たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

写真

スナップライディング

e3b95280f0a4ea9508b5115d0a247ac0

 撮影装備は一切合切ローバーAW IIを担ぐ事でカバーする事とし、また咄嗟の撮影でも、バッグから抜き取りやすいナットロック式のカーボン三脚や、クイックシューの投入で、約30秒で撮影態勢に入れる様になった訳だが、それは気合い入れて撮影する場合の話で、運転中のスナップ写真はもっぱらケータイのカメラに頼る状態である。いっそ、デジカメを1台調達しようかとも思っていたのだが、その前に、もっと今ある機材を活用できないものか、とずっと思案していた。
 そこで目に止まったのが、何かのサイトで、運転中も首からカメラを下げている人の話し。一体どんなカメラを下げていたのか判らないが、随分と肩や首の凝る話しである。しかし、これだと確かに「撮ろう」と思った時に、ヘルメットさえ脱げば(場合によってはそのままで)撮影する事が出来る。そこで、自分でもやれるかどうか試してみる事にした。
 まず、ストラップの長さを出来る限り短くする。長いと腹のところでブラブラする事になるので、ヘルメットを被った状態でチンガードにカメラが当たらない程度に調整する。大体胸の辺りにカメラが来る。幸いというか、オフロードバイクの場合、普通に乗っている時は大体上半身が起きた姿勢になるので、首の下でカメラがブラブラする様な事はないだろう。
 続いて、レンズをもっと短い物に交換する。通常はデジタル専用の18〜70mmのズームレンズを付けているのだが、これだと重いし長い。そこで、newFM2用に買ったパンケーキの45mmPを付けてみた。すこぶる軽いし短いので取り回しが良い。このレンズは去年の2月に近所の散策で、D70sとの組み合わせで使ってみたが、ピントを自分で合わせなければならないものの、それがまた面白かったものである。これには元ネタがあって、Enjoyニコンのtalk! talk! talk!で、なぎら健壱がD100にこのレンズを付けているのを真似たものだ。単焦点だし、ピントは自分で合わせなければならない。しかし、ヘルヘット被った状態でズームの画角を決めるのは難しいから、いっそ単焦点の方が楽だし、ピントは合えばファインダーで合焦が点灯するから、手動で合わせるのは難しくない。まぁ、薄型で軽量になるのだから、その程度の不便は忍ぶほかないのでは。
 首から下げた感じは、あまり重さを感じさせない程度に軽い。まぁ、何時間も下げていれば疲れてくるに違いないが、それでも標準ズームを付けた場合よりすこぶる軽い。心配があるとしたら、やはり転倒した場合は危ないだろうという事と、林道の様な足下の悪い道を走るとどうなるか、という事である。高速道路でも危ないかもしれない。まぁ、やってみなければ判らないのであるが、どうしてもダメな時は、ベルトストラップの付いているカメラポーチをウエストポーチのベルトに付けて使うとか、色々方法を考えても良いと思う。
 ま、せっかくバイクに乗るのであるから、乗りながら撮影する方法を検討するのも一興であろう。(ちなみに、ハイキングや旅行の時は、首から提げっぱなしである)







犬吠埼遊撃戦の反省

 結局、「作戦」から「遊撃戦」に名前が変わった今回の撮影ツーリング。夜明けの屏風ヶ浦を撮影する、という所定の目的を果たし得なかったのであるが、その失敗の原因は、「行きゃ何とかなる」で物事を始めた事である。ただ弁解するなら、地図の情報量が少なければ、それだけ失敗する確度も高く、情報量の少なさは経験を通じて補うしかない。どうせなら、ツーリングマップルは屏風ヶ浦の解説を、刑部岬でなく銚子マリーナに書くべきであったろう。
 それでも、やはり夜討ち朝駆けで行っただけあって、「これは!」と思えるカットがいくつかあった。今回は、前回の伊豆作戦の下手さ加減に反省して、露出補正を勉強しなおして、現に段階露出を多用したのだが、マニュアルモードでは違いが出てるのかサッパリ分からず、露出優先モードにして始めて露骨に違いが解る、という感じだった。それにしても、補正をすればその分、シャッター速度が変わるだけで、いつもマニュアルモードでインジケータを見ながら、シャッター速度を手動で上げ下げしてるのと変わらない。……ここまで書いて、自分は何かすごく初歩的な事が理解出来てない気がしてきた。今一度、カメラの取説を読み直す必要がありそうだ。
 装備・被服に関しては、さすがにこなれてきたと言うべきか、大した不便は感じなかった。相変わらず夜は寒い思いをする訳だが、現行の被服では、あれで精一杯であろう。
 支障があるとすれば、ローバーAW IIに三脚を装備して使う限りは、リアキャリアの荷物はやはり背を低くすべきである。帰りにフリースとお土産をリアキャリアにくくり付けたところ、三脚がつっかえ棒になって、身体が前に圧され運転しにくかった。ただし、全く荷物がないと、バックパックの重さが全部肩に掛ってシンドイので、枕程度の荷物は載ってないと困る。なかなか気を使う話しである。
 今回のツーリングは、戦略移動は全部自動車道で、しかも往復路とも同じ道で、面白くも何ともなかった訳だが、現地に着いてから撮影ポイントを探す戦術移動が楽しかった。田舎道をあてどもなくさまよったのだが、飛ばす訳でもなく、トコトコと徘徊するのはなかなかおつなものである。こういう時、XRは役立つバイクで、ヤヤコシイ農道でも入る事が出来たし、細い行き止まりでもあまり苦労せず転回でき、とても頼もしかった。オフのテクがあれば、さらに色んなところに行けるだろうに、と思う次第である。





ちょっと無理がある

5da46e2baa42d8cc370f8321facc0efd

 人並みにゴールデンウイークに休みが取れる事になったので、キャンプや撮影の作戦を展開するつもりなのだが、若干問題が出始めている。それは装備の搭載の仕方だ。
 前回の伊豆作戦で、ロープロのローバーAW IIにカメラや三脚などの撮影機材と、レインスーツやブーツカバーといった雨用の装備を詰め込んで、そのままバイクから離れて撮影を行える方式を取り、これが意外に勝手の良い様式である事が判った。それはそれで大いに結構なのだが、問題はキャンプの時はどうするか、という事である。
 1月の海沢演習では、ローバーAWを投入せず、レゾ140AWを肩から提げ、好きな所でカメラを取り出して、バイクにまたがったまま撮影する事を目論んだのであるが、運転中は独自でつけた腰ストラップを締めておかないとバッグが暴れて運転しづらく、しかし腰ストラップを締めたままではカメラの出し入れがしにくく、意外に使い勝手が悪い事が判った。
 そこでローバーAWを使う様式となったのであるが、問題はバックパックには撮影と雨用の装備以外は救急セットしか入ってないし、またそれ以上に物が入らない、という事である。つまり、キャンプの装備は何もかもリアバッグに入れなければならない事になったのである。リアバッグは、モンベルの3ウェイバッグで概ね45リッターの容量があるが、即応装備のすべてを収めるのには無理があった。テントマットとバイクシートを外してもバッグは結構パンパンである。
 バッグが膨れる分にはまだ良いが、さらに問題に感じるのは、バッグの背丈が高くてローバーAWにつけた三脚が干渉して運転しにくそうな事である。これが問題なければまだ良いのだが、どうにも運転しにくい時は、サイドバッグに切り替えて、リアバッグを小さくしなければならないだろう。まぁ、リアバッグが大きくて、乗り降りの度に一苦労だったから、その意味からもサイドバッグに換えても良いかもしれない。







初フィルタ

b2fdf284b46aa4681033fcdc4ae4ddbc

 昨日、仕事の帰りに、アキバのヨドバシでMARUMIのC-PLフィルタとND-4フィルタを買ってきた。PLの方はウォータープルーフにしたので、合わせて9000円以上した。あんなモンにそげな高い金払うのか、と思ったが、さすがにこの手の機材を試さないと、自分の撮りたい写真が見えて来ないので、ストレス解消も兼ねて買ってみた。
 実はPLフィルタの名前は知ってたが、どんな物かは全然判らなかったので、ケースを開けてビックリした。
 「……これ、サングラスやん……」
 一見しただけではどの辺が偏光なのかサッパリ判らない。本によると、リングを回して偏光のかかり具合を変えるらしいが、まずどの位置から始めて良いか判らない(あのチッコイ三角を真上にするんか??)。まぁ、本と首っぴきで勉強&練習するしかあるまい。
 NDフィルタは、2、4、8の三段階あるが、まさか全部買う訳にもいかなかったので、最初の一枚をどれにするか迷った。迷いはしたが、やっぱりわからなかったので、4を選んだのだが、帰って開けてみたら、PLフィルタが2相当だったみたいなので、うっかり控え目に2を買わなくて正解だった。こちらは正真正銘のサングラスな訳だが、見た目がPLフィルタと変わらないので、違いが判る男になるには、やはり勉強&練習が必要だな。

 で、使ってみたのだが、最初はただの減光フィルタと変わらんなーと思っていたのだが、自動車のフロントガラスに映えた光にピントを合わせ、フィルタの枠を動かした時、思わず「おおっ!」と声が出てしっまった。枠を動かすたびに、フロントガラスの光が増えたり減ったりする。また、光の当たり具合も変わって見える。これは面白い。今までだったら、ファインダーに写ったものを、そのまま写すしかなかったのだから。
 まだ判った様な判らんような状態なのだが、高い金出して買っただけあって、ちょっとだけ表現力がついた様な気がする。もっと真面目に本を読み込んで、どういったシチュエーションで使ったら良いかとか、飲み込んでいきたい。
 上手い下手はともかく(まぁ下手なんだが)、やっぱ写真撮るの、面白いなー!







ひどい出来映え

aa40cc36c57c3f4cd5a35e7c3d46a073

 激寒に耐えて撮影した写真は、あまり良い出来映えじゃなかった。やっぱり写真はマメに撮っていかないと、腕が落ちるというか、感性が鈍るようである。一番ショックだったのは、せっかく撮った日の出の写真が、ただの影絵みたいになってしまった事。この写真も、左側の崖に生えた木はもっと明るくて青々しているのだ。
 もっとも、この写真の様な絵を撮った時は、空に合わせて測光すると地面が真っ黒けになり、地面に合わせて測光すると空が真っ白けになる、という具合に、見たままに撮れないでいる事が多い。要するに、適正な露出が得られてない、という事なのだが、不勉強で全然上達出来ないでいる。
 カメラ内蔵の露出計の性能が劣っているとはちょっと考えにくい。ただ単に、使いこなせてないのと、露出の理屈が今ひとつ飲み込めてないのが原因である。そんな訳で、あわてて前に読んでいた大判カメラの本の露出補正のページを読んでいるのだが、やっぱり今ひとつよく判らない。というか、読めば読むほど判らん様になってきた、というのが本音だ。
 しかし、せっかくシンドイ思いして遠出してるんだから、もっとちゃんとした写真撮りたい。やっぱり、本を読みこなし、それを近場で実践するしかないかなー、と思う今日この頃である。







撮影装備再考

9407f274dc5d5defac1031978c04a313

 ベルボンのネオカルマーニュ643Qを買って、ようやく懸念の三脚問題を一応解決した訳だが、問題はこれをどうやって運搬するか、だ。寺崎勉さんの『新・野宿ライダー』では、リアバッグにロールマットと一緒に縛着している写真が掲載されているのだが、これだと撮影をする度にリアバッグの縛着を解かねばならず、ちょっと大変だ。また、ヘタにラバーコードで締め付けて三脚を痛めても困る。となると、担ぐしかないか、という事になる。
 実は前に、山登り用にロープロのローバーAW IIを買った訳だが、これを買った一番の理由が背面に三脚を装着できる事だった。もっとも、雨用のカバーは付いてないし、背中にカメラを背負ったら、さっとカメラが取り出せない(特に三脚を付けていると大変)、等々の理由で、バイクでの作戦では使う頭がなかった。しかし、これほどしっかりしたバックパックを、使わない手もないなーとも思っていたのである。
 自分がツーリングに行く一番の目的は、撮影である。林道走ったりするのは、撮影ポイントに行くまでの過程であって、撮影が主たる目的の場合は、なるべく林道とかも避けたいくらいなのである。その意味でいうなら、キャンプ行ったり林道走りに行ったりする時と、撮影作戦用の装備やスタイルは別であっても差し支えないし、またそうあるべきかもしれない。
 実のところ、作品としての写真でなく、ホームページのレポート用の写真を撮るために、わざわざ一眼レフを取り出すのは面倒な事であり、出来ればコンパクトなデジカメか、ケータイで済ませたいと思う事の方が多い。気力に余裕があれば、バイクから降りて、バッグからカメラを出して撮影もする訳で、その意味では、カメラバッグがショルダーバッグであってもバックパックであっても、大差はないかなーとも思う。
 そんな訳で、せっかくある装備を無駄にしない為にも、今一度、頭使おうかな、と思うわけだ。







スタンド代わりに

19ba26280b91629a2139e74b4bb60154

 ところで、三脚に使い方の一つに、前々から気になっていたのは、バイクのパンク修理の時に、スタンド代わりに使えるのか、という事。寺崎勉さんの『新・野宿ライダー』には、写真入りで紹介されているのだが、一等最初に見た時は、げ〜〜っと思った。三脚というのは、風景などシビアな撮影をする時には不可欠な道具で、使い倒す事はあっても粗末に使って良い物ではないと思うし、大体からして高い。安い三脚は安いだけあって、そんなに過重に耐えられない。そもそも、それなりの値段の三脚だって、3キロとか4キロの過重に耐える程度である。バイクとなれば100キロちかい訳で、そんな物のスタンド代わりにしたら、壊れてしまうんじゃないか、と思った訳だ。
 しかし、もしスタンド代わりになるのなら、それはそれでかなり魅力のある話しである。ちなみに今回かったネオカルマーニュ643Qは雲台を外して一番低くした高さが約45センチ。高さ的には充分というか、ちょっと高いくらいである。でも、間違ってドシーンと載せたら、もれなくメリっと壊れてしまいそうだし、そうなったら約5万近い三脚がパーである。既に立ちゴケで一度三脚を壊した経験があるので、やっぱ、いくら緊急時でもスタンド代わりするのは無理なんじゃないかな、と思う。実際問題としてはどうなんだろう??







レンズより三脚

 こないだの鬼泪林道突破戦の時に持って行った撮影機材は、17-70mmのズームレンズにD70sだけで、カメラバッグはレゾ140だけで、スピードライトも望遠レンズも持って行かなかった。三脚は替わりがまだないから持って行きようがないのだが、レンズはカメラに付いてるので十分だった。まぁ林の中なので望遠レンズがあまり意味がない、と言うのもあるのだが、無きゃ無いで持ってるレンズに合わせた撮影をすれば良いだけの話しである。
 D70sを買った当初は、自分もレンズ沼にダイブしそうだったのだが、ある程度撮れる様になると、飽きたと言うか邪魔臭いというか、何でもかんでも標準ズームレンズで済ませる様になった。実際のところ、それで全然困ってない。
 およそ画角に関してはコンパクトタイプのデジカメと変わらない使い方なのだが、それでも一眼レフの方が融通の効く撮影が出来るし、そういうカメラ使ってるとプロっぽく見てくれるし、少々かさばるがメリットの方が多い。
 そんな訳で、今でもD200が欲しかったりするのだが、三脚も買い替え出来ないくらいだから、ちょっと手が出ない。三脚がなくなって感じるのは、撮影作戦には何が必要と言っても、レンズよりも三脚だ、という事だ。







朝駆け

c64565fb69370e6f1317394471306a22

 夜中は雨が降っていたのだが、明け方になって上がったみたいなので、久しぶりに朝日を撮りに行く事にした。どこに行くかでちょっと迷ったが、地図を見てささっと決定。浦安の千鳥に行く事にした。
 雨のしずくが沢山ついたシートを剥がし、まだ寝てるご近所に気兼ねしながら、XRの暖気をする。コマメに乗っているせいか、冬場が上がってしまうと定評のバッテリーは全然元気で、チョークをかけて一発でエンジンが掛かる。2分ほど暖気をして、颯爽と出撃。昨日、ショートレバーに換えたばかりなので、まだ充分慣れて無くて、何となしにぎくしゃくしながらも、ほとんど車の走ってない船堀街道をどんどん下り、湾岸道路を左折して、ディズニーランドの横をかすめて、千鳥の護岸に出た。
 東の空の彼方には、昨日の夜に雨を降らせた雲がどんどん海の方に押し流されているのが判った。当たりはまだ真っ暗だったが、その雲の向こうには、徐々に陽が昇りつつある様だった。その日の出を背景にXRの写真を撮ろうという訳である。ところで、この種の風景写真を撮るには、三脚が不可欠なのだが、立ちゴケして壊して以来、まだ代わりの三脚を買っていない。XRの部品やバイク用品で手が一杯で、三脚まで手が出ないのだ。だから、明るくなるまでは、足を踏ん張り脇を締め、出来るだけカメラをガッチリ構えながら撮影を続けた。
 そうこうしている内に、段々と空は明るくなり、当たりの光景もよく見える様になってきた。朝焼けを受けて鏡に様に光る湾内には、何隻もの船が停泊し、その周りに小さな水鳥たちが飛んだり水面を泳いだりしている。まだ空高い三日月の横をジェット機が識別灯を点滅させながら飛び去っていく。車でやってきた二人連れの友人がタバコをふかしながら雑談する隣りで、近所の人が釣りをやっている。実に平和な光景である。
 今回の撮影の大失敗は、ウォッチキャップを持ってくるの忘れた事だった。ヘルメットを被っている分には、頭は全然寒くないのだが、バイクから降りて撮影する時は頭が剥き出しな訳で、容赦なく体温を奪われて、寒くてたまらなかったのだ。だから、撮っては手をGパンのポケットに入れ、手が温まったらまた撮影し、というのを小一時間くらい続け、太陽が雲から昇ってきたところを撮影して、本日の撮影終了。来た時よりも寒さでガチガチになった手で、慣れてないショートレバーを操作しながら、そそくさと帰ってきた。







三脚買い替え

 ベルボン・エルカルマーニュ740とPH275雲台、売却へ。やっぱり重い物はシンドイ。大判カメラを諦めた以上、740はオーバーウエイト過ぎるのだ。そんな訳で、小作戦で2回使っただけで転売する事にした。もともとヤフオクで安く買い、不要になったらまたヤフオクに売りにだす、まるでブックオフみないだ。まあ差額は使用料と授業料という事にしておこう。
 代わりの三脚は、740の前に候補だった645。管径28ミリ、高さ171センチ、重さ2.37キロ。重さは雲台込みであるから、ざっと1キロ以上軽くなると筈だ。クイックシューも使えて機動力だ。ただし、740と比べるとかなり貧弱に見える。背丈も低い。軽さと携帯性の良さで妥協した結果だが、三脚としての大事な何かを忘れてんじゃないかと気になる。一応は630も候補に考えているが、畳んだ時のサイズがデカイ…。







最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ