「歳を取るとあまり食えなくなる」と言うが、実際そうで、昔なら1.5合の飯にインスタントラーメン3つなんて当たり前に食えたのが、最近はそうも行かない。腹減ったなーと思っても、思うほど食えない事が多いのだ。その反面で、やっすい食材で作ったオカズなんかは全然食う気にならなくて、「だったら量少なくても良いから、上等なのを使ってくれ」と思う。この辺り、13歳年下の嫁はんとは、鋭く対立する部分なのだ。
 じゃぁ、どんなもんなら満足するのか、と食ったものを写真に撮ってたのだが、後で見返してみると、それほど上等なものを食ってる訳ではない。どっちかと言うと、質素な方ではなかろうか。普段食べるものは、味噌汁に漬物か簡単なオカズの一汁一菜で満足なのだ。どっちかと言うと、下手な炊き込みご飯とか焼き飯でなく、白ご飯が重要である。日本飯盒協会の永遠のテーマであるが、日本人にとって白米は3000年来の欲求である事が、歳を重ねるごとに深みと重みを増してきているのである。



 そんな自分も、時たま、脂っこかったり、辛かったりするものが食べたくなる。その頻度は10年前に比べると、ガクっと落ちはしているのだが、それでも食べたくなるのである。そう言う時は、食べに行く。家で嫁はんに作らせないのは、ぶっちゃけ余り上手ではないのと、やっぱり割高だけあって店で食う方が美味いからである。それとても、別に高級料理店に行ったりする訳ではない。せいぜい一人1000円未満の店で、安物には違いないのだが、いわゆる食べ放題みたいな店ではないので、そこそこ美味いのである。
 自分は一人暮らしが長かったので、自炊も結構やっていた。自炊の素晴らしい所は、自分が食べたい味を自分の感覚で作れる事で、こう言うのをやれる男の嫁はんは、非常に不利である。よほど研究熱心か、あるいは美味い具合に男の好みにあったものを作れないと、どうしてもマイナス判定になってしまう。その自炊たるや、これまた後で振り返ってみると、しょーもないもんを作っているのだが、自分で食いたいものを作ってるだけに美味いし、仮に失敗しても作ったのが自分本人なので、絶対に文句を言わないのである。

2020-10-10 09.23.13
職場から大量に出た賞味期限が2年切れた乾パン
乾パンを大量消費できるのも、自分だけである

写真 2020-10-07 23 51 51
山岡家に行きたかったのだが、嫁はんのリクエストでこうなった
やっぱり山岡家に行けば良かった

写真 2020-10-09 11 21 08
味噌汁と漬物の一汁一菜
もう、普段はこんなんで十分な気がする

写真 2020-10-09 23 36 27
醤油かけたご飯の美味い事
この美味さを今の日本人は忘れてないか?

写真 2020-10-11 5 55 21
乾麺のうどんを茹でただけのうどん
少量の麺つゆだけで食う秘技を発揮した

写真 2020-10-11 15 52 18
山岡家に行けなかったので、にんたまラーメンに行った
個人的にはこっちの方が好きである

写真 2020-10-11 20 40 48
嫁はんがアホみたいに冷蔵庫に冷や飯を死蔵してたので
焼き飯をこさえた