たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

感想文

いじめ作品としての『Another』

another
 U-NEXTで久々に『Another』を見た。2012年に深夜帯でやってた綾辻行人の作品である。本放送を見てたのであるが、小説の方は読んでない。なのでアニメ作品としての『Another』しか知らない。まぁ、原作者には申し訳ないが、絵柄で見てたようなもんである。
 さて、9年ぶりに見てみたのだが、ぶっちゃけた話し、「これって、いじめじゃね?」と感じた。不可思議な死亡事故を防ぐために、クラスの一人を「いないもの」として一年無視し通すというのは、これはいじめ以外の何者でもないだろう。しかもクラスの担任まで加担しているのであるから、これは大問題である。まぁ、不可思議な事故で生徒が次々死ぬ方がもっと大問題であるが、そっちは事故や病気や怪我が原因なので、ある意味、不可抗力である。文字通り「事故」である。しかし、クラスの一人を選んで無視するというのは、人為的であるから、非常に悪質である。しかも、机までボロボロのを充てがうというのは、尋常ならざるものがある。
 9年前に見てた時は、意外にもそうした事には気がつかなかった。「いないもの」にされたヒロインが飄々とした人物で、そういう扱いを物ともしてなかったから、そういう風に感じられなかったのかもしれない。しかし、あれが、メガネの三つ編みの子が「いないもの」だったら、全然違った風に見えただろう。実際、作中でも、過去に「いないもの」扱いに耐え切れなくなった生徒もいたらしい(で、結果、不可思議な事故で生徒が死にまくったらしい)。
 まぁ、作中の設定なので、「いないもの」といったやり方をしてる事自体は批判しないが、自分がむしろ注目したのは、やっぱりヒロイン・見崎鳴の、あの飄々とした、強靭な(見方を変えれば無感覚な)態度、性格だろう。一体どういう経緯で「いないもの」にされたのか分からないが、そういう境遇にあってもあの態度であるから、仮にいじめだとしても、いじめてる方は面白くない。いじめに対する答えの一つを見た気がした。
 自分が子供の頃は、「アホの相手する方がアホやねん」と言われて、バカにする奴がいてもまともに相手にするな、と親から言われたもんである。実際には、木の股から生まれた訳ではないので、頭にも来れば嫌にもなるのであるが、それに耐えうる強靭な性格、もしくはそれを苦痛に感じない鈍感さ、それこそが、世の中生きていく上で、どこかしら必要である。
 作品の本質とは全然関係ない事であるが、そういった点で、ちょっと面白く見直した作品だった。









『パーフェクト・センス』

713czdswu5L._RI_
 アマプラなどのタダ期間で、せっかくタダで見れるんだからと、暇つぶしかねがね観たんだが、久々にぐっさり心に刺さった。
 もともと、終末ものが好きなのであるが、最近は感染症が原因の作品が多い。これもその一つなんだが、病理的科学的な説明とか要素とかは、あえてオミットしているだと思う。エヴァ・グリーン演ずる科学者は、主人公の一人なんだけど、映画の中ではそっちの分野では全然活躍してない。それどころか、嗅覚、味覚が失われて、今度は聴覚が失われる際には、同僚の科学者が「もう慌てるしかないか」という。未曾有の危機に対して、もはや科学は無力であることを示しているんだと思う。これほどまでに、人間が築き上げた「文明」が無力に描かれたパニック映画もないんじゃなかろうか。
 それに対して、もう一人の主人公であるユアン・マクレガー演ずるコック(の勤める店)の方は、音だの食感だの色目だの、感じれる感覚で楽しめる料理を考案したり、スピーカーの振動で音楽を楽しもうとしたりと、「文化」の方は懸命に人間らしさを保とうと奮闘している姿を描いている。この辺りの対比は、とても印象的だった。
 嗅覚が失われる時は非常な哀しみ、味覚がなくなる時は異常な食欲、聴覚がなくなる時には激烈な怒り、そして視覚が失われる時にはとてつもない幸福感、という前触れの設定も面白いなと思った。喜怒哀楽といったところなんだろうか。最後に残った触覚がなくなる時は、もう何も感じないまま、何もかもが失われてしまうのだろう。目も見えなければ、もう実質的にはどうも出来ないのも同然で、最終的には飢えて死ぬしかない。
 この映画、触覚を失うところまでは描かれておらず、主人公二人が抱き合ったところで終わるのだが、ふと、もし自分が今でも独身であの賃貸マンションに一人で住んでいて、こんな事が起こったら、どうするんだろうな、と思った。どうする事も出来ないと思うんだが、やっぱり一人は寂しいんだろうな、と思う。目が見えてようが、音が聞こえ様が、やっぱり一人は寂しいもんだ。この映画が描きたかったのは、そういう事じゃないかな。









予科練平和記念館

 嫁はんが父方のお祖父さんの軍歴証明を取った。一体なんの興味があって取ったのか分からんが、分からんなりに取りっぱなしの感じなので、自分が解説した。まず、兵歴簿にはこう書いてある。

月日 所轄 記事
昭和19 9.15 三重航空隊 入隊海軍二等飛行兵ヲ名ズ 第15甲種飛行豫科練習生
昭和19 10.15   海軍一等飛行兵ヲ名ズ
昭和19 12.15   海軍二等飛行兵ヲ命ズ
昭和20 3.15   海軍飛行兵長ヲ命ズ
       
    第九○三航空隊  
昭和20 9.1   任海軍二等飛行兵曹
昭和20 9.1   豫備役編入 現役満期

 嫁はんのお祖父さんは、軍隊時代の事をよく話ししてたらしく、昭和19年9月に予科練に志願して入隊し、行った先は三重だったとの事。この辺りは記録通りである。問題はこの後で、お祖父さんの話しによると、静岡の清水の航空隊に行って、最後は青森のどっかで終戦を迎えたらしい。しかし、そうした事は兵歴簿には書かれていない。ただし、清水には予科練の航空隊があり、第九◯三航空隊は東日本の索敵哨戒を担任する部隊で、大湊の方にも派遣隊があったので、三重から清水に移動して、大湊の方で勤務してた可能性がある。ちなみに、お祖父さんは手相で偵察員に回されたそうである。昭和20年9月1日(日本降伏の前日)に、ポツダム進級して兵曹になって即日予備役編入、家に帰されている。

2020-11-15 13.15.39
雄翔館

 さて、こんな事もあってか、嫁はんはら霞ヶ浦の予科練平和記念館に行きたい行きたいと小学3年生みたいにせがまれたので、行ってきた。ウチから1時間半くらいの所にあるのである。
 この種の記念館を見ていつも思うのは、「光と陰」の「光」の部分にしか焦点は合わされてないなぁ、という事だ。前に舞鶴の引揚記念館に行った時も感じたが、見せたくないのか見たくないのか分からないが、ちょっと勉強すれば分かる陰の部分が、全然描かれていない。陰だらけのシベリア抑留でさえそうなのだから、予科練などはもっとであろう。いろいろ罰直があってご苦労されたに違いないのに、そうした部分は、ひとっつもなかった。
 その一方で、予科練習生が受けた試験や学科の内容をみて、レベルの高いのをやってたんだなぁ、と感心した。自分だって中学高校で数学の授業を受けていたが、当時の自分の頭のレベルで解けたかどうか、怪しいもんである。まぁ、飛行機にせよ航空術にせよ、学問の塊りであるから、知的レベルが高くなければ務まらないという訳だ。戦争で死んだ人も多いのであるが、生きて帰ってきた人たちが、戦後の日本を引っ張って行ったというのは、ある意味、うなづける話しである。ちなみに、嫁はんのお祖父さんは戦後、小学校の先生になって教頭まで勤めたとの事である。
 記念館の隣の、陸自の敷地内にある雄翔館も見てきたが、こっちの方はまだしもバイアスのかかり具合が少なくて、史料的価値が高いかな、と感じた。

2020-11-15 13.16.12
雄翔館のフェンスの向こうには、陸自の装甲車両がずらり








『ハイポジ』

 46歳の家族も仕事も失うおっさんが、16歳の自分に転生する、、というお話し。昨晩、一気読みして、面白いというより、むしろ懐かしいと感じた。タイトルのハイポジというのは、カセットテープのことで、ノーマルのテープよりも音質の良い上等なテープで、もちろん高かった。1986年当時、CDラジカセがあったのか、自分の記憶では定かでない、というか誰も持ってなかった。カセットテープにしてもCDにしても、もう遠い過去の異物になろうとしている。
 1986年当時、自分は17歳。3月生まれの早行きなので、その年の3月に高校を卒業している。この作品の主人公のおっさんとは、ほぼ同世代である。だから、時代的なものに対するシンパシーは持てたが、高校時代の生き様というか暮らしぶりというか、その部分はまったく違ってて、「そんな奴、おったんかなー」という感じだった。
 この作品、恋愛ジャンルであるが、まず自分が中高生時代に、あんな風な恋愛しとった奴が居なかった。自分の立ち位置が、『赤灯えれじい』のサトシに近いものがあったので、自分にそういう話しがなかったのはもちろんのこと、周りでもそんな話しを聞いた事がない。隠れて付き合ってた奴がいたかもしれんが、そういうのは大抵、なんらかの風の頼りで伝わってくるものだが、自分が知る限り、そんなのはこれっぽちもなかった。「不純異性交遊」というのは不良がするもので、不純であろうが純であろうが、色恋沙汰というのは、大抵は高校卒業してからの話し、という感じだった。
 家族的な面で言えば、ウチの親は厳しくて、バイトやったり朝帰りなどやろうものなら、どんな目に遭わされてたか分からない。一度、新聞配達のバイトやろうとして(当時、ウチの地元ではその程度しかバイトがなかった)、オカンから「何考えとんじゃ!学生の本分は何や、言うてみぃ!」と怒鳴りつけられて、当然禁止。言うなれば経済封鎖を受けてた様なものなので、ハイポジを買うのは並々ならぬ、という感じだったのだ。
 恋愛に関して言えば、自分はどっちかと言えば、30歳まで「中年童貞」の流れであったけど、ある時、おそらく神の啓示を受けたのだろう、一念発起して自分を変える事にした。以来、18年間、営々と色んな事があったのだが、そこで思うのは、「この手のチャレンジは、早ければ早いほど有利だし猶予があるなぁ」という事だった。まぁ、人生なんてのは、過去に思いを馳せても、意味のないものである。自分がどう生きたか、それだけが意味を持つ。「あの時、こうしとけばなー」と思う話しは良くあるが、環境や条件やその時の自分の意気地や、様々な要素で「そう出来なかった」だけの事である。
 むしろ、そんな風に思ったりするのは、一所懸命頑張ってなかった時の事だったりするのかもしれない。その意味で、自分があまり過去に戻りたいと思わないのは、頑張ってなかった時は不如意であるからわざわざ戻りたいとは思わないし、頑張ってた時はその事自体で満足であるからやり直す必要を感じない、という事なんだろうと思う。





[コロナ自粛] カレーベント

2020-05-03 14.17.44
 コロナで自粛して様がコロナ関係なかろうが、外食というのは「気分」でやってしまうものなので、うっかりすると外食費がびっくりするほど増えてたりする。なので出来る限り外食は控える様に心がけて、3月は成功したのであるが、その後のコロナ自粛である。する事がないと口さみしくなるのか、先月は増えてしまった。結局、活動自粛しても収支はトントンである。
 とはいえ、工事の人が来るからと、昨日6時間、家の掃除やってた嫁さんに、何にも給与しないというのでは具合が悪い。何が食いたいか聞いたところ、佐倉のベイシアの向かいにあるインド料理屋に行きたいという。何かというとインド料理屋に入りたがるのだが、まぁ、褒賞であるからにはダメともイヤとも言えないので、出向く事にした。
 この近所の外食店は、軒並み自粛で、テイクアウトのみになっている所が多い。この店もそうで、注文してから外で待って、受け取って帰る。何が食いたいか、嫁さんに注文させたら、結構良い値段になってびっくりしたのだが、ナンをチーズナンにして貰うだけで良かったのに、別個にチーズナンも入ってたりして、それで値が嵩んだのだ。駐車場にデカデカと出てた看板の「カレーベント」なら780円である。
 お味は、まぁ、お持ち帰りなので、温かいものは少々冷め、冷たいものは少々温まり、という具合で、店で出来たてのを食べる事を考えたら、ちょっと値引きな感じであるが、まぁ普通に美味しい。この手の店は、カレーの辛さはオーダー出来るところが多いが、お持ち帰りでは並な日本人の大抵が食べれる辛さにしてあるようだった。緊急事態宣言が解除されたら、今度は店で食べたいものである。
 嫁さん曰く、ラッシーが猛烈に甘い、という事だったが、おそらく辛いのを食った時対応の甘さなのと、少々温くなってたからかもしれない。冷たいものは甘みが低く感じられるので、結構甘みを強くしてある事が多い。そもそも、この店に行きたいと言い出したのは、学校給食がなくなって牛乳が余ってるのか、ラッシーの作り方がツイッターに流れてて、それを見て嫁さんがラッシーを作ったのだが、生臭くて嫌だと言ったところ、インド料理屋のと飲み比べてみろ、という流れがあったのである。自分はインド料理屋のラッシーの方が好きである。

2020-05-03 13.45.17









『復活の日』

2020-04-04 00.06.17

 あえてこの本の感想を書かなかったのは、この本は風邪をひいて寝込んだ時、必ずと行って良いほど読む本で、それこそ何回も読んだし、これからも読むであろうから、敢えて感想を述べる必要も感じなかったからである。実のところ、この本を読んでたお陰で、昨今のコロナ騒ぎは、何となくその流れが見えてたし、この本の中で描かれたほどの「災厄の事態」にはならぬであろうから、そこまで大騒ぎせんでも、という気持ちにもなっている。
 どうして風邪をひいた時にこの本を読むのかというと、この本の中で人々は、表面的にはインフルエンザで苦しんで死んでいくので、少しでも自分もその苦しさを味わってるその時に読む事で、その物語を仮想的に実感するためである。しんどくない時に読んでも、それなりにゾクっとする内容の本であるが、風邪ひいてしんどい時に読んだ方が、MM-88に罹患してるっぽい雰囲気が味わえるのだ。
 それはさておき、この本の中では、ウィルス学の初歩も学べるし、崩壊していく社会の様相も見れる。むしろ、後者の方こそがこの本の魅力である。映画も作られたが、しょーもないメロドラマが入って、肝心の部分がおざなりになっている。この本が「予言の書」と言われるのは、疫病によって犯される社会がどの様になるかを、如実に描き出しているところにあるのだ。
 目下のコロナ禍で、もっとも大変な状況になっているのは、医療現場である。医療崩壊のシーンは、『復活の日』にも描かれている。ついで報道の有様、これも描かれている。しかも、本の中身の通りである。スポーツやイベントの中止は、さすがに人がバタバタ倒れている訳ではないので、状況が違う。経済が大打撃を受けるシーンは、この本にも少々書かれているが、大打撃を受ける前に人類が滅んでしまうので、その意味ではあまり影響がない。そして決定的に違うのは、この本に描かれているほどMM-88が宿主にしてるウィルスほど、新型コロナは感染力・毒性が高くない事と、この本に描かれている様に「人がバタバタ死んでない」という事だ。
 その意味では、我々は新型コロナで、直接目に触れる形での「恐怖」を見ていない。「恐怖」は伝え聞く話しばかりなのだ。今、自分が仮に感染してたとしても、無自覚無症状の者もいるという。熱も出てない、目の前で人が死んだりもしていなければ、道端に死体が転がってる訳でもない。『復活の日』に描かれた恐怖は、今のところ、新型コロナでは現れてないのだ。
 その意味で、過度な恐怖心や不安感は持たない方が良い、というのが自分の考えである。




『The Man In The High Castle』

man-in-the-high-castle-cast-800x581
 こないだ、Amazonビデオで『高い城の男』のシーズン4が公開されたので一気見した。既に原作から大きく話しが外れているのだが、テレビシリーズはそれそのものの作品として見れば、それなりに面白い。自分は日本人なので、出来れば日本側のパートはモチっと丁寧に作って欲しかったなー、と思わないでもないが、木戸警部役の人初め、出来る限り一所懸命“日本人”をやろうとしてたのには好感を持てた。
 さて、歴史改変SFなこの作品であるけど、この作品の根底にあるのは、やっぱりアメリカ人好みの「家族」だの「愛」だのと言った事なんだな、と感じた。いや、嫌味な意味ではなくだ。特に顕著なのは、ジョン・スミス元帥の抱えた苦悩。あれは辛そうだ。北米で一番偉い地位にありながらドイツの風下でビクビクしなきゃならない立場。反発と信奉する家族。権力者であるだけに苦悩が大きいのが辛い。ラストで予想外のどんでん返しで一切合切チャラにしたと思ったのも束の間、とても残念な結果になる。
 権力者が苦悩する作品は色々あるのだけど、このテレビシリーズはそれこそがテーマだったのかもな、と感じた。これは原作では全然触れられてない部分である。つか、あの原作を、ようここまで変えたなー、と感心する。その意味で、歴史改変の部分は、もはやどっちらけになってしまっているのだが。
 感心するところも多く、またツッコミどころも多い作品だったが、改めて原作を読んでみたくなった。本棚のどっかにあったはず。



 


『東京の下層社会』

EG66l_TUwAEaoSY
 この本は、たまたまツイッターで早川タダノリ氏が紹介してたのを見て、興味持って取り寄せた。Amazonのとある書店から取り寄せたのだが、カバーに直接べったりタグのシールが貼られていたのをみて、怒り半分萎え半分。いくら古本だからと言って、扱いの雑さに閉口した。中が綺麗だっただけに、残念な事である。とりあえず、文句を先に書いておく。

望遠鏡と顕微鏡
 この本の冒頭に書かれていた「ノスタルジーとは、いわば望遠鏡を逆さに覗くようなものである」という言葉は、非常にグッとくるものがあった。この本は、明治から昭和初期にかけての、東京での貧困問題を扱った本であるが、この言葉は、歴史を学ぼうとする人にとって、箴言の一つだろうと思う。
 例えば、自分がツイッターでフォローしている人の中には、真剣に旧日本軍の研究・保存活動をしている人や団体がいくつかあるのであるが、その活動を高く評価しつつ、見過ごされ、忘れられようとしてるものがあるのではないか、という気持ちが無いわけでは無い。いわゆる軍隊におけるイジメ、シゴキ、嫌がらせ、「人の嫌がる軍隊に」の部分の研究や再現は、ほとんどされてない様に思う。かつて日本の軍隊経験のある人にとっては、それこそが日本の軍隊の有様であったろうと思うのだが、そうしたリエナクトプレイも見かけない。
 しかし、それは責められる事では無いのだろうな、と思う。というのも、過去のそうした事に興味を持つ第一歩は、「恰好良さ」であり、ついで「素晴らしさ」であろうから、そうしたものを追究していくのは当然の流れであり、暗部には出来れば触れたく無いのは至極自然な事である。「捧げ銃」だの「セミ」だの「自転車」だの、さらには「体前支え」だの、対抗ビンタや上靴や帯革ビンタなんかやってる団体があったとしたら、もう、ただのサドマゾ団体にしか見えないと思う。
 「おしん」という有名な朝ドラがあるが、これとても当時としては超ラッキーなスーパーガールの話しである。ドラマであるから、そういう子を主人公に据えなければドラマにならないのであろうが、現実的な視点にたてば、女工哀史を地でいった、おしんの姉のはるこそが、おしんの時代の主たる少女だったと言えると思う。

 とまぁ、分かった様な事を偉そうに書いたが、自分も偉そうな事を言えた義理では無い。では、この手の本を読んだからと言って、貧困問題に立ち向かったり、何か思いを致したりする訳でも無い。遠い時代の、あるいは遠い国の、小汚い有象無象を、興味本位で覗き見してるだけである。顕微鏡で微生物が蠢いているのを覗いている様なものだ。
 結局のところ、大した事はないのだ。精々「自分はこんな風でなくて良かった」と思うくらいである。もしかしたら、何か辛い事があったら、ふと「あれに比べたらマシ」くらいには思うかもしれない。でも、自分が「そこに居なかった」というのは、決定的に些かの共感も同情の念も生じさせないのだ。自分は小物である。







『夫の扶養から抜け出したい』

09a2efa750224d1e6521ef8aa8371e004812b7d7
 「おまはんは一日何しとるんや」と言うのは、自分が嫁さんに一番よく言う小言である。嫁さんは今時珍しい完全専業主婦である。我ながら嫁さんに専業主婦やらせてるのは凄いな、と思う反面、その専業主婦が一日中、ゴロゴロネットして遊び呆けとるか、昼寝しとるか、そんな風に思えない時がしばしばある。廊下に落ちてる嫁さんの抜け毛や埃、雑草ぼうぼうの庭、風呂場や便器の水垢、いつまでも干しっぱなしの洗濯物、昼前から始める洗濯、雨水で汚れた窓ガラス、起こさんといつまでもフカみたいに寝てる、、そう言うのを見てると、「オンドリャ、一日何してけつかる!」と思うのである。
 実際の所は、色々やっている。掃除に洗濯、部屋の片付け、あれやこれや、いろいろやっているのであるが、人間と言うのは粗の方が目立って見えるもので、姑めいた目線でしか見れないことが多い。特に、体や心が疲れてたり、物事がうまく運ばなかったり、要するに、気持ちに余裕のない時に、そうなる傾向が強い。小言をタレつつ内心では「何年かしたら仕返しされるかもなー」とか慄いた気持ちにもなるのだが、やっぱり小言が口を突いて出てしまうのである。
 この作品を読んで、旦那さんの気持ちもよく分かるが、「そらあかんやろ?」と思う事も多々あった。働かせに行かせながら、仕事も育児も家事もパーフェクトに、と言うの無理がある。稼ぎが少ない事を責めるのは不当である。ましてや、同等に稼いで来いと言うのは暴言以外の何物でもない。それがために、主人公が扶養から外れれるほど稼げる様になった時、捨てられそうになったいる。稼ぎ頭としての意義を自ら放棄したのだから。
 嫁に、特に小さい子がいる母親に働きに出ろ、と言うのは、世の中が悪政でデフレでブラックといった事情があったにせよ、男の甲斐性の無さを物語るものである。一所懸命やってるのは間違いないと思うし、それでもままならなんから、気持ちに全く余裕がなくて言葉がキツくなるのであろうが、それでも言って良い事と悪い事があるのである。働いて貰わねばならぬのなら、膝を屈する必要があるのだ。
 自分はたにし母から色んな話しを聞かされて育ったのであるが、その中に「『誰に食わして貰ろてる思ってんねん』は男が嫁さん子供に一番言うたらあかんセリフや」と言われてきた。それを聞いてた時は、単に男が格好悪い事言うな、くらいにしか思ってなかったのだが、これは責任の問題であったのだ。それを放言してしまうと言うのは、男の責任を放棄したも同然、と言う事なのである。
 愚痴や小言は言わない方が格好いいが、まぁ、そこまで聖人君子でもないから、文句は言うても良いとは思う。しかし、この作品に出てくる旦那の様な事は、言ってはならないのである。








『SF核戦争後の未来・スレッズ』

IMG_2132
 この作品は1984年のものらしいのだが、自分が初めて見たのは、深夜のテレビだった。すでに「デイ・アフター・トゥモロー」は見ていたのだが、同じテーマでもアメリカ人とイギリス人では作り方が全然違うんだなぁ、と感じたものだ。「風が吹くとき」もそうだが、この作品には救いがない。本当に救いがない終わり方なのである。
 令和の時代が始まって、昭和末期のあの「世界最終戦争が起こる」という世情は、全く理解されなくなった。核兵器は依然として存在し、パキスタンだの北朝鮮だのが開発する様な時代になったが、もはやそれを使った最終戦争が起こるなど、誰も実感してない。あべりょうが歌っている様に、ちょっと威力の大きな爆弾程度のイメージしか持たれていない。
 そういったイメージしか持ってない人にとっては、この作品もホラーなフィクションにしか見えないんだろうな、と思う。まぁ、それでも仕方ない。それでも良いから、全面核戦争が起こったら、どういう風になるのかというのを、この作品を見て是非知って貰いたいものである。
 この作品、長らくディスク化されてなかったのだが(昔、VHSではあったらしい)、この度、DVDとBlue-rayが出たので買う事にした。実はテレビを買い替えて、まだ新しいのが来てないので見れないのだが、一等最初にデカイ画面で見るのはこの作品である。改めて見て、どう感じるだろうか。

IMG_2133
パッケージの写真がショボいのは恐らくキャプチャー画像だから
スチールなんか残ってないんだろうな、古くて





最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ