(ロースおじさん お悩み相談所)

 定年になると、そば打ちを始めるおっさんというのが多い。実は自分にもその手合いの人が一人いた。知り合いの友達の人だったので、今はどうなってるか知らないのだが、まぁ、旨かった。しかし、美味い蕎麦が作れるのと、商売としてそれが成り立つかは、多くの識者が語っている様に、別問題である。今だから言うが、あの立地、あの店舗面積じゃ、ちょっと商売としては成り立たないんじゃないかな、と思った。今から15年も前の話しなんで、今は確かめようもない。
 自分も、パン作ったりケーキ焼いたりするし、それがご婦人のフォロワーさんのウケがいいので、ブログに書いたりしてるのだが、それで商売しようとは、これっぽちも思えない。そもそも調理師免許も持ってないしね。どんなに上手に、美味しく出来ようとも、それはあくまでアマチュア。お母さんの作ったご飯が美味しい!というレベルでしかない。大体からして、人にあげようと思って作った時に限って、どっかしら失敗してて、ベストなものが出せなかったりする。その時点で、プロになる資格もないのだ。
 定年になって蕎麦を打ち始める人は、仕事一点張りで趣味がない人が多いとかいう話しも聞く。それでやってみたら結構面白くて、そこそこ美味しい蕎麦も出来て、これだったら蕎麦屋も出来ちゃうんじゃね?と「夢みて」しまう、という流れなんだろう。こういう流れを、自分は馬鹿には出来ない。自分だって、ベストテクスクール通って表彰台に登れると「夢みた」時期もあったわけだ。そういうのも、人生には大事な事なんだと思う。なんの希望も、わずかの感動もない生き様というのは、面白なさすぎる。
 しかし、ええ歳して、限度ってのはわかっておく必要はある。自分が常々思うのは、自分がやってるのは「趣味」であって「仕事」ではない。アマチュアであってプロではない。昔、自分の周りにいたライダーの一部には、日々、鍛錬と研鑽を積んで、危険と恐怖に打ち勝ち、頂点を目指そうとする「プロ紛い」な事を至高とする人が何人かいた。そんな人から言わせると、自分などは努力が足りない、という事らしいのだが、自分に足りないのは努力だけでなく、センスである。「1%の閃き」がない人は天才でないのと同じだ。その事が分かってから、苦行ベースの考え方から解放された。
 蕎麦打ってるおっさんも、わざわざ苦行ベースにのめり込んでいく必要はないのだ。自分で食って美味いと感じるのが一番だし、それ以上のものは別にどうでも良いのだ。「旦那芸」という言葉は、もう死語なんだろうけど、自分が常々大事に考え感じている事は、そういう事なのだ。

2021-02-08 11.08.38
嫁はん曰く、このライ麦パンは、ぶっちゃけ不味いそうな
まぁ、無理に食わせてる訳でもないので
迷惑にはなってないと思うが