2020-10-27 08.46.11
緊張した時の顔が一番本来の顔に近い

 動物病院から健診のお知らせが来てたので、みりんを連れて行った。去年、健診のついでにケツイボ取ったのであるが、あれから大きな変化は、例のウンコである。その話しをしたら、とりあえずレントゲン撮りましょう、となった。
 で、レントゲン写真に移ったのは、腹一杯に溜まった玉っころのウンコだった。先生曰く、便秘猫との事。まぁ、今までそんな事はなかったので、これも加齢によるもんだと思うが、とにかく目一杯詰まっていた。これでは出すのも大変なはずである。
 そこで、エサの切り替えを勧められた。ロイヤルカナンの消化器サポート/可溶性繊維という奴である。ロイヤルカナンというのは聞いた事があるし、売ってるのも見た事があるが、要するに食物繊維が多く含まれた餌の様である。問題は、餌が変わると食わなくなる可能性があるのと、みりんは良くてもかぼすがビチビチになったのでは困るので、その辺りの様子を見る事にした。
 試しに帰ってから試供品を1袋ずつ与えてみたのだが、これがもう、猛烈にバリバリ食う。どんだけ美味いんや、と思うほどの食いつきぶりである。どうやら、ヒルズのサイエンスダイエットより美味いらしい。ちなみに、ヒルズのと違って、年齢制限はないそうなので、その点は気を使わなくても良いらしい。

2020-10-27 08.48.11
猫は意外と注射は痛がらないのか

 その後、病院で緊張したからか、注射されたからか、レントゲンに大写しになったウンコを気張り始め、事あろうに人が飯食ってるのにソファーでションベンまでしやがって、それまでに頑なに拒否してた、嫁はんから要求されていたケージを、ブリブリ怒りながら買いに行く羽目になった。ウンコ気張り出したら、そこに閉じ込めるのだそうである。そうすれば、ケージ以外ではウンコオシッコしない寸法という訳だが、餌が変わって便秘が改善したら無用の長物になるのではないか。まぁ、嫁はんが欲しがるものは、大抵の場合はそうなるのである(だから買うの拒否してた)。
 ともあれ、効果が出るかどうかは、まだこれからである。みりんのウンコが緩くなって、またちゃんとトイレでウンコする様になり、かつかぼすがビチビチにならなければ、万事OK(ケージだけが無駄になる)。予備で買ったサイエンスダイエットが無駄になってしまうが、餌をロイヤルカナンに切り替えである。

2020-10-27 09.57.25
こんなにがっつくのは滅多に見られない