たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

かぼす

トラガリータ

IMG_0217
 フサ猫かぼすは、おそらくサイベリアンのハーフかクォーターの野良だったのだが、それだけに短毛種と違って毛が長い。フサ猫だけに、野良上がりであっても、それなりに気品があるのだが、問題はちっとも気品のないウチに拾われた為に、気品のある扱いを全然受けてなくて、せっかくのフサ毛も活かしきれてない。それどころか、下手をしたらケツの周りがウンコで汚れてたりする。あまりに酷い時は蒸しタオルで拭くのであるが、それでも嫁さんがクサイクサイと文句を言う。
 なので、今の家に引っ越して初めての夏、つまり去年なのだが、嫁さんがかぼすを洗わせてくれ、と言うので、かぼすの生涯で3度目の風呂をやった。一度めは拾った時、二度めはその2年後だったのだが、まだ当時は体が小さかったので、洗うのも乾かすのもさほど大変ではなかった。ところが今回はメス猫にしては大きい6キロの体格である。洗う方はどうにかなったが、乾かす方が大変だった様である。様である、と言うのは、そうなるのを見越して自分は洗う係、乾かすのは嫁さんの係としたからだ。まぁ、ともあれ乾かしたのであるが、ケツの汚いのはあまり改善されず、こりゃちゃんとしたトリマーに掛かった方が良いかなー、とか言ってたもんである。
 ところが、そうこうしているウチに、かぼすの体のあちこちに毛玉が出来始め、しかも結構デカくなっていき、ハサミで切っても追いつかな感じになってきた。前二回でこんな事になった事はなかったので、嫁さんの乾かし方が雑だったのか、はたまた図体がデカくなって毛も増えたからなのか、とにかく毛玉が半端ないのである。そこで、今年の夏はいわゆるサマーカットにしてやろうと考えた。
 考えはしたが、自分でやった事もないし、そこはプロに頼もうと、近所に出来たコメリの中のペットショップに頼んでみた。ところが返事は「他でカットした経験のないネコちゃんはお受けできない」と言うけんもほろろな回答だった。犬と違って猫は暴れたり逃げたりするからであろうか。ちなみに、かぼすは爪を切るのも大変で、毛で爪が隠れてる上に暴れるから、大抵はこっちが痛い目に遭うのである。
 ともあれ、プロに断られた以上は、自前でやるしかなくなった。そこで何故か嫁さんが持っていたバリカンで、かぼすの毛を刈る事にした。したと言っても、自分はかぼすを押さえる係、バリカン係は嫁さんである。予想はしていたが、バリカンで毛を刈られるのは相当嫌らしくて、もがいて逃げようとする。それを首根っこ押さえて毛玉を刈っていく。手早くやる必要もあり、見栄えなんか構う余裕がないから、超絶トラ刈りである。それでも一気には出来ず、毎日少しずつやっている。とりあえず、背中の毛玉は全部除去する事が出来たが、腹の方はどうなるなるか。相当な苦戦が想像されるが、中途半端は良くないので、頑張る他ない。
 知らない人が見たら、どう見てもやってる事とその結果は、動物虐待以外の何者にも見えないのだが、そうでない証拠に、終わったらケロっとした顔してかぼすが寄ってくる。バリカンやってた嫁さんにも甘えて撫でろと言う。嫌なら寄って来ないもんだが、喉元過ぎたら忘れるのか、単にバリカンを刈られる感触のする瞬間が嫌のか、ともかく相変わらずよく懐くのである。






短毛と毛長

2019-02-11-07.25.56
 今日は雪である。雪が降るくらいだから当然寒いのであるが、前にも書いた様に、四街道は新小岩に比べると5度ほど気温が低いので、屋内でも結構寒いのである。
 自分らは二階の寝室で寝てるのだが、猫らは一階のリビングで寝る。本当は猫と一緒に寝たいのだが、嫁さんが「猫の毛がつく」と嫌がって許さないのである。それどころか、リビングから出さない様にしている。まぁ、あちこち掻かれて家がボロになっても困るし、それは仕方ない事なのだが、時々リビングのドアがしっかり閉まってなくて、猫どもが脱走して廊下を走り回ってたりする。
 そのリビングには、猫用のベッドと猫に与えた毛布が置いてあるのだが、今朝、リビングに降りてみたら、短毛の黒猫みりんは、首までこっぽり毛布をかぶって寝てるのに対して、長毛のフサ猫かぼすは毛布の外で寝てるのである。さすがは寒い国の猫だけの事はある。かぼすは、おそらくサイベリアンの雑種だと思うのだが、雑種でも長毛には変わりなく、こういう寒いのには強いらしい。むしろ、毛布の中で、みりんとくっついて寝てると暑いのかもしれない。
 ちなみにこの長毛猫、去年、嫁さんか「おケツ臭い」と言われて、家でシャンプーしたのだが、乾かし方が甘かったのか(乾かす役は嫁さん)、それ以来、体のあちこちにゴロゴロと毛玉が出来てしまい、収拾のつかない状態になった。最初のうちは毛玉が出来た所を慎重にハサミで切っていたのだが、あまりにも数が多く、身切りそうで怖いので止めたのだ。暖かくなったら、散髪に連れて行くつもりである。





対猫関係

名称未設定-1

 こないだ、シロを抱っこして、「お姉ちゃんだぞ〜〜」とかぼすの鼻先に近づけたら、かぼすが「フ〜っ!」と威嚇して、シロに猫パンチを繰り出し始めた。かぼすとシロは母親が同じタマの血の繋がった姉弟である。なので、てっきり仲良いのかと思ったら、どうもそうでもない。逆にかぼすを抱っこしてシロに近づけたら、シロが明らかに嫌そうに身体を反らせ、かぼすがウーウー唸り出した。どうやら、かぼすの方がシロを嫌いな様である。
 今まで部屋ん中で追いかけっこし、取っ組み合いをしてたのを、てっきりケンカごっこするほど仲が良い、と思っていたのであるが、実態はシロを気に入らんかぼすが、何かの拍子にシロを追いかけ倒し、噛み付いていた事が判明した。姉というのは一般に横暴なものらしいが、にしてもシロがかぼすから嫌われる理由がイマイチよく分らない。確かに、トイレの砂を替えた時は、みりんに次いで二番目にうんこしにくるが、それが長幼有序にもとるというので頭に来ているのだろうか。何にしても、端から見てて、やはり横暴に見えるのである。
 ものは試しで、シロを抱っこしてみりんに近づけてやると、みりんはペロペロとシロを舐め出した。シロも特段逃げようともしない。長兄みりんは、もとがフレンドリーなお世話好きな猫であるし、よしんば気に入らん事があっても、一閃睨みつけるだけで他の猫は言うこと聞いてしまう威力の持ち主であるから、ケンカにならんらしい。逆にみりんを抱っこしてシロに近づける反証もすべきであるが、みりんは抱っこ嫌いでヤマネコなみの抵抗を示すので、やらずにおいた。
 何にしても、かぼすとみりんは仲が良く、シロはいつも少し離れたところにいるのだが、これはみりんが怖いとか苦手なのではなくて、なんと実妹かぼすが怖くて離れていた事が分った。まぁ、だからといって、別にどうこうする気もなければ、出来もしないのだがw





かぼすビチグソ

名称未設定-1

 一昨日あたりから、かぼすのビチグソがスゴい事になってきた。あっちこっちにビチグソが付く様になったと思ったら、なんとかぼすのケツのフサ毛にビチグソが付きまくりなのである。いやはや参った。これまでにも猫がビチビチこくというのはあったけど、短毛猫の場合はさほど問題にならなかった。数年前のシロフサは、フサ猫であったけど、貧相なフサ猫だったので、そんなには問題にならなかったのだ。
 とはいえ、放っておく訳にもいかない。まず、ケツ毛に絡まって乾燥したビチグソは、毛ごと引き抜く様に除去するしかなかった。次にビチグソで濡れて乾いた毛は、蒸しタオルで拭いてやろうとしたのだが、ケツ触られるのが嫌なのか逃げまくってキレイにならない。ケツ毛を切れという意見もあったのだが、拭かれるだけでイヤなもんを切らせる訳もなく、俺一人で出来る事は無くなってしまった。
 まぁ、放っておいても治りはしないと思ったので、朝一番に犬猫病院へ。ビチグソも持参して検査してもらったけど、特段の異常はなし。食欲、ウンコの回数、エサを変えた等に変化がないのなら、身体的には下痢する理由が見つからないとの事。もしかしたら、今のエサが合ってないのかもしれないけど、とりあえず注射して整腸剤をエサに混ぜて与えてくれとの事で、帰って来た。
 整腸剤は1週間から10日与えよとの事だが、うちは全員が同じ場所で飯食っているので、かぼすだけに与えるというのが難しい。他の猫も食っても問題ないとの事だったので、全員分に混ぜたがやはり食いつきが悪いようである。まぁ、こいつら全員食い過ぎなところもあるので、ダイエット代わりにしばらく様子見てみる事にする。





猫の社会性

名称未設定-1

■社会性は…実はあるんです

 3年前に亡くなったくろすけであるが、これが実は恐怖の噛みネコで、腹を撫でようものならガブーっ。ケンカごっこの時も当人はごっこのつもりでも、こっちはうっかりしたら血を見るほど激しかったりする。まぁ、こちらも面白がっておちょくったりしてたので、余計激しくなったのだと思うが、噛みネコになるには原因があるらしい。
 くろすけは、おそらく生後2ヵ月くらいでウチに拾われたのだが、生まれつきだったのか病弱で、母猫や兄妹から遅れを取っていた(らしい)。つまり、兄妹と遊んだり、母猫から十分なケアを受けられないで、かつ親離れ前にウチに来た事になる。これは猫の社会性が育成される上で大きな障害になるそうな。

 一方、みりんは、ウチに来た時は生後大体3ヵ月くらいで(なので子猫の可愛らしい盛りはあっという間に終了w)、かつ生まれた時から親兄妹と一緒で(親ごと段ボール箱に放り込まれて捨てられてたところを保護された)、しかも保護してくれた所が昔から地域で猫の保護活動をやってる障害者の作業所だったもんだから、親子だけでなく他の猫とも接する事ができ、しかも不特定多数の人間とも接しまくってた。なので、貰い受けに行った時は、それはそれはメッチャ懐きまくりで即貰いしてきたのだが、生まれてからの経緯を聞けば、スーパー社会性猫という事になる。
 フサ猫のかぼすを拾った時に、果たして先住のみりんがちゃんと受け容れるか心配であったが、確かに最初の4日くらいは警戒してたものの、直ぐ慣れて面倒見る様になったのは、こうした社会性が十分に備わっていたからではないか、と思う。

 かぼすはというと、こちらは野良スタートであるものの、母親と兄弟と一緒にずっと暮らしてて、親離れの直前にウチに拾われた。時期的には2.5ヵ月くらいで、かぼすを拾った2週間後には他の兄弟達は姿を消した(母猫は相変わらず通ってきて、新しい子猫産んだ)。つまり、かぼすも猫の社会性は十分身に付けた状態でウチに来たのである。そのせいもあってか、みりんを親だか兄だかの様に慕って懐いている。
 みりんとかぼすの決定的な違いは、みりんはほぼ飼い猫として成長したのに対して、かぼすはウチに拾われるまでは野良で、兄弟で食べ物を争う様な暮らしぶりだった。そのせいか、みりんは与えられたエサ以外に興味を示さないが、かぼすは人が何か食べてるとすごく興味を示す。見た目がシベリア猫の血を引いているいるのに、育ちが悪いのであるw

 みりんもかぼすも噛みネコではない。じゃれる時は甘噛みしてくるのは、こうした社会性を身に付ける機会を得たからだと思う。遊んでやっても、非常に穏やかでちょっと物足りないくらいである。
 よくペットショップで、小さい子猫がショーケースの中に入れられてるのを見ると、この子らは将来大きくなったら、穏やかな性格になるんだろうか、と心配になる事がある。大抵は懐っこそうにガラスに擦り寄ってきて、飼ってくれ(買ってくれ?)アピールをする可愛らしいのが多いが、早くから親から引き離されて、果たして社会性が身に付くのやら、と思う訳だ。





Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索