たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

家計

経済的個人史

money_chokin_seikou_man
 自分は結構几帳面なところがあって、ちゃんと家計簿を付けている。それこそ、自立した18歳の頃からノートにつける習慣があったのだが、今も続く記録の祖になっているのは、28年前の争議の支える会の帳簿に遡る。それまでエクセルなど使った事がなかったのだが、その当時お付き合いしてた女性から使い方を習い、その後は独学でそれなりの帳簿を作る事が出来た。自分個人の家計簿としては、争議が終わり、完全に支える会の財務が解散した2006年から始まっている。たっぷり14年分である。
 自分は簿記などの資格も取ってないので、こうした財務作業については素人なのだが、それでも自分の金の流れを出来るだけ正確に掴み、記録に残そうとした努力は結構見て取れる。時々帳簿の形式が変わるのは、新しい状況や矛盾した状況に対応しようとした結果である。必要に迫られて独自の言語を開発する子供の様に、自分もまた独自の家計簿を開発してきた、という訳だ。
 さて、最近ちょっときになるのは、それらの家計簿はいわゆる「総勘定元帳」であって、決算書ではない。だから年間、あるいは数年に渡って、自分がどの様な金の使い方をしてきたか、何にどのくらい占めていたのか、そうした総覧は出来ない、という事だ。ざっくりと「バイクにはこれこれ位かかっている」という程度しか認識してないのである。せっかく帳簿をつけているのに、勿体ない事である。
 そこで、独自の解釈でも良い、簡単な物でも良いから、決算書を作る作業を始める事にした。まずは勘定科目を決める事から始めている。一口に食費と言っても、自炊用の食材と外食があるので、これを分ける。外食は贅沢品と考えれば削れる項目だからだ。バイクにかかった費用にしても、自分で整備した場合と、バイク屋に頼んだ場合に分ける事で、整備に掛かった金の動きが読める。保険にしても、生命保険と火災保険では性質が違う。後者は住居費に属するものと考えたい。
 実はこんな事を始めようと思ったのは、この12年間でバイクのレースにどんだけ金を使ってきたのか、知りたくなったからである。また、結婚する以前と以後で家計の余裕具合が格段に違うので、昔はどうやりくりしてたか知りたくなったのだ。確実に分かっているのは、家賃と駐車場代を払ってた分、貯金は一切出来なかったという事なのだが、最終的にはそっちの方への影響も調べてみたいと思う。
 もともと、鉄棒も跳び箱も出来なかった自分が、オフロードバイクのレースやってるのも変な話だが、数学は毎回赤点でどうやって高校を卒業したかも分からん自分が、数字を調べようというのも変な話である。





塵も積もれば

14d64a54ea5f744a34ab3e885b2b2989

 自分がクレジットカードという存在を知ったのは、バブル景気真っ最中の事だったが、その時の印象は、「自分が欲しいと思ったもんは直ぐ手出して、たちどころに返済を焦げ付かせて、ブラックリストに乗る奴が使う物」というイメージだった。実際、そういう奴が何人も回りにいた。現金で買えば、自分の手持ち以上の買い物は出来ないのだし、それでもなお欲しいと思う奴が安易に使う代物だ、と思っていたので、自分は長い間、使っていなかった。まぁ、昔は審査とかうるさかったし、争議の時(つまり無職の時だが)にクレジットカードの勧誘のねーちゃんに、「今、争議中(といっても意味が通らなかったので説明した)なんだけど」といったら、「終わるまでお待ちしておりますw」なんて言われたもんだ。
 クレジットカードを持つ様になったのは、まさに争議が終わった直後だったのだが、その頃には、審査もユルユルになっただけでなく、カードで買い物すると何かしらのポイントが付く様になっていた。その辺りから、クレジット決済に関する認識が変わって来た。つまり、ちゃんと返済出来る様に家計を管理しておけば、同じ金額で買うにしてもカード使った方が得なのではないか、という事だ。以来、細々した買い物も出来るだけカードでやる様になった。カードで払っても、その分の現金を家で確保しておいて、支払日にまとめて口座に入れておけば良い、という訳だ。そのポイントだが、ぶっちゃけ、カード会社なりネットショップなりが、余計に買い物させる策略であると思うのだが、上に書いた通り、こちらにも実入りがある事なので、ポイントの為に買い物するのでなく、必要な物を買う上で同じ物なら安い所で買う、という主婦的感覚で活用すれば、策に乗せられた事にはならない。
 なんだかんだで、4〜5年使っているのであるが、今回、初めて限度額ぎりぎりまで使った。その事に気がついたのは、結婚指輪を買おうとしてクレジット決済を選んだらエラーになりまくりで、問い合わせたらカード会社から止められている、との返事。これまで焦げ付かせた事もないし、おかしいなと思って調べたら、限度額ぎりぎりで指輪の金額が出ない状態だったのに気がついたのである。
 まぁ、家電だの家具だの、次から次へとカードで買いまくったからなのだが、そうすればそうするほど、ポイントも貯まる仕組みなので、当たり前の様にそうしていたのだ。無論、その分の現金はちゃんと確保してあるから、別に困りもしてないし、こないだ請求額をドーンと口座にもいれたのであるが、使えないとなるとなかなか不便なものである。現金で買えば良いだけの話しなのだが、そうするとポイント付かないので損した気分になる。ケチセコな話しに聞こえるだろうが、今回の買い物で、引っ越しのドサクサでなくしたGoProの半分以上の金額をカバー出来ると考えたら、ちょっと馬鹿には出来まい。







家計組み替え

 2009年夏にトランポを買ってからの家計のやり繰りは、2万円が住民税の積み立て、7万円が生命保険やトランポの任意保険・光熱通信費、6万円が食費兼諸雑費、6.3万円が家賃、1.5万円がトランポの駐車場代、という感じでやってきた。今月から、住民税は天引きになったけど、その額はほぼ2万円なので、家計には大して影響ないのだけど、これを機会に実際にどういう風にお金使ってるか精査して、組み替えをする事にした。
 といっても、家賃と駐車場代は変わらないし変えようもないのでそのまま。食費兼諸雑費も、実際には食費は結構圧縮されてて、浮いた分をトランポのガソリン代は練習のコース代に回している感じなので減額不可。となると、光熱通信費と保険代の部分である。実はここは口座引き落としなので、残高不足にならない様にあえて多めに割り振ってあるのだ。
 で、調べてみたところ、引き落とされているもの一切合切を合計すると、5万ちょいくらいしか使ってない事が分った。これは2か月に一度の水道代や、iPhoneのデータ通信量が超えて通信料が高くなった状態での金額である。2009年夏に今の体制を始めた時との違いは、生命保険と任意保険の金額で、生命保険は満期3年前で組み替えを行って金額が少し上がった事と、任意保険は2009年夏の(つまり納車して直ぐ後)追突事故のおかげで等級が下がって割り増しになった事であるが、任意保険は2009年の事故以来、無事故のお陰で契約時の金額に戻りつつある。なので、光熱通信費は暫くはこの金額で推移すると思う。
 光熱通信費は、2009年夏以来、ほぼ5〜6万円消費する形になっていて、ここ2年くらいは大体5万円である。つまり、毎月2万円くらい余っているのだが、これは月々の生活費が足りない時に充当する形になっていた。つまり、バイクの活動が家計を相当に圧迫してて、光熱通信費の余った分で時々補っていた格好である。まぁ、これはこれで、厚めの予算を組んでいて意味があった、という事だ。
 しかし、金というのは有れば有るだけ使ってしまう性質のものでもある。無ければ無いでやり繰りする訳だ。毎月2万余る計算なら、そのうち1万を貯金に回してみようと思う。それを1年貯めて、冬の一時金と合わせて定期預金する。夏の一時金は、どっちみちトランポの車検もあるし、バイクの大規模整備のお金だって要るのだから、そっちは使う方向で。





住民税

 今勤めてる職場は人数が少なかったせいか、これまで住民税は天引きではなくて、各自に区役所から今頃の時期にお知らせが来て、各自で支払うという仕組みになっていた。なので、自分は月々のお給金から積み立てておいて、一括で住民税を払って来た。その方がすっきりするからである。
 ところが、法律が変わったのかどうか知らないが、今月からは天引きされる事になった。その額、18,900円。今まで積み立ててた額よりは少ないのだが、それでもこうして月々の額としてみたら、結構高いなぁと思う。確実に江戸川区より葛飾区は高いと思う。×12したら、去年よりも2.5万ほど高くなってる。いやはや、高いよまったく。今年から天引きになるとして、去年までの住民税はこれまで通り、そろそろお知らせが来て、それはそれで払わねばならない。まぁ、そっちの方は今まで通り、積み立ててあるので問題ないのだけど、二重取りされてる気がしてならないのは、まぁ仕方ないかな。
 これまでは、夏の一時金は、住民税とトランポの車検代と考えて、残った分はバイク関係のまとまった経費に充てていた。冬の一時金は、丸々貯金って事にしていたのだが、この趣味初めて以来、まったく貯金が出来てない状態である。むしろ、それまで貯めてた分を切り崩さない様に、必死で支えてたって感じである。ロードや四輪に比べたら、オフロードバイクのレース活動はまだまだ金が掛からない方だとはいえ、やっぱモータースポーツである。結果が出ようが出まいが、お金は出て行くのである。
 しかし、最近思うのは、自分もそろそろ良い歳だし、先を見据えて金貯めて行かんといかんなー、という事。老後を安心して暮らすには、退職時で3000万円の貯金がないと危ないと言われてる。そんなもんで足りるのかーと思いつつ、そんだけの金用意出来るのかといえば、今から取り組んだって結構厳しい。でも、手をこまねいてても仕方ない、というものである。
 そんな訳で、先々の事を考えつつ、その範囲内で今の趣味を続けるにはどうしたら良いか、どういう家計を考えたら良いか、ちょっと考える様になった今日この頃である。





生活防衛〜カード決済

 バブル景気に青春時代を送った自分としては、クレジットカードといわれてイメージするのは、経済観念が乏しい奴がカードで買い物しまくって、ブラックリストに載ったり、破産したりというイメージである。なので、長い事、クレジットカードを積極的に使う事はなかった。ときたま海外通販などの決済に使う程度で、トランポを買ってからはETCの決済にも使う様になった程度である。
 ところが、先月から、カード決済を積極的に活用する様になった。Tポイントを貯めてヤフーショップでタイヤを買うのに足しにする為である。まず、Tポイントが貯まる店で主に買い物する様になった。次にカード使える店である。クリーニング屋とかバイク屋とか、カードが使えない店だけ現金払い、という感じなった結果、現金とカードの使用比率は1対3になった。同じ買い物するなら、何もしなくても1ポイント=1円になる方が得、という訳だ。
 実は、スーパーとかのレジで、200円くらいの買い物するのにカード払いする人の事を、こないだまで小馬鹿にしてたのである。セコいなぁ〜、と思っていたのだが、今や自分もセコい一員という訳だ。しかし、笑ってられない。この一ヶ月でポイントが何だかんだで3,800ポイントも貯まっている。まぁ、生活費以外の物も買っているのからなのだが、やはりバカには出来んと思う。
 カード決済だと、目の前で財布の金が無くなって行く訳ではないので、自分が実際にどれだけ使って、どれだけ残っているかが把握しにくい。それで以前失敗した事があるから、生活費をカード決済するのは躊躇っていたのだが、カード決済した分は手持ちの現金から抽出して別個にプールするやり方で対策する事にした。つまり、現金を払ったとの同じ事にする訳だ。で、引き落とし日直前に口座にまとめて入金しとくのである。
 まぁ、こんなの、他の人はとっくにやってる事だろうけど、軌道に乗せるにはかれこれ2ヶ月くらい掛かってしまった。





今月は大赤字

 活動費が大赤字である。すでに2万超えているのであるが、一体何に使ったのか、調べてみた。

  • バイクのガソリン代…2,610円
  • ケミカル代…9,878円
  • 用品代…5,469円
  • コース走行料…14,000円(エントリー費含む)
  • トランポガソリン代…15,000円
  • 高速料金…1,000円
合計……49,917円


 今月は3万円ほどの活動費があったのであるが、これだけ使っている訳だから、足りなくなるのは当然である。高速料金が1,000円とセコイ使い方になっているのは、WERの帰りが遅くなって仕方なしに使った時ので、その他はスクールの行き帰りも含め、全部下道を使った。当然、経費節約の為である。それでもガソリン代はどうしても必要だし、コースの走行料だって行く度に取られる訳だから、練習する回数が増えると、出費もかさむ訳である。
 ここへ持ってきて、工具代だの修理代だのが掛かってくる訳であるから、レース活動ってのは、ほんと貴族な趣味だな、と実感する今日この頃である。






家計の足しに

名称未設定 1

 気が付いたら新年も2週間過ぎていた。今年も例年通り、年末年始は帰省していたのであるが、撮影機材は一切オミット。日々ドタバタとレース関連で追い回されているせいか、どっこにも行く気がしなかった。実際、帰っていた5日間の65%は寝てた様な気がする。
 帰省すると、オカンがアレコレと食料品を送ってくれる。昔は、まだ反抗期が残ってたのか、ドバドバと届く荷物に辟易したものだが、最近は有り難く頂戴するのも親孝行だと思うようになった。実際、これらが家計を大いに助けるのである。何せ、今や食費は徹底的に削っている状況である。削った分を、トランポのガソリン代やバイクの消耗品に回して、辛うじて貯金を崩さずやっていっている状態なのだ。米と食パン、若干の野菜さえ買えば、あとは何も買わなくても済む、というのは、本当に有り難い事なのである。
 年が明けて、早速ヘルメットの買い換え(年末の転倒で前のが凹んだから)、CRF250Rのランスチャージ号の整備、と言う具合に、万単位のお金が掛かっているのである。今年は、いよいよ退蔵しているキャンプ用品や撮影機材も売りに出さねばならないだろうな。


家計簿を付ける

 実をいうと、前回の給料日から家計簿を付けている。今までそんな事をしなくても、財政破綻を来さない生活をしていたので、具体的に自分が何にどのくらい使っているか、あまり気にも留めていなかったのであるが、引っ越しもして家賃も上がる事であるし、それでも先々の事を考えて貯金などしようと思ったら、それなりに緊縮財政もやらなければならない。しかし、無闇やたらなシェイプアップは長続きしないので、まず緊縮するための基礎資料を蒐集する意味で、事細かに家計簿を付ける事にしたのだ。
 方法は至って簡単で、買った物のレシートはちゃんと持って帰る。レシートのない買い物は記憶するかメモる。帰ってきたら、エクセルの表に記入する。食費、生活費(食費以外にかかったもの)、諸費(光熱費など)にざっと分類して集計する。ただそれだけである。別に節制等はしていない。しかし、付け始めて10日、意外な事が判り始めた。というのは、意外に食費を使わない、という事である。飯はちゃんと三度々々食っているのであるが、原則的に外食はしないし、食わせて貰える時は積極的に食わせて貰うので、日に使う食費が500円程度なのだ(しかも、その中には自宅と職場でやってる1日200円貯金を含む)。もちろん、米を買うだの食材を買うだのといった時は3000円ほど使うのであるが、そんなのは10日に一度くらいなものである。お菓子とかは100均でしか買わないので、それも結構効いている。つまるところ、これまで1日1500円で計算していた食費は、相当余裕のある予算だった、という事である。
 こういう事をしながら、我ながらセコイな、と思う事もあるのであるが、一旦メモを付け始めると、余計な物は買わないでおこう、といった神経が若干働くらしい。例えば、通勤の往き帰りで読む文庫本なども、新刊は買わずにブックオフで買おうとするし、そもそもどうしても読みたい本でない限り買わない。家計簿をつけてなければ、意外としょーもない物を買ったりするのであるが、それが抑制されるだけでも、大違いである。ちなみに、これのダイエット版が、いわゆる「レコーディング・ダイエット」であるが、こっちは本能的生理的欲求が相手だけに、ある程度はずみが付かない事にはなかなか難しい。
 ま、こういう案配で、無駄なく暮らせば、そのウチ、良いトコにも住める様になるだろう。






最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ