たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

住居

風呂場の天井

IMG_4500
 今住んでる家は、築34年とはいえ、ナショナル住宅だけあって、いろいろしっかりしてるのであるが、それでも築34年なりのところがある。これからも快適に住み続ける為には、いろいろ手直しも必要という訳だ。これまでに、風呂の給湯器、ガスコンロ、照明のLED化、などなどやってきたのだが、今一番気になっているのが、風呂場の天井である。
 ところで、自分の認識の中では、風呂場というのは天井も壁も床もタイル張り、というものなのであるが、ウチの風呂の床は、何故か樹脂である。工事に来た業者さんが「このウチはいろいろしっかりしてるので気を使う」と行った割には、風呂場はユニットバスみたいな感じなのだ。まぁ、床が抜けている訳ではないので、とりあえずここは目をつぶれる。
 しかし、天井だけはどうにもいただけない。シミだかカビだか分からないが、なんか汚れているのである。一体何の汚れかと、モップで拭いてみたところ、どうもカビらしい。しかも天井の素材は、木材にペンキを塗った様なものだった。裏まで見た訳ではなので、ベニヤ板かどうか分からないが、触った感じがそうなのである。いやいや、こここそ樹脂っぽい何かだろうと思うのだが、どうにも風呂場の設計思想はよく分からない。
 加えて、照明は蛍光管である。これはまぁ、このウチの大半の照明がそうだったので、ケチつけても仕方ないのだが、最近、ちょっとチカチカする様になってきた。交換する事は可能だが、カバーを外してみたところ、ヒビ割れが出来ていて、こりゃ装置そのものを新しいのに替えた方が良くない?という感じ。
 つまり、天井をまるっとリフォームしたいのである。風呂場全体のリフォームってのはある話しだが、天井だけリフォームというのは出来るのだろうか。予算はどのくらいかかるのだろう。まぁ、業者さんに聞いてみるしかないのだが。






東芝 55M530X REGZA

IMG_2491
 テレビを買い替えるに当たって、場所を空ける為に、これまで使ってた32インチを先に売りに出してしまったので、1週間ほどテレビ無しで過ごしたのだが、見てない様で案外見てるもので、やっぱりないと寂しいのである。今月10日に注文したのだが、なかなか来なかったのであるが、やっとこ昨日届いた。
 まず、印象としては、「やっぱり大きいな」と言う事。これまでの32インチの倍の大きさはある。まぁ、部屋の大きさを考えたら、この上の65インチでも良かったのだろうが、値段が一気に跳ね上がるのである。ちなみに今回買ったのは、定価14万円弱のを12万円で買っている。かつ、ポイントは2万ポイント弱付くので、それなりに良い買い物である。
 薄型の液晶テレビは、スピーカーの音質は今一つ、と言う意見もあったので、貯まったポイントで純正のスピーカーを買うつもりでいたのだが、これがなかなかどうして、それなりに良い音をしている。拘りのある人ならともかく、自分の耳はそれほどの拘りがないので、これで十分である。となると、莫大な期間限定ポイントが余ってしまう。まぁ、これの使い道は、急ぎ考える事にしよう。
 今回は流石に自分の活動費だけでは買えないので貯金を使ったが、まぁ、家財を良くするのも生活の一部であろうから、今回の買い物には不満はない。テレビが4Kになったのだから、ハンディーカムも4Kに買えたいところだが、こちらはこちらで結構良い値段するし、今回の期間限定ポイントだけでは到底足りないので、思案のしどころである。






平安伸銅工業 LEQ-45 液晶テレビ耐震ポール

IMG_2490
 今月10日に頼んだテレビが、昨日やっと届いた。今回のテレビは物が大きいので、流石に一人でセットするのは荷が勝ちた。まぁ、嫁さんが居るのでその点は問題ない。えっちらおっちらと二人で組み立てた。組み立てるといっても、テレビの下に付属のスタンドをビス留めするだけであるから、もっぱら移動が一人では出来ないサイズなのである。
 物がデカイだけに、今回は転倒防止に気を配り、転倒防止ポールも買っておいたのだが、いざ着けようと思ったら、「それっぽい場所」に取り付け用のビス穴がない。職場にあるテレビには、高い位置にもビス穴があって、そこにポールを固定しているので、どのテレビもそうなのかと思ってたら、レグザは違う様なのだ。
 これでは転倒防止ポールが使えないと思い、調べてみたら、レグザ純正の転倒防止も兼ねる回転台があった。左右に20度ずつテレビが回転するとの事で、これは便利そうである。もっとも、この台にどの様にテレビを固定するのか、今度買ったテレビにも使えるのか調べたところ、どうも固定はテレビの底部だけで行う様で、きっとグラグラしそうである。しかも、520Xには対応しているのに530Xは書いてない。書いてないだけで使えるかも知れないが、1.2万もするもの、買ってから使えませんでは困るので、東芝のお客様センターに電話して聞いてみた。
 ところが、出てきたネーチャンが頼りない。「ホームページの方には530Xは載ってませんので使えないと思います」とか「530Xのページからオプションのページに飛ぶと、530X対応の商品が出てきます」だの、そんなん言われんでも分かってるわ!と言った事しか言わない。結局のところ、使えないと言うことがはっきり分かって、この回転台を買うのはやめにした。
 とはいえ、テレビを固定しないでは、猫がテレビの裏に入り込んだだけで倒れてしまう可能性もある。そこで、どうにか買った転倒防止ポールが使えないか、テレビの背面をよく見てみたところ、どうやら壁掛けにする時に使うビス穴が見つかった。それにどうにかこうにかポールをとりつけた。もっとかっちりするのかと思ったのだが、結構グラグラする。しかしポールがあるお陰で、ばったり倒れる様な事は無さそうである。
 まぁ、見た目は無骨だが、どの道テレビの裏で表から見えないのだし、値段も手頃だったので、これで良しとする。






組み立てテレビ台180cm

IMG_2248
 消費税が増税される前に、金額の大きめのの買い物をしとくべ、と言う事で、テレビを買い替える事になった。これまで使ってたのは、32インチだったのだが、さすがに広いリビングで見るには画面が小さいと前から思っていたのだ。今度来るのは55インチで結構でかいやつである。
 32インチの時に使っていたテレビ台は、嫁さんの実家から運んだデカいやつで、元はブラウン管テレビに使うタイプ。物としては上等で、買った時は7万円したと言う。テレビとかゲーム機の棚が収まってた上の部分を撤去して、下だけ残して使う事も考えたが、ブラウン管テレビ用と言う事もあって、幅が大きく無駄に広い。部屋を広くしたいと言う嫁さんの意向もあって(当初は壁掛けにしろと言われてた)、幅の狭い液晶テレビ用のテレビ台を買い替える事にした。
 そこで問題になったのは、台の色。普通、この手の家具というのは、黒とか焦げ茶とか、そういった物を連想するのであるが、嫁さんは白がいいと言う。白い家具なんて、目がチカチカして嫌だなーと思ったので、激しくやり合ったのだが、結局は自分が折れて(自分の場合、テレビ台が嫌になるだけだが、強硬して白以外のを買えば、嫁さんはテレビ台だけでなく自分まで嫌になる可能性があったため)、白のテレビ台を買う事にした。
 さて、如何にも上等そうなのは、それこそ7万も10万もする。テレビも12万円するのであるから、台までにはそんなに掛けられない。と言う事で、ネットショップでそこそこ見栄えする奴を買う事にした。組み立て式で3万ちょいの奴である。
 それを昨日の晩、組み立てた。この手の作業は慣れている方だと思うのだが、物がデカくて重いだけに時間がかかり、2時間もしてやっと組み上がった。この手の製品は最近は中国製が多いのだが、工作物としての出来映えは、そこそこ良いものである。
 が、塗装があまりにもチャチ過ぎた。ここまで重く作らなくていいから、モチっと塗装を気合い入れてやって欲しいものである。見るからに安っぽく、白の台が欲しいと言っていた嫁さんも、ちょっとがっかりした様だ。しかも、引き出しの右側の色がちょっと違うのである。ここら辺が「安かろう悪かろう」の中国製かなーと思う。もっとも、黒だの木目の物を選んでも、やっぱりチャチなのが来たと思うのだが。






プレステ4

2019-03-12-10.56.13
 誕生日という事で、嫁さんがプレゼントに何欲しい?と聞いてくれたんだが、これといって欲しい物が思い浮かばない。あえて言うなら、ガエルネの新しいファストバックが欲しかったが、値段が3万9000円もするし、しかもサイズが28.5cmまでしかない。SG10の時は30cmまであったのにである。とにかく高いという事で却下。もう一着ウェアも欲しいところだが、当然却下である。だったら東京マルイのVSR-10にしようかと思ったのだが(これには嫁さんも若干食指が動いた)、今更エアガン買ってもサバゲーやりにいく気もあまりないし、となると買った途端に飽きそうである。
 という具合で、今ひとつ考えがまとまらないでいると、嫁さんが「プレステ4買いましょうよ〜⭐︎」という。ウチには中古のプレステ3があるのだが、これが結構な騒音マシーンで、しかもNETFLIXで『高い城の男』を観る用に買ったものだから、今は自分にはほとんど用事がない。つまり、3が4になったところで、やっぱり用事がない事には違いない。しかしまぁ、特段欲しいもんもない訳だし、だったら喜ぶ嫁はんの顔見るのが最上のプレゼントと考えて、快諾した。こういう時には動作の早い嫁さんのこと、ただちにメルカリで中古を落札して、誕生日の前日に物が届いた。
 ゲーム機の設定の仕方は全然わからんので、全部嫁さん任せ。おまけで付いてきたバトルフィールド1を、早速ワキャワキャ言いながらやってた。自分はゲームなどまずやらないので、当然、この種のゲーム機もこれまで買ったことがないのであるが、これもまた結婚に伴う変化、というやつんだんなー、と思いながら、その様を見てた。







Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索