たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

雑感

防災意欲




 自分が防災用品というジャンルに目覚めたのは、高校生の頃。『コンバット★マガジン』を出していたワールドフォトプレスが、MONOマガジンの別冊として季刊で出していた『サバイバルマガジン』を読んでからだ。ミリタリーグッズやアウトドアグッズを防災用として使うという発想が、当時の(青臭い)自分にはとても斬新に感じたものである。
 ところが、親に防災の必要性を説いたところ、その返事はケンモホロロで、「そんな大地震来たら、みんな死んだらええねん」との事。まぁ、毎晩「寝るは極楽じゃ〜」と言いながら寝てた人らなんで、来るか来んか分からん様な震災の事なんか、どーでも良かったのであろう。そんな事よりも、日々の仕事や生活の方がアップアップで、ぶっちゃけた話し、明日起こるかもしれん米ソ全面核戦争でさえ、どーでも良かったのである。つまり、「みんな死んだらええねん」という事だ。そりゃ、反戦も防災もどーでも良い訳である。
 しかし、意識の高かった自分は、独立して収入が安定する様になってから、必要と思われる防災用品や食料などを備蓄し、「さぁ、いつでも来い!」と待ち構えた。待ち構えつつ、賞味期限が来てしまった。1回目はまだ高い意識が残っていたので、やりくりして更新したが、2回目の時は現用のアメリカ海兵隊の装備を揃える方が重要で、とうとう更新しなかった。この時気付いたのは、「防災備品は、買い揃えるのも大変であるが、もっと大変なのは、それを維持し続ける事だ」という事だった。
 3.11以降、災害は、中世ヨーロッパの年代記みたいに毎年の様に起こる様になり、方々でエライ事になってるニュースが伝えられるものの、一旦下がった意欲はなかなか上向きにならない。自分がエライ目に遭ってる訳でないので、喫緊の課題として予算を動かす気に、なかなかならないのだ。
 例えは、こないだの台風であちこちが今だに停電で、「発電機があった方がいいな」と思うのであるが、イザ買うとなると8〜9万円はする代物で、おいそれとは手が出ない。食料では、毎年更新が面倒なら、25年持つというサバイバルフーズ(これもサバイバルマガジンに載っていた。今は味の素が作っている)というのがあるが、年単位で費用を考えたら安いものの、「25年後ちゅうたら、ワシ、75歳やん」と思うと、なんとなく気が抜ける。結局、何もしてないのである。
 してみると、自分がかつて持っていた防災意欲というのは、趣味みたいなものであったし、実際に趣味であった。そして、その趣味に飽きた、という事なんだろうと思う。これではいかんのだろうけど、それなりの意欲がない事には、3日分の食料や燃料を備え続けるというのは、難しい事である。





何を今更

4d3c5de9959fbb4533bce8173f9d62b9_8554

(ダイヤモンド・オンライン 6/13(木) 6:01)

 今、巷を賑やかせてる「35歳までに2000万貯めろ」の例の話し。それを聞いたとき、「何を今更」と感じたのが率直な感想だった。政府が「100年安心」とか言ってるそばで、民間のシンクタンクなどでは「老後には3000〜3500万円の貯金が必要」と言っていたのだ。まぁ、そんだけの額が貯めれるかどうかはともかく、その「つもり」だけは自分はしてただけに、政府側から「2000万円」云々の話しが出た時、むしろ1000万ほど少ないがその計算は大丈夫か?と思ったくらいである。
 まぁ、騒いでる人の論点は、貯蓄が出来るかどうかと言った部分でないので、それはそれで大騒ぎする必要があるのだけど、騒いだって金が要る事には違いがないし、では2000万円なり3000万円なり用意できるのか、と言う事である。実のところ、出来る人は少ないんじゃなかろうか。その意識があるにしても、現時点で積立できる余裕のある人がどれだけ居るか、と言うことである。他人の心配よりも自分の心配である。一応、ざっくりと計算してみたが、3000万はおろか2000万も怪しい結果が出た。由々しい状況である。結果出せないバイクの趣味なんか辞めて、お金貯めんといかん。
 自分などは、まだ恵まれている部類かもしれない。ちゃんと職にありつけてるし、親はしっかりして堅実だし、嫁さんは倹約家で無駄遣いしない人である。おそらく、このご時世の庶民階級にあって、稀有な条件を与えられている。先のことはなかなか見えて来ないものなのだけど、あと10年15年後の話しである。すぎてしまえば、あっという間なのだ。その堅実な実家の親父が、前にこんな事を言っていた。「金持ちだろうが貧乏人だろうが、等しく定年迎えるんや。その前にその後の事考えとかんとな」……誠にその通り。自分は政治の批判はあまりやらないが、自分の通帳はよく眺めるのである。






非モテの逆襲

harem_man

(DANRO 2019.03.13)

 これを読んで、「非モテの側も手の打ち方を変えてきたな」と感じた。非モテというのは、今までは貧乏くじ引かされた悲嘆の人、というイメージであったのだが、今では「非モテ」というライフスタイルとして確立しようとしてるという事だ。
 面白いのは、いわゆる「少子化対策」と絡めて考察されている事だ。確かに、少子化をどうにかせないかんと言われる一方で、非モテの男女は置いてけぼりである。旧来の一夫一妻制では、こうした死蔵?された資源も活用せねばならないところだが、不味いものは食えたもんじゃないのが現実で、意識だけではどうにもならないものがある。それをネガティブにだけとらえず、前向きに考察したのが、この人の考えだ。
 ここでモテの連中は、戦慄した方が良いと思っている。今の時代、子供育てるのには莫大な費用がかかる。ベンツ買うか子供育てるか、といった事は言われたのは、何年前だろう。そのくらい金がかかる。その上、人生100年の後始末は自分らでやれと、65歳までに2000万円貯めろなんて言われるのである。非モテの連中が、趣味などで人生エンジョイしている間に、多妻に多子を抱えたモテ男は、猛烈な養育費に人生追われまくる、という絵面が想像される。これは非モテの復讐以外の何物でもないではないか。
 物事には作用があれば反作用がある。バブル時代に、「正社員になるよりフリーターの方が稼げる」などと言ってたら、今や正社員になるのは大変で食うや食わずの非正規雇用だらけではないか。モテ非モテの関係も、その様な反作用の時代が来たという事である。おそらく、多くのモテの方々は、こんな押し付け、真っ平御免であろうけど、国家が配偶者を無作為に押し付けてくる体制でなく、あくまで自由恋愛を基軸とした婚姻関係をベースにするなら、この人が言う様な社会のあり方にしていく必要もあろうかと思う。





令和始まる

img_0879062d8b5976dd3e26f5590bc49e8875533
 やってる期間だけはやたらと長い当ブログ、前の改元の時は何を書いてたのかと遡って見てみたが、流石に30年も前には「ブログを書く」という風習そのものがなくて、その頃の記録は残ってなかった。一番古くて1998年だったのだ。しかも、大した事は書いてない。1999年7月、つまりアンゴルモアの大王が降りてくるはずだった月でも、日記はただの1本、しかも書いているのは当時飼って居た猫の事なぞ書いている。世の中の事など、何にも書いてないのだ。
 実のところ、世の中が平成から令和に変わったところで、自分の生活とか心境とかに、そんな大きな変化はないし、ぶっちゃけた話し、大して興味もない。皇室の動きはその都度、テレビなりネットなりで見てきたけど、それが自分の暮らしにどうこうした事はないし、もっと言えば、地震だのオウムの事件といった事さえも、それで迷惑した人には悪いが、自分にはさほどの影響がなかった。まぁ、そんなもんなんだと思う。おそらく、大戦争が起こったって、自分の家が焼かれたり、自分の目の前に敵が迫ってこない限り、遠い他人事なんだと思う。
 ちなみに、この3日間、京都の実家に帰省したのだが、トランポで移動する道中に立ち寄ったサービスエリアでは、どこもかしもも「令和」と書いた土産物が沢山売られてた。大抵はお菓子の類なんだが、そんなもん、有難がって買っていく人、居たのかな?






梃子を差し込む所

kid_job_boy_youtuber

 間も無く平成が終わって令和になろうとしている今月、様々な人が亡くなったのだが、個人的に目を引いたのが、このニュース。一時期、悪い意味で一世を風靡した小学生ユーチューバーが、中学3年生になった今、事故で意識不明の重体というニュースだ。被害に遭った中学生が本当にこの小学生なのかどうか、定かでは無いのだが、ネット上では実しやかに「特定」されている。まぁ、住んでる家の住所も特定されたくらいだから、そうなのかもしれない。
 色々あってユーチューバーは辞めたみたいだから、今は普通(かどうかは分からんが)の中学生をやっていたのだろうし、事故に遭ったのだってネタでは無いのだろうから、可哀想な事である。自分以外の人も同じ様に思ったみたいで、ツイッターを見てると、安否を気遣うツイートが圧倒的に多い。どんなに弄くり倒して、晒しまくって、オモチャにした相手でも、生死に関わる様な陥った時は心配してやる。それが人間らしい優しさだと思うし、嫌われてたにしても、そこまでは嫌われていなかったのだと思う。
 なんで自分が、そんな見ず知らずの子の事を取り上げたのかと言うと、この子の動画をざっくり見たのだけど、目立ちたくて、評価されたくて、悪目立ちしてた自分の子供の頃を思い出したからだ。そして、自分も小学生の頃は、嫌われっ子だったのである。好かれたいのに嫌われる、まぁ嫌われる様な事をするからそうなるのだが、そんな自分の子供時分の頃を思い出したのだ。
 ユーチューバー辞めてからのこの子が、どの様になったのか知らないのだけど、もし本当に重体ならば、生き永らえて人から好かれる面白い人になって欲しい。どこかに梃子を差し込む所があるもんである。






Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索