Exm-XkMVcAAdmHc
 昨日、出走後3分で撃沈という、自己最速リタイア記録を作ったのであるが、その際に木の根っこで脇腹をヒットした。まぁ、普通に痛いのであるが、去年の爺ヶ岳と違って、骨がある訳ではないので、骨的な痛みがある訳ではない。まぁ、脇とはいえ腹には違いないので、「うぉぉ」となってしばらくうずくまっていた。
 その後、そのままそこに居ても仕方ないし、これからさらに雨が降ってコースコンディションが悪くなる事が予想できたので、とりあえず乗って帰れるウチに帰ろうと、バイク乗って帰って来たのだが、その道中も振動が加わると、左脇が「うぉ」って感じになる。結構走りやすいコンディションだったのに、残念な事である。(その後、結構滑る様になったらしい)
 戻って来てから、スポーツ安全保険をあとで請求する可能性もあるからと、マーシャルさんに勧められて救護所に行って、ヒットしたところをアイシングしてもらって、湿布して包帯で胸回りをぐるぐる巻きにして戻って来た。その頃には、脇腹というより、肋骨の下あたりがちょっと疼く感じだった。それでもバイクは積んだし、ちゃんと運転して帰って来た。少々打ち身で、大した事はないと思っていた。
 で、今朝、やっぱりまだちょっと痛いものの、飛び上がるほどではないし、昨日よりマシになったと感じたくらいであるが、一応、佐倉の整形外科病院で診察を受ける事にした。大事なければそれでよし、といったところである。
 ところが、診察結果は、骨折。折れてるところがキレイに写っていた。下から2番目のが折れるのだが、一番下も折れてるかも知れんとの事。もっとも、コルセットして湿布貼って痛み止め飲んで治してください、といった骨折なので、一番下のは折れて様が折れてまいが、御構い無しだった。まぁ、しかし、まさか折れてるとは思ってなかった。
 しかしまぁ、この程度じゃ仕事には穴は開かないので、無問題である。そんな事より、生命保険から給付金が出るし、スポーツ安全保険もJNCCとTOYZの両方で請求できるはずである。実をいうと、今回、エンデューロ部から3人しかエントリーしなかったのだが、こんな事もあろうかと、嫁はんにもスポ案をかけてあって、嫁はんを連れて行って4人で参加した体なので、TOYZの方からも請求できる、という運びである。まさか自分が使うハメになると思わなかったのだが。