人が歩いたり座ったりする所で、ブービートラップ的にこくのはやめてくれないもんかね。ブービートラップなら踏んだ時点で分かるが、今回の場合は、相当な遅発で、一晩、猫糞臭のするスウェットでベッドで寝てしまったではないか。まぁ、文句言っても、これぽちーっも反省の色がないのであるが。





みりんのケツイボ

2019-11-11 17.51.30
 どのくらい前からだろうか、みりんの肛門の上に、ぷっくり丸いデキモノが出来てた。しかも、徐々に大きくなってきて、直径4〜5mmくらいになった。さらには、下にも2mmくらいのが出来てきた。別に痛がりもしないし、破裂する様な感じでもないので様子を見ていたのだが、無くなる気配もないので、3年目の予防接種の時に医者に見てもらった。
 当初は、脂肪でも溜まってるのかと思っていたのだが、医者の反応はそんなもんじゃなくて、切除して病理検査に回して、良性か悪性か調べる必要がある、という。とはいえ、三宅島エンデューロの前でもあったので、三宅島から帰ってきてから、取りかかかる事にした。
 で、昨日、バイクの洗車やウェアや装具を洗う作業の合間に、みりんを病院に連れて行った。一旦預かりとなって、麻酔が切れる夕方に引き取りに来いとの事。ケルヒャーのお陰でで作業は急ピッチに進み、雨が降り出す前に作業は全て完了。そんでみりんを引き取りに行った。
 ここの病院でも、みりんは結構な人気者で、性格の良い猫だと言われた。ケツイボを取る手術の最中、暴れたりしなかったのだろう。まぁ、全身麻酔されてて暴れる猫はいないと思うのだが。ケツの周りのを刈られて、上下のイボは切除されていた。ちなみに、レントゲン撮った所、ウチの猫は、肋骨から腰にかけて7本あるはずの背骨が1本足りないのだそうな。もっとも、こうした猫は結構多いとの事。いわゆる寸詰りという事なのだが、老齢になるとうんこおしっこの出が悪くなったりするらしいが、当面は問題ないそうな。
 さて、取ったイボは病理検査に回るとして、今日のお会計が7万円! 2〜3万くらいかと思ってたので、まさかの7万で目ん玉飛び出そうになった。もちろん、そんな大金、持ち合わせてないのだが、カードが使えたのが幸いだった。
 まぁ、みりんも今年で9歳。人間の歳で言えば50歳くらいだから、あちこちガタが出ても仕方ない。検査の結果が、是非とも良性であってほしい。




確信犯

IMG_2567
 ここ一年ほどであるが、みりんがトイレ以外の所でウンコする事が多い。確かに今年で9歳だが、ボケるほどヨボっちくもなってないし、トイレでする時はちゃんとする。別のとこ、ソファーであったり、リビングの椅子であったり、そうした所でウンコする時は、大抵は人が見てない時で、リビングに降りてきて気が付く、と言うパターンである。
 ところが昨日、嫁さんとソファーに座って、大画面のテレビ見てたら、おもむろに二人の間に入ってきた。良くある事なので気にしないでいたら、自分の腰の横辺りが急に暑くなってきた。猫がくっついてるにしては熱いので、自分と猫の間に手を入れてみたが、特段異常がない。が、その熱さがブールの中で小便した時の熱さに似ているので、もしや!と思い飛び上がって電気を点けてみたら、なんと驚いた事にソファーの上でションベンしてやがった。そして、さっきまで熱かった部分が急激に冷たくなっていくのを感じて、自分がモロに被害を被ったことを理解した。いや、最大の被害はソファーだったのだ。
 このあとは大騒ぎである。本来なら、猫を怒鳴り散らす所なのだが、あまりの出来事に、なんかもう、夫婦揃って大笑い。想定外の事態に直面すると、笑ってしまうのを初めて体験した。しかし笑ってる場合でない。ソファーにションベンが染み込まない様、ウェスを被せて、もともと汚くなっていたソファーのカバーは捨てる事に。この作業をやろうとした矢先、今度はリビングの椅子の上でウンコ気張り始めて、流石に引っ叩いたものの、ウンコは見事に椅子のカバーの上に出産。ダッシュで逃げるみりん。以前、シロがこんな事しやがったら、烈火の如く怒ったもんだが、不思議にあまり腹が立たなかった。
 このあとは、ソファーにアルコールぶっかけて拭きまくり、ファブリーズもぶっかけ、とにかく臭いがしなくなるまで拭きまくって、嫁さんの爺様の介護用に使ってたペットシートのデカイのをソファーに掛けてから、新しいカバーを付けた。一人だとただただムカつく作業だったろうが、二人でやると、なぜか笑い話になるから、これも不思議なもんだ。

 猫がトイレ以外の所で粗相をするのは、高齢でボケた時か、何か不満や不安なんかでストレスある時である。今回のは、どうみても確信的に、ワザとそうしたとしか思えない。つまり、ストレスが原因となるが、みりんは何でストレス溜めているのか。みりんは良く、自分が嫁さんに小言を垂れる時に、二人の間に入ってくる。おそらく、仲を取り成しているのだろうが、これがストレスになっているのかもしれない。猫なりに気を使っている、と言う事なのだろう。

IMG_2517






ハゲ作る

IMG_0160
 この時期、猫は換毛期で、触っただけで抜け毛がモハモハ舞う。なので、普段は面倒くさくてあまりやらないブラッシングをする。猫の方でもブラシは好きなのか、気持ち良さげにする。まずは猫グローブで撫でて抜け毛をモハモハ取って、最後にブラシで浮いた毛を取るのが、一連の手順である。
 さて、いつもの様にみりんの毛を梳いていたのだが、終わった後、ふと背中を見てみると、何となく肩の辺りの毛が薄くなっている様な気がする。改めてよく見てみると、何とハゲっぽくなっている。ここで初めて気が付いたのだが、ラバー製の猫グローブは、抜け毛を除去するのではなく、ラバーの威力で毛を抜き取っていたのである。でなければ、ハゲになる理由がない。これにはビックリした。まぁ、これから暑い季節であるし、また秋になれば冬毛が生えてくるとは思うのだが、このまま薄いままだと嫌だし、可哀想である。
 しかし、こんな事は今まで無かった事である。まぁ、よく後ろで寝そべってるのに気が付かず、椅子を引いた拍子に毛を椅子の足で踏んでしまい、猫が慌てて飛び退いたらゴッソリ毛が抜けた、というのはこれまでにも何度もあったし、その度に知らん間に生え揃っていたのだが、毛梳いて薄くなったのは初めてである。まぁ、みりんも今年で9歳。人間の歳なら55歳くらいなので、歳なのかもしれない。何れにせよ、これから抜け毛の手入れは気をつけねばならない。

IMG_0158
猫グローブが気持ち良くて尻尾勃つの図

IMG_0149
首輪してたら、首輪ハゲが出来てしまった
これは治らないっぽい







甘え猫

DxkeNeFXcAAyeel

 黒猫の性格は、甘えん坊だという事らしいのだが、みりんを見ていると確かにそうだと思わされる。歴代の猫の中で、一番甘え方が上手なのである。具体的にはどうなのかというと、こっちがまったり寛いでる時で、甘えたい時に、トトトとやってきて、横にぺったり寄りかかってきたり、膝の上に乗って、胸元に抱きついてきたりする。いずれも脱力して、甘えてますよ感満点でくっついてくるのだ。
 こっちが忙しい時とか、出勤間際とか、そういう時は決して寄って来ない。猫は身勝手だというが、こういう所は分を弁えているのか、空気が良く読める猫なのである。逆に、こっちが構いたい時で、みりんが構って欲しくない時は、その図体に見合ったパワーで抵抗する。なまじ重たいので抱っこしようにも、腕の中で暴れられたら手に余る。何せ、ツシマヤマネコの倍の体重のある猫である。なので、みりん的には大してパワーを使わずとも、悠々と脱出出来る様である。その点も、他の猫みたいに痛い目に遭わされなくて良いところなのだ。
 この猫の凄いな、と思うところは、人の機微が読めるのか、と思える行動を良く取る。夫婦で言い争いになった時とか、落ち込んでる時とか、そういう時に間に入って仲裁しようとしたり、寄り添って慰めようとしたりする事がよくある。同じ猫でも、かぼすはそういう時は知らん顔なのである。まぁ、そっちの方が普通なのであろうけど。
 みりんも今年で9歳になる。猫の寿命も20年くらいになった今日この頃であるから、まだまだ長生きするとは思う。それが証拠に、ここ5年ほど見た目が全然変わらない。新小岩時代と比べると寒いのか、毛の量が増えて若干大きく見える様になった程度である。




対猫関係

名称未設定-1

 こないだ、シロを抱っこして、「お姉ちゃんだぞ〜〜」とかぼすの鼻先に近づけたら、かぼすが「フ〜っ!」と威嚇して、シロに猫パンチを繰り出し始めた。かぼすとシロは母親が同じタマの血の繋がった姉弟である。なので、てっきり仲良いのかと思ったら、どうもそうでもない。逆にかぼすを抱っこしてシロに近づけたら、シロが明らかに嫌そうに身体を反らせ、かぼすがウーウー唸り出した。どうやら、かぼすの方がシロを嫌いな様である。
 今まで部屋ん中で追いかけっこし、取っ組み合いをしてたのを、てっきりケンカごっこするほど仲が良い、と思っていたのであるが、実態はシロを気に入らんかぼすが、何かの拍子にシロを追いかけ倒し、噛み付いていた事が判明した。姉というのは一般に横暴なものらしいが、にしてもシロがかぼすから嫌われる理由がイマイチよく分らない。確かに、トイレの砂を替えた時は、みりんに次いで二番目にうんこしにくるが、それが長幼有序にもとるというので頭に来ているのだろうか。何にしても、端から見てて、やはり横暴に見えるのである。
 ものは試しで、シロを抱っこしてみりんに近づけてやると、みりんはペロペロとシロを舐め出した。シロも特段逃げようともしない。長兄みりんは、もとがフレンドリーなお世話好きな猫であるし、よしんば気に入らん事があっても、一閃睨みつけるだけで他の猫は言うこと聞いてしまう威力の持ち主であるから、ケンカにならんらしい。逆にみりんを抱っこしてシロに近づける反証もすべきであるが、みりんは抱っこ嫌いでヤマネコなみの抵抗を示すので、やらずにおいた。
 何にしても、かぼすとみりんは仲が良く、シロはいつも少し離れたところにいるのだが、これはみりんが怖いとか苦手なのではなくて、なんと実妹かぼすが怖くて離れていた事が分った。まぁ、だからといって、別にどうこうする気もなければ、出来もしないのだがw





甘え下手の甘え猫

名称未設定-1

■ほっぺに、ツーンツン! 女の子のかまちょサイン4つ
(2015年06月22日 17:42  マイナビウーマン)

 ウチの黒猫みりんである。黒猫は甘えん坊な性格してる、とよく言われる通り、確かに甘え猫である。まだみりん一匹しかいなかった時は、適度な甘えぶりで可愛らしかったのだが、猫が増えた今となっては、その甘え方に問題がある。
 とにかく、甘えたい時の無駄鳴きがすごいのだ。「うのぉ〜ん、うにょ〜ん」とけたたましいのである。しかも、大抵こっちが何かに集中してる時に限って、「うのぉ〜ん、うにょ〜ん」と泣きわめく。この鳴き声がちっとも可愛くない上に、ウルサいのである。他の猫も鳴くのであるが、そこまでけたたましくはないのだ。
 甘え方も下手である。他に猫は、それとなしに甘えてきて、こっちもヨシヨシ相手する気になるのだが、みりんは強引かつわがままに、甘える事を強要してくるのである。しかも、こちらが忙しい時にだ。タイミングの悪い猫なのである。これでは、甘えん坊というより、ただのわがままである。まぁ、動物相手にわがままもないのであるが。
 みりんは、本能として甘える性格をしてるんだと思う。そして、甘えるテクニックというか、ノウハウを磨くまでもなく、甘える性格だけが全面に出るんだと思う。その意味で、非常に甘え方の下手な猫である。みりんはもともと子猫の時から保護されていて、甘えれるのが当たり前の環境で育った猫と、野良出身で兄弟とエサを奪い合い、「可愛い」を生存戦略に飼い猫になったかぼすやシロとの違いなのかもしれない。





実は自分がイヤになる

名称未設定-1

■猫の悪戯がやみません。
(Yahoo!知恵袋 2010/4/1010:30:35)

 この3日間、シロの食い物に対する悪さが連続した。

1回目は、練習用に買っておいたどら焼きとあんドーナツ。
2回目は、味海苔となぜか天ぷら粉
3回目は、ネギ焼きの素

 その3回目が昨日だったのだが、花粉症で調子悪いのもあって、いい加減にムカついてしまい、ベッドの下の衣装ケースの間に逃げ込んだのを、衣装ケースを蹴飛ばして追い出し、部屋中追い回して、どこかに逃げ込んだら、こづいて追い出し、徹底的に追いかけ回したのだ。
 そして、とうとう最後には脱糞する始末。幸いカチグソだったから後始末は困らなかったが、普段はちゃんと砂箱でするんだから、よほど怖かったのであろう。これ以上、責めるのは酷であるので、止めてやった。衣装ケースを蹴飛ばした時に、ケースの間に挟まれる格好になったのだが、若干鼻を打ったみたいで、少し腫れている様だった。
 好きで飼ってる猫だから、叱ったり叩いたりしたい飼い主なんて、一人もいない。後になってイヤな思いを必ずするからだ。しかし、されたくない事をされて怒るのも、これまた道理である。ついでに言えば、猫を叱ってもあまり意味がないのも知っている。ただ単にムカついて、何か仕返さないと腹の虫が治まらないのである。叩くのはまったく意味も効果も無い。故に今日の様なやり方になったのだが、まるっきり怯えた猫になってしまうのである。これでは野良猫と変わらない。
 猫がこの手の事をする時は、暇を持て余してるときである。自分もなかなか猫を構わないので、余計である。そこで、部屋に転がっていたオモチャで遊んでやったのだが、いつもなら真っ先に飛びついて来るシロが大人しいので、かわりにみりんが飛びついて来た。みりんも本当は子供っぽいのだが、後から2匹も子猫がきて、否応なしに長兄の役を押し付けられている。
 暫くみりんと遊んでいたのだが、シロも我慢出来なくなったらしくて、恐る恐る出て来た。無論、もう意地悪する事なく、シロとも遊んでやった。ところが、オモチャが古くてボロかったせいか、直ぐに壊れてしまった。これではネコ共も遊び足りないだろう、という事で、麻ひもでオモチャを作ってやった。すると、遊ぶ遊ぶ。追いかけ回すのである。シロに至っては、何度もジャンプして飛びついていた。
 その様な訳で、今夜はみんな大人しく寝ている。





最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ