たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

雑感

非モテの逆襲

harem_man

(DANRO 2019.03.13)

 これを読んで、「非モテの側も手の打ち方を変えてきたな」と感じた。非モテというのは、今までは貧乏くじ引かされた悲嘆の人、というイメージであったのだが、今では「非モテ」というライフスタイルとして確立しようとしてるという事だ。
 面白いのは、いわゆる「少子化対策」と絡めて考察されている事だ。確かに、少子化をどうにかせないかんと言われる一方で、非モテの男女は置いてけぼりである。旧来の一夫一妻制では、こうした死蔵?された資源も活用せねばならないところだが、不味いものは食えたもんじゃないのが現実で、意識だけではどうにもならないものがある。それをネガティブにだけとらえず、前向きに考察したのが、この人の考えだ。
 ここでモテの連中は、戦慄した方が良いと思っている。今の時代、子供育てるのには莫大な費用がかかる。ベンツ買うか子供育てるか、といった事は言われたのは、何年前だろう。そのくらい金がかかる。その上、人生100年の後始末は自分らでやれと、65歳までに2000万円貯めろなんて言われるのである。非モテの連中が、趣味などで人生エンジョイしている間に、多妻に多子を抱えたモテ男は、猛烈な養育費に人生追われまくる、という絵面が想像される。これは非モテの復讐以外の何物でもないではないか。
 物事には作用があれば反作用がある。バブル時代に、「正社員になるよりフリーターの方が稼げる」などと言ってたら、今や正社員になるのは大変で食うや食わずの非正規雇用だらけではないか。モテ非モテの関係も、その様な反作用の時代が来たという事である。おそらく、多くのモテの方々は、こんな押し付け、真っ平御免であろうけど、国家が配偶者を無作為に押し付けてくる体制でなく、あくまで自由恋愛を基軸とした婚姻関係をベースにするなら、この人が言う様な社会のあり方にしていく必要もあろうかと思う。





令和始まる

img_0879062d8b5976dd3e26f5590bc49e8875533
 やってる期間だけはやたらと長い当ブログ、前の改元の時は何を書いてたのかと遡って見てみたが、流石に30年も前には「ブログを書く」という風習そのものがなくて、その頃の記録は残ってなかった。一番古くて1998年だったのだ。しかも、大した事は書いてない。1999年7月、つまりアンゴルモアの大王が降りてくるはずだった月でも、日記はただの1本、しかも書いているのは当時飼って居た猫の事なぞ書いている。世の中の事など、何にも書いてないのだ。
 実のところ、世の中が平成から令和に変わったところで、自分の生活とか心境とかに、そんな大きな変化はないし、ぶっちゃけた話し、大して興味もない。皇室の動きはその都度、テレビなりネットなりで見てきたけど、それが自分の暮らしにどうこうした事はないし、もっと言えば、地震だのオウムの事件といった事さえも、それで迷惑した人には悪いが、自分にはさほどの影響がなかった。まぁ、そんなもんなんだと思う。おそらく、大戦争が起こったって、自分の家が焼かれたり、自分の目の前に敵が迫ってこない限り、遠い他人事なんだと思う。
 ちなみに、この3日間、京都の実家に帰省したのだが、トランポで移動する道中に立ち寄ったサービスエリアでは、どこもかしもも「令和」と書いた土産物が沢山売られてた。大抵はお菓子の類なんだが、そんなもん、有難がって買っていく人、居たのかな?






梃子を差し込む所

kid_job_boy_youtuber

 間も無く平成が終わって令和になろうとしている今月、様々な人が亡くなったのだが、個人的に目を引いたのが、このニュース。一時期、悪い意味で一世を風靡した小学生ユーチューバーが、中学3年生になった今、事故で意識不明の重体というニュースだ。被害に遭った中学生が本当にこの小学生なのかどうか、定かでは無いのだが、ネット上では実しやかに「特定」されている。まぁ、住んでる家の住所も特定されたくらいだから、そうなのかもしれない。
 色々あってユーチューバーは辞めたみたいだから、今は普通(かどうかは分からんが)の中学生をやっていたのだろうし、事故に遭ったのだってネタでは無いのだろうから、可哀想な事である。自分以外の人も同じ様に思ったみたいで、ツイッターを見てると、安否を気遣うツイートが圧倒的に多い。どんなに弄くり倒して、晒しまくって、オモチャにした相手でも、生死に関わる様な陥った時は心配してやる。それが人間らしい優しさだと思うし、嫌われてたにしても、そこまでは嫌われていなかったのだと思う。
 なんで自分が、そんな見ず知らずの子の事を取り上げたのかと言うと、この子の動画をざっくり見たのだけど、目立ちたくて、評価されたくて、悪目立ちしてた自分の子供の頃を思い出したからだ。そして、自分も小学生の頃は、嫌われっ子だったのである。好かれたいのに嫌われる、まぁ嫌われる様な事をするからそうなるのだが、そんな自分の子供時分の頃を思い出したのだ。
 ユーチューバー辞めてからのこの子が、どの様になったのか知らないのだけど、もし本当に重体ならば、生き永らえて人から好かれる面白い人になって欲しい。どこかに梃子を差し込む所があるもんである。






おそらく同類(ただし、こちらは弱毒)


岡田栄悟
 NPO法人「大雪りばぁねっと。」元代表。2014年2月4日、業務上横領容疑で逮捕、懲役6年の実刑判決を受け服役中。

 この男の事を知ったのは、つい最近の事で、それまで全然知らなかった。のであるが、知った時は嫌な気分になった。というのも、見た目が自分によく似てるし、嗜好も似てるし、なんか自分を客観視してるみたいで嫌だった。違いがあるとしたら、自分は奴ほど悪党ではない、というところである。
 ある部分で能力や知識のある男だったのは間違いない。アホではあんな事は出来ないし、人望がなければ人は付いてこない。問題なのは、自分のやりたい事に公金を使った事だが、そのやり方にしてもずる賢い。まぁ、その点は色んな人が既に論じている。自分が感じたのは、過剰な装備を購入しようとしたその思考の方である。
 軍用ボートから幹部用の制服まで、批判されまくっている過剰装備であるが、おそらく岡田本人は大真面目にその必要性を感じ、その理屈をこね、自分の欲求と求められている仕事の必要性を頭の中で合致させ様としてたに違いない。反対する者は徹底的に攻撃して排除し、付き従う者にはおこぼれを与え、行政からチェックされない事を良い事に好き放題やって、半年で年間予算を消費した。おそらく、岡田本人はやりきった感で満足したのでないだろうか。そして、それ以上、金が引っ張れないのが分かっていたので、従業金を解雇して団体も潰すに任したのだろう。
 ここでふと思うのは、もうちょっと上手に遣り繰りして、私腹を肥す方向に動いても良さそうなものなのに、軍隊ごっこをやる方にどんどん金使った事である。智恵が回る部分がありがながら、幼稚くさい。この辺り、趣味に生きる系の人間なんだろうなと思う。組織を軍隊チックにして、自分が部隊長として崇められたいなら、それはそれでも構わないと思う(実際、自分も“隊長”だったし)。もうちょっと健全な運営をして、人から感謝される方向に頑張る事でも、それが実現できただろうに、と思う。
 自分はこいつに比べたら、悪知恵がそれほど働かないし、行政に打って出るほどの度胸もない。だから、大した事は悪事であれ良事であれ出来ないでいるが、似た様な方向性を感じるだけに残念に思うし、近親憎悪的な気持ち悪さも感じるのである。








やってるだけで凄い

 昨日の話しの続きである。今やっているオフロードバイクのレースは、2008年7月から始め、かれこれ11年続けている。ご存知の通り、大した結果も出せてない。最近では、身内からも「いい加減やめたらどうか」的な事を言われているアレである。興味のない人にとっては、費用対効果が低すぎる、という事なのであろう。だったら「結果出せるように頑張れ」という事になるのであるが、その話しは後日しようと思う。
 自分が他人からへのはの言われた時にいつも思うのは、「やってるだけで凄いやないか」という事。逃げてると思う人はそう思って頂いて結構。実にそう思っているのだ。具体的には、この趣味に掛かっている費用の事である。自分がトレール車からモトクロッサーの乗り換えた時、150万円の貯金を取り崩した。トランポモトクロッサーを買う為である。基本的に趣味で貯金を取り崩す様な事はしない方針なのだが、流石にこれだけの大金はどうしようもなかった。ローン組むなんてのは論外であるが、貯金の取り崩しは致し方なし、だったのだ。
 その後、スクール代に100万円とか、バイクの改良にウン百万円とか、トータルしたら結構な金を使っているし、練習行ったりレース出たり、そうした日常的なオペレーションにも相当なお金が掛かっている。トランポの維持だけに限っても、引っ越す前は年間で駐車場代が18.5万円、税金や車検で10万円掛かっていたのである。サバゲー時代は装備を一式更新してもせいぜい10万円程度だった。それでも当時は結構キツかったのであるが、優にその10倍は使っているのである。いや、使えているのである。これは凄い事だと思うのだ。
 この趣味やってる人にとっては、こんな出費は当たり前の事かもしれない(それどこか少ないくらいかも?)。しかし、自分が今の職場に入るまでの事を思ったら、やはり自分の置かれた境遇の有難さに思い致される。世の中には不幸な人がいっぱいいて、自分だってその一人になってたって不思議ではなかったのに、ちょっと運が良かったお陰で、こうした趣味も楽しめる。有難い事である。
 だったら、その金を困っている人に使えば良かったじゃないか、そうはしてないじゃないか、と言われればそれまでの偽善でしかないが、境遇に感謝する気持ちと、自分の結果にケチつけられた時の反感は、常に心の中にあるのである。








この30年

 平成という時代は、1989年から始まって2019年の30年で終わるのだけど、これは丁度、自分が20歳から50歳の間に当たる。個人史を起こしてみると、次の様になる。
1989年1月:(20歳)平成始まる
1991年4月:(22歳)就職する
1999年3月:(30歳)会社が解散する
2002年10月:(32歳)再就職した会社を不当解雇されて、一人争議始まる
2005年10月:(35歳)争議が終わる
2007年4月:(37歳)今の職場に就職する
2019年3月:(50歳)
 1989年頃というのはバブル景気の絶好調の時期だったのだけど、1991年に就職したのは、それまでバイト先に来てたのが中国人だの韓国人だのバングラだったのが、冴えないモノにならなさそうなオッサンが「リストラされた」と口揃えて来る様になり、「こりゃ何か起こってるな」と予感してフリーター生活から足を洗う決心をしたからだ。実のところ、実入りはバブル期の最大の時は月45万円ほど稼げてたのが、その頃には26万円くらいまで落ちていた。それでも就職した時は月16.5万円になったのだが、長い目で見ればこの選択は間違いではなかったと思う。そのまま、のんべんだらりとバブルを引きずったフリーター生活をやっていたら、おそらく次の10年は越せなかったと思う。
 1999年3月に勤めていた会社が解散した。その2年ほど前から仕事が激減してたので、いつかもはやと思っていたが、結局そうなった。関連会社に移る手立てもなかった訳ではないが、既にその会社に相当不満溜めていたのと、腕に自信がある(と思ってた)ので、退職金もらって辞める事にした。8年前の就職活動がイージーだったので何とかなると思ってた、これがなかなか上手くいかない。今で言うところのブラック企業みたいな所を短期で2回ほど変わり、3度目で就職した所をたった1年で不当解雇された。
 その解雇の手口が汚く頭に来たのではあるが、それ以上に再就職が難しかった事の方が問題だった。つまり、労働組合の力を借りて争議の力で職場に復帰しようと図ったのだ。その争議は3年続き、結局は解決金を取って職場復帰なしで終わったのだが、その間は専従争議団(といっても自分一人なのだが)として、他で働く事なく争議活動一本で暮らした。つまり、労働組合と支援者の皆さんに、文字通り食わせて貰ったのである。(このドラマは、機会をみて書きたいと思う)
 争議が終わって今の職場に入るまでが、おそらく人生で一番不安な時期だったと思う。争議を闘っている間は、敵もいるし味方もいるし、闘う事で気が紛れたが、それが一切なくなって、収入もなくなって、明日の希望とかも持てないでいた。実際には、解決金が相当残っていたし、仕事も争議のツテで細々とやっていたのだが、とは言え社会身分としては、フリーター以下だった。ワーキングプアという言葉が現れた時代だった。
 だから、今の職場に拾われたのは(それは正に奇跡だと言ってもいいのだが)、幸運以上のものがあった。2008年の暮れに、日比谷公園で興された年越し派遣村。あそこで炊き出しを啜っていたのは、 もしかしたら、自分だったかもしれないのだ。それを今の職場でテレビ越しに見てたという事が、猛烈な幸運だったのである。

 こうやって振り返ると、自分もこの30年でこの国で起こった経済の浮き沈みとは全く無縁ではなかった。家族や出会った人々に恵まれ、その上、運まで良かったから、今、こうして居られる。今ども折に触れて、Youtubeにアップされた、今から10〜20年前に制作された貧困を取り扱った番組を見るのだが、それは自戒のためである。確かに、悲しみも苦しみも、頑張りもしたけども、自分は「ただただ運が良かったのだぞ」と。








凄い一人相撲

20190320-00000041-jij-000-13-view

(3/20(水) 11:21 朝鮮日報日本語版)

 普段は政治向きの事はあまり書かない様にしてるんだが、流石にこの記事は目を引いた。いやはや、発想が凄いというか、ここまで嫌いならステッカー貼るんじゃなくて、広場や校庭に日本製品積み上げて、焼き払ったらどうなんだろう、と思った。それが人間的にどうとか、そんなのは他所の国のやる事なんで、別に好きにしたら良いと思う。そして二度と日本製品を買わなければ良いのだ。
 でも、実際にはそうする事が出来ないほど、日本製品が浸透してるのだろうし、使わなければ日々の生活だって支障が出る。日本製と言うのがムカつくのだろうけど、使わない訳に行かないから、そのムカついた感情をステッカーで紛らわそう、と言う事なのかもしれない。まぁ、こうしたアンビバレンスな状態というのは、別に彼の国でなくても誰にでもあるから、責められないのかも知れないが、しかしそんなステッカー貼った製品を使い続ける方が嫌になって来ないかな、と思うのだ。
 ちなみに自分は、かなり前にすき家がやってたチャプチェ丼を食って以来、チャプチェが好きなのだが(数少ない好みの韓国メニューの一つ)、仮にチャプチェの素にその手のステッカーが貼ってあっても、食べたくなったら買うだろうし、もし不買になったら自分でレシピ調べて作るだろう。毎日毎日、韓国に煽られてるニュースが流れてくるが、個人的にはさして関心も興味もない。それこそ、「理性の世紀」の西欧人みたいに、戦争は王様と王様がやるもの、といった感情しかない。








誉めて伸ばす

■「子を褒めて伸ばす」ブームで子が潰れるー本当は恐ろしい「叱り方3カ条」
(PRESIDENT Online 2018.4.17)

 子育てであれ人材育成であれ、「誉めて伸ばす」というやり方がある。やる気を促進してより良い結果を導き出す、という意味であると思っているのだが、実際にはどうか。誉めるというのは、何か良い結果や良い素質があったればこそ出来る事で、そうした物事がなければ誉めようがない。むしろ世間一般では、「出来て当然、出来なきゃ叱る」というのが普通である。
 かくいう自分も、自分の過去を振り返って、誉められた記憶というのがほとんどない。親に関して言えば、全くと言っていいほど誉められた事ない。特に誉めて欲しい子供時代は、とにかく二言目には「アホ、ボケ、カス」と言われていたので、長じて誉められたりすると、背筋がモゾモゾして居心地が悪い。その様な訳で、誉めて伸ばされた訳ではないので、その教育法がどういったものなのか、全く理解できないのである。
 「誉めて伸ばす」やり方をしている人は、それはそれは誉めるのが上手な人なのだろうと思う。誉めるポイントを見つけ出すのが上手というべきか。以前、有限不実行のビッグマウスの子供について書いた事があるが、あれを例にとって、一体どこを誉めたら良いのか、考えてみた。結論としては、やっぱり誉めるところがない、というものだった。それでもなお誉めねばならぬとしたら、もはや「息してる!偉いね!」くらいしか良い様が無いのでないのか。それは誉めた事なるのか。
 「口で言うて分からんもん、シバかなしゃーないやないか」というのは、自分が子供の頃の基本的な教育法だった。シバかんでもエエ子は賢い子、シバかないかん子は手のかかる問題児のアホ、シバいてもどうにもならんのは「神様の子」だったのだ。今の時代は、シバいてはいかん事になっている。おそらく、シバいたところで成果がないか、もっとひどい事になるからなのだろう。だとすると、一体どうやっているのか。非常に興味のあるところである。







Myルール Myワールド

 ■結婚8年、46歳で別れた公務員夫が受けた屈辱ー「箱入り娘」妻の身勝手に振り回され続けた
(2019/02/26 16:10 東洋経済ONLINE)

 この話しが本当だとして、実に気の毒な話しである。このご主人、優しい人だったのだろうし、忍耐強い人でもあったのだろう。そして、実はあまり女性とお付き合いした経験が乏しかったんじゃないかな。こんな目に遭って、精神病んでなきゃいいけどな、と他人事ながら心配である。
 というのも、自分の場合は、ちょっと精神病んでしまった経験があるからだ。自分の場合は、約2年半辛抱して、ついに異常を来した。仕事でつまらないミスを連発する、それで上司から面罵されて嫌な気分になる、注意してもまたミスする、いくら気をつけても止まらない。そうこうしているウチに、ちょっとした事で怒りの発作が止まらなくなってきた。それこそ箸が転がっただけ、目の前で信号が変わっただけで、地団駄踏むほど腹が立つのである。そして毎日毎日、陰鬱な気分なのだ。
 そしてある日、一人で勤務している時に、ずっとブツブツと、その当時一緒に暮らしてた女性の悪口や不満を小声でつぶやいている自分に気がついた。そう、精神的に追いつめられていた原因は、職場の上司でも、自分の加齢による衰えでもなく、そのアスペ女に対する堪え難い、抑え難い不満が原因だった訳である。
 第三者は岡目八目であるから、「そんな奴、たたき出しちまえば良いのに」と簡単に言うのであるが、それが出来ていればこうはならない。また、そう出来るのは、そうした人間と付き合った事があって、結局どうするのが一番良いのか「経験した事のある人」である。その当時の自分も、この記事のご主人も、その経験が無かったというか、その時初めて経験したのだ。このご主人は「二度と結婚しない」といい、自分は「不必要な我慢はしない」という経験則を得た。
 自分がこの体験から感じ取った事は、女性とのお付き合いは、もしそれがしたいと人生のいつかの時点でそう感じるのであれば、早く、若いうちに種々やっておく事である、という事だった。このご主人も自分も、大体似た様な年齢でこうした経験をしたのであるが、ある意味、取り返しのつかない年齢でもあるのだ。成功であれ失敗であれ、若いうちにやっておくべきである。今さら言ったところでどうにかなる話しでもないのだが、年長者、経験者の警句として書いておきたかった。

 「こいつとは合わない」と感じた時は、さっさと縁切りする事である。逆に、「こいつなら」と思ったら即決すべきである。







金運

20161216_230351
(2/22(金) 20:36配信 産経新聞)

 2016年の秋、父方の婆様が死んだ直後に、なぜか猛烈に日本の国家破綻の事が気になって、あれこれ調べた結果、実物資産を持とうと思って金のインゴットを買ったのだが。その時色々勉強したのに、この密輸の話しがあった。別に自分が密輸しようとかじゃなくて、買う時は消費税が8%でも売る時に10%になってたら、2%分儲けた格好になる。たった2%でも、グラム5000円とかの話だから、それなりの金額になるのだ。もっとも、自分は実物資産として金塊を持とうと思ったので、転がして儲ける腹はないのであるが。
 実は、この金のインゴットを買った直後から、自分の運は猛烈に上昇した。結果、2017年は猛烈に忙しい一年になった。450のバイクは買うわ嫁さんは貰うわ家は買うわ、しかもタナボタというより、神の奇蹟じみた運の良さだった。その反動だったのか、2018年は猛烈に運気が下がって、物はなくすわ変な病気にはなるわ、ロクな事がなかった。
 で、また運気を取り戻してやろうと、追加で金を買おうとしたら、上にも書いた様に、グラム5000円くらいで値が下がらない。まぁ、昨今の国際情勢を見てたら、もう二度とグラム1000円とかの時代にはならないと思う。だからまぁ、こんな犯罪も横行するんだろうけどね。





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ