20120525_181802
 実はコーヒーはあまり好きでなかった。というのも、子供の頃から朝パンを食べる時はコーヒーだったのだが、当時は顆粒のインスタントのコーヒーで、どうにも口の中がニチャニチャする後味で好きになれなかった。コーヒー牛乳は好きなのだが、インスタントコーヒーは嫌いだったのだ。もっとも、そんな好き嫌いなど言えなかったので辛抱してたが、中学に上がって文句を言える様になってからは、紅茶を飲む様にしていた。こっちは後味悪くないからである。
 そんな自分がコーヒーにちょっと興味を持ったのは、「豆を挽く」という手順があったからである。つまり、コーヒー豆を買ってきて、自分で挽いて、ドリップして飲む訳だが、こっちのコーヒーはさっぱりしてて後味が悪くない。しかも、パン食う時の飲み物としてでなく、ビターチョコレートと一緒に飲料として飲むやり方に、ちょっとハマった時期があった。つまり、嗜好品として使う様になったのである。
 ウイスキーの場合もそうであるが、ここでもまたチョコレートである。本当にコーヒーが好きな人は、コーヒーだけで飲むのであろうが、自分はそこまでコーヒーが好きでないのだろう。むしろ、豆挽いて、コーヒーポットで湯沸かして(しかも、アルコールストーブを使うのが最適)、コーヒー入れる所作が好きなのかもしれない。
 もっとも、コーヒー豆も値上がりし、またそんな悠長な事もしとれる暇も少なくなり、最近はとんとコーヒーを淹れなくなった。せっかく買ったポットも、どっかにしまい込んでいる。独身の時みたいに、そういう遊びもあまりやらなくなったのだ。

20120618_111055
コーヒーにはビターチョコレートがあう