EbxIE2oU0AENQcn
 日曜日の晩、パンツ一丁で寝たら、翌月曜日の朝、鼻の奥がヒリヒリし喉が少しガラガラしてた。しまった、風邪ひいてしまった。とはいえ、医者行くほどではない。そのうち良くなるだろうと思って仕事に行ったのだが、段々と体は怠くなってくる。ウチに帰った頃には、もうグダグダで、速攻寝た。大体風邪ひいた時はいつでもそうだが、ぐっすり寝れるなんて事はなく、起きてるんだか寝てるんだか分からん状態で、小一時間くらいで目が覚めたりするのだが、それでもやっぱり眠たいのか、とりあえずは朝まで寝た。
 火曜日、起きた時はちょっと楽だったのだが、寝室から1階のリンビングに降りただけで具合悪くなった。熱を計ってみたら、36.6度。まぁ、平熱である。熱もないのに体が怠いのはどうした訳か。熱がない以上は仕事に行く方針なので、そのまま出勤。しかし、職場でもグダグダしてたのには変わりなく、家からパブロン持っていくのを忘れたので、職場にあったパイロン飲んだら、もう眠くて眠くて仕事にならなかった。今回の風邪は、とにかく眠くなるのである。帰りの電車では滅多に寝ないのだが、ウトウトしながら乗り過ごさない様に気をつける有様だった(乗り過ごすと帰りの電車がなかなか来ない)。帰って熱を計ってみると、37.6度。このくらいの熱なら、普段はあまり気に留めないが、今はコロナが大流行りで、それが37.5度の熱が出るのが目安であるから、気にならん訳がない。
 とにかくしんどいので、明日の早番の奴に遅番を変わってもらおうと電話したが、出ない。まぁ、夜も遅いから仕方ないのだが、変わってもらい様がなかったら、もう明日は出勤するしかない。明日どうなっているか、それは明日になってみなければ分からないのである。という訳で、早々に寝た。今夜も昨晩と同じく、起きてるんだか寝てるんだか分からん感じだった。
 今朝、心配した嫁さんが起き抜けに体温計を持ってきて体温を計ったが、36.6度。その後も36度台で、体が怠い割には熱はないので、どうやらコロナに罹った訳ではなさそうだ。鼻は中途半端に詰まるけど完全に詰まって息が出来ない訳でもなく、咳も時々出るけど痰が出る訳でもない。典型的なダラダラした夏風邪である。まぁ、この時期、寝る時は暑くてパンツ一丁だけど、明け方涼しくなって風邪引いてしまう。罹ってしまったもんは仕方ないので、とにかく体休めれる時は休ませて、週末のレースに備えないと。実のところ、あまり休みたくなかったのも、仕事休んでレース出たのでは、格好がつかないからなのだ。