たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

雑記

白珍来

写真 2020-02-22 20 09 31
 新小岩駅南口のルミエール商店街の中に、「珍来」と言う中華料理店がある。20代の初めの頃に新小岩に移り住んで、その珍来を知ってから、他の中華料理店は全く評価出来なくなるほど、超絶お気に入りになった。と言っても、始終行ってた訳ではなく、基本的には自炊派なので、食べたくなったら時たま行く程度。しかも注文するのは、チャーシューメンとチャーハンと餃子と決まっている。特にチャーハンは盛りが多く、餃子も一つが4個分くらいの大きさで、味と言い量と言い、非常に満足なのである。
 ところで、珍来には白珍来と赤珍来がある。どっちも珍来なのであるが、看板が白っぽいのと赤っぽいのの二つあるのだ。赤珍来にも入った事があるが、自分の好みは白珍来である。もっとも、赤珍来はあちこちににあるのだが、白珍来はあまりなくて、入った事があるのも新小岩の店だけである。一体どう言う経緯があって赤白あるのか分からないが、餃子の王将と大阪王将みたいな事情があるのかもしれない。ちなみに、餃子の王将派である。
 その餃子の王将が、自分が四街道に引っ越してから、ルミエール商店街にも進出してきた。だからと言って、珍来を贔屓にするのは変わらないのだが、何せ遠くなったので早々行けない。去年の三宅島エンデューロの帰りに久々に寄ってみたら、営業時間が22時までになっていて、食いそびれてしまった。昔は26時頃までやってたのだが、最近は客が少なくなったのだろう。まぁ、王将のせいでもなくて、全般的に贅沢できなくなって来てるんだろうと思う。
 こないだの石戸谷スクールの後に、久々に寄ってみたが、まだ20時台なのに空席があって、嬉しい反面少し寂しかった。餃子の大きさは変わらなかったが、チャーシューメンもチャーハンも、20代の頃に比べたらちょっと少なくなってた。まぁ、20代の頃はチャーシューメンもチャーハンも大盛りをペロンと食えたのだが、最近はそうもいかない。チャーハンも餃子も半分は嫁さんに手伝って貰わないと行けないのだ。でも、美味さは20代の頃と同じ。外食して幸せを感じる数少ない一店である。







経済的個人史

money_chokin_seikou_man
 自分は結構几帳面なところがあって、ちゃんと家計簿を付けている。それこそ、自立した18歳の頃からノートにつける習慣があったのだが、今も続く記録の祖になっているのは、28年前の争議の支える会の帳簿に遡る。それまでエクセルなど使った事がなかったのだが、その当時お付き合いしてた女性から使い方を習い、その後は独学でそれなりの帳簿を作る事が出来た。自分個人の家計簿としては、争議が終わり、完全に支える会の財務が解散した2006年から始まっている。たっぷり14年分である。
 自分は簿記などの資格も取ってないので、こうした財務作業については素人なのだが、それでも自分の金の流れを出来るだけ正確に掴み、記録に残そうとした努力は結構見て取れる。時々帳簿の形式が変わるのは、新しい状況や矛盾した状況に対応しようとした結果である。必要に迫られて独自の言語を開発する子供の様に、自分もまた独自の家計簿を開発してきた、という訳だ。
 さて、最近ちょっときになるのは、それらの家計簿はいわゆる「総勘定元帳」であって、決算書ではない。だから年間、あるいは数年に渡って、自分がどの様な金の使い方をしてきたか、何にどのくらい占めていたのか、そうした総覧は出来ない、という事だ。ざっくりと「バイクにはこれこれ位かかっている」という程度しか認識してないのである。せっかく帳簿をつけているのに、勿体ない事である。
 そこで、独自の解釈でも良い、簡単な物でも良いから、決算書を作る作業を始める事にした。まずは勘定科目を決める事から始めている。一口に食費と言っても、自炊用の食材と外食があるので、これを分ける。外食は贅沢品と考えれば削れる項目だからだ。バイクにかかった費用にしても、自分で整備した場合と、バイク屋に頼んだ場合に分ける事で、整備に掛かった金の動きが読める。保険にしても、生命保険と火災保険では性質が違う。後者は住居費に属するものと考えたい。
 実はこんな事を始めようと思ったのは、この12年間でバイクのレースにどんだけ金を使ってきたのか、知りたくなったからである。また、結婚する以前と以後で家計の余裕具合が格段に違うので、昔はどうやりくりしてたか知りたくなったのだ。確実に分かっているのは、家賃と駐車場代を払ってた分、貯金は一切出来なかったという事なのだが、最終的にはそっちの方への影響も調べてみたいと思う。
 もともと、鉄棒も跳び箱も出来なかった自分が、オフロードバイクのレースやってるのも変な話だが、数学は毎回赤点でどうやって高校を卒業したかも分からん自分が、数字を調べようというのも変な話である。





今年も一年

"Sed fugit interea, fugit irreparabile tempus, singula dum capti circumvectamur amore"
しかしその間にそれは飛び去る。取り返しのつかないほどに時は飛び去る。愛に執着してあてもなく彷徨う間に。

 と、おセンチな気分になるほど、近年、月日が経つのが早いのであるが、もう今年も終わりである。ほんと、時間の経つのが早いのだ。時間が経つのが早いという事は、残り時間が短いという事でもあるのだが、普段ボケっとしてる訳でもないので、あまり気にした事がない。折りに触れて、ハッと思うだけである。
 今年は、年初のインフルエンザ以外で、大きな事故はなかった。そういう意味では、無事息災な一年だった。あまり強い印象が残ってないのは、事故がほとんど無かったからである。変わった事と言えば、テレビが大きくなった事くらいである。それなりの買い物もしたのに、ちゃんと貯金も予定通り残せて、まぁよく頑張りました、といったところだ。
 バイクの事を除けば、このくらいしか書く事がない。あとは、嫁さんに小言を言う、でも小言言える相手があるのは良い事だ、くらいである。印象の少ない一年と言うのは、幸福な一年だったのだと思う事にしよう。むしろ、これまでが波瀾万丈過ぎて、こうした一年が少な過ぎたのだ。
 さて、来年は一体どう言う年になるか。

2019-12-26 14.56.54





キレる高齢者のキレる瞬間

scared-1283751_640
 「キレる高齢者」が問題になって久しいのであるが、そうした高齢者(に限らずキレる人)は性格異常者なのであろうか。まぁ、性格による部分があるのは確かであるが、そのきっかけになる瞬間を今日、2回も体験した。

 まず一つ目は、年末年始の帰省で新幹線の切符を買いに行った時の事である。新幹線の切符は、1ヶ月前から買えるので、みどりの窓口に10時前に着いた。すでに何人かの人が並んでいたのであるが、その最後尾に並んだ時、若い駅員がやってきて「受付は済まされましたか?」という。何の事か分からんかったので、「はぁ?」と聞き返したら「9時半からの受付の分で締め切らせて頂きました」という。おいおいちょっと待て。切符の販売は10時からやろうに、9時半で締め切ったとはどういう事か。ますます訳が分からん。するとその若い駅員は、さも仕方ないなぁという風に、切符買う白い紙に行き先だの時間を書けという。まぁ、これは今までもそうだったが、乗る列車の番号まで書けという。こんなもん、今までは言われた事がない。そんなのは窓口の方で選んでくれてたからだ。「そんなもん、どうやって調べたらええねん」と言い返すと、時刻表を見ろという。「そんなもん見方分からん」と言い返すと、新幹線は青字で印刷されてるページだという。「そのページのどこを見たらええねん」と言い返したら、希望する時間帯はこの辺ですという。ところが老眼で字が細かくて見えないのだ。結局、その車番を見てもらって確認し、白い紙に書いたが字が汚かったのか(これは自分が悪い)、その駅員が書き直して窓口に持って行ってた。
 去年も同じ窓口で買ったのだが、こんな事はしてなかったので、今年からこの方法になったのであろう。前に並んでたおばちゃんも、ちょっと面食らった様な事を行っていた。10時になって券売が始まったが、そのあとにも列に並ぶ人がいて、しかもいの一番に「受付」したのに、10時まで他所に行ってたという理由で後回しにされてた。そのおっさんも「並ばなくていいって言われたのに」とこぼしていた。
 やり方を変えるのは会社の都合もあろうから、それはそれで良いが、こっちはそんなん全く知らんのである。それを、さも当たり前の様な口調態度で言われたら、そりゃ人によってはキレるんじゃないかな。自分は見た目からは想像できんくらい大人しい性格なので逆上しなかったが、ぶっちゃけ怒鳴りつけてやろうかと思ったくらいである。どうして「混雑を避けるために今年からこの方法になりました。ご協力お願いします」と言えないのであろうか。

 二つ目は、いつも買い物に行くホームセンターである。猫のエサと砂、そしてプリンターのインクを買ったのであるが、明らかに金額がおかしい。ざっと計算しても1万は多いのである。その事をレジの陰気なおばちゃんに行ったら、間違ってないという。レシートみて確認したろ、と思ったら、おばちゃん、自分で確認して、餌と砂の数を逆に入力している事に気がついた。が、すんませんの一言もないのである。おいおいおい、客から間違い指摘されて、実際間違ってて、すんませんの一言もなしか? これ、何も言わんかったら、間違った金額取る事になったんやぞ? と怒ったろかと思ったが、見た目からは想像できんくらい大人しいry、という事で、黙っておいた。

 キレる高齢者がキレる原因ってのは、大体この辺りにあるんじゃないかな。要するに、「一言足らん」というやつだ。




風邪っぴき

IMG_6423
 職場の新しいボスは部下思いなのか、職場持ちでインフルエンザの予防接種を受けて来いと言ってくれた。ここ最近、冬場によくインフルエンザに罹るので、これ幸いに受けて来たのだが、インフルエンザの予防接種は風邪には全然効かないらしい。三宅島エンデューロから帰って来た翌々日に風邪をひいてしまった。最初は右の鼻の穴の奥に飯粒のカケラでも引っかかったのか、と思っていたのだが、それが鼻風邪の始まりで、その日の夕方にはかなり酷くなり、翌日医者に行ったら水曜日で医者は全部休みで、鼻づまりで口で息をするもんだから、喉もおかしくなり、やっとこ今朝、内科に行ったが、もうグダグダである。
 風邪であれインフルエンザであれ、最初は嫁さんがかかって、嫁さんが濃縮還元した菌を俺にうつす、というパターンが多いのだが、今回は症状が劇的で、嫁さんに文句を言う間も無く酷くなってしまった。幸い熱はないので、鼻が詰まって頭が重いのと、喉が痛くて咳が鬱陶しい、そして何となくしんどいくらいで、どうにか頑張って仕事には出てるのだが、新しいバイクの事とか、三宅島エンデューロのレポートなどは、全く手付かずである。
 もっとも、あの雨降りの三宅島で、よくも風邪引かなかったものだと思うのだが、まぁ、それなりに気もつけてたし、気も張っていたから、現地では引かなかったのだろう。月曜日に後始末が終わって、PV2本作ってる時、急に気温が下がって来て寒くなってファンヒーター点けたのだが、その時には嫁さんは鼻かんでいたから、間髪入れずに嫁さんから俺の方に来たのだろう。
 風邪をひいた時は、ゴロゴロ寝てるのが一番良いのだが、風邪の時は夜は直ぐに目が覚めて熟睡出来ない。さりとて、三宅島で4日も休んだ後だけに「風邪引いたんで休みます〜」と言う訳にも行かず、まぁ頑張っている訳だが、文句の一つも書かない事には気が収まらんのだ。




台風一過

IMG_4480
 日曜日に関東地方を直撃した台風15号は、思いほか重篤な被害をもたらした。実際、猛烈な風雨で、いつ負圧で窓ガラスが割れるかと心配で、朝まで寝れなかったのである。
 ところが、実はその台風が接近している事と全然知らなくて、昼間は一日早い結婚記念日で、ビッグボーイで無理くりサラダバーを食い、帰ってからは「ゾンビランドサガ」を1話から12話まで通しで見てたのであるが、それが終わる頃になって、やっとこ風がキツい事に気がついたのだ。そんなもん来るとは思ってなかったので、洗濯物を干していたのだが、翌日台風が過ぎ去った後には、庭のトマトやキュウリと一緒に洗濯物も地面に叩きつけられていた。我が家の被害はこれだけであった。
 しかし、電車は全く動かない(スクーターで片道4時間かけて出勤)、電気も停電しているところがゴロゴロある(うちは無事)、そういうのを見ていると、台風ごときでも震災並みの対策は考えなきゃならないかな、と思う。まぁ、そう思う前に、台風来たら雨戸を閉める癖をつけた方が良さそうなのだが。
 前から思っているのは、防災用として発電機を買った方が良いのではないか、という事。これは前々から思っているのだが、置き場もない事だし、なかなか現実味がなかった。ところが今は置き場には全く困らない。あとは値段の問題であるが、これは家財や改築と考えて、来年度の予算で計上しても良いかと思っている。(実は風呂場の天井とか、嫁はんのズボラで壊滅的な庭とか、色々やりたい事はある)
 発電機が欲しい理由は防災用だけでなく、毎年災害クラスの猛暑で、夏場の練習やレースが極めて苦痛になっている事から、工場扇を活用する為にも欲しいのであるが、遊びのためだけにウン万円を使う事は出来なくて買えないでいたのだ。こないだ買ったケルヒャーもそうであるが、主目的が遊びのためであっても、他にも需要がないと、なかなか予算を出しづらいのである。
 とはいえ、一番小さいのでも8万円くらいはする。来年には消費税も上がってもっと高くなっている。なかなかポーン!とは行かない買い物であるには違いない。







結局買い替え

IMG_2503
 先日、仕事用の雑嚢を買い替えたばかりだが、どーにもこーにも使い勝手が悪く、改めて買い替える事にした。今度はきっちりサイズを測って、A4のファイルが入り、かつ以前使ってたのと同じ様な位置に物入れが有る物を探した。
 前回もそうだったが、ネットショップで物を買うと言うのは、店頭に物が置いてあって、それを見てから買うのでない以上、物が来てみない事には当たりハズレは分からない。ここ最近、「結局買い替え」と言うのが多いのは、こうした事情がある。ブーツしかり、ウェアしかり、サイズが無かったり物がなかったりで、仕方ない側面もあるのだ。
 しかして、今回のは、今まで使っていたのに比べたら、ややサイズは小さいものの、前に買ったのに比べたら容量は十分で、ゴワゴワ感もなく、物入れも必要数揃っていて、使い勝手は悪くなさそうである。むしろ、初代の雑嚢がこんなシンプルな感じだった様に思う。
 さて、せっかく買った前の雑嚢は、2回しか使ってないけど、格安で売りに出そう。そろそろまたオクを再開しないと、この夏の大出費を支えきれないのだ。






カバン買い換え

IMG_2167
 どうにもこの頃、ネットで買い物をして、満足いく物が来た試しがない。前はそうでも無かったのだが、この2年、ハズレを引く事が多くて、あとで買い換えるケースが多い。まぁ、店舗で物を見て買っている訳ではないので、こうした事がまま起こるのは当たり前の事なのだが、店舗が遠くて行くのが難儀とか、そもそも店舗には無いとか、そういった事情もあるのである。
 仕事に行く時に使っている雑嚢は、このタイプとしては3代目で、使い勝手が良いから3代にも渡って使っているのだが、これを買っていた御徒町のカバン屋に、とうとう4代目が無くなってしまった。どうしてもこのタイプの雑嚢が使いたいので、ボロになっても使い続けていたのだが、流石に嫁さんから買い換えろと言われる様になった。
 店に売ってないのなら、ネットで似た様なのを探すしかない。寸法も書いてあるので、今のに近いのを選んだのが、実際に物が届いてみると、結構小さい。A4のファイルは入れたら蓋が浮いてしまう。物入れも少なく、そもそも容量も少なくて、乾パンだのビスケットだのも1袋くらいしか入らない。うう〜〜ん、どうなんよ?って感じ。
 まぁ、新しい物というのは、馴染んでくるまでには時間が掛かるものであるが、やっぱり第一印象で良いイメージを持てないと、その後も評価はあまり変わらないもんである。
 古い方の雑嚢は、とりあえず捨てずに置いておいて、もしかしたら、バラして自分でカバン作ってしまうかもしれない。嫁さんはオーダーメイドしたら?というが、値段次第では、それも良いかもしれない。






梅雨寒の風邪ひき

IMG_1726
 こんな時期に風邪をひいてしまった。2〜3日前、夜中やや肌寒い日があって、それでもスウェット着るのが面倒でシャツにパンツの盛夏スタイルで寝たら、夜中のうちに暑くなって無意識に毛布を剥いでて、それで冷えて風邪をひいたらしい。まぁ、不注意である。
 仕事休むほど酷い事になってる訳ではないのだが、微妙にしんどい。微かにしんどいというべきか。立ってるよりは座ってる方が楽だし、できればゴロゴロ横になってたい。今朝も医者に行こうかな、と思っていたのだが、医者に行く時間に猛烈に眠くなって、2時間ほど熟睡したら多少マシになったので、そのまま仕事に出た。しんどいながらも仕事休まなくて済むのが良いのか、しんどいのに仕事行かないかんのが悪いのか、どっちかわからんけど、売薬飲んで寝てればマシになる程度なのは、やっぱり良いのだろう。
 そういえば、嫁さんに風邪薬あるかと聞いたら、「ある」との返事だったので、「確か全部飲みきった様な……」と思ってたら、見たこともない様な大粒の橙色の錠剤を出された。訝しんでなんという薬か聞いたら、聞いた事も無いような名前だったので、容器を持って来させて見てみたら、今から5年も前に期限の切れた奴だった。嫁さんが実家から持ってきた奴だったのだが、捨てろと言っても「勿体無い」と言って元に戻した。倹約家なのは結構だが、薬も使い様では毒である。期限の過ぎたのは処分せんと。






時々眺める

 2016年12月頃の金の値段はグラム4650円前後だったのだけど、今は4950円前後である。いっとき、5000円超えた時があったのだけど、それでも自分が買った時よりも300円も高くなっているのである。もっとも、現時点での買取価格は4870円前後だから、今売りに出せばグラム220円ほどの儲けが出る。売らないけど。
 あの時、どうして金を買ったのかと言うと、その年の秋に財テクが趣味みたいなもんだった父方のバー様が死んで、急に日本経済の先行きが不安になって、紙幣じゃなく実物資産が欲しくなったからだった。買った途端に急に興味がなくなってしまい、金のインゴットは仕舞い込んで見る事も無くなったのだが、よく年はどうした訳かラッキー続きで、「金は運を呼ぶ」ってのはホントかなー、なんて思ったもんだ。
 金を買おうと思い立った時、色々と調べたのだけど、その中で印象的だったのが、「金は買ったら、忘れるくらいが丁度いい」と言ってる人がいた事。実際、自分もそうなってるんだけど、上がっただの下がっただので、一喜一憂する様な性質のもんではないのだそう。確かに、金そのものは利息を生む訳でもないし、10〜20年スパンで値動きするもんだ。ちなみに、今から15年ほど前はグラム1600円くらいだった。その頃買っときゃなー、と思わないでもないのだが、済んだ事であるし、金というのは買おうと思った時が買い時なのだそうな。
 金を買って一番役立っているのは、何の気なしに金庫から出してきて、ニヤニヤしながら眺める事だと思う。小なりといえども、やっぱり金なのだ。自分が金持ちになった気分になるし、何がどうなっても、これだけは厳たる資産、自分の底力なんだ、という気になる。つまり、自信だな。これって、大事なんだと思う。自信こそは、自分が持ってるあらゆる意味での根源的な力だと思うから。まぁ、それが目に見える形で存在してるのが、自分の場合、金のインゴットという訳だな。






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ