たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

雑感

日本の金は信用せんのじゃ

(2020年5月9日 5時55分 NHKニュース)

 政府が金を出し渋っている時によく流れるニュースであるが、最近はカラクリに気がついた人が増えたみたいで、あまり動じなくなってきている。ここのいうところの「国の借金」というのは、政府がやりくりする家計の事で、日本という国が外国とやりとりする商売上での話しではない。個人の家計に例えると、食費や娯楽費といった生活費は苦しくても、預貯金は目減りせず、ローンも組んでないどころか、兄弟友人に金貸してる、といったところか。「西孝「国の借金」というレトリック」
 日本もかつては、外国に借金してた時代があって、例えば日露戦争の時なんかがそうで、その借金の返済に82年もかかった、なんて話しがあるのであるが、あの当時の日本は、海外に売れるものといえば絹糸くらいで、国民も貧乏で、戦費を調達しようとしたら、外国から借りるしかなかったのである。その40数年後の大東亜戦争の頃は、戦時国債で国民から資金を調達してたのだけど、国のインフラはズタボロになって敗戦、戦争でかかった経費を札束刷って解決しようとして、超インフレになりそうなのを回避するために、国民への借金を棒引きする形で強引に収束させようとした。渡辺智「元銀行員が解説!戦後に起きた預金封鎖とは?」
 今は、別に戦争でぼろ負けした訳でもなく、それどころか海外との商売は順調でそっちの方は金がある。そっちの金に手をつけず、国民の資産を担保にしてた国債(つまり借金)もほとんど国内で消化してるから大丈夫、というのが、「国の借金」説の反対者の理屈である。まぁ、商売の世界では、借金する事は別に悪い事ではなくて、むしろ借金して商売を拡大して儲けを増やす方が利口といった見方がある。それに近い感覚で考えればよいかもしれない。
 しかし、ここで素人考えだけど、不思議に思うのは、そんだけ海外で儲けてて金まで貸してるくらいなら、国民から借金せずにその金を引っ張ってくれば良いのに、と思う。まぁ、そうしないのにはそうするだけの理由があるのであろうけど、また今は調子良くても、その「国の借金」が原因でコケる事はないのであろうか。この分野は不勉強であるので、自分の中にも答えを見出せないのであるけど、ちょっと興味をそそられるテーマである。
 ともあれ、紙幣というのは「信用」で成り立っている。根っから信用するのは個人の自由であるけど、信用の裏側は「不信」である。疑ってかかるのも必要なんじゃないかな。





目標は上を、現状は下を

kaden_massage_chair
(5/2(土) 12:16 Yahoo!ニュース)

 今日、ケーズデンキで浴室灯と流し元灯の工事の手続きを待っていた時、嫁さんが出し抜けに「もっと給付金出ないですかねぇ」と言い出した。何を贅沢言うとるのかとその理由を聞いて見たら、目の前に展示してあったマッサージチェアを指差して、これが欲しいという。お値段48万円。そこで一頻り、この度の給付金の意義を改めてレクチャーした。本質的に、今回の給付は、生活に困っている人を対象としているのであって、国民に贅沢をさせる為ではないのだ。
 その給付金を当て込んで、浴室灯と流し元灯の交換を行うのであるが、これだって見る人が見たら贅沢な事である。世の中には、すでに食うや食わずの人が出始めている。「災禍()()り、家業(を失いたる者」の為の給付金なのである。その人らから言わせれば、別に壊れた訳でも切れた訳でもない照明器具の取り替えなど、それこそ不急不要の贅沢に見えるだろう。
 自分が子供のころ、親からよく言われたのは、「お前はあれ買うてくれ、これ買うてくれと勝手な事ばっかり言うとるけど、親が頑張ってるさかいに今の暮らしが出来るんやで。これが戦争や倒産やらで仕事なくなったり、チャランポランな親で稼ぎが悪かったりしてみい。そんな事言うてられんのやで」という事だった。そして「目標は上みて高みを目指したらええねん。現状は下みてもっと大変な人がおると思ったらええねん」と言われたものである。
 といった様な話しを、どの様に嫁さんが聞いてたか。実は大体想像がつく。「話し長いのぉ、うっさいんじゃ、ボケ」くらいに思ってたに違いない。なぜなら、自分もそう思っていたからであるw しかし、今にして思うのは、その時はその様に思っていたが、この歳になって、「まことその通りである」と感じる。自分が頑張っているから、今の暮らし向きはどうにか維持できている。自分の努力程度でそれなりの暮らしが出来るのは、運の良さでもあり、恵まれていない人に比べたら、格段の幸運である。こうした気持ちの背景は、「感謝」なんだろうと自分は親の言葉を解釈している。





家計管理と家計観念

pose_atama_kakaeru_woman_credit
(4/30(木) 9:01 現代ビジネス)

 似た様なテーマで先日、日記を書いたのだが、この記事で書かれている事のキモは、純粋に家計管理の問題である。というか、クレジットカードでの支払いの管理の問題である。視覚的な表現をすると、「財布の中の金が減らない支払い」をどう具体的に管理するかの問題だ。この記事を読むと、いかに管理出来てないかが伺い知れる。そしてそういう人が多いのだろう。
 自分がポイント目当てでクレジットカードを使う様になった時、「財布の中の金が減らない支払い」をどう管理するか、それを家計簿でどう表現するかが問題になった。クレジットカードの引き落としというのは、翌月とか翌々月とか、遅れてやってくるもので、しかも口座引き落としである。引き落とされた以上は補充していかねば残高は減っていき、最終的には引き落としが出来なくなる。つまり補充すれば良いのであるが、それを、いつ、どのタイミングで、どのくらいの額を、補充すれば良いのか。
 グダグダ書いても仕方ないので、結論を書けば、クレジットカードで支払ったのと同じ金額を、財布から抜いて別個にプールしておき、支払額のお知らせが来たら、それと同じ金額を口座に入れるのである。つまり、レジで支払ったのと同じ体で財布から抜いていく。カードで払おうが現金で払おうが、同じ様にしとけば良いのだ。帳簿のつけ方としては、「今持ってるお金」−「現金払い」−「カード払い」=「残高」という構造にすれば良いのである。

スクリーンショット 2020-04-30 15.28.41のコピー


 この記事にも書いてあるが、確かに外出自粛で減る支出もあれば増える支出もある。しかし、どっちも金使ってる事には変わりなく、その管理はコロナの有無に関わりなく、日常的な事なのだ。そもそもボーナスを返済に当て込んで、日常の通常会計をどんぶり勘定でやってる事自体、不健全な家計観念だと自分は思う。ついでに言うなら、自分の金の流れを視覚的に理解する必要を「理解してない」のである。
 先日、嫁さんを散々問い詰めたのも、実はこの点であった。「口座にお金あるから」とか「ボーナスで充当するから」と言った安心感で、収入や支出をしっかり把握しない、記帳し忘れる、そう言うのが積み重なり、気が付いたら「足りないかもしれない」と感じ始め、この記事の様な話しになる。家族の全員がこの記事の様なザルな頭であればまだ良いのかもしれないが、ウチみたいに金に細かい亭主が相手だとすると、キツい事も言われてしまう。気をつけたいところである。





本当に他人のためか?

スクリーンショット 2020-04-29 18.44.10


 前にも書いた様に、自分はマスク着けるのは嫌いである。マスク着けないと毒ガスを防げないとか、ドレスコードに引っかかるとか、そういうのでない限り、着けたくない。現に今でも滅多に着けない。故に、マスクがないからと言って、別に困っていない。1枚100円が闇相場だそうだが、必要ないから、そんな高い金だして買うのなんて、チャンチャラ可笑しい、というのが前回の話しである。
 時に思うのは、みんな、本当に他迷惑を防ぐために着けているのか、という事だ。医療関係者や商売うやってる人が着ける、というのは分かるが、ネコも杓子もマスク着けるという有様には、疑問符が湧く。そもそもそんなに品不足なら、着けてない人が半分以上いても良さそうなもんだが、みんな大抵は市販品を着けているから、不思議なもんである。みんな闇値のマスクを買ってるのか。
 他迷惑を防ぐため、いったいいつの間にそんなに高潔になったのか。自分はちょっと疑問だ。パチンコ屋に行くな、堤防で釣りすんな、モトクロスで怪我すんな、密集は避けろというのに公園やホームセンターは人だかり、挙句に、他県から来た、コロナに罹った疑いがある、そんなんで迫害したりもする。ちっとも高潔じゃないじゃないか。別にそうである事を自分は責めはしない。人間全員に正直に生きろといっても、どだい金槌を水に浮かす様なもんで無理である。だとしたら、どうしてマスクだけはきっちり着けようとするのか。
 マスクをしたら予防できると思っているのか、だとすると、それなりに意味は理解できる。そう信じているなら仕方ない。マスクしてないと白い目で見られる、それも理解できる。世の中から爪弾きにされたのでは生きにくい。しかし、それというのは、迷信や同調圧力ゆえの事であって、別に高潔な意識から発したものではないではないか。
 ぶっちゃけた話し、専門家たちもマスクの有効性については一貫した結論が出せてないらしい(→日常生活でのマスクの着用は、新型コロナウイルス対策にどこまで有効なのか? いまも賛否両論の科学者たち。やらんよりはやった方がいい、というレベルである。1枚100円の闇値のマスクを買ってまでやる事か?と自分はどうしても思えてならない。政府が布マスクの配布を始めたのも、国民衛生の観点からというより、国民が欲しがってるから与えた、といった面の方が強い様に思う。





ゲーム・イズ・オーバー



 人様のブログなので引用は差し控えるが、7枚のカードを使い潰してこの一年でモタードの腕前が急成長したとある大学生の話しが書いてあった。他人事ながら、顔が曇ってしまった。ブログの結びに「彼の精一杯の努力をみなさんも応援してあげてほしい」といった様な事が書いてあったが、もし、自分がその大学生の意見する立場だったら、叱りつけると思う。
 自分がクレジットカードの存在を知ったのは、20代のごく始めの頃。世は華やかなりしバブル景気の時代だった。自分だって月に30万だの45万だの稼げた時代である。にも関わらず、クレジットカードで買い物しまくって、ブラックリストに載っている奴がバイト仲間にいた。そいつの借金に深入りしたくなかったので詳しくは聞いてないが、最終的には仲違いしてた親に詫び入れして、借金の肩代わりをしてもらったと聞いたのが最後だった。小林源文の『オメガ7』の主人公も、カード破産する設定だったが、あの時代は、そういう人が結構いた様に思う。なので自分は長い間、クレジットカードを使う事に非常に抵抗感を持っていた。
 そんなこんなで、今時、そんなアホな事する奴はいないだろうと思ってたら、いるのでちょっと驚いたのだ。このブログの主は、「若い時間はあとから買えない」と書いている。確かにそうである。思い出はプライスレスかもしれない。しかし、後々に重々しくのし掛かる借金の重圧に縛られた人生が残る事を、どう考えているのか。良き思い出というのは、1円の利息にも値しないのである。
 自分もこれまでバイクの趣味には結構な金をかけて、みる人が見たら「アホか」と言われるとは思うが、借金でその金を賄う考えだけはなかった。かつかつであっても幸いに資金が動員できたから、というものあるが、もし金がなかったら、やりたいカスタムも欲しいバイクも、辛抱しただろう。仮にその時「ケチ臭いなぁ」と思われても、あとで支払いが滞って迷惑かけたり、自分がしんどい思いする事を思えば、当てのない金で遊ぶ気にはならない。それが出物であっても、自分には縁のなかったものとして諦める。若い時もへったくれもない。それが自分の力の限度である。





自分のことは自分で

family_syunyu
(共同通信社 2020/4/20 23:07)

 今しがたまで、嫁さんの家計簿のチェックをしていた。というのも、「赤字が3万もある」と言い出したので、それは大変と精査する事にしたのだ。実は嫁はんは前にも「足りない分を自分のお金から持ち出ししている」と言い出して、精査してみたら足りないどこか黒字だった、という事件があった。今日のは、入ったお金も出たお金も記載漏れが多く、動かしたお金の出どこが分からんとか、そんなこんなで結局1000円ほど足りず、こっちから融通しなければならなかった。ようするに、自分の金の動きをちゃんと把握してないのである。なので


 こういう風に感じるのも無理ない一日であった。

 それはさておき、世帯主が右代表で一括申請というニュースには、まず「え?」という疑問というか疑念を感じた。世帯主が家族の分を総取り?という風に感じたからだ。案の定、反対する人が多い様である。その多くの人が、家族間の不和を理由に挙げていた。なるほど、夫婦間や親子間で関係がよくない人にとっては、自分の給付金であってもそれをくれというのは、苦痛な事であろう。素直に渡してくれる世帯主なら良いが、嫌味言ったり、渡さなかったり、そういう事だってあるだろう。上のツイートを嫁さんに言ったら、「え〜〜〜!!」と言ってたくらいである。立場が逆なら、自分も「え〜〜〜!!」というであろう。
 世帯主に代表して渡す、という発想は、実に家父長的な発想なのであるが、どうしてその様な発想なったのか。批判よりも考察をしてみたい。まずは、申請も出来ない、10万円の価値も分からん様な、年端もいかない子供や自分が誰だか分からん様になった様な年寄りの場合は、誰かがしてやらん事にはどうしようもない。しかし、それ以外の人、金額の価値も申請するための読み書きの出来る人の場合、別に世帯主が代表して申請せんでも、各自でやれるはずである。となれば、世帯主以上の数の申請数が役所に押し寄せる事にあるが、当然、作業は煩雑になる。その煩雑さを嫌ったのではないだろうか。
 次に使い道である。世帯主にまとめて渡せば、家族の事を考えてまとまったお金を有効に活用してくれる、これはまずは理想であろうが、国としては給付したお金が使われて市場に出回る事で経済を回す目的があるはずである。なので使い道がゲームだろうが課金だろうが車やバイクといった趣味のものであろうが、それを生産し、販売してる人がいる以上、経済を回す事には違いがないはずである。金に貴賎がないように、使い道にも貴賎がないのだ。
 ギャンブルに使ったり、なんか悪いのに巻き上げらたり、まぁ、そうした話しもあるだろうと思う。しかし、1億2000万国民の全員の使い道を品行方正にするのなど土台無理な事である。そんな事よりも、不平等感の方が個人的にも社会的にも問題である。一律10万円給付すると決めた以上は、国民一人一人に10万円行き渡る様にするのが政治というものではなかろうか。そこから先の事は、個人なり家族なりの問題なのである。
 話しはちょっと横道にずれるが、悪い関係であっても、普段は無視したり意識しないでやり過ごす事は出来ても、今回の話しの様に、どうしても逃げられない状況というのも生じるものである。普段から良好な関係を保つ必要や努力は、こうした時のためにあるのだと思う。まぁ、相手によりけりだが。





金は臭わない

Vespasianus01_pushkin_edit
(2020年04月17日07時16分 時事ドットコムニュース)

 出すだの出さんだの、揺れ動くどころか、もはや朝令暮改もいいところになってきているのであるが、ともあれ貰えるなら有難い事である。理想を説くなら、そりゃ困ってる人に手厚く、比較的困ってない人は辛抱せい、というところであろうが、そんな悠長な事言ってる暇があったら、ともかく当座の金を、平等に配るのはそれほど悪いとは思えない。出るとなったらなったで、色々ごちゃごちゃ言う人も出てきている訳であるが、要らん人は受け取り拒否すれば良い。自分はどんな金だって、それが公衆便所から出てきた金だって、ありがたく頂戴する。金は臭わないのである。(この逸話はローマ皇帝ウェスパシアヌスを参照の事)
 問題は、使い道である。10万円といえども、人によって、価値も意義も使い道も異なるだろう。食うや食わずの人、支払いに困っている人、そうした人は、直ちに生きるために使う必要があるだろう。自分はそこまで逼迫してはないのだが、仕事激減のおり、今年の一時金はもはや当てにしない方が良さそうだし、となると年間計画の貯金が出来ないのは言うまでもなく、トランポの車検や、今年やろうとしてた家の軽工事の費用が危ない。TT-R125の前後サスのオーバーホールもした方が良さそうだが、嫁さんからは風呂場の風呂桶をデカいのにしてくれと言われている。そう言うのは、どうなるか。
 無論、将来の不安に備えて貯金するのも、判断の一つとしては有りであるが、この10万円と言うのは、やっぱり経済を回す為の費用だと思う。そもそも貯め込む事が出来る人は、お金使う用事のない人で、それこそ「そんな人に必要なのか」と言う反駁に正当性を与える事になる。ちなみに嫁さんに使い道を聞いてみたら、「食費に回します」との事。相当上等な物を食わせてくれるのかもしれないが、そんな事はあるまい。生活費はとりあえずこれからも渡すのであるから、迂回的に懐に入れると言う意味である。それではこの10万円給付の意義が損なわれるではないか、と突っ込んでおいた。
 元は自分らの税金と言えばそれまでだが、臨時で入る収入には違いない。しかも社会的に意義のある給付である。個人的な事に使うとしても、それが誰かしら世の中の人(出来れば身近な人)の為になる事に使いたい。ここは頭を絞るところである。





のほほんとしておれぬ

couple_kakei
(2020.4.16 17:40 dot.)

 先月の15日くらいは一体何をしていたかというと、WEX勝沼をキャンセルして富津岬に行っていた。外出自粛などまだ求められておらず、せいぜい人混みに行かなければ「感染しない」と考えていた時期である。実のところ、それほど深刻には考えていなかった。だから、この首相夫人のことをそれほど責め立てるのは酷なのかもしれない。
 しかし、うちの職場の仕事の状況はこんな風になっていた。

 1月:例年通り
 2月:半ばくらいからコロナ関係のキャンセルが入り始める
 3月:月初からいきなりキャンセル連発で稼働率が一桁%になる
 4月:緊急事態を受けてむしろ仕事を断る

 3月に入ると、まるっきり激減しているのである。それまでの稼働率が50%くらいだったのが、7%以下に落ち込んだのだ。新型コロナウイルスの国内感染者数が急増するのは3月27日頃なのだが、その3週間前には収益がガク減りどころでない落ち方をしているのである。おそらく、客商売をやっているところは、軒並みこんな感じになっているのではなかろうか。自分がのほほんとしてたのは、雇われてる側であったればこそで、経営者はみんな頭悩ませ始めてたのが、3月15日という訳だ。
 それまで何となく「仕事減ったなー」とは感じていたが、上司から帳簿を調べて視覚化する様に言われて初めて、「こらごっつい事なってんなー」と感じる事が出来た。自分が言いたいのは、首相夫人の呑気さを責める事ではなく、今後いつまで続くか分からない緊急事態において、自分の家計を経営者的な視点でみて、今後の想定をしなければならない、という事である。





世代の断裂、しかし

nayamu_boy2
 嫁さんがしきりに「食洗機が欲しい」というのであるが、ずっと却下している。というのも、二人しか家族が居ないのだから使う食器もたかが知れているし、そんなもんくらい手で洗ったら良いものを、と思うからだ。ましてや嫁さんは令和の時代には希少種の専業主婦である。もし、そんな事を、自分の小学校の頃のオカンに言ったら、一体なんと言い返されるか。「あんた、手付いてへんのか?」くらいは言われそうである。ちゃんと手は両方揃ってるから、ぐうの音も出ないはずである。
 自分のオカンは、当時の同級生からも「お前のオカン、きっついのぉ」と言われるほどキツイ人だった。忘れもしない小学校3年の時である。どうした訳か、全学年でシャープペンシルが大流行した。当時のシャープペンシルは、今みたいにシャーペンと略されるほど安いものではなかったのだが、クラスでは自分以外は全員持ってたのではなかろうか。小学生の低学年となると残酷な生き物で、みんなが持ってる物を持ってないと、人間扱いしてくれない世界である。自分は普段は物をねだらないのであるが(ねだっても怒られるだけで買ってもらえないのが分かってるから)、この時だけは流石に羨ましくて堪り兼ねて、オカンにシャープペンシルをねだったのである。ところがオカンはこっちの都合は一顧だにせず、スフィンクスの様な顔で「あんた、鉛筆与えてあるやろが。あれ書かれへんのか」と宣ったのである。書けない訳がない。そうじゃないんだ、でもそんな子供の都合など、御構い無しである。そして滔々とオカンの貧乏な子供時分の話しを聞かされるのである。曰く「私ら鉛筆持てん様になるまで使って、そのチビた奴を見せへんかったら、次の買うて貰えへんかったんやで」と。それに比べたら、あんたは恵まれてる、という事である。そんな事言われてれても、何の救いにもならなければ、 明日も学校で非人間扱いは続くのである。その窮状を訴えても「早よ大きなって自分で買い〜」とせせら笑われて終わりである。
 今にして思うと、よしんばシャープペンシル買ってやっても、勉強頑張る訳でもなく、ブームが過ぎたら無駄に壊して終わり、と見切られてたのだと思う。実は3学期に、親父がどこから持ってきたのか、シャープペンシルをくれたのである。遅まきながら、ようやく自分も人間扱いされる日が来たのである。とこが、4年生になった途端、学校からシャープペンシル禁止令が出て、学校に持っていくのが禁じられたのである。シャープペンシルブームは一気に終息し、親父から貰ったシャープペンシルもその後どうなったか覚えていない。結果的に無駄なもん買わなかったオカンが正解だった、という事である。子供というのは、甘やかすとキリがない、とはオカンがよく言ってた事である。
 そのオカンとこないだ電話で話ししたのであるが、あっちでも新型コロナウイルスの話しで持ちきりらしくて、しかも長岡京市でも死者が出たとかで、他人事とちゃうわー、と言っていた。その話しの流れで、買い占めだの自粛への反発や無理解の話しも出たのだが、オカン曰く「大変大変いうても、戦争終わったあとの事考えたら、今はまだマシやろ」と。ウチのオカンは終戦直後に生まれた人で、戦時中の事は知らんのであるが、親やお婆さんから聞いた話しの事を言っているのである。その話しを聞いたオカンから、自分も股聞きでその手の話しは聞いているので、オカンの言わんとする事は理解できる。しかし、自分の下、さらにその下はどうか。「オカンな、そんな話ししたって、せいぜい分かるのは俺らの世代までで、今の若い人らには分からんで。源平合戦みたいな、大昔の話しになってるんやで」と言うと、オカンも年を取ったのか、そうやなー、と返事してた。
 しかし、こうした話しは、古臭い過ぎ去った時代の価値観でしかないのだろうか。自分は本当の意味での貧困に身を置いた事はないが、貧しかった時代を知ってる親に育てられたお陰で、それとなしに知識と知恵を授けられた気がする。何も知らないで困窮の中に陥れられるよりは、まだマシな何かを持っている気がする。





買う奴がアホ


 自分は子供の頃から、マスクするのとタイツ履くのが大の大嫌いである。マスクはともかく、タイツは幼稚園の制服の一部だったから、オカンに鉄拳食らわされるのが嫌で、しぶしぶ履いていた。幼稚園を卒園する時、これで二度とタイツを履かずに済むのが、何よりも嬉しかったのを覚えている。
 さて、マスクであるが、嫌いであるから付ける習慣はない。あんな息苦しいもん、一体どうして付けるのか。付けたら臭い匂いでもシャットアウトしてくれるのか。花粉がマシにでもなるのか。今次コロナ禍でも、マスクつけてても感染予防にはならないという。どうしてもコロナ除けをするなら、ガスマクスでも付けるより他ないだろう。
 マスクを付ける理由は、クシャミだの咳だの、飛沫を飛ばして他人に感染させない為だという。つまり、他迷惑を避けるために付けるのだそうだ。公衆衛生というより、公衆道徳の意味合いの方が強いのかな、と思う。そこまで他人様のことなど、普段は気にもしてないだろうに、こういう時はこぞってマスクしようと思うから、品薄にもなろうというもんだ。まぁ、付けたい人は付けたら良いとは思うが、無いもんを無理して付けたいと思うから、転売屋やこの手の連中を儲けさせるのである。
 はっきり言って、この手合いの連中は、目鼻の効く「賢い」連中である。普段なら500円程度のものを、その10倍で買ってくれる「アホ」がいるから、商売になるのである。よく考えてみよ。感染予防にもならない、自分が感染してるかも分からん、飛沫を飛ばしたらいかんから?だったらハンカチで口を押さえたらどうなんだ、あれやこれやと考えたら、別にマスクなくたって良いんじゃ無いか、と思えてくる。
 自分はマスクするのが嫌いだから、余計にこう考えるのであるが、1枚100円のマスクを買う人の考えを聞いてみたいものである。

doctor





最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ