ErLaoZuVEAEaVNx
 出勤してしばらくして、嫁はんから送られてきた写真がこれだ。今朝、食い切って捨てといてくれと置いといた海苔のケースに、かぼすが頭を突っ込んで、残った海苔のカスを食おうとしたらしい。すっぽりと頭がハマって、自分では抜けなくなったらしいのだ。海外の写真や動画ではよく見るやつだが、まさか自分の飼ってる猫がこれをやるとは思ってなかった。というか、8年付き合って初めての光景である。
 かぼすは子猫の時は、親兄弟と野良をやっていたので、みりんに比べると食い意地が張っているし、食えそうなもんはなんでも食おうとする。海苔もその一つで、みりんは見向きもしないのに、かぼすはバリバリ食う。一応、人間の食べるものであるから、人間的には薄味でも猫には塩分濃いと思うのだが平気で食うので、人間の方が気をつけなければならない。にしても、まさか海苔のケースに頭突っ込むとは。その場にいたら、自分もまずは写真を撮るだろう。
 最近、かぼすは嫁はんに似てきている。朝もすぐには起きて来ず、みりんがストーブや日向に当たっていても、一人毛布の中で惰眠を貪っていたりする。まぁ、猫だから別に用事はないのであるが、こういうところも飼い主に似てくるもんなのか、とちょっと驚く。まぁ、一日24時間のウチ、嫁はんとは24時間付き合っているのだから、正味12時間は家に居ない自分より、嫁はんに似てくるのは仕方ないところであろう。
 そういえば、みりんも今朝、ビーカーの中の嫁はんが飲み残した牛乳を舐めようと、必死になって舌出しててた。残念ながら、顔が奥まで入らず、舌も牛乳に届かず、空を舐めるばかりである。人間用の牛乳は猫の体に良くないのであるが、まぁ届いてないので面白がって写真撮ってた。もっとも、みりんはこれまで、人用の飲食物には一切興味を示さなかった。なので、ちょっと珍しいなぁと思っていたのだが、こういうところも、嫁はんに似てきたのかもしれない。なにせ、最近、自分よりも嫁はんの方によくベタベタしているのである。似てきても仕方ないのかもしれない。

ErLbEI3VQAAbFDY