2021-01-02 13.25.04
 去年の終わりに、クロトレのエンジン稼働時間が300分に達したので、ミッションオイルとプラグを交換し、エンジンオイルも補給して、バイクの整備はおしまい。そのまま、最後の練習は雨が降って流れたので、大晦日にトランポの洗車に行った。ところが、同じ様な考えの人がたくさんいたのか、いつもなら閑古鳥ないてる洗車場が満員御礼である。門型洗車機空くまでにかなり時間がかかりそうなので、諦めて撤収。
 そして今日、さすがに今日は空いてるだろうと思って行ってみたら、やっぱりそこそこ客が入っている。同じ様に考える人は結構いるもんだ。まぁ、待ち時間は1台分だったので待って洗車し、綺麗にタオルで拭いて帰ってきた。前の100系の時は、洗車らしい洗車など10年で2回ほどしかした事なかったのだが、今度のはプシュパカ・ラタ号は綺麗に乗る決心なので、本当は月に2回は撥水ポリマー洗車したいのであるが、なんだかんだでせいぜい月1回やるのが精一杯である。それでもやればツヤツヤするものである。
 その洗車場の隣には、オートバックスがある。スーパーのつかないオートバックスなので少々しょぼいが、オイル交換だの車検だのやっている。というのは、去年の8月に納車して、早くも5000kmを超えたのでオイル交換をしようと思ったのだ。新小岩の時なら、歩いて5分のところに車屋があったので、頼めばすぐやって貰えたが、今は片道1.5〜2時間かかる。オイル交換の為だけに出向くのはしんどいので、近所で済まそうというのだ。
 もっとも、前の100系の時は、年間で8000kmくらいしか乗ってなかったので、夏の車検の時にだけオイルとフィルターの交換をしていた。5000km毎、もしくは半年で交換ってのがセオリーだが、5000kmでやると車検の時に3000kmと中途半端になるので、のびのびでやってたのだ。
 ところが、四街道に引っ越してから、スクーターで移動する事はかなり減り、なんだかんだでトランポを使うことが多い。按分率でいうなら、2:1もしくは3:2くらいの割合で、日常使用が増えている。その証拠に、半年で5000km走ったのだ。
 ちなみに、オートバックスは行けばすぐに作業してくれる訳でなく、予約制である。アプリもあるので簡単に予約できるが、4日先からでないと予約が空いてなかった。コロナ自主規制で仕事の方も交代勤務で、平日休み取れるので直近で予約入れれたが、思い立って今日やるってのが出来ないが、少々不便かな。まぁ、近所だからいいけど。