何か大きな買い物をする時とか、自分に転機が訪れたと感じた時、この手の動画をよく見る。この度はトランポを買い換えたので、やっぱり見返した。何度目になるかな。同じものを繰り返し見てるから、大体思うことは毎度同じだ。「自分は運が良かったな」と言う事と「自分は頑張ってたな」と言う事だ。
 この種の番組は、1998年から2008年にかけて多く作られた。落ちぶれ、やさぐれ、這い上がれなくなった人たちの物語だ。自己責任と言う言葉で片付けられてた時代だった。そして、自分もこうなってても不思議はなかった時代だったのだ。この10年間、自分は何してたのかというと、
2000年3月:会社解散、無職
2000年6月:再就職、面接の条件と違うので1ヶ月で退職
2000年10月:再就職、仕事キツすぎて1ヶ月で退職
2001年2月:再就職
2002年10月:不当解雇で争議開始
2005年8月:職場復帰断念、解決金で争議解決
2007年4月:今の職場に就職
 2000年3月の会社解散で無職になったのは、実は系列会社に移れる可能性もあったのだが、それまでの自分の扱われ方に不満を感じていて、割増退職金もらって辞める事にした。しかし、今から振り返れば、それが人生の蹉跌となっても不思議ではない決断だった。その後、簡単に行くと思った再就職が今でいうところのブラック企業ばかりで短期で辞め、就職活動も虚しく失業保険もらって引きこもってしまった。それでも奮起して就職活動を再開して、やっとこまともそうな会社に入ったが、結局不当解雇されて争議になった。
 ポイントは、そのまま泣き寝入りしないで争議を起こした事だが、そうしてなかったら、自分もホームレース人生だった可能性が高い。また拾ってくれた単産が良心的で体力があったのも運が良かった。とにかく、助けてくれる人の期待を裏切らない様、オルグを頑張った。もしかしたら、人生で一番輝いていた時代だったかもしれない。
 争議が終わると、本当にただの無職になってしまった。再就職先もないし、いくつかチャレンジしたけど、ダメ。なので、争議の時にお世話になった地区労に毎日通って、用事手伝って、文字通り飯食わせて貰っていた。そうこうしているウチに、地区労のイベントの手伝いの関係で今の職場の前の前のボスを紹介してもらい、その流れで今の職場に潜り込めた。これもまた運である。
 自分は「神の奇跡」を信じる男である。自分の努力だけでは、どうにもならない事も多い。しかし、その行き詰まった時、奇跡的なチャンスに助けられる事が多かった。「運も実力のうち」と言うが、自分はそうではないと思う。運は運なのである。
 しかし、全てが運頼み、と言う訳ではない。仮に道端に金のインゴットが落ちてたとしても、外に出歩いていなければ、それを拾うことは出来ない。活動家である必要がある。押しても引いてもダメな時に無駄あがきをしても仕方ないが、それでも基本は頑張る精神が必要なのである。自分は運を拾える条件を自分で整えていたのだろうな、と思う。
 まぁ、こう考えられるのも、今の自分が恵まれているからなんだろうな。なんのかんの言っても、ここまで落ちぶれた事はない。前にも書いたが、この手の動画を見るのは、顕微鏡越しに微生物を観察する様なもんである。