たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

トランポ

ミラー交換へ

2019-08-28 13.43.55
 先日、10回目の車検から戻ってきた100系ハイエース・ジャガンナート号。2009年の7月に買って、早いもので10年乗っている。75000kmで引き取って今15万kmを越えたが、まだまだ普通に元気である。
 さて、車検明けてそのまま盛岡の嫁さんとこに帰省したのであるが、実はこの時、左のミラーが風圧でお辞儀する様になっていた。ビニテでテーピングしてみたものの、あまり効果がない。もしかしたら付け根のボールジョイントの部分が減っているのかと、向こうに着いてからミラーを外して、ウェス代わりのキッチンペーパーを噛ませてミラーをはめてみたところ、ミラーの根っこの部分が割れている事に気がついた。これではいくらボルト締めても止まらない訳である。仕方なしに厳重にテーピングしてみたが、高速道路ではものの役に立たず直ぐ下向く。幸い、シーズン外しているからそれほど交通量は少なくなかったのだが、左車線に進路変更する度にヒヤヒヤものだった。
 実はミラーだけでなく、岩手で運転中、ダッシュボードの中で何かが「カチ」「カチ」と音を立てていた。最初はダッシュボードの上に置いている物か中の塩などが当たっているのか、と思っていたのだが、どうもそうでもない。そのうち、嫁さんが「横Gが掛かった時に音が鳴る」事に気が付き、最終的には左ハンドルを切った時に「カチ」と言い、ハンドルを戻した時に戻る様に「カチ」という事が分かった。とりあえず四街道に帰ってくる道中、異常は無かったのだが、気持ち悪いので車屋に診てもらう事にした。
 ウチから2時間かけて新小岩の車屋に見せた結果は………灰皿の中に入れていたシガーライターが音を立てていただけだった。そう言えば、シガーソケットを使う時に、外したシガーライターを失くさない様に灰皿の中に入れていたのだった。でも10年この方、そんな音立てた事なかったし、タバコも吸わないから普段灰皿なんか開けないし、まさかの結果だった。エンジン掛からないと大騒ぎして、結果、ガス欠だった時の様な恥ずかしさがあった。でもまぁ、大事なくて良かったというもんだ。
 さて左ミラーであるが、実はこの車を買って1ヶ月もしない頃、近所の電柱から生えているワイヤーみたいなのに右折の時にぶつけて壊してしまい、今回と全く同じ症状になった事がある。あの時は近所のトヨタのディーラーにミラーだけ注文したのであるが、今回はアンダーミラーだけでなく、支柱ごとアッシーでないとパーツが出ないという。あれから10年、市場在庫だけになったせいなのか、ディーラーで頼まなかったせいなのか分からないけど、壊れたままでは困るので、アッシーで注文したもらい、家の方に送ってもらう事にした。根っこから交換であれば、ボルト外して付け替えるだけなので自分でも出来る。
 それが来るまで、グラグラになったミラーを、アンダーミラーの支柱を介してテープで固定して貰ったのだが、これが結構頑丈に着いている。流石は車屋と言うべきか、修理は心得たものなのだろう。しばらくこのままでも良いか、と思えるくらいである。

2019-08-28 14.03.17
まさかこれが音立ててるとは思わなかった
(つか、入れてるの忘れてた)






嫁さんがテールランプ割る

2019-05-24 10.47.06
 車をぶつける時というのは、運転に慣れてきた時と、ボケっとしてる時と、相場が決まっている。慣れていたってボケッとしてればぶつけるもので、自分もこないだ、自宅の駐車場の角にトランポの左腹を擦ってしまった。左発進が多いので、100系ハイエース・ジャガンナート号は傷が左に集中しているのである。
 さて、去年、すったもんだで運転免許を取得した嫁さん、大分運転に慣れてきたのであるが、先月、車庫入れの際に後ろのバンパーをぶつけたと言ってきた。「ほほう、そろそろかな」と思ってたら、今週初めに、今度は左腹を擦ったと言ってきた。そこで「慣れた頃にあちこちぶつける様になる。テールランプは割ったら付け直しに金かかるから注意しなさいよ」と言っておいた。
 のだが、その翌日、まんまと左のテールランプを破られた。まぁ失敗する時は立て続けにやるものである。「週末にはレースを控えてるこのタイミングでやるかー!」とは思ったもんの、やってしまったもんは仕方ない。急ぎヤフオクでパーツを探し、即決で落札。さっさと入金済ませて、どうにか出発前日に間に合わせた。
 修繕代は自分持ちだし、余計な事で慌てさせられるしで、腹立たん訳ではないが、ここで怒って萎縮させる方がデメリットが大きい。自分だってこれまで何度もぶつけて来たのだし、結果論としては、そうした経験通じて運転に慣れていったのだ。こうなると分かっていたから、オカンが車買ってやると言ってきても丁重に断ったのである。新しいトランポをぶつけられた、それこそ目も当てられぬ。
 どのみち、ハイエースは25万キロくらいは乗れる。今はまだ14万キロくらいであるから、穴でも空かない限り、ジャガンナート号に乗り続けるつもりである。






バッテリー交換

e5bfbabc0415ec11065e465adb51f758

 セル始動というのは便利なものだが、バッテリーが上がってしまうと、これ以上ないくらい不便である。セル始動オンリーとなると、なおの事だが、今日日の車でイナーシャが付いてる奴なんてのは皆無だし、自分の100系ハイエース・ジャガンナート号も同様である。それが実際にバッテリー上がってしまったのだから、困った。
 実はそれらしい事は、8月の車検の時に言われていたのだが、ついこないだまで、それらしい形跡もなかったので余裕かましていたのだが、バッテリーが上がる時というのは、いきなり来るらしい。上がったもんをそのままという訳にもいかず、もちろん押しがけなんてのも無理なので、その足で車屋に行って(ウチから歩いて5分)、急遽バッテリーを取り寄せてもらい、わざわざウチの駐車場まで来てもらって交換して貰った。お値段、1万7800円。近場だったので出張料金なしとの事。
 しかし、引っ越しが始まる前で良かったし、バッテリー交換だけで済んで良かったというもの。これが出先だった面倒な事だった。急な出費ではあったが、CRF450RXのお金が残ってたのも幸いな事だった。近場に車屋があるのも、こういう時に便利な事である。
 とは言え、11月には完全に四街道に引っ越すので、それからはこうした便利な事は出来ない。現地にも整備工場はあるであろうが、それを開拓するには時間がかかる。それに、かれこれ9年お付き合いしてきただけあって、三吉自動車には9年分のジャガンナート号のデータが残っている。自分みたいな素人がしゃべっても、それなりにどこが悪いか察知してもらえるのだ。これは大きい。こういうお付き合いの仕方が大事だと思うのだ。
 まぁ、車検などはいきなり来るもんではないし、四街道と新小岩なら通えない距離でもないから、これからもお付き合いは可能である。現地で誰かから車屋を紹介されない限り、おそらく来年もここで車検やってると思う。一応、引っ越す旨も言っておいたのだが、四街道くらいは全然問題ない様である。







車載スピーカー

e87f55627319e6c3b5bfbefec1f2ac6c

 これまで、トランポの中で音楽を聞くのにFMトランスミッターを使っていたのだけど、iPhoneのケーブルがDockからLightningに代わり、その時に付けた変換コネクターがとうとうダメになり、LightningケーブルのFMトランスミッターに換えたのだけど、これが前のと同じメーカーでありながら、猛烈に性能が悪くて、ノイズは酷いは、隣の車の音拾うわで、使えたもんじゃない。結局、京都に帰省する道中の7時間は、iPhone自体のスピーカーで音を聞く始末で、こりゃダメだ、という事なった。
 そこで前々から考えていた、Bluetoothスピーカーを買う事にした。といっても、メーカーも商品も腐るほどある。値段もピンキリである。あまり高いのは買えないのは言うまでもないのだが、どこのメーカーのにするか迷った。名の通ったメーカーが良いに決まっているが、国内メーカーでも生産国は中国だし、ぶっちゃけスピーカーの事なんか全然分からないので、カッコいいのを選んだら、OmakerのM6 Bluetoothスピーカーという、防水のやつになった。お風呂とかアウトドアで使う用のスピーカーである。
 値段が3000円しない代物なので、大した出来映えを期待してなかったのだが、箱から出してみると、それなりに高級感ある作りである。使い方も簡単で、iPhoneとのペアリングも簡単だった。ただ、iMacとペアリング出来なかったのだが、まぁ、ウチで使う事はないと思うので良しとした。充電はMicro USBで行うので、ケーブルさえ積んでおけばシガーソケットでも充電できるが、満充電だと12時間使えるらしいので、よほど遠出しない限り、トランポで充電しなくても良いだろう。AUXジャック、つまりイヤホンジャックが使えるので、iPhoneとケーブルで繋いで使う事も出来るが、壊れでもしない限りそうした使い方はしないと思う。まぁ、安物のAMラジオとか繋いで使えるかな。有っても無くても良さそうなカラビナとストラップは、山登りとかでバックパックに付ける時に使うらしい。まぁ、トランポには用事ない。
 肝心の音だが、これが予想に反して結構良い。エンジンかけてエアコンつけてても、音が遠いなんて事もなく、音をデカくしても音が割れるって事もない。おんぼろハイエースで使うには十分である。なんでも2台同時でサラウンドで使う事も出来るらしいが、1台だけでも十分な音量、音質である。ちなみに、電話とか掛かってきたら、ハンズフリーで音を聞く事が出来るそうである。しゃべりの方はiPhoneを口元に持っていかないとダメだと思うが。
 当初、スピーカーは運転席の天井に付けようかと思っていたのだが、それなりに重たい事と、運転席に置きっぱなしにすると、熱でスピーカーの筐体がダメになりそうなので、少々面倒ではあるけど、普段はウチに引き上げて、長時間乗る時に持ち込む事にする事にした。GoProと一緒に雑嚢に入れといて、まとめて持っていく様にしようかな。






車検が終わった

5e166a44a660f23341074375c4c2e9a6

 毎年この時期にトランポの車検なのだが、今回は、先週、初めてトランポで京都まで帰省するという、往復950kmのミッションがあり、いつもの年よりは走行距離が多い。といっても、以前に比べたら、毎週練習にいくほど元気でもないので、やはり例年なみの走行距離だったようである。この車も買って9年、走行距離は13.7万kmになった。まぁ、この手の自動車は、まだまだ頑張れるはずである。
 京都に行った時に、親父(元日通の運ちゃん)から、エンジンの音があまり良くない、と言われた。あまり気にしてなかったのだが、始動時に軽くヒュンヒュンいう音がする。どうやらファンベルトが揺るんでるらしい。また運転席のドアノブがまたガタガタし始めていた。ファンベルトは調整で済んだとの事。ドアノブは裏側をひっぺがしてボルトを閉め直したら直る。あとはいつも通り、オイルとオイルフィルターを交換して貰って、エアフィルターも掃除して貰い、その他、必要な点検、整備をして貰っておしまい。値段は8.7万円だった。
 毎度の事なのだが、荷物は全部部屋に上げなければならない。初日の朝から3日目の朝まで、部屋とマンションの廊下の一部を車載装備が占拠する。バイクもクライゼルで預かってもらわねばならない。まぁ、仕方ない事なのだが、いい加減、全部自分のウチに上げるとか、バイクもウチで置いておくとか、そういう体制にしたい。独身マンションを引き払って、安い一戸建てにでも引っ越したいところである。
 この趣味はいつまで続くか分からないが、ともあれCRF450RXは今日から改装作業が始まった。まだまだジャガンナート号には頑張ってもらわねばならない。(トランポ買い替えるだけの甲斐性がないからw)




Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索