たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい〜♪

ねこ

癒し猫

2020-11-27 10.48.38
 今回の下血&吐血騒ぎがストレス由来であるのは間違い無いと思うのだが、これは人の世に生きて行く上で避けては通れぬもので、今後も向き合っていかねばならない。こればっかりは、ダイエットとか運動とか、そうした自助努力でどうにも出来ない事なのだ。
 さて、猫のみりんである。この猫は、本当に人の機微が分かる猫で、これまでも落ち込んだり、危機に直面したり、そうした時に寄り添ってくる猫である。しかも、自分本位でなく、こっちの負担にならない様な寄り添い方をしてくる猫なのだ。今回もそうで、退院してウチに帰ってきて、ソファで伸びていると、そっと寄ってきて腹の上に乗ってくるのである。
 撫でていると落ち着く。みりんの先代のくろすけは、ちょっと洋猫の血が入ってたのか、毛がもっと柔らかくて、撫で心地の良い猫だったが、みりんはド雑種なのか、結構毛はゴワゴワしてたりする。しかし、それでもグルグル喉を鳴らしてるのを聞いてると、落ち着いてくるから不思議なもんである。しばらく腹の上でグルグルいってるんだが、不意にぷいっと降りてしまう。おそらく、いい感じの頃合いを見計らっているのであろう。ほんのちょっと物足りないところで居なくなるのだ。
 ところが、もう一匹のかぼすは、こういう事は一切しない。しないどころか、抱っこも嫌いで抱っこすると嫌いや手を突っ張ってくる。撫でられるのは良いが、抱っこは嫌い。撫でられには来るが、乗っては来ない。まぁ、普通の猫、毛の長い上等そうに見える猫である。まぁ、これが本来の猫であって、みりんみたいなのがむしろ珍しいのだろうと思う。
 世にアニマルセラピーというのがあるのだが、これも犬猫ならどんなものでも良い訳ではなくて、「癒し」を与えられる犬猫でないといけないそうである。まぁ、患者の精神的なケアをするための動物だから、動物本来のあり方では役に立たない、という事であろう。そういうのは健常な人間が相手するものであって、具合の悪い人では相手できないのだ。
 その意味で、みりんはセラピー用の猫の素養がちょっとあるんじゃないか、と思う事がしばしばある。ただで貰ってきた猫だが、掘り出し物だった訳だ。







野良猫マーブル

2020-11-18 11.48.07
 前住んでた賃貸マンションには、猫好きな人が多かった事もあってか、野良猫がよく集まってきて、ご飯をお貰いしてた。タマとハナの2匹のメス猫は、毎年子猫を産んで、タマの子のかぼすとシロは自分が拾って飼ったくらいである。つまり、猫が欲しい人にとっては、里親募集とか譲渡会とかやらなくても、子猫が手に入りやすい環境にあった。
 さて、今住んでるところは、元高級住宅地の閑静なところである。「元」と銘打ったのは、住民の大半が隠居した年寄りで、昔は高級取りだった人らだからだ。今も立派な家ばっかなのであるが、日中はほとんど人が出歩いていない。車の通りも少ない。静かなのを通り越して、ちょっと不気味な感じもする。まぁ、年寄りが多い町というのは、こういうもんなんだろう。
 そんな訳で、野良猫の数も少ない。ウチの近所では、尻尾の短いトラ猫のボブと、今回紹介するマーブルの2匹だけである。一体、どうやって暮らしているのか分からない。漁るべきゴミ箱も外には出てないし、ゴミ捨て場は生ゴミの日はネットかける習慣だし、餌やりをやってる人も見かけない。カスミ食って生きてる訳ではないと思うので、何らかエサにはありついているのだろうが、限られたエサの量では、野良猫2匹が生きていくのがウチの近所では精一杯なのかもしれない。
 さて、そのマーブルであるが、自分は日中は仕事に行って24時間の半分はウチに居ないのでたまにしか見ないのであるが、ウチの庭は縄張りらしくて、よくやってきてウンコやオシッコをしていくらしい。まぁ、畑を作ってる家は、高級住宅地だけにウチだけで、そりゃウンコオシッコしやすいのであろう。猫のションベンは草花を枯らすというが、雑草は元気に生えてるので、案外噂通りではないのかもしれない。
 ところで、このマーブル、オスなのかメスなのか分からない。股のところに模様が入っていて、しかも尻尾下げているので、タマがあるのか分からないのだ。しかし、去年の春過ぎ頃、隣の家の茂みに、可愛らしい子猫が4匹いたところを見ると、マーブルはもしかしたらメスなのかもしれない。その子猫はどいつもすばしっこくて、人に慣れる感じじゃなかったし、親の姿も見えなかったので確証は持てないが、野良猫が暮らすには少々難のありそうなここでも、野良猫はちゃんと生きてるんだな、と感慨しみじみだった。

2020-11-18 11.47.55
マーブルが通りがかる度にみりんが反応してるらしい







ビッグ便

EmluAlcVcAE8TLD
 猫の餌をロイヤルカナンの消化器サポートに変えてから、みりんのウンコが絶好調である。毎日、びっくりする様な量のウンコをする。もともとウンコの太い猫であったが、以前に増して凄いのをしている。そりゃまぁ、こんなに毎日ウンコを生産していたら、糞詰まりにもなろうと言うものである。
 ウンコが絶好調になった秘密は、当然餌にあるのであるが、こないだ、床に猫ゲロが落ちているのをみつけて、その秘密が理解できた。ヒルズのサイエンスダイエットの時の猫ゲロは、餌のペレットの形が分かる様なゲロであったが、ロイヤルカナンのは完全に形がなくなっていた。察するに、水分を吸って餌の形状が崩れるのであろう。それがウンコを硬くし過ぎず、どんどん出す作用を持っているのだと思う。
 ともかくも、みりんは以前の様に砂箱でウンコを気張り、一気に物凄い量のウンコを出す様になった。やっぱり前は一所懸命気張ってるのに、なかなか出なくて困っていたのだ。まぁ、それが加齢で気張る力が弱ったのか、気張る力以上にウンコが硬くなる体質になったのか、その辺りは分からないが、トイレが分からなくなるほどにボケてたのではないのは確かである。
 ところで、みりんと違って、どっちかというとビチグソ傾向にあるかぼすが、効き過ぎてビチビチにならないか心配していたのであるが、そっちの方もどうやら大丈夫そうである。かぼすはちゃんと砂箱でウンコしていたのであるが、前のに比べるとちょっと太めになったところを見ると、ロイヤルカナンの方がウンコの出が良さそうである。月々の餌代が1200円ほど高くなったのは家計に痛い話しであるが、猫も飼い主も精神衛生が健康的になれるとあっては、避けては通れぬ出費である。





かぼすワクチン

ElzQC7gU8AAptDS
 新小岩に住んでた時の犬猫病院では、それまで毎年だったワクチン接種が3年に一度で良いということになり、その後引っ越してきた四街道では、できれば毎年、という事で、医者によってもいう事が違うんだなー、と思いつつ、去年、かぼすにもワクチンのお知らせがきてたのを失念してしまってた。という訳で、先日のみりんに引き続き、かぼすもワクチン受けさせてきた。
 ケツイボだの便秘だののみりんと違い、かぼすは毛玉が出来る程度で日常的にはあまり問題のない猫である。目だれするのは昔からで、目薬さしたりもした事もあったが、大して変化もないし、本人も別に困ってる様な事もないので、そのままにしておいたのだが、目だれをそのままにしておくと炎症起こしたりする事もあるという事で、ティッシュに染み込ませて目だれを拭く薬が処方される事になった。
 あと、歯に歯石が溜まってるので、近々に歯石とった方が良いでしょうとの事。人間でもそうだが、歯石を放っておくと、虫歯とか歯槽膿漏になったりで、結局歯を失う事になる。今の猫も長生きだから、それだけ歯も必要になる訳だが、歯石除去に必要な費用が5万円との事。人間みたいにじっとしてないから、全身麻酔をする必要があるそうで、まぁそれならそれだけの金額かかるかな、とは思うが、年間予算で組んでおかないとなかなか出せる金額ではない。
 ともあれ、それ以外は問題ないようで、お注射されておしまい。ちなみに、体重は5.95kgで500gくらい軽くなった様である。

ElzQCJDVMAAGjY8

 今回の猫に関する費用は結構かかった。標準的なワクチン接種だけなら、みりんは7,700円、かぼすは6,700円であるが、レントゲンだの新しいエサだの、あれやこれはで、2匹で2.7万円ほど掛かった。その上、みりんがあちこちでウンコしたおすからと、嫁はんがペットゲージを買えと再三にわたって文句いうから、それに5,000円もかかった。結局、エサの改善であちこちウンコしまくるのも解決して、ケージは無駄になってしまった。今月は遠征もあるので、費用は多めに準備しておいたのだが、それが月初で悉くなくなったのは、こうした事情があったからである。





便秘猫

2020-10-27 08.46.11
緊張した時の顔が一番本来の顔に近い

 動物病院から健診のお知らせが来てたので、みりんを連れて行った。去年、健診のついでにケツイボ取ったのであるが、あれから大きな変化は、例のウンコである。その話しをしたら、とりあえずレントゲン撮りましょう、となった。
 で、レントゲン写真に移ったのは、腹一杯に溜まった玉っころのウンコだった。先生曰く、便秘猫との事。まぁ、今までそんな事はなかったので、これも加齢によるもんだと思うが、とにかく目一杯詰まっていた。これでは出すのも大変なはずである。
 そこで、エサの切り替えを勧められた。ロイヤルカナンの消化器サポート/可溶性繊維という奴である。ロイヤルカナンというのは聞いた事があるし、売ってるのも見た事があるが、要するに食物繊維が多く含まれた餌の様である。問題は、餌が変わると食わなくなる可能性があるのと、みりんは良くてもかぼすがビチビチになったのでは困るので、その辺りの様子を見る事にした。
 試しに帰ってから試供品を1袋ずつ与えてみたのだが、これがもう、猛烈にバリバリ食う。どんだけ美味いんや、と思うほどの食いつきぶりである。どうやら、ヒルズのサイエンスダイエットより美味いらしい。ちなみに、ヒルズのと違って、年齢制限はないそうなので、その点は気を使わなくても良いらしい。

2020-10-27 08.48.11
猫は意外と注射は痛がらないのか

 その後、病院で緊張したからか、注射されたからか、レントゲンに大写しになったウンコを気張り始め、事あろうに人が飯食ってるのにソファーでションベンまでしやがって、それまでに頑なに拒否してた、嫁はんから要求されていたケージを、ブリブリ怒りながら買いに行く羽目になった。ウンコ気張り出したら、そこに閉じ込めるのだそうである。そうすれば、ケージ以外ではウンコオシッコしない寸法という訳だが、餌が変わって便秘が改善したら無用の長物になるのではないか。まぁ、嫁はんが欲しがるものは、大抵の場合はそうなるのである(だから買うの拒否してた)。
 ともあれ、効果が出るかどうかは、まだこれからである。みりんのウンコが緩くなって、またちゃんとトイレでウンコする様になり、かつかぼすがビチビチにならなければ、万事OK(ケージだけが無駄になる)。予備で買ったサイエンスダイエットが無駄になってしまうが、餌をロイヤルカナンに切り替えである。

2020-10-27 09.57.25
こんなにがっつくのは滅多に見られない





口ほどに物を言う

2020-10-22 22.23.45
 みりんがリビングでウンコ気張る様になってから、嫁はんのみりんに対する当たりがキツイ。名前もまともに呼ばず、「ウンコたれ造」と呼ぶ。どうして「たれ造」なのか分からないが、自分のお祖父さんの名前が「亦造」だったからかも知れない。
 昨日などは仕事中にメッセが来て、小一時間もウンコ気張ってるみりんを、ウンコさせまいと追い掛け回してたらしい。しかも、ついにはオシッコまで失禁したとかで、相当怒っていたみたいである。まぁ、追い掛け回すから逃げるのだし、もう催してるんだから行き先々で出るだろうし、挙句に校門からウンコ掴んで出そうとしたらしくて、そんな事したら「フー!」って怒りもするだろうし、最後は怖くてオシッコちびってしまうもんである。
 まぁ、トイレ以外でウンコやオシッコされたら、大概腹は立つので、嫁はんの気持ちも分からんでもないが、猫の方だってトイレが分からんほどにボケたのではなく、ウンコの出が悪くて困っているのである。どっちも気の毒であるが、みりんはどうも自分がトイレ以外でウンコせざるを得ないのを申し訳なく思ってる節もあるみたいで、かつ嫁はんに悪し様に言われてるのも分かっているみたいで、自分が帰ってきても、嫁はんを気兼ねして、どこかしらオドオドしているのである。

2020-10-22 23.51.45
オドついた顔をするみりん

 こんな事が分かるのは、猫にだってそれなりに表情があるからである。ましてや、みりんは結構人の機微を読む猫である。こっちが辛い時、寄り添ってくれる猫なのだ。だから、おそらく豊かな感情を持ってると思うし、表情は口ほどに物を言ってるのである。
 とはいえ、24時間家に居る嫁はんが猫のウンコを片付けねばならないのは事実であるし、ウンコでみりんが苦労してるのも事実である。去年、ケツイボの手術をした時、レントゲンで腰の骨が1本足りない事が分かり(これは珍しい事ではないらしい)、歳取ったら排便に難が出るかもしれない、と医者から言われている。そろそろ健診の時期なので、ウンコ騒動の事を相談してみよう。

2020-10-23 00.21.26
可哀想なので、たっぷり慰めてやった





クラウドファンディング

EkoCx1cUcAAUzcj
 自分が時代遅れなのだと思うが、最近、飼い猫の治療費を見ず知らずの人からの募金で賄う動きが活発である。クラウドファンディング、いわゆるクラファンという奴である。何か事業を起こすために出資を募るとか、あるいは恵まれない人に募金する、といった事は、人間の営みの中で大昔からある事であるが、飼い猫の為に募金を募り、かつそれに100万も集まるといった現象に、自分はちょっと奇異なものを感じている。
 有名なこぼれ話しだが、とある女性が飼っていたハムスターが死にかけて、医者に診せたら、治す為には目の飛び出すような治療費が掛かると分かった。その話しを母親にしたら、それまで気の毒がっていた母親が「ハム吉には死んで貰いなさい」と宣った、という話しである。その治療費で、一体何匹のハムスターが買えるか、という事を考えたら、当然の帰結である。
 自分は、両足の怪我が治らない野良ヒマラヤンを実家の親父に押し付けた事があるのであるが、親父はそのヒマラヤンを大層可愛がって、結局死ぬまでの4年間に100万円以上の治療費を払ったという。100万もあればヒマラヤンの子猫が5匹は買えそうなもんだが、後悔してないと言う。思い入れの強さと言うのは、そう言うもんであろう。
 といっても、それは金があったればの話しであって、無ければ出せないのは当然であるし、もちろん助ける事は出来ない。金の有る無しは、自分の甲斐性の問題であるから、無くて困るのも恨むのも、自分自身、と言う風に自分は認識してきた。が、最近はそうでもないのかな。
 人のやる事に口出しする気はないし、金出す気もないから口出しする権利もないのだけど、それでもやっぱり、自分の事は自分でやったらどうなんだろ、と思う。それが社会的に意義のある事ならともかく、純粋にプライベートな事なんだし。それとも、こう言う考え方は、酷薄なんだろうか。見ず知らずの人の猫の為にお金出すのが、今日の慈愛の表し方なんだろうか。






愛咬

2020-10-04 15.34.10
ツシマヤマネコよりデカいんで、パワーも結構ある

 「愛咬」は「あいこう」と読む。昨日、WEX勝沼から帰って来て、みりんを撫でていたら、珍しく興奮して、爪たてて抱きついて来て、ガブガブ噛んできた。みりんにしては珍しい。2日間家を空けたから淋しかったのだろうか。といっても、嫁はんは家に居たのであるが。
 みりんは、ガブガブ噛んでこない様に、子猫の時からそういう風に育てている。大体、抱きついて猫キックして来たり、噛みついてくる猫というのは、子猫の時に、腹をわちゃわちゃして激しく遊んだしてる。子猫のウチはパワーが弱いから、ケリケリもカミカミも可愛らしいもんだが、大きくなるとそうはいかない。猫の腹をモフる度に、手が血まみれなんて事もあるのだ。実を言うと、くろすけがそう言う猫だったのである。
 その反省から、みりんは子猫の時にわちゃわちゃしなかった。もっとも、みりんは産まれて3ヶ月ほどしてからウチに来てるので、子猫の期間も短かったのではあるが。何にしても、わちゃわちゃしなかったので、腹をモフっても大人しくしてるし、昨日みたいに爪たてて噛みついてくる、なんてのは本当に珍しいのである。
 では、どう言う時にそんな事するかと言うと、やっぱり寂しい時で嬉しくなかった時である。昨日はそうだったのだろう。しばらく好きな様に噛ませてやってたが、やっぱり痛いので、「痛い」と言って手を引っ込めた。そうすると加減が分かるのか、あるいは落ち着くのか、再び撫でても噛みついて来ないのである。
 みりんとの付き合いもかれこれ10年になるのだが、もともと子供っぽい性格してるのだが、後からかぼすとシロが来てから、長兄らしくあろうとしてた。しかし、10歳と言うと人間で言うたら60歳くらいである。色々辛抱たまらんお年頃なのである。年食ったら子供に帰る、と言うけど、そう言う感じもあるのかもしれない。

2020-10-04 15.38.06
みりんに遠慮してるのか知らんが、こいつはマイペース





里子募集

shigoto_zaitaku_cat_man
 今の世の中、猫だの犬だののペットの里親募集が盛んなのだが、ふと「里子募集」と言うのは無いのか、と思った。例えば、こんな具合である。
 分かったのは、そう言うのは「無い」と言う事だった。つまり、ペットの譲渡は、譲り手から貰い手への一方通行だと言う事だ。
 自分にも経験があるのだが、昨今の「里親募集」と言うのは、非常に煩瑣で、しかも差別的である。老い先短い高齢者がダメなのは仕方ないとして、独身者はダメ、男性はダメ、飼育経験がないとダメ、そういった条件が多い。更には、定期的に連絡しろとか、会いに来るとか、そう言う煩い事を言われたりする。ぶっちゃけ、譲る気ないんかい、と思う。もっとも、虐待したり、気に入らんからと突き返してきたりする奴もいるから、おちおち気軽に譲れないと言った事情もあるから、それはそれで仕方ないにしても、やっぱり面倒が先に立って、里親募集に二の足を踏むきらいがある。
 そこで思い付いたのが、「里子募集」だ。自分みたいに、毎日ツイッターで猫の写真載せてたりする人は、ある意味、身元もハッキリしてる様なもんだし、貰い受けた後など、喜んで子猫の写真載せまくるだろうから、虐待とかそう言うのの心配もない。トイレの砂撒き散らすとか、鳴き声が可愛くないとかで突き返す様な事もしない。譲る方も安心できるんじゃなかろうか。
 もっとも、これが出来るのは、自分みたいにSNSやブログやってて情報発信してる人に限られる。猫飼った事のない人は、今飼ってる猫の写真などSNSに載せることは出来ないから、信用は格段に落ちる。言ってみれば、2匹目3匹目を飼いたい人にしか使えない手である。
 それでも、譲る人の心配と、貰う人のストレスが、部分的でも軽減されると言う意味では、有効なんじゃないかな、と思う。世の中は信用で成り立っている。その信用を、貰い手の側からアピールする、譲渡の流れを双方向にすると言うのは、悪い考えではないと思うのだが?





黒猫感謝の日

Efl0JzKVoAAS_ZK

(ロケットニュース24 2016年8月17日)

 全然知らなかったが、今日8月17日は「黒猫感謝の日」なのだそうだ。その由来については、上記の記事に書いてあるのでここでは触れないが、実感として、黒猫はそんなに貰い手がない猫なのかな?と言う気がしてる。
 そもそも自分が黒猫を飼った経緯は、初代彼女が駅前でチョロチョロしてた黒猫を買いたいと言い出したからだ。その理由は、竹久夢二の黒船屋にインスパイアされたからだそうだ。それまで猫好きではあっても、敢えて黒猫を飼おうと思った事がなかったので、意外な方面からアプローチされた格好である。ウィルスで片目の瞬膜の上がりっぱなしになった、捻れた鉤尾の雄猫だった。飼ってみて分かったのは、黒猫というのは、随分と甘えたな猫だという事だ。まぁ、どんな猫だって、飼って懐いてくれば可愛らしいもんだが、黒猫の可愛らしさは格別だったのだ。
 そのくろすけが失踪して、帰ってきた翌日に死んだ後、直ちに貰い受けて来たのが、みりんなのだが、これもまた黒猫らしい甘えたな猫である。特に自分の事が好きなのか、自分がリビングに降りてくると、どこに隠れてても出て来てお愛想する。愛玩動物精神の塊みたいな猫である。
 黒猫が貰われにくいというのは、全く見た目で判断されてる所が第なのだろう。写真写りが悪いというのは、写真の撮り方の基本を知らないからである。純粋にペットとしてみた時に、黒猫というのは猫の中でも、実に可愛らしい部類であるのは、多頭飼いしてるとよく分かるのである。
 まぁ、何にしても、こういうのは黒猫飼った人でない事には分からない事である。その意味で、今日は黒猫飼ってる人の黒猫に対する感謝の日なのだ。帰ったらちゅ〜るを食わせてやる。




最新コメント
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ