たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

傷病

花粉症

2019-03-21 23.20.49
 先日、実家の親父に「花粉症で毎日大変や」とメールしたら、「エライお洒落な病気にかかりましたな」とレスが来た。京都だって昔から北山杉とかある関係で、花粉症はあると思うのだが、親父は花粉症ではないらしい。まぁ、ここ2〜30年に急激に問題になった病気だし、花粉の許容量を超えたら発症するらしいから、おそらく親父は死ぬ直前くらいに花粉症になるんじゃないかな。まー、花粉症が極めてみっともない、うっとおしい病気である事は、罹ってる人全員が知っている事である。
 自分もここ2年ほどで一気に深刻になった。それまでそれっぽい症状はあったのだが、4月になれば治るのでそれまで辛抱していたのだが、もう辛抱できん。目が痒いだのくしゃみが出るだの、それだけならともかく、鼻から目にかけて重苦しく、風邪でもひいたんじゃないかと思える鈍怠感に苛まれて、まともな思考ややる気さえ削がれてしまう。
 なので、今年から花粉症の薬を飲む事にした。これも今はいっぱいあって、どれが効くやらよく分からん。とにかく、1日一回飲んだら効くやつを飲む事にした。果たしてどの程度効いてるか分からなかったのだが、薬を飲むのを忘れて寝たあくる日は、それはもう、くしゃみは凄いわ鼻水は凄いわ、エライ事になった。もう大丈夫かな、と思ったらまだまだで、結局12錠入りを3箱目を買う事になった。トータルしたら結構いい値段で、こんなんだったら耳鼻科にかかって薬を処方してもらった方が良いかもしれない。
 もはや国民病と言っても過言ではない花粉症。伝え聞く話しでは、花粉症を発症しない杉が品種改良で作られたらしいが、そんなもんが出来たら製薬会社が商売上がったりになるんじゃないかな。だから、あえて都市部の市民に、このみっともない病気をこれからも甘受させ続ける様な気がする。








対策

IMG_5978
 誕生日でもあるにも関わらず、しんどいしんどいと言うのは如何なものかと思い、対策を取る事にした。対策にも色々あるのであるが、自分の場合は薬には出来るだけ頼らず、食べるもので対策する。そこで思い出したのが、40代になったばかりの頃、やっぱり体がしんどくて堪らんかったのであるが、ニンニクやタマネギを食って対策した事である。
 それまで、ニンニクを食うなんて習慣はなかったし、玉ねぎを生で食うといった思考も無かったのであるが、それらが極めて効果を発揮した。非常に元気になったのを今でも覚えている。その後も都度都度食べていたのだが、連食すると効果が薄れてくるので、そのうち食べなくなったのである。しかし、今こそ、再び必要であろう。
 実は、一昨日辺りから、ニンニクの素揚げやガーリックライスなどを食べているのだが、やっぱり効き目があるらしくて、だいぶ元気になってきた。気持ちや体が元気になると、物事に前向きになってくるし、あれこれテキパキやろうと言う気にもなってくる。まだまだヘバるわけには行かないのだ。
 あと、睡眠も見直してみた。これまで0200時に寝ると0700時ないし0800時におしっこしたくなって目が覚めて、なんとなく寝るのが惜しくて起きて、昼前には眠くなると言う感じだったのだが、あえて1時間ずらして0300時頃寝て、1000時頃起きる様にしてみた。こんな生活リズムなのは、1400時〜2200時の勤務で、ウチに帰ってくるのが2400時前で、あれこれ用事したら寝るのが遅くなるからなのだが、朝早くに目が覚めるよりは寝た気がする。大した差ではないし、むしろ夜型を引きずった生活リズムなのだが、とにかく寝た気がするのは大事だ。
 もう一つ、面倒臭がらずちゃんと風呂に入る。と書くと全く風呂に入らない風に見えるが、冬場は2日置きに入っている。ただし、週末となると用事がないと面倒で入らなかったりする事もあるし、やっぱり風呂にちゃんと入らないと、さっぱりもしない。若い時は風呂に入らなくても平気だったが、やっぱりそうも行かなくなっているのだ。だから、少々しんどくても、ちゃんと入るべきである。








ロキソニン

2019-01-28-16.10

 昨日のCROSS MISSIONアドベンチャーで劇的に悪化した肩甲骨辺りの痛み、実は先週辺りから調子悪かったのである。往きの通勤は始発なので座れる事もあって、ウトウト寝てしまうのだが、俯く角度が次第に深くなっていき、首の付け根というか、肩甲骨の間の背骨が痛くなって目が覚める、というのを繰り返しているウチに、いつも何となく肩だの肩甲骨の裏側辺りが痛怠い状態だったのだ。
 その状態で参戦したのであるが、最初のうちはまだ大した事なかったものの、開始から2時間経過した頃には結構痛くなってきてて、一旦パドックに戻った1200時頃には左の肩甲骨だけでなく、肩甲骨の間の背骨のあたり一面が痛くなっていた。あいにくというか、こういう時に限って、ロキソニンテープもロキソニン錠も持ってきてないのである。バファリンはあったけど、この手の痛みには全然効かないし、白い湿布はあったけど、気休め程度にしかならない。それでも何もしないよりはマシであろうと、一応は貼って行ったのだが、沢のガタゴトでいよいよクライマックスになってしまった様で、大会が終わって帰ってきた時には、居ても立ってもいられないほどに痛んでしまい、うーうー言いながら後始末をして、這々の体で先に帰らざるを得なかった。やっとこ帰り着き、ロキソニン錠を飲んでテープ貼って寝たら、次に起きた時には普段の痛怠さに戻って居た。ロキソニンはすごいものである。
 明くる今日。いつもの通りに左の肩甲骨の裏側の筋が痛怠いので、佐倉の整形外科病院で診てもらった。首と肩のレントゲンを5枚ほど撮ってもらったが、診察の結果は、骨がずれているとかの異常はなし。肩凝りを通り越した痛みでしょう。マッサージして貰ってください。という。そこでオススメの店を聞いてみたら、マッサージは医療行為ではないのでオススメとかしてないんですよね、と随分矛盾した事をいう。カイロプラクティックとかバキバキ言わせるタイプは避けて、自主的なストレッチも無理するおかしくなるので無理しない様にとの事。優しくマッサージしてください、と言われても、猫ほどの体の柔からさは持ち合わせてないので、嫁さんに頼んでやってもらう他ない。
 となると、昨日、肩というか背中というか、劇的に痛み出したのは、急激に肩を使って肩凝りというか筋肉痛というか、そういうのが急激に出たという事なんだろう。オフロードの走行では肩甲骨周りを固めたり動かしたりして乗るので、調子が悪い時は過去にもそういう事があった。
 結局、ロキソニン錠とテープを処方してもらって帰ってきた。去年の年末に左手の腱鞘炎でもらった奴も残って居たのだが、役に立つ薬は多めにあっても困らない。今度はちゃんとファーストエイドキットに入れておこう。





手首にお注射

 9月の頭くらいから、右手親指の付け根と手首のところが腱鞘炎になってしまい、痛いのである。特に、朝方はガチガチに痛くなっている。手首をお辞儀させたり、テーブルに手のひらを置こうとしたら痛いのだ。幸いにも、バイク乗るのにはあまり影響がないのであるが、猫抱っこするのも痛いのである。
 引っ越す前なら、行きつけの整形外科に通院して治すところであるが、引っ越し先の医者はまだよく分からなくて、たまたま見つけた整骨院に行ってみたが、結構効きそうな電気治療をしてくれたものの、1回3000円強の治療費に耐えかねて行くのを辞めてしまった。そのあとは、新小岩時代に貰ったロキソニン飲んだり、ボルタレンシート貼ったりしてたのだが、三宅島エンデューロに出る前にどうにかしておく必要を感じて、たまたま見つけた外科(以外にも整形外科、内科、小児科もやるらしい)に、今朝行ってきた。
 案の定、腱鞘炎という事なのだが、炎症起こしてる腱の鞘の動きを良くする“グリース”みたいなのを注射するという。これまで腱鞘炎では、湿布か痛み止めだったのだが、注射は初めてである。腱鞘内注射(キシロカイン注ポリアンプ0.5% 5mlを1管とリンデロン注2ml(0.4%)を1管)と医療費明細書には書いてある。この注射で痛みが引いて動きが良くなるそうだ。実のところ、朝には結構痛くても、夜はそうでもないのだが、そのそうでもない状態になった。
 昔、バイクで滑って初めて膝の靭帯をやった時も注射し続けて治したが、今回もそんな感じになるのかな。

72a11e11969a5529cf1e0face6dc9984






足が治らん

ccc92abc59c6e325b3feb90c21d8f368

 今日は7月15日に開催されるWEX-Gのエントリー開始の日だが、先週の時点で今回はDNSと決めた。先月やった右足の蜂窩織炎の跡地が治らないのだ。未だに切開した傷口の人差し指の爪くらいの穴に白い何かが詰まっていて、しかもこれが結構奥が深いみたいで、簡単に取れそうにない。つまり、傷口が完全に塞がっていない。それどころか、傷口を中心に結構腫れていて、横から見るとナポレオンフィッシュの横顔みたいになっている。足首やら足の甲も腫れていて、明らかに左足より太いのだ。炎症が収まったら簡単に治ると思っていたのだが、全然その気配がないのである。
 今回の件で、案の定、職場からはバイク止めろと言われたのだが、これは怪我でなく感染症だと言い返して、とりあえず止めろから控えろの状態でペンディングである。うっかり乗って、今度こそうっかり怪我したらヤバそうである。そもそも腫れた足ではブーツもキツいし、患部が丁度ニーブレースの下の辺りに当たって、ブーツで締め付けられたら痛そうである。控えろも何も、足がこの状態では、嫌でも控えねば仕方ないのだ。不運以外の何者でもないが、こうなった以上、再開するにしても、きっちり治してから再開するのが、責任ある社会人というものだ。
 実は、WEX-Gまでに、4会戦ないし5会戦を予定していたのだが、ご覧の有り様である。それどころか、復帰のメドも立たない。やる気が猛烈にある時に限ってこうだ。あるいは上達が見込めそうな時もそうである。何かに足を引っ張られる。何が引っ張ってくれてるのか知らないが、こんな具合で10年経ってもこの体たらくである。大きな不幸を回避するための小さな不運と思う様にしているが、自分が一番「なんだかなー」という気分である。
 まぁ、12日も入院したお陰で少し体重が減ったし、足も細くなってキツかったガエルネのSG10も入る様になったし(目下は左足だけ)、足が治ったら、またボチボチ頑張るさ。







Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索