たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

軍装

古物探求

名称未設定 1

 日本軍の格好でキャンプするという、年甲斐もない事をやる事になったのだが、これがどうしてどうして、いろいろ勉強したり考えたりしなければならない事が意外にあった。おそらくこれからも出てくると思うのだが、既に勉強した事を列挙しておこう。
 まず、飯盒を塗り直したのだが、これがそこらのホームセンターで売ってるスプレーではなかなか再現が難しかった。日本陸軍をイメージするカラーと言えばカーキ色なのだが、一口にカーキ色といっても赤みがかったのから緑がかったのまで千差万別。その上、物の程度によっても色が違ったりで、どれが正解か分からん様になってくる始末。結局、見本の写真に出来るだけ近くなる様に、2色の色を薄く重ね吹きしたのであるが、それにしたって正解にはほど遠かった。結論からすれば、プラモデル用の日本軍のカーキを使った方が一番再現性が高かったのではないか、と思う。ちなみに、昔の陸軍が編纂した「被服手入保存法」に出てくる飯盒及水筒塗換法によると、「塗換に使用する茶褐漆…生漆百三十五匁、三輿朱粉三十匁、石黄百匁」の量目で塗料を混ぜると、日本陸軍の飯盒や水筒の色になるらしい。漆は分かるし、石黄ってもwikiに出てたが、三輿朱粉というのは分からなかった。ちなみに、スプレーではなく刷毛塗りだった様である。
 次に水筒。飯盒の方は今でも昔のロ号飯盒と同じ物が兵式飯盒として売られているが、水筒はすっかり廃れて同形の物はない。当時の物はオークションなどで手に入るが、さすがに70年以上も前のものを使う気になれない。そこでレプリカを買った訳だが、一口に昭五式(九四式)水筒といっても、年代によって様々なタイプがあり、しかもパーツが混同されてたりで、これまたどれが正解か分からん様な状態だった。でも、これは逃げ道にもなる話で、結局初期のタイプに似せたコルクの栓を作る事が出来た。
 個人用の照明器具についても調べてみた。個々の兵隊レベルでは提灯とかロウソクなんだろうな、と思っていたのだが、一応は懐中電灯とか発電式のライトもあったらしい。自分が興味を持ったのは、手提げの角形ランプで、これが実はあの松下電器がナショナルの商標を初めて使った製品で、かつ爆発的に売れた商品だという事を初めて知った。なおかつ、これは元は自転車の前照灯で手持ちとしても使える2ウェイライトで、類似品もいっぱいあったらしい。もっとも、このスタイルのライトも今は廃れてしまって、わずかにサンヨーの廃盤品を手に入れるのが精一杯だった。
 靴の問題日常生活にも影響あるのだが、特に軍装に関しては米軍以外ではサイズがないのが実情である。レプリカの編上靴も28cmまでで、かつオーダーメイドは無さそうである。そこで目を付けたのが陸軍でも使っていたという地下足袋だ。といっても、軍が採用してた地下足袋は底が黒で3枚コハゼの物である、という事が分かった。幸いにも、それに近い物は今でも作られていて、ワークショップなどには無いものの、通販で取り寄せが可能である。しかし、ミリコスでまさか地下足袋を履く事になるとは思ってなかった。しっかりした靴しか履いてこなかったので、プロテクションに少し不安があるが、最近では登山でも使っている人が多い由である。

 まぁ、こうした事はマニアや研究家の人はよく知ってる事なんだと思うが、戦記や戦争映画でしか日本軍を知らない自分にとっては、軍装の研究というより当時の技術や世相の研究に近い感覚がした。自分はこれまで、現用の装備しか扱った事がなかったのでこうした感覚は新鮮である。言ってみれば古物の探求ではなかろうか?






やってはならない?

aa5ff3ef0323e0f00dd36adc0a49b42b

 今売ってる水筒は、大抵はプラ系かポリ系で、金属製の物はあっても火に掛ける事は前提とされていない物ばかりである。水筒を火にかけるという発想そのものがないと思う。しかし、今から40年ほど前までは、水筒を火に掛けるという発想は普通にあった様である。ヤカン水筒なる製品が売られていたのだ。もっとも、湯たんぽとして使うためのものだったらしい。
 水筒を火に掛けるという発想は、旧陸軍が発祥の様である。水質の悪い水を焚き火に水筒を突っ込む事で煮沸して殺菌してから飲む様にしてたのである。そのまま生水を飲めば、もれなくアメーバ赤痢とかになってしまうからである。まぁ、いつでも清潔な水が手に入る現在では、あまり必要のないプロセスである事には違いない。
 ともかく、当時の日本軍の水筒は火に掛けれた訳だが、当時の水筒に水を入れて使う気にはさすがにならないので、実用を考えるならばレプリカしかない。そこで、レプリカの九四式水筒を手に入れた。出品者からの注意事項としては、水を入れて使うのであれば、洗剤や砂を入れて中を撹拌して洗浄したり、煮沸して消毒して下さい、との事だった。そこで、直接火に掛けて水を沸騰させる事は出来るか、もし可能ならば焚き火に突っ込んで使いたいのだが、と質問してみたところ、焚き火に突っ込むと塗装が剥げるかもしれないので、せいぜい煮沸消毒程度が良いでしょう、という答えだった。
 そこで、米の研ぎ汁を用意して深鍋に水筒を水没させて、約10分煮沸した。米の研ぎ汁を使ったのは酸化皮膜を作るためである。で、時たま転がしながら10分煮沸したのであるが、引き上げてみてビックリ。所々塗膜が剥げているのである。別にどこかに傷があった訳ではないし、そもそも一度も使った訳ではない。つまり、めっちゃ塗膜が弱いのである。焚き火などに突っ込んだら、たちどころに塗膜が壊滅したに違いない。
 もっとも、昔の古い水筒で塗膜が剥げたのはあまり見かけない。軍の仕様書の方には、爪を立てても剥げないくらいに塗れ、と書いてあったそうなので、結構頑丈な塗膜だったのだろう。まぁ、中国製のレプリカであるから、さっとスプレーしただけなんだろうな。煮沸しなくても普通に使ってるだけでも剥げたかもしれない。どのみち、似た様な色を塗り替える事になるだろうな。




物欲の時代

a0f0e31105a6d63b7060ca8e38895cb9

 2月の再軍備宣言以来、あれやこれやと現用のアメリカ海兵隊装備を揃えている訳だけど、もとが好きな質なので、楽しんでしまっている。再軍備といっても、別にサバゲーに復帰しようという訳ではないので、もっぱら野営装備がメインになっているのだが、第一段階では被服やバックパックなど取り敢えず手元に代替の装備がない物から揃えた。いよいよ第二段階である。第二段階では、テント、シュラフ、マットの三種の神器に取り組む事になる。
 自分が現役で仮装軍隊やってた頃は、テントは4kgあるヨーレイカ!のコンバットテント、シュラフはでかいモジュラー・スリーピングバッグ、かろうじてマットはサーマレストだった。コンバットテントもモジュラー・スリーピングバッグも現役で使われているが、もっと軽量コンパクトなEBNSEnhanced Bed Net System)や3SSS(3 Season Sleep System)も採用されている。ソロキャンプとしては、むしろこっちの方が便利である。(マットはサーマレストのProLite ProのMARPAT柄)
 さて、第一段階の品々は、ともかくそれに代わる物がないから可及的速やかに調達する必要を感じてたが、第二段階のブツはとりあえず民生品でしっかりした物を持っている。しかもあまり使わないせいもあって、どこも悪くなってない。つまり、買い換える必要がない状態である。さらには、それなりの値段もするだけあって、軍用品よりも高性能かつ軽量コンパクトである。つまり、バイクの方でも結構金が掛かる現状で、あえて可及的速やかに買わねばならなぬ、という訳でもないのだ。とは言え、マニア心としては欲しいには欲しいのである。
 こういう時に、買おうと決断させるのは、実用的な目的が見えた時である。例えば、EBNSは元々が軍用ベッドの蚊帳なのだが、毎年夏の車中泊の時に、荷室が暑くてドア開けて寝たら蚊が来て大変、の時に、文字通り「蚊帳」として使える訳で、十分「目的と必要性がある」という事になる。ところが、3SSSには今んとこそうした目的と必要性は見出せてないし(せいぜい、値段は民生品と変わらない、という事くらい)、マットに至っては「柄の違いでしかない」上に値段がメタクソ高いので手が出ない状態である。
 まぁ、定額貯金をバーンと崩せば一気に揃ってしまうが、こうやってチマチマと悩んでいるのも集める上での楽しみなのは、昔も今も変わらない。





軍衣袴

031292e163d50ed9005f62357e3f6157

 今日の昼、頼んでいたマーパット・デザートのCUU(Combat Utility Uniform)が届いた。もちろん実物かつ新品で14,800円+送料515円。実に8年振りの購入である。サバゲーをやっていた時は、日本の植生から緑系のウッドランドの方ばかり着ていて、このデザートの方は2回くらいしか袖を通した事がない。その内1回は、死んだ戦友の軍葬だったから、使う機会はまぁ無かったのだ。今回こちらを選んだのは、山登りだのキャンプだのコースに練習に行くだの、そういった状況ではウッドランドよりデザートの方が「キツくない」と考えたからである。もっとも、上下着込んで出向いたらかなりキツそうであるが。(そんな訳で、旧隊でも現地に着いてから着替えていた)
 さて、問題はサイズ。サバゲーやっていた時は体重が概ね0.1tで、ラージ/レギュラーでもかなりヤバげなピチピチ状態だった。トラウザーなど腹の上でとまらず、腹アンダーでしか履けなかった。胸より腹がキツイという状態だったのだ。一度だけ0.09tまで体重が落ちた事があって、ミディアム/レギュラーが入った事があったが、ほんの一瞬だけの事で、あとはずっとラージ/レギュラーだった。
 今回、改めて買い直すに当たって、一応は店で試着してみた。中古ではあったが、ミディアム/レギュラーがあったので着てみたのだが、一応入るには入るがピッチピチ。特にブラウス(上衣)の方は腹よりも胸回りがきつくて、とても活動的に動けない事が判った。まぁ、体重が80kgくらいなら余裕があったかもしれないが、今は望みようもない話しなので、素直にラージ/レギュラーを買う事にしたのだ。
 8年振りに軍衣袴(旧隊でのMCCUUの呼び方)に袖を通したのだが、もともと通気性はそんなに良くない服なので、しばらくするとじんわり汗ばんできた。そういえば、昔はこの上下にボディーアーマーまで着けて戦闘してて、頭から爪先まで汗だくになってたっけ。よくも熱中症にならなかったものである。その分、冬場は多少温かいのではあるが。
 まぁ、これからの季節は、トラウザーは履いてもブラウスの方は暫く出番がない。上はアンダーシャツだけだが、ちょっと肌寒い時用にそれっぽい上っ張りを探しておこう。あと、MCキャップとブーニーハットも調達しないとな。昔と違ってこれがなかなか新品で出て無くて、困ってる。これならこないだのVショーの時に買っておくんだった。





懐かしい臭い

81a309351d9a23412197afedc185c046

 昨日、米軍のウッドランドのポンチョを2枚受け取った。どうして2枚かというと、ほぼ同じ年代の似たような程度のが2枚出品されていて、どちらが良いかよく分からなかったので、値段も大した事なかったから両方落札して、状態の良い方を残す事にしたからだ。
 秋田と群馬の両方から来たのだが、結論としては群馬の方を残す事にした。どちらも状態は良かったのだが、秋田の方はどういう管理をしたのか、ちょっと芳香剤っぽい匂いがしていたのに対して、群馬の方は昔、自分が持っていた微かにゴム臭のするポンチョだったからだ。つまり、懐かしい臭いという訳だ。
 とは言え、ポンチョが2枚である。繋げてそこそこの大きさのテントにしたりも出来る。かつては各自1枚装備だったので、自分も当然1枚しか持っていなくて、2枚あれば出来る事はほとんどやっていない。人に譲る前に、取り敢えずはやるべき事はやっておくか、というところである。
 実はこのポンチョ、実はほとんど使った記憶がない。それもそのはず、サバゲーは雨降った時にはやらないから、ポンチョ被って戦闘するなんて事はなかったのだ。あとはキャンプの時に前室を作るのに使った程度である。本当に雨具として使ったのは、ASCS98で突然雨に降られた時に、装備を背負った上から被って使った、その時限りである。
 ところが、その時の印象が鮮明だった。他のチームは雨が止むまでタープやテントの下でぼーっとしているところを、自分らはこれ見よがしにポンチョ被って動き回っていたのだ。滅多に使わない物ではあるが、あれば安心。今ならさしづめパンク修理の工具と同じ位置づけである。
 しかし、そのポンチョを使ってテントにするだの、ライナーつけてシュラフ代わりにする、といった事は全然やらなかった。とてもじゃないが、本チャンのテントやシュラフには性能的に敵わないからである。例えば、ポンチョ2枚でテントにするとしても、重さが1.4kgにもなるのに床もないただの屋根にしかならない。アライテントのエアライズ2は1.55kgでドーム型である。そういう訳で、簡易な雨具やタープ以上の使い方を求めていなかった。(ちなみに、今の海兵隊ではポンチョは廃止でタープになった)
 今回取り寄せたのも、目下、携帯用の雨具は全然ないので(前持ってた奴は部隊が活動停止になった直後にヤフオクに出した)、それじゃ心もとなかったからである。いずれAPECSなどを買うにしても、とりあえずポンチョがあれば安心して作戦が組める。出番が少ない割には、やはりあれば安心の一品なのだ。





7年のブランク

 ぶっちゃけた話し、またマリーンの軍装を買うんだったら、武装解除しなければ良かったなどと思う訳だけど、まぁ、その時々で必要とする物は変わっていくのだから仕方ない。仮によしんばヤフオク送りにしなかったとしても、押し入れに退蔵しておくより他なかったんだんだし、場合によっては物が悪くなってしまう事もある。売りに出す時思っていたのは、「またやる時は改めて買えば良いじゃん」だった。中には買えなくなってしまっている物もあるが、それはそれで仕方ない事である。
 それよりも困るのは、この7年の間に色々新しい装備が出てて、その流れがさっぱり判らなくなっている事だ。例えば、海兵隊ではポンチョが廃止になってタープになったとか(まさかポンチョが廃止になるとは予想もしてなかった)、ゴアパーカーも新しいのとか軽いのとか、色々あるらしい。今回、再軍備と言ったって、別にサバゲーやる訳じゃなくて、キャンプとか山登りに使う道具だけなので多寡が知れてるのであるが、それだってよくよく話しを聞かない事には、何を買って良いかさえ解らない事が多い。
 前に、前の大戦で負けた日本がどの様に再軍備したか、という話しを何かで読んで、朝鮮動乱の特需景気の時に、米軍兵器の修繕を請け負ったメーカーが、占領期に中断してた兵器開発のブランクを修理の工程で学習して埋めた、みたいな話しを読んだ事がある。たった5〜6年でそんなブランクあるもんかなー、なんて思っていたのだが、個人レベルでもブランクがあるって事に最近気付く様になったのだ。
 物事を始める時ってのは、手間も金も掛かる。バイクのレース始める時だって、やれバイク、やれトランポ、やれ工具とあれこれ金が入り用だった。最近、ようやくそこら辺も落ちついてきた。でも、もしバイク辞めてそれらの装備を売り払ったら、またやりたくなっても、ちょっと再興できるかどうか判らない。細々とでも続けていれば再燃は可能だけど、ミリタリーみたいに安上がりではいだけに、無理だと思う。
 そんな事を、今回の再軍備ではちょっと考えさせられた。まぁ、楽しい考え事ではあるが。





今頃になって

696aaefcedf514af8160043782997f62

 昨日のVショーで買っておきたかった物の一つに、初期のMOLLEのマガジンポーチがあった。正しくは「MOLLE POUCH MAGAZINE M16A2 SINGLE (30 ROUNDS)」という。その昔、部隊でMOLLE装備を採用した時に、米国のSDS社からセットで取り寄せた時(今は輸出規制が掛かってるのか個人輸入出来ないが、当時は出来た)、シングルのマガジンポーチが2つにダブルのポーチも2つ入っていた。ところが、銃の弾倉を1本だけ入れて使う、なんて事はまずないので全然使わず、そのままヤフオク送りにした。そもそもこのマガジンポーチは蓋の構造が弾倉交換する時に邪魔な形になっていて、そのウチ、ブラックホーク!社のポーチに切り換えてしまったので、あまり使っていないのである。
 そんな訳で、役立たず中の役立たずのイメージしかなかったのであるが、サバゲーから足を洗って数年後、先日の石岡染谷作戦の時に、相方の人がこのマガジンポーチにスプーンだの箸だのを入れていた。長さといい大きさといい、とてもイイ感じである。そして邪魔な筈の蓋がイイ感じにポーチの口を完全に覆っていて、逆さにしても中の物が落ちない。つまり、武器ポーチとして非常に使い勝手が良い様に見えたのだ。しかもMOLLEであるから、現用の米軍のバックパック類に取り付け可能である。
 さて、シングルとダブルのどちらを買うか考えたが、今、武器ポーチに入ってるのは、ハサミ、スプーン、箸、ビクトリーノックスのソルジャーAL、歯ブラシに旅行用の歯磨きチューブである。塩胡椒入れとタバスコのミニボトルも入ってるが、滅多に使わないから外しても大丈夫。となれば、容量的にはシングルでも全然OK。つまり、現役当時には、まったく使う用事の無かったMOLLE Iのシングルマガジンポーチが今頃になって入り用になった、という訳である。
 しかし、買って大正解。容量的にも丁度イイ感じだし、今まで使ってたパイネのポーチよりも邪魔にならない。細かい事を言えば、MARPATのアサルトパックにウッドランドのポーチかよwてな話しもあるが、マリーンは3カラーデザートにBDUにウッドランドのベストとか着れちゃうセンスなので(物が無いから仕方ない時はそんな感じ)、これでも無問題である。むしろ便利になった事の方が素晴らしいと思う。
 ちなみに、空いたタンカラーのパイネのポーチには、ハクキンカイロ2つとジッポオイルの缶、オイル差しとマッチ1箱を入れる事にした。これまで履き古しのGパン切って作った巾着袋に入れていたのだが、それよりはポーチの方がイイw





I'll be back...

2e9b4f8b6bd113e1941f5147e2fcea6b

 超久々に軍装品を買った。2006年の部隊の活動停止以後、売り払う事はあっても買う事はなかったし、また買う事もないだろうと思っていたのだが、来る一泊キャンプに備えて、バックパックとして、マリーンのILBEアサルトパックとMOLLE IIキャンティーンカバーを買った。かつては新品しか買った事ないが、さすがに財政的にそれは許されないので、中古品を買ったのだが、まぁ、そこそこ良いものが来た。
 この7年間、この手の物は民需品を使ってたが、やっぱりこちらの方が使い勝手が良かった事、バイクの事ばっかりやってても視野が狭いかな、と思わないでもなかったので、昔の趣味を少しだけ復活させたのだ。物が届いて感じたのは、「やっぱ、こういうのエエわ」だった。好きなんだな、こういうのが。せっかく買ったものだから、これから積極的に使っていくつもりである。
 といっても、サバゲーをまたやるとか、仮装軍隊を再建するとか、そういう気持ちはあまりない。あの世界ではやりたい事は一通りやったので、今からまたやろう、という気持ちはあまり起きてない。まぁ、先の事は分らないが。





軍装処分

 ついにと言うか、とうとうと言うか、最後まで残した個人装備の処分に着手した。前のアパートの段階では決断しきれず、今のマンションに持ち込んだのではあるが、諸般の事情を考慮して、合理的な判断を下した。
 残すのは、今後も絶対に手に入らない物、つまり、2年前に死んだO軍曹が手掛けた物だけで、あとは一切処分する。処分の対象になるのは、もし将来必要となれば、金で買い直せる物や、その時には旧式化してて結局買い換える事になりそうな物である。残す物は思い出の品々、と言う事だ。
 全部売れたとしても、5万円にもならない。それでも毎日食費から400円ずつ貯める事を考えれば、大きい。かつての趣味を、今の趣味に活かすため、必要な措置なのだ。





臭かった

 昨日、久々にモバイル・オペレーションバッグ、通称「部活カバン」からキャメルバックを取り出して、水を入れてみた。カッキリ2リットル入れてキャップを締める。少々ので事では破裂しないのを確かめて、フィールドシートバッグにパッキングしてみた。なかなか良い感じである。チューブが付いているから、バッグから出さなくても水が飲めるのが良い。しかも吸い口にはロックが付いているので、水が漏れ出さない。使い勝手は相変わらず良いのである。

 吸い口を口に入れて、水を飲んでみた。吸い口のゴムを軽く噛むと水が出てくる仕掛けである。なかなか良く出来ている。しかし、水がややビニールとゴムが混ざった臭いになるのが難点だ。部活の時は、それもミリタリーらしさだと納得してたが、軍人でなくなった今では、ちょっと気になるところだ。しかし、飲む分には我慢できない訳じゃない。
 問題は、キャメルバックの水で炊いた飯が、かなり臭い事だ。ビニールの臭いが増幅している。こりゃかなり問題だ。やはりプラティパスを買うしかないかな?






最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ