たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

軍装

軍袴

7956305882271a8e3d519499c6aa57a3

 軍袴というのは、旧日本陸軍の軍服のズボンの事である。その軍袴は、今みたいにベルトで腰に固定するのではなく、腰の両側から生えている、約1.5mほどの紐で固定する。具体的には、まず前でクロスして、後ろに回して後ろでクロスさせ、また前に持ってきてヘソの下で結ぶか、そのままクロスして、剣道着の袴の帯みたいに、紐に巻き付けて固定する。独特な着方をする衣服なのである。
 さて、事件が起こったのは、今朝の東京駅。浜松町の国際貿易センターで開催されるVショーに向かう途中の事だ。昨日の晩から、やや腹を下し気味だったのだが、東京駅で停車中に、急に下腹がギュルギュル言い出したのだ。出来ることなら、浜松町まで辛抱したいところだが、信号停止なのか全然電車が発車する気配がない。風雲急を告げる下腹。このままでは車内で大惨事を迎えるに違いないと咄嗟に判断し、直ちに下車。エスカレーター上がった先のトイレに急行した。もはや、ガンバレ!括約筋!状態である。
 しかし、こういう時に限って、お約束の様に大便所は二つとも先約済みだったりする。しかし、もはや一歩も動けない状態である。イライラを通り越してヒヤヒヤしながら、待つ事3分。今回は幸いにも前の奴が出て行った。ここからが寸秒を争う修羅場である。
 まず、帯革(装備を押さえる革のごついベルト)を外し、肩から下げた雑嚢をドアにぶら下げ、ようやく軍袴の紐を緩めにかかる。ところが、長ったらしいだけになかなか緩まない。しかし、便器を前にもはや括約筋は頑張る意志がない。紐でまごつき手間取る自分を無視して、ケツの股に堤防決壊が始まった。もはや半泣き状態である。
 ともにもかくにも紐をゆるめ、前ボタンをはずして、ようやくしゃがめたのであるが、そりゃもう、開放感よりも憤怒と絶望感の方が勝っている。一体全体、どうして帝国陸軍は、こんなややこしいズボンを設計したのであろうか。よく南方戦線でアメーバ赤痢に掛かって垂れ流しになる兵隊の話しを読むが、便所に手間云々の前に、軍袴の紐を外す手間が惜しいというか間に合わなかったはずである。自分だって、垂れ流し直前(というか、ちょっと垂れた)までいったのだから。
 何が言いたいのか、というと、自分はそこそこのミリタリーマニアで、旧軍の事もそこそこ知っているが、服の着方までは今回着てみて初めて分ったのだ。やってみない事には、当時の人がどんなだったか、理解する事は出来ない。ただでさえ、面倒くさい紐なのであるが、緊急事態に際しては、破滅的な状況を招来する事もある訳で、それを回避する為には、普段から慣れておく必要があるのを、いたく感じ入ったのである。
 物事は、表面から見てたのでは、決して分らないのだ。





包帯包

f76de0e5bbf70d4f1c0699692efd20b2

 軍衣の内ポケットに入る包帯包は、三角巾、セロファン紙でつつんだ昇汞ガーゼ包で構成されてたそうな。昇汞というのはリバノールの事で、今はアクリノールというのが一般的らしい。黄色い消毒液である。
 そのアクリノールに浸したガーゼが売ってるのか?と思ったら、普通に売っていた。その名もリバガーゼ。アルミパックに個別密封されていて、ガーゼの上から貼るシート付き。
 ところで、包帯包に入っていた昇汞ガーゼは、サイズが30×40cmのデカイ奴だったらしい。まぁ、戦傷用だからチマチマした傷とは限らないから、大きめなんだろう。リバガーゼの方は5×4cmで、チマチマした傷用だ。ただし12枚入っている。
 もっとも、飯盒オフレベルのイベントで、チマチマ以上の怪我をするのは考えにくいし、むしろ怪我なしてミッションが終わる事の方が多いから、とりあえず形だけ整えると言う事で、二つ折りにした三角巾に、リバガーゼとシート12枚をサンドイッチして、ポケットに入れる事にした。
 まぁ、草色の米軍の三角巾を買う事も考えたが、それなりに値段するし、ガチで使わないかん時に、リエナクトへったくれ言うてる場合じゃないので、とりあえず市販のを使う事にした。
 二つ折りにしてガーゼとか挟んだら、それっぽいサイズになった。せめて包装布くらい、何とかするかな。





何事も慣れ

3dea583fcb86e7d589e77b40a796c1ae

 日本陸軍の九〇式鉄帽のレプリカ。レプリカだけどしっかり鉄製らしいので(実物はクロムモリブデン鋼)、いざの時には防災用に使えるかもしれない。まぁ、防災用なら、もっと軽い樹脂製のがあるけど、最近のは工事用か建設現場用っぽいんだよな。
 それはさておき、この鉄帽のアゴ紐は、今風のベルト式やバックル式の留め方でなく、兜結びって留め方だ。紐の左右の長さの関係で、アゴの横で蝶々結びするんだが、これがなかなか難儀した。蝶々結びが出来ない訳ではない。手元が見えなくて、かつ自分に向かってやるのが、なかなか勝手が分からなかったのだ。鏡見ながらやっても、逆像で分かりにくいし、、、
 そこで基本に立ち返り、靴紐をゆっくり手順を踏みながら結んで、蝶々結びの仕方を解明し、かつ、それを頭に思い描きながら、鏡の前で何度も練習した。それで何とか、結べる様になって来た。
 この鉄帽は、略帽の上から被る事になっているので、略帽の分、アゴ紐も短くなるのだが、それでも何とか結べる様になってきた。何でも練習である。何回か練習してるうちに、鏡見ないでも結べる様になるだろう。
 昔の兵隊も、初年兵の頃に、班長や古兵に怒鳴られながら、練習したんだろうなぁ。





襟布

680bdabb997adbf1896789fdc0353b80

 九八式軍衣に襟布を付けた。三角巾を82×51cmのサイズに切り、3.6cmの幅で四つ折りにした。
 襟布は軍衣の襟に縫いつける事になってるのだが、付け方が分からん。とりあえず、3mmほど出る感じに、適当にざっくり縫い付けた。
 当然、襟布の分だけ首回りがキツイのだが、昨日より楽にホックが留めれたらのは、昨夜の練習の成果だ。昨日よりも首が絞まって頭がボーっとするんだが、慣れるまで着たままにしとこう。





ホック

3b8c2c84517f2d8098cf0b8b0a0b1865

 首にホックが付いてる服を30年ぶりに着た。中学の学ラン以来だ。その時の学ランも、首がキツくてホックが留めにくかったんだけど、この軍衣も大概キツイ。サイズがデカイのに、首にだけ余裕が無いのだ。とはいえ、留めない訳に行かないので、息吐いて止めて、鏡の前であーでも無いこーでも無いとかなり格闘した。
 やっとこ留まったが、今度は外すので難儀した。そういうのを繰り返してるうちに、大分首が慣れてきた。そして、最後には、ホックの鈎の方を少し広げてやったらいい、と言う事に気が付いた。その後、何度か練習して、何とか留めれる程度にはなってきたけど、やはり難しいには違いない。
 まぁ、慣れなのかな?





Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索