2020-12-17 14.32.36
 嫁はんが天ぷら油を捨てようと思ったら、固めるテンプルが無いという。無いならないでさっき出かけてたのだからついでに買って帰れば良さそうなのに、ボケっとしてる事が多いから、うちに帰ってから気がつく事が多い。さりとて古い油でコロッケ揚げられて、また血ヘド吐く様な目に遭っても困るし、このクソ寒いのに買って来てくれと言われるのも嫌なら面倒もくさい。
 その時、玄関の下駄箱の中に、10年ほど前に買って以来、使ってない廃オイルの処理箱があるのを思い出した。廃オイルはボトルに入れてガソリンスタンドに持って行っているし、現地でオイル交換する事もなかったので、使わず終いでこっちに持ってきて下駄箱の中にしまい込んでいたのだ。天ぷら油など、バイク用のエンジンオイルに比べたら、はるかにクリーンであるから、処理箱に入れて捨てても問題ないはずである。
 そこで嫁はんに、「下駄箱に」と言った途端、いかにも面倒臭そうな声で、あからさまに面倒臭そうに、「はーいはーいはーい」と返事しやがった。カチコーンと頭にくる。一体何がはいなのか。下駄箱の何がはいなのか。頭にきたので「何かわかってるのか」と言い返したら、「あー、面倒くさ」と抜かしくさる。ムカムカムカムカカチーーーン!である。こっちは親切で言ってやろうとしてるのに、話しの半分も聞かずに、分かった様な返事をする。しかも実は分かってない。まるでワシを昼飯くったばっかなのに、昼飯はまだかと聞いてくるボケ老人の様な扱いである。
 せめて最後まで話しを聞いて、それが役立たずとか意味がないとかなら、こういうリアクションしても、まぁ良いとは思うが、たった5文字で話し打ち切られたら、そりゃ頭に来たって不思議はないだろう。なるほど、年寄りというのは話しがくどくて、いつまで経っても本題にたどり着かない事が多いが、こっちはそこまで耄碌してない。「下駄箱の中に廃オイルの処理箱があるから、それ使ったら?」というのの、どこがくどいのか。せめて「処理箱があるから」くらいまで聞いてから、面倒臭そうなリアクションするかどうか判断したって良いだろう。
 これ書いてる今も、まだちょっとムカムカしてるのであるが、こういう理不尽な目に遭わされると、年寄りは根に持つものである。なんたって、去年、ムカムカさせられた事を、今でもムカムカしてるのだから

2020-12-17 14.34.45
勿体無いから、分けて使うそうな