たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

グッズ

箱購入

名称未設定 1

 痛風とおぼしき足の痛みが激しさを増した木曜日の夜、アイリスオーヤマから「密閉PV BOXカギ付 460」が届いた。玄関まで取りに出るのに難儀したが、頼んでいた物が届くのはウレシイものである。しかし、段ボール箱の中身を取り出してみて、少々意外だった。というのは、もっとデカイ物を想像していたのだが、思った以上に小さかったからだ。まぁ、考えてみれば、容量30リットルであるから、それほど大きくはないのである。それでもチェストプロテクターが上に載るくらいの大きさを予想していたのだ……。
 そもそも箱嫌いで通っていた自分が箱を買う事になったのは、富士ヶ嶺の練習の際に雨天時の荷物の防水が必要である事を痛感し、その時一緒に参加していた人で、TANAXのタフザック60を使っている人がいて、それにインスパイアされて自分も買ったのであるが、いざチェストプロテクターを入れてパッキングしてみると、ジャガイモ袋みたいに収まりが悪く、しかもキャリアに積むにあたってはチェストプロテクターが歪むんじゃないか、と思えるほどショックコードを絞らねばならず、しかもバッグが前のめりになって固定される、という不具合が出る事が判った。さらには、途中でバッグの中に物を入れたり出したりするのに、一々ショックコードを外さねばならず、意外とこれが面倒であった。同じTANAXのフィールドシートバッグや、ラフ・アンド・ロードのAQA DRYサイドバッグなどで、縛着を外さなくても中身を取り出せるのに慣れていたので、面倒に感じて仕方なかったのである。
 しかし、決定打になったのは、椅子が必要だと感じる様になったからだ。キャンプツーリングの場合は、テントを張るまで腰を落ち着けるというシチュエーションがなかったので、椅子がそれほど必要ではなかった。あれば便利に違いないが、折り畳みといえ荷物になる椅子をあえて持とうとは思わなかった。しかし、エンデューロでは待ち時間や休憩時間などもあり、その間、立ちっぱなしという訳にもいかない。という訳で、椅子を調達する事になったのだが、その時、とある人から勧められたのが、アイリスオーヤマのRV BOXだったのである。
 このRV BOXの利点は、80kgまでなら箱の上に載れる、という事である。つまり、椅子の代わりになるのだ。しかもアウトドア用の折り畳み椅子みたいに、ヤワではない。しっかり腰掛けられる。これはポイントとして大きい。もう一つ、ポイントとして見たのは、フタを開ければ中身がちゃんと見える事である。タフザック60は、言ってみればズタ袋な訳で、しかも底が深いので、中身がよほどしっかりパッキングされてないと、ゴチャゴチャになって物を探すのに難儀する。その意味では、さすがに箱だけに、収まりも良ければ、バッグが潰れてジャガイモ袋みたいになる事もない。
 RV BOXというのは、様々な種類が出ているのだが、その中で密閉RV BOXカギ付を選んだのは、この箱が明かにバイク用として開発された物であるからだ。この箱には、バイクのキャリアに搭載して固定するためのストラップの穴や、フタにカギが設けられている。この点だけでも選ぶに十分な条件を備えていた。ただし、この箱の容量では、チェストプロテクターまでは収納する事は不可能である。しかし、他のユーザーの写真をみると、箱にフックを増設してフタの上に荷物を載せたりしている。となれば、チェストプロテクターはこの要領でフタの上に載せればよい。どっちみち、レース中は雨ざらし泥まみれになる物であるから、移動中に雨に濡れてもどういう事はない。箱そのものは、密閉と銘打つくらいであるから、泥に汚れても洗車機で洗えばキレイになり、中身は濡れないはずである。
 取り敢えず、箱に物を詰めてみたが、レース用の装備なら十分入った。キャンプ用の装備は、40リットル分の装備なので、約10リットル入りきらない。これに関しては箱の外にバッグを付けるか、小型のサイドバッグで対応する他なさそうだ。早速フックを付けてみたが、なかなか良い感じである。







バイスグリップ5WR

 バイスグリップの5WRというのを買ってきた。あの魚みたいな形した普通の奴である。既にラジペン型の4LNを持っているのに、わざわざ買い直したのには訳がある。
 まず、4LNを初めて見た時、正直なところ「ちっちゃいなー」と感じたのである。軽量小型を狙うにしても、小さ過ぎて役に立たない、と言う事は良くある事である。だったら同じロングノーズでも一回り大きい6LNを買うべきであった。
 何故、ラジペン型を買ったかと言うと、ラジペンの代わりにもしたかったからである。しかし、実際にラジペンとして使ってみると、使えない訳ではないが、とても使い難いのだった。ではプライヤーとしてはどうかと言うと、ロングノーズの先の方ではトルクが弱く、根っこの方で掴むと先の方が邪魔、と言う具合にあまりよろしくない。ラジペンの代わりはレザーマンでやる方が良さそうである。
 そこで、通常のバイスグリップに換える事にしたのだが、4LNより大きいサイズの7WRはかなりデカくて重い。ちょっと持ち歩くにはシンドそうである。
 そこで、改めてバイスグリップの役目を考えてみた。思い付くのは、ミラーを外す17mmのスパナの代わり、転倒して折るであろうレバーの代わりである。ボルト回しなら、4LNと同サイズの5WRでも大丈夫そうだ。ブレーキやクラッチレバーなら、5WRくらいが丁度良い。シフトレバーとしては完全に短いが、創意工夫で使うしかない。
 という風に考えて、5WRにした。値段は1580円。失敗したとしても耐えられる金額である。まぁ、今度これをシフトレバーの代わりに付けて使えるかどうか、試してみよう。







ラチェットハンドルBR3A

名称未設定 1

 KTCの二輪向けメンテナンスセットにソケットレンチとかヘキサゴンレンチが入っていたので、いつか買おうと思っていたのだが、意外と早く買ってしまった。例によって例の如く、ヤフオクで新品のを店で買うより1000円は安く買ったのであるが、こういう品物って原価は一体いくらなんだろうか、と思うようなダンピングの仕方である。まぁ、ちゃんとしたモノが手に入ればそれで良いんだけど。
 このラチェットハンドル、なんでも21世紀モデルとかいう奴らしいんだけど、こういう工具を買う様になったのが今世紀に入ってからなもんで、旧世紀バージョンとの比較はよく判らない。まぁ、ホームセンターとかで売ってる様な、どこのメーカーか判らん様なのと比較すれば、こっちの方が絶対に良いはず、くらいの違いしか判らないのだ。昔もバイク乗ってたクセに、こんな工具は一つも持ってなかった、というか、こんな工具がこの世に存在してる事自体、知らなかった。
 さっそく、ソケットレンチをつけて回してみたのだが、ただそれだけでも面白い道具である。ラチェットというのは、日本語では「爪車」というのだそうだが、要するに爪が引っかかって逆回転しない道具である。こりゃ、ボルト回すのが楽しくなりそうだ。さっそく手当たり次第回してやろうと思ったが、こういう時に限って部屋の中には一つもボルトで締まったモノがない。
 二輪向けメンテナンスセットには、基本的にソケットとかは入れない方針なんだが、それでも入れてみようという事でやってみたら、エクステンションバーやスライドヘッドハンドルと一緒に、このラチェットハンドルも入ってしまった。さすがにパンパンなのだが、それでも入るから大したものである。あのケース、最初からそういう仕様で設計されているんかしら。もっとも、ミニポンプとかプラハンマーまでは入らないので、やっぱちょっと大きめのケース買おうかな、と思う今日この頃である。
 ところで、先っぽの爪車の下についているスイッチみたいなの、てっきりソケットが取れないようにするロックだと思っていたら、回る向きを変えるスイッチだというのを初めて知った。何でも手にしてみない事には判らない事が多いものである。






バイスグリップ4LN

名称未設定 1

 KTCのメンテナンスセットに入っているプライヤーが立派過ぎるので、もう少し小さいの、という事で、ヤフオクでバイスグリップのプライヤータイプを落札した。送料込みで2880円。普通に買うより800円ほど安い。ちなみに、これは正真正銘の「バイスグリップ」、つまりピーターセン製。ピーターセンが特許か商標を取っているのか、その他のメーカーが作った奴は「バイスグリップ」と言ってはいけないのだそうだ。総じてバイスグリップと呼んでいたが、まぁホッチキスと同じでそれだけ有名なんだろうな。ちなみに、ホッチキスはおフランスの機関銃を作ってたメーカなのだが、ピーターセンといえば第二次大戦の時にアメリカでトルグアクション(ルガーP08と同じ尺取り虫タイプの排莢装置)の自動小銃を試作したメーカーじゃなかったっけ。
 で、あまりに有名なバイスグリップなんだが、実は買うのは今回が初めて。従って、使い方は判らない。挟めばテコでも外れない、という評判だからどんなもんだろうと、さっそくそこらにあったボルトを挟んでみたが、どこをどうすれば外れなくなるのか判らない。握るのをやめたらポロっとボルトが落ちる。これだったら普通のラジオペンチと変わらんではないか。パッケージに書いてある取説をよく読むと、グリップのネジを締めたり緩めたりして、口金の幅を合わせろと書いてある。確かに、緩めたり締めたりすると幅が変わる。だが、ただそれだけ。いよいよ判らん。こんな事で、イザという時にシフトペダルの代わりになるのか、と半ばだまされた気分になっていたら、何かの拍子に「コリっ」という音とともに握ったグリップにロックがかかった。それでやっとネジを緩めたり締めたりしつつ、イイ感じにロックがかかる幅にして、グリップを握り込む事でロックをかけ、挟んだ物を離さない様にするのだ、という事が判った。確かに、かなり強情に噛み込んで離さない。こういう使い方をするんだな、と感心した。
 今回かったバイスグリップは長さが13センチほど。シフトペダルの代わりにするにはちょっと小さいが、これしか出品がなかったから選びようもなかった。メンテナンスセットの中に入れるにしても、可愛らしいので場所を取らない。口金が細めなのでラジオペンチ代わりに使える。ちゃっちいワイヤーカッターもついているが、これはKTCのプライヤーよりマシ程度の切れ味だった。よく出来ているとは思うが、さすがアメちゃんが作っただけあって、実にアメリカ〜ンな仕上げである。もしかしたら、日本製のパッチモンの方が程度が良いかも知れない。







MOLLEパトロールパック

e7c68582049dd8f8fd66473a33478411

 デイパックと言えば、自分がこれまで使った数はそれほど多くないのであるが、米軍のMOLLE装備のパトロールパックは、実に秀逸だった。本体だけでなく、外部のポケットも大型で好きな物を詰め込めた(この部分は無線機を入れるスペースなので、むやみに大きい)。本体のサイドにはウェビングが施されているので、MOLLE装備はもちろん付けられたし、カラビナなども付ける事が出来た。本体の上部には、ロールマットなどを付けられる様にループも作ってあったので(しかも、ファスティックでワンタッチではずせる)、今なら三脚を付けて使うところである。
 惜しむらくは、以前、電車でうたた寝していて、降りる駅を乗り過ごしたと勘違いして、慌てて電車を降りた時に、うっかり網棚の上に置きっぱなしにして、なくしてしまった事だ。あれば今でも愛用しているだろう。オークションとかにはたまに出ているので、買い直す事もできない訳でもないが、隊の制式装備を準拠しているマリーンの制式からは外れたらしく、今イラクで頑張っている米海兵隊は違うバックパックを使用しているので、わざわざ古い装備を買い直す気になれない。だからといって、民間品を買うのもなぁ、というのが今の状況である。





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ