嫁はんに誕プレは何がいいか聞いたところ、グラフィックボードがいいという。新品かと思ったら中古なのだが、それもそのはず、嫁はんのPCは今から9年前に作ったというもので、最新のは使えないのだ。ところが、せっかく落札したグラボがそのままでは使えない、という事で、CPUを買い直したのだが、それをどうこうしているウチに、PCを壊してしまった。まぁ、嫁はんらしい。
 結局、PC自体を買い替えねばならないという事で、中古の安物を買おうとしてたが、安物買いの銭失いになりそうなので、最新の新品を買えと意見した。すると、新しいPCには今使ってるモニターが使えない、という事で、両方合わせて16万円かかるという。本人は自分で出すつもりをしていたが、嫁はんと相談の上、共有財産から支出する事にした。
 さて、嫁はんと相談が太字なのは、金の出どこが共有財産だからである。共有財産といっても、働いてるのは自分で、自分の稼ぎから貯金しているのであるが、結婚してからの貯金は夫婦の共有という事にしている。この貯金は、基本的には家の修繕とか、大病や大怪我などの医療費、親の介護など、パブリックな要件のために貯めている。なので、その金を出動させるにあたっては、嫁はんの了解も必要という事にしてる。
 例えば、去年、トランポを買い替えた訳だが、半分は自分の趣味であってもトランポは家の用事にも使うので、必要経費の半分は共有財産から出す事にした。今回の嫁はんのPCは、嫁はん以外使わないのではあるが、16万円となるとそれなりに大金である。なので家財とみなして出動を稟議したのだ。まぁ、嫁はんは自分の事であるから、反対はしない。となると、この次、もし自分になにか入り用があれば、反対もしにくいであろう、という計算もあった。
 とまぁ、ごちゃごちゃ理屈を書いたが、最近、弁当作りとかも頑張っているし、ご褒美かねがねである。せっかく誕プレで買った1.6万円のグラボは無駄になった格好であるが、PCが新品になれば、それなりに満足感はあるだろう。

2021-01-29 08.24.37
このコタツで
縦に潰れたフグみたいな顔で寝転がって
パソコンやっているのである