たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

傷病

コロナった?

EbxIE2oU0AENQcn
 日曜日の晩、パンツ一丁で寝たら、翌月曜日の朝、鼻の奥がヒリヒリし喉が少しガラガラしてた。しまった、風邪ひいてしまった。とはいえ、医者行くほどではない。そのうち良くなるだろうと思って仕事に行ったのだが、段々と体は怠くなってくる。ウチに帰った頃には、もうグダグダで、速攻寝た。大体風邪ひいた時はいつでもそうだが、ぐっすり寝れるなんて事はなく、起きてるんだか寝てるんだか分からん状態で、小一時間くらいで目が覚めたりするのだが、それでもやっぱり眠たいのか、とりあえずは朝まで寝た。
 火曜日、起きた時はちょっと楽だったのだが、寝室から1階のリンビングに降りただけで具合悪くなった。熱を計ってみたら、36.6度。まぁ、平熱である。熱もないのに体が怠いのはどうした訳か。熱がない以上は仕事に行く方針なので、そのまま出勤。しかし、職場でもグダグダしてたのには変わりなく、家からパブロン持っていくのを忘れたので、職場にあったパイロン飲んだら、もう眠くて眠くて仕事にならなかった。今回の風邪は、とにかく眠くなるのである。帰りの電車では滅多に寝ないのだが、ウトウトしながら乗り過ごさない様に気をつける有様だった(乗り過ごすと帰りの電車がなかなか来ない)。帰って熱を計ってみると、37.6度。このくらいの熱なら、普段はあまり気に留めないが、今はコロナが大流行りで、それが37.5度の熱が出るのが目安であるから、気にならん訳がない。
 とにかくしんどいので、明日の早番の奴に遅番を変わってもらおうと電話したが、出ない。まぁ、夜も遅いから仕方ないのだが、変わってもらい様がなかったら、もう明日は出勤するしかない。明日どうなっているか、それは明日になってみなければ分からないのである。という訳で、早々に寝た。今夜も昨晩と同じく、起きてるんだか寝てるんだか分からん感じだった。
 今朝、心配した嫁さんが起き抜けに体温計を持ってきて体温を計ったが、36.6度。その後も36度台で、体が怠い割には熱はないので、どうやらコロナに罹った訳ではなさそうだ。鼻は中途半端に詰まるけど完全に詰まって息が出来ない訳でもなく、咳も時々出るけど痰が出る訳でもない。典型的なダラダラした夏風邪である。まぁ、この時期、寝る時は暑くてパンツ一丁だけど、明け方涼しくなって風邪引いてしまう。罹ってしまったもんは仕方ないので、とにかく体休めれる時は休ませて、週末のレースに備えないと。実のところ、あまり休みたくなかったのも、仕事休んでレース出たのでは、格好がつかないからなのだ。





部分入れ歯

IMG_3038
 2月から開始した右下奥歯の穴の開いたブリッジの後始末、今日、人生初の部分入れ歯が入った。ぶっちゃけ、違和感だらけである。実のところ、こんな事ならブリッジにしときゃよかったかなー、と思わないでもないが、とりあえずしばらくは使ってみる事にする。
 まず、脱着であるが、指突っ込んで爪でワイヤーを引っ掛けて外すのだが、当然慣れてないので、最初はなかなか外れなかった。コツが掴めてきてからは、上手いこと脱着できる様になったが、そもそも「歯を脱着する」と言うのが面倒である。
 付けた感じは、最初はワイヤーで歯が締め付けられる感じがして嫌だったが、これも数時間すると慣れるものである。それよりも、ピンク色の土台が舌に当たって、これが嫌で嫌でたまらん感じがしてたのだが、これも次第に慣れつつある。
 つけ心地以上に問題なのは、物を食った時だ。部分入れ歯のとこが違和感だらけなのだ。さらに固定のワイヤーに食い物のカスが引っかかる。入れ歯の下にも食い物カスが入り込む。気になって仕方ない。これもいつか慣れるのかも知れないが、今は入れ歯ない方が食いやすいくらいである。
 まぁ、何もかも慣れなのかな。今度の歯医者は結構腕も良さそうだし、仕事も丁寧だと思う。だから、変な仕事はしてないと思う。やっぱ慣れるしかないかなぁ。帰りにポリデント買って帰ろう。なんか、一気に年寄り臭くなったなぁ。








治療計画

ireba_bubun
 2月に通い始めた左下の壊れたブリッジの手当て、やっとここれから本格的に処置が始まる。かれこれ3ヶ月近く何をしてたのかと言うと、ずっと歯石を取る作業をしてたのである。歯石のおかげで歯茎の腫れが凄かったらしくて、その腫れを取らない事には、治療してもガバガバになるとの事。この間に新型コロナウイルスの蔓延やらで、世の中は大ごとになっていたが、歯医者だけはきっちり営業してたのである。
 さて、今日言われた治療計画と言うのは、ちょっと意外なものだった。と言うのは、単にブリッジを作り直して終わりかと思っていたのだが、抜いた歯の部分の1本入れ歯も提案されたからである。医者曰く、橋桁の手前の歯は神経が残してあって、もしブリッジにするなら、この歯の被せ物も取って状態を見てみないと分からない。部分入れ歯の場合は、奥の橋桁の歯に銀歯を入れて、抜けた間に入れ歯を作って終わり、との事。入れ歯にした場合のメリットは外せるので磨き易いこと、デメリットは異物感がある事。ブリッジのメリットは自分の歯っぽい使い勝手であり、デメリットは磨き難い事、だった。
 これまでブリッジで不具合なかったのであるので、今回もブリッジで良かったのだが、歯医者的には部分入れ歯をお勧めしたい雰囲気であった。まぁ、やってみない事には、どの程度の違和感なのか、また使い勝手や面倒なども分からないので、今回は(というか今回が初だが)部分入れ歯で対策してみる事にした。ブリッジの時もそうだったが、入れ歯と言われると一気に年寄り臭くなった気がする。老眼鏡と同様、他に言い方ないものであろうか。
 しかし、この方法が取れるのであれば、このブリッジを作った時だって可能だったはずだ。となれば、健康な歯を削らずとも良かったのではないのか。前の歯医者に提案された記憶がないので、おそらく端折られたのだろう。もう今更言っても始まらない話しであるが。今度の歯医者は、選択肢を提示する程度には親切なのかもしれない。仮歯も3ヶ月外れる事なく使えたから、腕も良いのだろう。





ブリッジに穴が開く

2020-02-14 15.54.27-1
 去年の年末頃から、6年前にブリッジになった歯の、奥の方の橋桁の歯が、なんかキシキシ言うなぁ、と思っていたら、段々と食いカスが溜まるようになり、こりゃブリッジの接着剤が外れたかなー、と言う感じになっていた。どうやら橋桁の歯の神経は抜いてあるみたいで、痛みはしないのだが、物食うたびに食いカスが挟まるし、それよりも中で虫歯になっている方が心配だった。放っておけば、どんどん虫食って歯が無くなってしまう。そうなっては大ごとである。
 となれば、歯医者に行く他ないのであるが、実は、今だから言うが、このブリッジを作った歯医者は、どうにも程度が低い医者で、処置も仮歯も下手クソで、堪り兼ねて文句言うと、ゆとり世代丸出しの「自分は悪くない」言い訳の連発で、以来、歯の検診のお知らせが来ても無視している。二度と行くか、と言うところなのである。まぁ、痛くて痛くて仕方なかったら、そうも言うておれぬのだが、幸いと言うか、痛くは無いので、どこの歯医者に行くか思案している間に2ヶ月過ぎたのである。
 しかし、放って置いて良くなる事は決して無いので、職場の上司に紹介して貰った歯医者に行ってきた。この歯医者、これまで行った歯医者とはちょっと毛色が変わってて、歯の治療云々よりも、歯磨きとか検診とか、そう言う予防の方に力を入れているみたいだった。そして、歯の構造とか虫歯や歯周病の原因など、一応は一通り知っている事ではあるが、全く何も知らない相手に説明する様に、丁寧に説明していた。
 ともあれ、取り敢えずはレントゲン撮って、ブリッジを切断して、しっかり付いてる方の橋桁だけ残して、外れてる方を取ってもらった。幸いにも橋桁の土台になる歯はそんなに損耗してなくて、今日の所は仮歯を付けて貰って帰ってきた。取ったブリッジをみたら、穴が開いていたのだが、そこからツバが入って、接着が取れたんだろう。それほど硬い物を噛んでる訳でも無いし、エンデューロで歯食いしばってるとも思えないので、ブリッジが薄かったんじゃ無いかと疑っている。
 どうも丁寧な仕事を目指す歯医者らしいので、しばらくは通う事になりそうだ。次回は歯磨きの仕方の講習らしいんだが、一体治療の方はどうなるんだろ。まぁ、まな板の上に上がったんだから、あとは任せる他ないんだが。





花粉症

2019-03-21 23.20.49
 先日、実家の親父に「花粉症で毎日大変や」とメールしたら、「エライお洒落な病気にかかりましたな」とレスが来た。京都だって昔から北山杉とかある関係で、花粉症はあると思うのだが、親父は花粉症ではないらしい。まぁ、ここ2〜30年に急激に問題になった病気だし、花粉の許容量を超えたら発症するらしいから、おそらく親父は死ぬ直前くらいに花粉症になるんじゃないかな。まー、花粉症が極めてみっともない、うっとおしい病気である事は、罹ってる人全員が知っている事である。
 自分もここ2年ほどで一気に深刻になった。それまでそれっぽい症状はあったのだが、4月になれば治るのでそれまで辛抱していたのだが、もう辛抱できん。目が痒いだのくしゃみが出るだの、それだけならともかく、鼻から目にかけて重苦しく、風邪でもひいたんじゃないかと思える鈍怠感に苛まれて、まともな思考ややる気さえ削がれてしまう。
 なので、今年から花粉症の薬を飲む事にした。これも今はいっぱいあって、どれが効くやらよく分からん。とにかく、1日一回飲んだら効くやつを飲む事にした。果たしてどの程度効いてるか分からなかったのだが、薬を飲むのを忘れて寝たあくる日は、それはもう、くしゃみは凄いわ鼻水は凄いわ、エライ事になった。もう大丈夫かな、と思ったらまだまだで、結局12錠入りを3箱目を買う事になった。トータルしたら結構いい値段で、こんなんだったら耳鼻科にかかって薬を処方してもらった方が良いかもしれない。
 もはや国民病と言っても過言ではない花粉症。伝え聞く話しでは、花粉症を発症しない杉が品種改良で作られたらしいが、そんなもんが出来たら製薬会社が商売上がったりになるんじゃないかな。だから、あえて都市部の市民に、このみっともない病気をこれからも甘受させ続ける様な気がする。








対策

IMG_5978
 誕生日でもあるにも関わらず、しんどいしんどいと言うのは如何なものかと思い、対策を取る事にした。対策にも色々あるのであるが、自分の場合は薬には出来るだけ頼らず、食べるもので対策する。そこで思い出したのが、40代になったばかりの頃、やっぱり体がしんどくて堪らんかったのであるが、ニンニクやタマネギを食って対策した事である。
 それまで、ニンニクを食うなんて習慣はなかったし、玉ねぎを生で食うといった思考も無かったのであるが、それらが極めて効果を発揮した。非常に元気になったのを今でも覚えている。その後も都度都度食べていたのだが、連食すると効果が薄れてくるので、そのうち食べなくなったのである。しかし、今こそ、再び必要であろう。
 実は、一昨日辺りから、ニンニクの素揚げやガーリックライスなどを食べているのだが、やっぱり効き目があるらしくて、だいぶ元気になってきた。気持ちや体が元気になると、物事に前向きになってくるし、あれこれテキパキやろうと言う気にもなってくる。まだまだヘバるわけには行かないのだ。
 あと、睡眠も見直してみた。これまで0200時に寝ると0700時ないし0800時におしっこしたくなって目が覚めて、なんとなく寝るのが惜しくて起きて、昼前には眠くなると言う感じだったのだが、あえて1時間ずらして0300時頃寝て、1000時頃起きる様にしてみた。こんな生活リズムなのは、1400時〜2200時の勤務で、ウチに帰ってくるのが2400時前で、あれこれ用事したら寝るのが遅くなるからなのだが、朝早くに目が覚めるよりは寝た気がする。大した差ではないし、むしろ夜型を引きずった生活リズムなのだが、とにかく寝た気がするのは大事だ。
 もう一つ、面倒臭がらずちゃんと風呂に入る。と書くと全く風呂に入らない風に見えるが、冬場は2日置きに入っている。ただし、週末となると用事がないと面倒で入らなかったりする事もあるし、やっぱり風呂にちゃんと入らないと、さっぱりもしない。若い時は風呂に入らなくても平気だったが、やっぱりそうも行かなくなっているのだ。だから、少々しんどくても、ちゃんと入るべきである。








ロキソニン

2019-01-28-16.10

 昨日のCROSS MISSIONアドベンチャーで劇的に悪化した肩甲骨辺りの痛み、実は先週辺りから調子悪かったのである。往きの通勤は始発なので座れる事もあって、ウトウト寝てしまうのだが、俯く角度が次第に深くなっていき、首の付け根というか、肩甲骨の間の背骨が痛くなって目が覚める、というのを繰り返しているウチに、いつも何となく肩だの肩甲骨の裏側辺りが痛怠い状態だったのだ。
 その状態で参戦したのであるが、最初のうちはまだ大した事なかったものの、開始から2時間経過した頃には結構痛くなってきてて、一旦パドックに戻った1200時頃には左の肩甲骨だけでなく、肩甲骨の間の背骨のあたり一面が痛くなっていた。あいにくというか、こういう時に限って、ロキソニンテープもロキソニン錠も持ってきてないのである。バファリンはあったけど、この手の痛みには全然効かないし、白い湿布はあったけど、気休め程度にしかならない。それでも何もしないよりはマシであろうと、一応は貼って行ったのだが、沢のガタゴトでいよいよクライマックスになってしまった様で、大会が終わって帰ってきた時には、居ても立ってもいられないほどに痛んでしまい、うーうー言いながら後始末をして、這々の体で先に帰らざるを得なかった。やっとこ帰り着き、ロキソニン錠を飲んでテープ貼って寝たら、次に起きた時には普段の痛怠さに戻って居た。ロキソニンはすごいものである。
 明くる今日。いつもの通りに左の肩甲骨の裏側の筋が痛怠いので、佐倉の整形外科病院で診てもらった。首と肩のレントゲンを5枚ほど撮ってもらったが、診察の結果は、骨がずれているとかの異常はなし。肩凝りを通り越した痛みでしょう。マッサージして貰ってください。という。そこでオススメの店を聞いてみたら、マッサージは医療行為ではないのでオススメとかしてないんですよね、と随分矛盾した事をいう。カイロプラクティックとかバキバキ言わせるタイプは避けて、自主的なストレッチも無理するおかしくなるので無理しない様にとの事。優しくマッサージしてください、と言われても、猫ほどの体の柔からさは持ち合わせてないので、嫁さんに頼んでやってもらう他ない。
 となると、昨日、肩というか背中というか、劇的に痛み出したのは、急激に肩を使って肩凝りというか筋肉痛というか、そういうのが急激に出たという事なんだろう。オフロードの走行では肩甲骨周りを固めたり動かしたりして乗るので、調子が悪い時は過去にもそういう事があった。
 結局、ロキソニン錠とテープを処方してもらって帰ってきた。去年の年末に左手の腱鞘炎でもらった奴も残って居たのだが、役に立つ薬は多めにあっても困らない。今度はちゃんとファーストエイドキットに入れておこう。





手首にお注射

 9月の頭くらいから、右手親指の付け根と手首のところが腱鞘炎になってしまい、痛いのである。特に、朝方はガチガチに痛くなっている。手首をお辞儀させたり、テーブルに手のひらを置こうとしたら痛いのだ。幸いにも、バイク乗るのにはあまり影響がないのであるが、猫抱っこするのも痛いのである。
 引っ越す前なら、行きつけの整形外科に通院して治すところであるが、引っ越し先の医者はまだよく分からなくて、たまたま見つけた整骨院に行ってみたが、結構効きそうな電気治療をしてくれたものの、1回3000円強の治療費に耐えかねて行くのを辞めてしまった。そのあとは、新小岩時代に貰ったロキソニン飲んだり、ボルタレンシート貼ったりしてたのだが、三宅島エンデューロに出る前にどうにかしておく必要を感じて、たまたま見つけた外科(以外にも整形外科、内科、小児科もやるらしい)に、今朝行ってきた。
 案の定、腱鞘炎という事なのだが、炎症起こしてる腱の鞘の動きを良くする“グリース”みたいなのを注射するという。これまで腱鞘炎では、湿布か痛み止めだったのだが、注射は初めてである。腱鞘内注射(キシロカイン注ポリアンプ0.5% 5mlを1管とリンデロン注2ml(0.4%)を1管)と医療費明細書には書いてある。この注射で痛みが引いて動きが良くなるそうだ。実のところ、朝には結構痛くても、夜はそうでもないのだが、そのそうでもない状態になった。
 昔、バイクで滑って初めて膝の靭帯をやった時も注射し続けて治したが、今回もそんな感じになるのかな。

72a11e11969a5529cf1e0face6dc9984






足が治らん

ccc92abc59c6e325b3feb90c21d8f368

 今日は7月15日に開催されるWEX-Gのエントリー開始の日だが、先週の時点で今回はDNSと決めた。先月やった右足の蜂窩織炎の跡地が治らないのだ。未だに切開した傷口の人差し指の爪くらいの穴に白い何かが詰まっていて、しかもこれが結構奥が深いみたいで、簡単に取れそうにない。つまり、傷口が完全に塞がっていない。それどころか、傷口を中心に結構腫れていて、横から見るとナポレオンフィッシュの横顔みたいになっている。足首やら足の甲も腫れていて、明らかに左足より太いのだ。炎症が収まったら簡単に治ると思っていたのだが、全然その気配がないのである。
 今回の件で、案の定、職場からはバイク止めろと言われたのだが、これは怪我でなく感染症だと言い返して、とりあえず止めろから控えろの状態でペンディングである。うっかり乗って、今度こそうっかり怪我したらヤバそうである。そもそも腫れた足ではブーツもキツいし、患部が丁度ニーブレースの下の辺りに当たって、ブーツで締め付けられたら痛そうである。控えろも何も、足がこの状態では、嫌でも控えねば仕方ないのだ。不運以外の何者でもないが、こうなった以上、再開するにしても、きっちり治してから再開するのが、責任ある社会人というものだ。
 実は、WEX-Gまでに、4会戦ないし5会戦を予定していたのだが、ご覧の有り様である。それどころか、復帰のメドも立たない。やる気が猛烈にある時に限ってこうだ。あるいは上達が見込めそうな時もそうである。何かに足を引っ張られる。何が引っ張ってくれてるのか知らないが、こんな具合で10年経ってもこの体たらくである。大きな不幸を回避するための小さな不運と思う様にしているが、自分が一番「なんだかなー」という気分である。
 まぁ、12日も入院したお陰で少し体重が減ったし、足も細くなってキツかったガエルネのSG10も入る様になったし(目下は左足だけ)、足が治ったら、またボチボチ頑張るさ。







《蜂窩織炎》まとめ

 今回、何が一番つらかったといっても、5月4日から9日にかけて、ずっと熱が出っぱなしであったのがつらかった。薬を飲んでも効かないし、聞いた事もない病気だけに、4日目には死んでしまうんじゃかなろうか、と本当に心配になった。自分の周りでも、二人ほど、似た様な状況で急死した人がいるので、自分もそうなるかもしれないと思った訳だ。もっとも、あとで知った事だが、蜂窩織炎は死ぬほどの病気ではないそうである(適切な措置が取られていれば)。ともあれ、出先で、しかもGWだったのが災いした。病状の進行も極めて早く、3日に発症して7日には即入院レベルまで悪化したのであるから、非常に運が悪かった。
 高熱が出ると、しきりに小便がしたくなる、という現象は、今回初めての事だった。2時間おきくらいにトイレに行きたくなるのだが、立とうとすると血が患部の方にザーッと流れて行って激痛を発するので、立つ事が出来ない。四つ這いで行くしか無いのだが、それも熱で3歩も歩いたら止まって休まねば前に進めない。やっとこ用を足して立ち上がろうとすると、またしても患部が激痛である。入院してから、車椅子で運んでもらう事になったのだが、車椅子に乗り移り、車椅子からトイレに乗り移るのも足の痛みに耐えねばならない。そこで尿器を借りてベッドの脇に腰掛けて用を足す用にしたが、場所が違うとなかなか出ないもので、これも困った事であった。とにかく、シモの事で困ったのが今回の病気である。
 今回、嫁さんの実家の方で病気になった事もあって、嫁さんと嫁さんの親族の方々には、非常にお世話になった。もし、四街道の方で発病していたら、もっと大変な事になっていたに違いない。出先で発病するとは不運な事であったが、嫁さんの実家でこうなったのは、不幸中の幸いであった。感謝にたえない。思うに、こうした大病をした時ほど、独り身というのは寂しいだけでなく、非常に不便である。独り身のものが結婚したくなるのは、たいがいこうした時であるが、その意味ではラッキーであった。
 今回の病気は、レースで打ち身した部分が悪化したのであるが、レースで打ち身をしたから発病したのではなくて、菌に感染し、たまたま免疫力が低下してた事が発病の原因である事は、現地の整形外科、皮膚科、医大、そして四街道の皮膚科の4人の医師が同音に説明している。もし、こんな事がなかったら、打ち身は数日もしないウチに治っていたのである(実際、5月1〜2日は普通に出勤し、3日は10時間かけて運転している)。何もかも運のせいにするのも無責任な様に聞こえるので、対策としては、とにかく清潔を心がける、血が出る傷口は消毒する、水虫等な治す、その辺りに注意を配り、再発の防止に心がけねばならない。
 また、絶対に怪我をしないという保証はない趣味なのであるから、蛮勇を奮い無茶をする様な事は控えねばならない。上達の為には挑戦せねばならない事もあるのであるが、怖い=怪我の可能性がある、といった事は、責任ある社会人として控えねばならない。これは逃げでも言い訳でもなく、それが仕事に穴を開けられない者の限界であり、その条件下で趣味は楽しまねばならない、という事なのだ。

191840fb77adc1f3d7d44780438cfef8
しかし、打ち身でこうなるとは
まったく予想も予防も出来ませんでした






最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ