たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

料理

失敗から(偶然に)学ぶ

2021-02-16 01.11.18
 こないだリンゴ入りショートブレッドを作って、何だかよく分からん出来栄えになってしまったのだが、確実に言えたのは、「基本に忠実に作らない事には、まともな物は作れない」という事だった。あと、動画やサイトにアップされている見本は、相当な経験のもとに作られた成功作であって、見よう見まねの自分では、なかなか上手い事いかないもんだ、という事だ。まぁ、ライテク本を読んでその通りに出来ないのと同じ事である。タルト・タタンは、レシピ通りに作ったのだが、道具がいい加減だったせいで、ちゃんとしたのを作れなかった。仮にそれで上手い事いったとしても、それはたまたま運が良かっただけで、まぁ失敗するのは当たり前だった、という事だろう。
 ま、それはそれとして、そのタルト・タタンの底の生地が余っていたので、捨てるには惜しいから、ショートブレッドみたな形にして、170度で30分焼いてみた。冷やしてあったのを切って焼いただけなので、いい加減な形をしているが、それでもちゃんと焼けた。食べてみると、パイ生地の分厚いやつなのである。てっきりショートブレッドらしい食感になるかと思ったら、そうでない。まぁ、タルト・タタンの底はパイ生地なので、そうなる様な材料で作られているから、まぁそうなるのは当然と言えばそうなのだが、ちょっと意外だった。つまり、ちゃんと作っていれば、薄かろうが厚かろうが、パイっぽくなるのだ。
 となると、アップルパイなんかもやれそうな気がしてきた。そもそも、タルト・タタンはアップルパイを作ろうとして失敗して、どうにかしようとしたらタルト・タタンになったという。失敗から偶然学んだ格好らしいのだが、自分も今回はそれにちょっとだけあやかった様である。

2021-02-16 01.50.00
甘みがなかったのは、砂糖が入ってないから
パイっぽいのは卵黄を使ったからか?







ライ麦パンの効果

2021-01-31 10.40.10
この4切れを一気に食べたら、ビッチビチにw

 ドイツのパンの規定で、ライ麦90%以上のパンはロッゲンブロートというらしいのだが、自分が作るコミスブロート風のライ麦パンも、ライ麦90%以上なのでこれに類するパンである。
 で、このライ麦パンを食べると、お通じが絶好調になるのだ。絶好調を通り越して、ビッチビチか下手すりゃシャーシャーになるのだが、別に腹が痛くなる訳ではない。ただ、「装填、即発射」の状態になって、辛抱たまらん様になる。過ぎたるは及ばざるが如し、である。
 ぶっちゃけた話し、デブにとっては出が悪いよりは良い方が常にウエスト周りが細くなった気になれるし、気張る手間もないの楽なのであるが、辛抱たまらんタイミングで出そうになっても困るので、最近は「どの程度食えば、いい感じの出になるか」というのを研究し始めた。といっても、ライ麦パンを再び焼きだしたばかりなので、まだ研究途上である。
 まず、10mmくらいの厚みのを4切れ一気に食ったら、翌日から出がよくなり始め、翌日もさらに10mmを2切れ食べたら、次第に辛抱たまらん状態になってきた。で、ちょっと加減しようかという事で、5mmくらいのを朝晩1切れずつ食べる様にしたら、段々落ち着いて来て、4日目には出が悪くなった。やっぱり、10mmくらいのを一日2切れくらい食べるのが、丁度いいのかもしれない。
 あのライ麦パンは、作るとなったらそれなりに時間がかかる。スタートアップの発酵に一晩くらいかかるし、捏ねたり一次二次の発酵させたり、焼いたりで3時間くらいはかかる。それこそ、二つ三つまとめて焼ければ、それだけ後々の手間は省けるのだが、フッ素加工の飯盒が一つしかないので、それを使い回ししようとしたら、もっと時間がかかる。普通の長方形のパウンドケーキ型を併用すれば良い様なものだが、なんかそれ使ったら負けの様な気がして、導入できずにいる。
 つまり、そうそう沢山は作れない、という事だ。まぁ、一気に大量に食えるほど美味いものでないし、すぐ無くなっても次を作るのが、それなりに決心がいる。1週間で1個食い切るくらいが、お通じの面から見ても、ちょうど良いのかもしれない。

2021-02-03 06.45.36
このくらいだと、ちょっと足りない







りんごの絞りかす

3c8d9783
左端の生姜を擦ったやつみたいなのが、リンゴの絞りかす

 こないだ、久々にライ麦パンを作った時、初めてりんごを擦り下ろし絞って汁を作ったのだが、絞りかすが出るという事に初めて気がついた。当たり前と言われればそれまでだが、りんごはこれまで、そのまま食うか、ジュースになった奴しか知らなかったので、絞りかすというのは初めて見たのだ。その絞りかすを食ってみようとしたのだが、それなり不味くて食わずに捨てた。
 しかし、後になって考えてみたら、カスと言えどもリンゴである事には変わりなく、絞らずにそのまま食う時はカスになる部分も食っているのだから、カスといえども食い方はないものか、と考えるようになった。例えば、ライ麦パンに混ぜて食ったりである。その昔、第一次大戦の時のドイツでは、じゃがいもやカブラの粉をパンに混ぜて食ってたというのだから、リンゴの絞りかすだってやれない事はないはずである。
 というのも、ライ麦粉が高い、という事情がある。昔は小麦粉よりもライ麦粉の方が安かったらしくて、それ故に白パンは上級階級や将校用、黒パンは平民や下士官兵用とされていたのだが、今は小麦粉の倍の値段するのである。まぁ、健康志向であれ趣味的であれ、そういう代物にけち臭い事を言ってはならんと思うのだが、何のかんので常食可能な食品である。安くあげたい、節約したいという主婦的感覚も生じてくるのである。
 調べてみると、意外と絞りカスを使ったケーキなどのレシピが出てくる。読んでみると、ジューサーで果実や人参などを絞ったあとのカスの処理に、みなさん結構困っているらしい。ケーキにしたり、畑の肥料にしたりといった具合である。
 面白いのは、リンゴの絞りかすをベースに、バイオプラスチックを作ったりもしてるらしい。そっちに使うのは、絞りかすを乾燥させて粉末化したものみたいだ。実は、絞りかすを乾燥させて保存し、必要な時に使う方法はないかと調べていたのだが、乾燥だの粉末だので引っかかってくるのは、バイオ材料としての用法ばかりなのである。
 まぁ、絞りかすをそのまま食ったのでは全然美味くのだが、パンなりケーキなりにすれば、美味く片付けられるのだろうか。もっとも、先に書いたじゃがいも粉の戦時パンはあまり美味くなかったらしいし、カブラ入りに至っては最悪とか悲惨の極みであったみたいだ。そのまま食って美味くないものは、混ぜても美味くないかもしれないが、試してみない事にはわからんな。







たにし製菓部

2020-12-24 22.17.54
 今日はクリスマスである。結婚してから、クリスマスを一緒に過ごす相手が必然的かつ強制的にいるので、風物詩的にクリスマスを過ごす様にしている。
 初年度は、うっかりケーキを頼むのを忘れて、出来合いのスポンジケーキとホイップクリームでケーキを即席で作ったのだが、去年から嫁はんが欲しいのを注文している。今年もそうした。のであるが、二人の感想は、「値段ほどには美味くはないなー」というもの。まぁ、スシローで腹一杯食って帰って、数時間も経たないうちに食ったから、というのもあるだろうが、やっぱり値段相応とは思えない。大きさが小さいのはまぁ良いとして、だったらあの値段だったら、もっと上等じゃね?と言う感じ。
 ぶっちゃけた話し、自分で作ったパウンドケーキの方がよっぽど美味い。自分好みに作ってるから、というのもあるのかもしれないが、買ったものより自分で作った方が美味いと感じるのは、それはそれで幸せな事である。正味の話し、手の込んだものは作るより買った方が安上がりだったりする事も多いのであるが、それでも自分で作る人が絶たないのは、こうした事情があるのかもしれない。
 自分がケーキの類を作り出したのは、かれこれ12年ほど前からである。最初は、安上がりで沢山食べたい、といった程度の動機であった。大したスキルも知識もないので、ネットで聞きかじりで始めた炊飯器ケーキがその最初である。そこからパウンドケーキに移行しているのであるが、それでもまだ素人作業のレベルである。そもそも「極める」といった志向もないので、ただ食べたくなった時に、ちょこちょこっと調べて改良を加える程度なのであるが、それでも「改良と研究」の幅が多い分野である。
 「大記録」の方には、現在はもっぱらオフロードのスポーツライディングの事を中心にレポートを書いていて、それこそ「実は大した内容がない」活動でも事細かに書いているのであるが、だったらケーキ関係も書いても良いのではないか、という気がしてきた。車中泊やレースの前夜祭での飯盒メシについては、一時期レポートしていたが、あちらはいつでも満足できる飯が炊ける様になって、レポートする必要性を感じなくなった(飽きたというか、普遍的になった)。バイクの方は飽きるほど普遍的に上達してないし、ケーキの方も同様である。なので、書く必然性はあるといえばある訳だ。
 来年のクリスマスケーキは、自分で作ってもいいかな、という気がするのだが、嫁はんが「固いケーキは嫌」と言う(割には結構盗み食いされる)ので、もしかしたら、固くないケーキも研究する様になるかもしれない。

2020-12-24 10.01.28
改良型の飯盒ケーキとドライフルーツラム酒漬け








弁当改善要求


 今回の下血&吐血騒ぎの直接の原因になったは、実はこれだと内心思っているのであるが、その理由は、この真っ黒焦げに焦げたハムカツと全く同じ色のウンコと反吐が出たからである。これは職場に持っていく弁当のおかずだったのだが、流石に文句を言った。働き手にこれは失礼ではないか、と。その二日後に入院騒ぎとなったのは、タイムリーというかアンラッキーというか。しかし、これを機に嫁はんの弁当が大幅に改善される事になった。
 自分は1400時出勤の2200時退勤という勤務の関係で、出勤前に食べて、夕方1700時ないし1800時に職場で食べて、ウチに帰ってきてから食べる、という時間で食事を摂っている。無論、小腹が空いたりするとそれ以外でも食べるからデブる訳であるが、それ以上にデブる理由は、帰ってきてから食べる深夜の食事が影響するところ大である。言ってみれば、寝る前に一番ガッツリ食っているのだから、科学的にみても太らん訳がないのである。
 これまでにもその点を改善しようと、職場に持っていく飯を多めにしたりもしたのだが、オカズが貧弱だったせいもあって、大抵は家に帰る頃には腹が減って仕方ない。どっちみち家帰ってから食うなら、職場には軽食くらいでいいや、みたいな感じになっていた。その軽食が、この日は黒焦げのハムカツとパサパサの卵焼きだった、という訳である。
 目の前で血ヘドを吐いたせいかどうかは分からないが、退院後の弁当の内容が大幅に改善される事になった。まず、出勤前と言えに帰ってからは、そんな手間のかかるものを食べない。特に帰ってからは、豆腐1丁と野菜とか吸い物とかである。料理にかかる手間は、もっぱら弁当に集中する格好になった。何かのサイトを参考に作っている様である。つまり、嫁はんのオリジナルではないのだが、それだけに内容が充実したものになる。
 弁当箱も新規に買い直した。中高生の時ほどガバ食いできる訳ではないが、それでもそれないの容量である。黒焦げハムカツ以前との決定的違いは、意外と腹持ちが良くて、帰るまでに買い食いしたりしなくても良いという事だ。まぁ、これは入院中の制限された患者食で胃が縮まったのも関係していると思うが、やっぱり弁当の内容が充実しているからであろう。
 問題がない訳ではない。オカズの一部を作り置きするのは良しとして、5日間、ブロッコリーとカボチャと切り干し大根が続くのには閉口した。せいぜい3日くらいにして欲しいもんである。あと、手をかけて色々作ってくれているのは有難い事であるが、コロッケとか卵焼きとか、弁当によく入ってそうなのがあっても良い様に思う。
 嫁はんは戦象みたいな所があって、急な方向転換とか融通の効かないところがあるのだが、こういうのを続けていくウチに、冷蔵庫の余り物とかでいい感じのオカズ作ったりする様になったりするんじゃないかろうか、と思う。ともあれ、改善されたのは大きな前進である。

2020-12-01 16.25.09のコピー








食べたもの

 「歳を取るとあまり食えなくなる」と言うが、実際そうで、昔なら1.5合の飯にインスタントラーメン3つなんて当たり前に食えたのが、最近はそうも行かない。腹減ったなーと思っても、思うほど食えない事が多いのだ。その反面で、やっすい食材で作ったオカズなんかは全然食う気にならなくて、「だったら量少なくても良いから、上等なのを使ってくれ」と思う。この辺り、13歳年下の嫁はんとは、鋭く対立する部分なのだ。
 じゃぁ、どんなもんなら満足するのか、と食ったものを写真に撮ってたのだが、後で見返してみると、それほど上等なものを食ってる訳ではない。どっちかと言うと、質素な方ではなかろうか。普段食べるものは、味噌汁に漬物か簡単なオカズの一汁一菜で満足なのだ。どっちかと言うと、下手な炊き込みご飯とか焼き飯でなく、白ご飯が重要である。日本飯盒協会の永遠のテーマであるが、日本人にとって白米は3000年来の欲求である事が、歳を重ねるごとに深みと重みを増してきているのである。



 そんな自分も、時たま、脂っこかったり、辛かったりするものが食べたくなる。その頻度は10年前に比べると、ガクっと落ちはしているのだが、それでも食べたくなるのである。そう言う時は、食べに行く。家で嫁はんに作らせないのは、ぶっちゃけ余り上手ではないのと、やっぱり割高だけあって店で食う方が美味いからである。それとても、別に高級料理店に行ったりする訳ではない。せいぜい一人1000円未満の店で、安物には違いないのだが、いわゆる食べ放題みたいな店ではないので、そこそこ美味いのである。
 自分は一人暮らしが長かったので、自炊も結構やっていた。自炊の素晴らしい所は、自分が食べたい味を自分の感覚で作れる事で、こう言うのをやれる男の嫁はんは、非常に不利である。よほど研究熱心か、あるいは美味い具合に男の好みにあったものを作れないと、どうしてもマイナス判定になってしまう。その自炊たるや、これまた後で振り返ってみると、しょーもないもんを作っているのだが、自分で食いたいものを作ってるだけに美味いし、仮に失敗しても作ったのが自分本人なので、絶対に文句を言わないのである。

2020-10-10 09.23.13
職場から大量に出た賞味期限が2年切れた乾パン
乾パンを大量消費できるのも、自分だけである

写真 2020-10-07 23 51 51
山岡家に行きたかったのだが、嫁はんのリクエストでこうなった
やっぱり山岡家に行けば良かった

写真 2020-10-09 11 21 08
味噌汁と漬物の一汁一菜
もう、普段はこんなんで十分な気がする

写真 2020-10-09 23 36 27
醤油かけたご飯の美味い事
この美味さを今の日本人は忘れてないか?

写真 2020-10-11 5 55 21
乾麺のうどんを茹でただけのうどん
少量の麺つゆだけで食う秘技を発揮した

写真 2020-10-11 15 52 18
山岡家に行けなかったので、にんたまラーメンに行った
個人的にはこっちの方が好きである

写真 2020-10-11 20 40 48
嫁はんがアホみたいに冷蔵庫に冷や飯を死蔵してたので
焼き飯をこさえた





ホテイ やきとり 1750g

2020-02-02 20.17.49-1
 この缶詰を見かけたのは、確か去年の5月、京都の実家に帰省した帰りの浜名湖かどっかのサービスエリアだったが、産地名産の色んな缶詰が置いてあるコーナーに、激烈な存在感を醸し出していたのである。こんなどデカイ缶詰買ったって、どうやって食えば良いんだって話しなのだが、見捨てておけなかったので買って帰ったのだ。
 以来、いつ使うかで相当思案する事になった。というのも、二人で食うには量が多いし、TOYZの集まりでは何か作って食う事が多いし、そもそもこれだけの量である。相当な人数が集まらない事には捌ききれない。という具合で、チャンスを伺っていたのだ。
 さて、ようやくそのチャンスに恵まれた。スイスアーミーナイフの旧ソルジャーで開缶。まず目に付いたのは、黄色い脂肪分。しかも寒い時期なので固まってる。これを見た一同「体に悪そうなもん出たー!」という感じ。いつも見慣れてる75gのでは、まずお目にかかれない光景である。どう見ても、脂しか見えない感じである。そこで、買ってきた自分が右代表で箸を突っ込んで、やきとりを一つつまんで食べてみると、普通に美味い。ただし、冷たいので温めた方が良さそう、いう事になりました。
 そこで、フライパンにどんどん入れて温めてみると、脂と煮凍りが溶けて、やきとりというより、煮鶏という感じに。でも普通に美味い。飯盒で炊いた飯と食うと、やっぱり美味い。物がデカイだけで、中身はいつものホテイのやきとりです。調べてみると、この1750g缶は業務用という事で、知り合いの自衛隊の人は、寮でこれ使ってたとの事。ホテイのサイトを見に言っても載ってないのは、業務用だからなんでsね。
 なんにせよ、意外と好評だったので、また見かけたら買って来ようかな。たれしかないので、塩も欲しいところだけど、作ってないのかな。

2020-02-02 20.17.49
煮凍りは底に沈殿してましたw




シーチキン

IMG_6217
 自分がシーチキン、すなわちツナ缶を初めて食べたのは、小学校3年か4年の頃じゃなかったかと思う。もっと前に食べてたかもしれないが、記憶に残ってない。初めてシーチキンを食べた時の感想は「カスカスして嫌」と言うものだった。おそらく、身が塊になってるソリッドタイプを食べたのだろうと思うが、ソリッドタイプは今でも好きではない。味でなくて、食感の問題である。
 長らくたにし家ではソリッドタイプが使われてたのだが、そのうち、フレークのが出てくる様になった。すると自分の評価も大きく変わった。そのままでは相変わらず味気がないが、醤油かけたり塩ふったりしてご飯と食べると美味い事に気が付いたのである。特に油が美味いのだ。今でこそ、ご飯にバターだのマーガリンだのを乗せて醤油かけて食べる、なんて食べ方が広く知られる様になったが、昔はご飯に油かけて食べるなんてのは許されなかった。少なくとも親がいる前では出来なかった。その魅力に早々と気が付いた(デブだけに)のであるが、それが堂々と出来るのがシーチキンフレークだった訳である。
 ここで重要なのは、魚の身よりも油なのだ、と言うことだ。あの魚の浸かった油に醤油だの塩だのが混じると、美味いのである。ただ、油だけでは質素すぎて悲しいので、魚の身もあれば言う事なし、と言う訳だ。だから、あえて油を濾したのとか、オイル不使用のやつなんかは、論外である。それだったら焼き魚食べてる方が良い。
 最近、流石に健康のことを気遣って、ちぎったレタスに乗っけて食べることが多くなった。と言っても、醤油垂らしてるので、どこまで健康的かどうか定かではないが、醤油の染みた油がドレッシング代わりになって、美味く野菜を食べる事が出来るので重宝している。これにご飯があれば立派な独身飯なのであるが、最近は独身飯もなかなか食えない身の上である。








牛肉大和煮缶

2019-03-21 19.19.29
 ノザキや明治屋あたりがメジャーであるが、牛肉の大和煮の缶詰というのがある。古くは日本陸軍の携帯口糧にも組み入れられていたやつで、牛肉を醤油と砂糖や味醂などで、甘辛く煮たものである。携帯口糧の入組品と同じ150gのものは500円もする高級な缶詰で、高いだけにそうそう開けて食おうという事にならない。写真の牛缶も、前に商品入れ替えかなにかで値引きになってたのを買って来て、賞味期限が来るまで防災用品としてとっておいたものである。
 その賞味期限が迫って来たので、とっておきのを開けて久々に食った訳であるが、味はまぁ良いのであるが、肉がボール紙みたいでいただけない。一体どこの部位を使っているのか知らないが、硬いのである。これも缶詰の牛肉の大和煮と思えば、その味、その食感という事になるのだろうが、普段食べてる肉に比べると、やっぱり硬いというか、違和感を感じてしまう。おそらく、食べなれないからであろう。
 まぁ、500円で調理済みの牛肉を食べれるのは、安いのか高いのか、意見が分かれるところであると思うが、やっぱり普段食べるには高いという意見が多いのではなかろうか。SPAMも高いところでは500円くらいするが、そんな高いところでは買わない。399円、ところによっては299円、そういったところで買う。そのくらいの値段なら、買って食おうという気になるのだ。
 まぁ、ランチョンミートは豚なので、牛の方が高いのは間違いないのだが、もちょっと安かったら馴染み深い食べ物になるのになぁ、としみじみ思った。








あつあつ牛すきうどん/あつあつ豚汁うどん

2019-03-09 12.16.44
 滅多な事ではカップ麺のインプレなどしないのだが、このカップ麺には惹かれるものがあったので、感想を書いておこう。見ての通り、マルちゃんの赤いきつねと緑のたぬきの派生品である。ちなみに、自分は赤いきつねと緑のたぬきでは、緑のたぬき派である。そもそも蕎麦の方が好きなのだが、自分の場合、先に麺を食べて、かき揚げは後にとっておき、残った汁にご飯入れて食べるのであるが、このかき揚げの油っぽさがご飯をドボンした時に非常に効果的なのである。これが赤いきつねの揚げさんでは不十分、というか無理なのだ。
 余談は置いといて、牛すきと豚汁のうどんであるが、牛すきも豚汁も、おかずとして好きであるし、牛すきの残り汁にうどんを入れてシメにするのはよくやられているし、豚汁にうどんを入れるのは自分も経験あるので、こうしたカップ麺が出た事に「ほう!」と感じた訳だ。

2019-03-09 12.21.03
 さて、実際に作ってみたのだが、まず最初に感じたのは、フリーズドライの具はどっちも同じなのかな、ということ。そう感じたのは、どっちにも細かくした油揚げが入っていたからなのだが、牛すきにせよ豚汁にせよ、油揚げは入ってないのでアレ?という感じだった。よくみたら、豚汁の方にゴボウが入っているし、牛すきの方には牛肉らしいのも入っている。それなりの体裁は整えてある様である。
 食べてみた感想は、牛すきの方はちょっと甘い気がしないでもなかったが、しっかり牛肉の味がする。豚汁の方は結構七味唐辛子が効いている。最初は生姜でも入っているのかと思ったくらいである。どちらもそれなりに美味しい。しかし、足震えるほど美味いという訳でもなく、一回食べたら満足するレベル。まぁ、赤いきつねや緑のたぬきみたいに、ロングセラーになるほどではない。

2019-03-09-12.26.47
 不健康な食い方するのが大好きな自分としては、残った汁にご飯ドボンは外せない。という訳でやってみたのであるが、個人的な意見としては、これは豚汁の方が合うと感じた。やっぱり牛すきの方はちょっと甘みが強いのだ。もうちょっと甘みが押さえられてて、醤油が若干勝っていたら、間違いなく牛すきの方が合っていただろう。
 そんな訳で、おそらく期間限定だと思うので、なくならないウチに一食オススメする。





最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ