たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

雑記

争議のお金の管理の仕方

6bb616bbb8eeb4cba7d97d0681f772c4
争議が終わった後、他の争議団の為に作ったチラシ

 珍しく「争議の仕方」の相談を受けた。具体的には、争議団の財政を支える「支える会」とか「勝たせる会」の財務の仕方についてである。どんな組織にも財務というのは付いて回るものだが、争議団もそうであるし、一人争議であってもそうである。
 財務の基本は、お金の出入りを管理する事で、これは何も複式簿記とかそんな難しい事をやらなくても、小遣い帳と同じ単式簿記でも十分である。「いついつ、誰それから、何の名目で、いくら貰った」という事と、「いついつ、どこで、何の名目で、いくら使った」という事、そして残金が明記されておれば良い。こんなもんは、個人の家計簿でも基本中の基本なのだが、それが出来てないというか、分かってない人(というか争議団)が意外といたりする。
 次に支える会の会費の徴収である。支える会というのは、例えば「一ヶ月1口300円」を会費として、恒常的にカンパして貰って財政を構築し、それを原資として、争議団の闘争資金や生活費に当たるのであるが、当然、会の口数が多ければ多いほど、入ってくる会費も多くなり、その分だけ生活が楽になったり、運動を大きくしたりする事が出来る。逆に会の口数が少なければ、入ってくる会費も少なく、当該は生活費を得るため、争議活動はそこそこにして働きに出かければならない。
 口数を増やすのは、争議団のオルグや他の運動の支援の頑張りにもよるが、バックについてる産別などの力にもよる。これは財務とは別の問題なのでここでは触れない。大事なのは、会費の徴収の仕方である。大抵の場合は、入会の時に何ヶ月分まとめてお金くれる事が多いが、それでも時間が経てば会費きれの時期がくる。なので、自分の場合は、だいたいボーナスの時期の一ヶ月くらい前に、会費納入のお願いをお手紙してた。じっとしてたのでは、会費は入って来ないのである。ところが、そうした事をしてない争議団もあったりする。それが今回、相談を受けた理由なのだ。
 まぁ、お願い出しただけでホイホイお金くれる様な、そんな甘っちょろい世界でない。争議団として、しっかり争議頑張らんといかんし、頑張ってる姿を知らせていかねばならない。それが出来ない人は、争議をやらない方が良い。争議をやってると色んな目に遭うが、それに耐えられない人はすべきでない。結局のところ、「支える会」の拡大は、当該の覚悟に比するもんだと思う。
 重要なのは、仮初にも労組に駆け込んできた人というのは、自分の身に加えられた非道に憤った人である。そういう人でも(例えばメンタルが病的に弱いなどの理由で)争議を諦めさせた方が良い場合がある。それをどうやって当該に納得させるか、それが難しいのだ。これが出来るのは、争議団上がりの人でないと出来ないと思う。兵隊の気持ちは、兵隊にしか分からないのだ。





涼しくなった

2020-10-08 10.33.46
大分慣れたが、今でも洗車機に引き込まれる感覚になる

 今年はなんとなくだが、夏が短かった気がする。短かったが、猛烈に暑かったし、猛烈にしんどかった。9月のWEX神立戦で頑張れなかったのは、7月8月の猛暑と連続する用事で、完全に疲労困憊してて、レース走る元気がなかったというのが今の見立てだ。そのくらいしんどかったのだ。
 しかし、今日は雨で一気に気温がさがって、ワイシャツ1枚で出勤したら、ちょっと肌寒いくらいである。気温が下がるにつれ、少し元気になったというか、復調してきた気がする。相変わらず、夜は2〜3時間でしょんべんしたくなって目が覚めるが、用事のない時は無理に起きず、二度寝、三度寝をしている。通勤の電車も、往きは大抵寝ている。睡眠が足りてて、暑さで無駄に体力削られないせいか、夏場ほどの疲労感もないし、イライラもしない。こうなると、今後は夏場の活動の仕方も、要検討という事になるのかもしれない。
 今日は1000時に起きたのだが、外は雨である。実は雨の日には用事がある。トランポの洗車なのだ。雨の日に車の洗車?という気がするが、撥水ポリマーをする関係で、雨降ってる時の方が良いという。というのも、洗車の後に車体に残ったポリマー液を拭きあげる手間が要らないとの事。実際に、晴れの日に洗車して、ズボラかまして拭きあげをしないと、車体に点々とポリマー液の跡が残ってたりするのであるが、雨の日だと雨に流されて残らないのである。
 その洗車の前に、猫用に出した毛布をコインランドリーにぶち込みに行った。みりんは最近、ウンコの出が悪くて、砂箱以外で大グソをコクのだが、どうした訳か、昨日は毛布の中にしてあって、ウンコは除去したがウン汁が毛布についていた。自分で自分の毛布にウンコしておきながら、ウン汁が付いてたら毛布でな寝ないのだ。ウンコしたみりんは自業自得であるが、かぼすにしたら迷惑な話しである。前に嫁はんが洗濯機を壊した事があったので、自宅の洗濯機で毛布を洗うのは危険であるから、コインランドリーを活用した。
 1000時から1100時までの1時間の間に、それなりに手間のかかる用事を2つこなしてから出勤した。調子が良くて頭が冴えている時は、こうしたマルチタクスな事もサクサクやるのである。それが出来ないほど、今年の夏は相当に堪えたのであろう。

2020-10-08 01.55.06
何のかんので仲良しである





とにかくしんどいのよ

business_stress_check_paper
 前の経理担当の奴がいきなり辞めたのが、たしか2018年の10月の事。いきなり後釜に座らされ、道交法も自動車の運転も知らんのに、ツーリングマップルだけ渡されたも同然で、仕事を引き継いだ。それからというもの、日に日に心に余裕がなくなって、いよいよヤバい感じになっている。
 それまで、嫁はんの家事のあれやこれは、半分笑いながら注意する余裕があったが、最近はそうした余裕がこれっぽっちもなくなって、それもストレス源になっている。怒るとそれがまた輪をかけた様にストレスになる。しばらく敢えてなんも言わんでおこうと思ってても、何か不具合な事が起こると(仕事や嫁はん以外の、場合によっては自分が原因の事でも)、一気に沸点に達してしまう。今や、怒っている自分に嫌気が差すほどほどである。
 実は、似たような経験を7年ほど前にも経験している。その兆候が表れたのは職場で、慣れた仕事であるはずなのに細かなミスを連発し、気を付けても治らない。当然叱られる訳だが、それがさらにストレスになる。最後の方は、物が落ちただけでも激怒する様になり、激怒できない場では、始終ブツブツ言う様になった。仕方なく心療内科に行ったら、適応障害という診断をされた。最初、原因が分からなかったのだが、突き詰めてみると、その時付き合ってた女が非常に性格の悪い奴で、それに対する不満が鬱積し過ぎた結果だった。追い出してから、ようやく持ち直したのである。
 要するに、過大なストレスに弱くなった、という事だ。悪酔いすると酒に弱くなる、というのを聞いた事があるが、ストレスも同じなのかもしれない。
 今回の原因は、明らかに仕事だと思う。合ってんだか間違ってんだか分からん仕事で、何かというと半年後くらいに間違いに気が付く。監査の時に、分けわからん事で詰められたり、自分のせいじゃない事で文句言われたり、その他にも色々あるが、1+1=2の単純正確な世界の話しのはずなのに、人が絡んでややこしくなったり、ルールや仕組みが分からなくて右往左往したり。子供の時に、オカンがいきなり怒り出して、ウロが来た時の様な不安やストレスがほぼ毎日かかっているのだ。
 そんな訳で、どんな事でもどんな些細な事でも、面倒な事は億劫だし、頭に来るし、しんどい。争議の時も大概だったが、あの頃はまだ若かったし、何せ攻撃する対象(首切った会社)があったから持ったんだろうな。あの頃の強さはないどころか、今年に入って、性格が悪くなった気がするし、目に見える形、見えない形で、何かしら弱った気がする。







#100日後に死ぬたにし

45439a143ca5d8cbea62738064c313ea
 嫁はんがやたらと漫画のネタが欲しいというから、この日記の表題を提案したのだが、嫌だという。理由は二番煎じだからだそうだが、実は二番煎じではない。というのは、いきなり死ぬところから始まるからだ。それでは100日後に死んだ事にならないが、自分が描きたいのは、肉体的な死ではなく、人々の心にある「たにし」が、おそらく死後100日後あたりから、思い出から記憶に置き換わって行くであろう、つまり人々の意識において、死が受け入れられる時間的境界を描きたいのである。
 それはさておき、どーにこーにも、最近、気持ちに余裕がない。具体的には、嫁はんのどん臭さやアホさ加減に、鷹揚に相手出来ない、常にカリカリした感じである。その原因がなんであるか、分からない事もままあるのだが、昨日はどうやら寝不足だったらしい。といっても、夜3時頃には寝て、昼前の10時頃起きているのだから、睡眠時間としては十分なはずなのに、やっぱり眠かったらしくて、嫁はんが買い物とか行ってる間、トランポの運転席で寝てしまうほどには眠かったらしいのだ。それで、ウチに帰ってから、知らず知らずのうちにソファーで寝てるんだか起きてるだか分からん寝方をして、今頃の時間に目が煌々と輝いているのである。
 睡眠不足があらゆる不健康の原因であるのは自明の事なのだが、「クッソ良く寝た」という風にならないのが昨今の悩みである。別に目が覚めなくてもいいのに直ぐ目が覚めたり、明け方、小便したくて起きたら二度寝できなくなったり、そういうのが多い。また、寝ていても始終夢を見ていて、これが結構疲れたりもする。結局のところ、あまり眠れてないんじゃないかと思う。
 実のところ、睡眠だけでなく、今年に入ってから、色んなところで、変調を来してる気がする。夏に更年期障害を疑うほど調子が悪かったのもそうであるが、今年に入ってレースでロクに走れてない。練習に行っても直ぐに息があがってしまう。せっかくクロトレに乗り換えて、前より乗る様になったのに、去年と比べて、愕然と何かが変わっているのだ。その原因は、よく分からない。





牛久の大仏

2020-09-23 13.22.24
 実は、嫁はんが持ち山をTT-Rで走りたいって事で、9連休も取ったのであるが、コロナの影響で盛岡行きは取りやめになってしまった。しかも、秋雨の時期が始まって、バイクの練習もトランポの作業も出来ない。もっとも、自分は20日に無理くり勝沼を走ったせいで、体のあちこちが打ち身で、バイクもトランポもなにも出来ん状態になっている。
 ともあれ、何もせんのも勿体ない話しなので、嫁はんが前から行きたがっていた霞ヶ浦の予科練平和記念館に行く事にした。嫁はんの爺様が予科練行ってたからか、興味を持ったらしい。雨の圏央道を飛ばして行ってきた。ところが、なんと休館している。嫁はんに玄関の表示を見にいかせたところ、本来休館日の21日月曜日に開館したので、振替休日だという。アジャパーである。しかたないので、近所の牛久の大仏を見に行く事にした。圏央道を使うと、いつもあのデカイ大仏が見えるのであるが、こういう機会でもないと、見に行く事はないであろう。
 さて、直近で見た牛久の大仏であるが、なるほど壮大である。身長は120mもあるという。胎内にも入って一番上から、外の景色も眺めて見た。
 しかし、残念ながら、荘厳な雰囲気を味わう事は出来なかった。やはり歴史の浅さ、建立されてからの時間の少なさが、感動を呼び起こすほどではなかったらしい。おそらく、あの大仏を作る技術というのは、相当高度なものなのであろうし、費用も信じられないくらいのお金が掛かっているのだろう。しかし、「現代建築」でもっとすごいのはいっぱいあって、デカイというだけでは、荘厳さや感動といったものは、感じられないのかもしれない。もしかしたら、あと1000年も経ったら、あの大仏は20世紀建築の偉業として讃えられるかもしれない。あるいは廃墟や残骸として、それはそれで風格が出るかもしれない。
 ちなみに、阿弥陀如来の本来の身長は60万憶恒河沙那由他由旬という、学校では習わない単位の寸法である。人間のサイズをコロナウイルス程度にして、それで牛久の大仏を見上げたとしても、もっと大きいのであろうか。

2020-09-23 16.05.24
実はこの手の瓦せんべいが好きで
売っていれば、大抵は買って帰る




明神そば [閉店してた]

2020-09-17 12.53.03
 今日、散髪の時間がちょっと早かったので、出勤する前に御茶ノ水駅の明神そばで、天ぷらそばを食ってやろうとしたら、ななんと、7月20日で閉店してた。びっくりした。閉店するなど夢にも思ってなかった。これからもずっとあるもんだと思ってた。それが閉店である。しかも2ヶ月も前にである。本当にびっくりした。で、困った。明神そばの天ぷらそば(かき揚そば)が食いたかったからだ。食いたくて出向いてるのに、食えないと言うのは、本当に辛いものである。
 自分が明神そばに行く様になったのは、前の日記でも書いているが、かれこれ15年ほど前である。その頃、解雇争議を戦っていて、産別や地区労の事務所に行く途中の乗換駅として、御茶ノ水駅を使う様になってからである。あの分厚いかき揚に惹かれて、そば食いたくなったら行ってたのだ。争議が終わってからも、御茶ノ水が通勤駅になったので、縁が途切れる事はなかった。とはいえ、しょっちゅう行ってた訳ではなくて、新橋で散髪終わった後に、出勤前に食いに行く、と言う感じだったのだ。最後に行ったのは、4月か5月だったかな。それほど客の入りが悪いとも思わなかったのだが。
 もっとも、経営はキツかったのだろう。分厚いかき揚が次第に小さくなり(それでも他店に比べたらでかいのだが)、値段も徐々に上がっていった。440円になった時、「あまり気安く来れる感じじゃないなー」と思ったのであるが、そのバチが当たったのか、閉店である。閉店したものは二度と戻ってこないのである。
 御茶ノ水駅には、もう一軒、そば新と言う立ち食いそば屋があったのだが、そっちは入った事がなかった。明神そばが閉店してしまったので、そっちに行ってみたのだが、店があったはずの所にそれらしい店がない。あとで調べてみたら、そちらは5月に閉店したとの事。御茶ノ水駅の蕎麦屋は、今年で壊滅したと言う事だ。やたらラーメン屋が増えた気がするが、立ち食いそばが食いたい自分としては、困ったものである。
 しかしまぁ、これでまた一軒、馴染みの店が無くなってしまった。自分が20代30代の頃に通い始めた店は、もう新橋の床屋のにーちゃんとこだけではなかろうか。





休み休み

2020-09-09 08.12.20-1
 7月から8月にかけて、朝0800時に目が覚めたら、直ちに何らかの作業を1000時頃までして、シャワー浴びてメシ食って出勤する、と言う生活を続けていたのだが、折からの猛暑でことの外、気力体力は消耗してて慢性疲労を通り越して、ちょっとメンタル痛めるところにまで来ている事が分かった。まぁ、どうしてもやらねばならなかったから、無理をしてやってた様なところもあるのだが、その結果、被害は甚大だったと言う訳だ。
 この事は、こないだ内科に行った時にも話しをした。更年期障害の疑いも持ったからである。しかし医者からの返事は、この夏は暑くて夏バテしてると思うので、水分をよく摂って、適度に涼んでください、としか言われなかった。まぁ、様子見ろと言う事である。実際に、食欲はなく、腹は下り気味で、睡眠も不足している。駅から職場に向かう道中で軽く熱中症になってる感じもするのである。
 なので、平日の出勤の前には、汗をかく様な作業はしない事にした。相変わらず朝0800時に目が覚めて、小便だけでなく、空腹で二度寝できないので起きるのだが、軽い用事以外はオミットする事にした。本当はトランポのスモークフィルム貼りとか、リアゲートのミラーを外して目隠ししたりと、色々用事はあるのだが、急いでそれらをしなくても、トランポとして運用できない訳でないので、先送りにしている。まとまった作業は休みの日にするが、土曜日作業したら日曜日は全休といった感じで、完全に休む日を設ける事にした。
 今週から、この体制をとってるのだが、比較的楽である。刺々しい感情が大分和らいだ気がする。今年は夏の暑さがいつまで続くのか分からないが、寒くなるまでこの体制でしのぐ事にする。





久々の違反切符

2020-09-09 08.39.46
 こないだ、WEX神立に向かう関越道を寄居PAを10kmほど過ぎたあたりの追い越し車線で違反切符を切られた。罪状は「通行帯違反」反則点1点、反則金6000円である。
 状況はこうだ。200系ハイエースは100系ハイエースDXよりも加速が楽で、サスも良くて振動を拾わないので、走りやすい。前のハイエースでは大体110km/h巡航だったのだが、今度のは120km/hくらいでも物足りないくらいである。と言っても、あまり飛ばし過ぎると覆面パトにパクられるので、120km/hくらいで巡航していた。そんで気持ちよく追い越し車線を走っていたのだ。ふと、ちょっと煽り気味の白い車がケツに付いてたので、譲ろうとしたその時、赤色灯が回っているのに気がついた。あちゃちゃ、油断した。さて、何キロオーバーかな。不思議に腹も立たず、誘導されるままに路肩に駐車した。
 速度違反で捕まえにくるお巡りは、どうしていつも「お急ぎでしたかー?」と聞くのだろうと聞き流してたら、意外にも速度超過でなく、通行帯違反で切符切ると言う。その理由は「ずっと追い越し車線走ってたから」と言うもの。別に誰に迷惑かけた訳でもなく、むしろ煽られたら譲る優しいドライバーだと思うのだが、珍妙な理由で珍妙な切符を取られたものである。現地に着いてからその話しを仲間にしたら、最近関越道は覆面が多い事、煽り運転の関係で追い越し車線走ってるのはパクられる、との事だった。まぁ、120km/hで走ってたのを1点で済ませてくれたのは、お巡りのお目こぼしなのかな。金額が6000円とお高くなってたのには驚いたが。
 あまり腹が立たなかったのは、本人も気がつかない様な慢性疲労で、面倒臭かったのもあると思うが、前のハイエースの時は、納車1週間で追突事故を起こしたので、それに比べたらマシだと感じたからだろう。その追突事故以来、トランポで違反や事故はなかったし、追い越し車線走ってたからと言って切符切られた事もなかったのだが、まぁ、運が悪かったんだな。7月にトランポの話しが決まって以来、ずっと動きづめで、更年期障害かと思うくらい精神が参ってたのもあったので、注意不足でもあったんだろう。3ヶ月は気をつけないと、点数加算されたらたまらん。





結婚3周年

2020-09-07 10.47.19
 早いもので結婚して3年経った。3年も経つと、いろいろ化けの皮が剝がれルもので、当初、キツネ系クールビューティー雪女だと思ってた嫁さんは、「駄犬」→「機関車トーマスのゴードンのイキった顔」→「ミシュランのビバンダム」→「調子こいた顔のマシュマロマン」→「ぬっぺふほふ」へと驚異の変化、と言うか変態を遂げた。本人曰く「中身は一緒」との事らしいが、明らかに初めて見たLINE動画の時の方が賢そうだった。写メでなく、動画だったのだから、一体全体どうやって盛ったのか、今だに謎である。百戦錬磨の自分も、まんまと化かされた訳である。
 日常的なお付き合いのあり方は、YoutubeのFラン大学就職チャンネルの「サラリーモンスター」シリーズのヒトシとピカリンのそれである。大体どんなもんか、見て貰えばわかると思うが、まぁ、「破れ鍋に綴じ蓋」と言ったところか。だから3年持ったのでもあろう。
 なんやかんやで3年である。石の上にも三年である。立場を逆になれば、嫁はんもよくワシに耐えた、と言う事でもある。何らかの褒賞に値する。何たって、ウチのみりんやかぼすに次いで、付き合いが長いのである。さて、何をくれてやるか。これは7月に姪御にハーモニー金貨の1/10オンスを贈った時に、同じものをくれてやるつもりをしてた。その時にまとめて買えば、今回買うより2000円安く買えたのだが、そう言うケチ臭い事を記念品に言ってはならない。同じ2020年でも、いつ買いに行ったかで、覚えている記憶も違うのである。あくまで、結婚3周年の記念であるから、その直近にわざわざ買いに行く事に意義がある。
 自分がこの手の記念に、金貨を贈るのは、今から4年前に自分に金塊を買った時と同じ気持ちと意味である。消費財は買ったその瞬間から価値を減じる。しかし、金というのは決して減じない。日本円が紙切れになっても、3.1グラムの金はその価値を有し続けるのだ。
 さて、振り出しは1/10オンスであるが、次は1/4オンスである。その時まで無事に続いているか、はたまた自分が零落してないか、興味津々である。





めちゃめちゃ疲れるのよ

DuSe7WqV4AAyRWj
まぁ、うそはついてないwww

 50歳を過ぎてから、疲れやすくなった。まぁ、半世紀も生きてるんだもん、あちこち衰えるよな。という訳で、最近、いよいよダメになった時は、アリナミンを飲む様にしている。アリナミンを飲むと、元気が出てくるのだ。テレビの通販番組とかで、50代60代の人が言ってる事は、間違いではない。実際、効いているのだ。
 しかし、あんだけ疲れてるのが、どうして元気になるのか。ただ単に疲れているだけでない。性格にも影響を及ぼすほどの疲れなのである。一体、何が入ってるのかと気になったが、ビタミンB1が主成分らしい。ちなみに、元はといえば、脚気予防に日本陸軍が依頼して作らせたらしい。味の素もそうだが、その根っこを辿ると、日本軍隊に辿り着く事が多い。
 ところで、7月のWEX爺ヶ岳の時、このアリナミンとアミノボンバーをチャンポンで摂取してレースに参加した。結果は、ウッズで滑って足の付け根ヒットして、1周リタイアだった訳だが、体の方は痛い以外は全然元気だった。1周しか走ってないからでなく、明らかにアリナミンとアミノボンバーの強烈無比なる威力があったからだろうと思う。
 問題は、明くる日くらいまでは元気だったのだが、2〜3日くらいしてから、どよ〜〜んと疲れてきて、それが2週間くらい続いたのである。もう、どう見たって、ドーピングの副作用というか反作用である。一体全体、どういう効き方をしてるのか分からないが、やっぱり体には何らかの負荷が掛かっているのかもしれない。
 ぶっちゃけた話し、飲み続けないと、薬が切れたらしんどい、という風なのかも知れない。アリナミン自体には習慣性は無いのであろうが、本人の体力というかそういうのの関係で、結果としては習慣的に飲んでしんどいし、その内、定量では効かなくなったり、と言った感じにもなるかも知れない。薬というのは、使い方を間違えても、頼り方を間違えてもいけないものなのだ。





最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ