スクリーンショット 2020-06-26 16.43.04

 トランポを買い換える話し。買い換える決心の前に、分からない事ややりたい事など、頭の中で漠然としてる事を、まず整理するのが自分の常である。特に、初めてでなく、二度目となると、それまでの経験もあるので、要求が色々嵩じている。そういうのを整理しない事には、素案も作れないものである。

 まず、車両。ハイエースは色んなグレードや車種があって、ぶっちゃけよく分からないのであるが、要するに予算の問題である。金に糸目を付けなければ、どんな上等のだって買えるのである。しかし、自分の甲斐性や今後の事も考えて、今乗ってるのと同等程度の物以上のグレードの物は買えない。つまり、「DX・3/6人乗り・5ドア・2000ガソリン・2WD・6A/T」の9年落ちくらいの、という感じである。つまり、商用車という事だ。乗り出し価格100万円くらいであれば御の字だが、さて、値段は走行距離と車体の程度によると思う。

 ハイエースの商用車は、3〜6人乗りと、3人乗りのがある。今使っているのは、元々6人乗りだったのを3人乗りに減員して構造変更したものだ。貨物車の場合、減員するのはそれほど難しくないという。リアシートをそのまま活かすか、あるいは無くすかで、板張りから、バイクや装備の搭載方法が変わってくる。リアシートを普段は外しておいて、車検の時だけ付けて出す、という方法もあるのだが、このやり方は法的には結構グレーで、下手に事故とか起こした時は、ちょっとマズイらしい。とはいえ、リアシートを起こしたままではバイクは2台積めなさそうだし、だったらリアシートはない方が良い。構造変更も視野に入れておく必要がある。

 次に、トランポ化、具体的には荷室の床張りであるが、前回は自分でやったのだが、200系ハイエースは載せるだけで使える板が結構売っている。しかも値段はピンキリで、高いのは7万円、安いのは1.5万円くらいである。どういうのにするかはともかく、いざとなったら外せる様にしたいと考えている。つまり、前回みたいにネジ止めしたり、縁をコーキングで埋めたり、というのはあまりやりたくない。というのも、手放す時に現状復帰できる様にしたいのだ。まぁ、この点はもっと研究が必要だ。

 今のジャガンナート号は、リアシートがない代わり、運転席の後ろに棚を作って、装備の収納性をアップさせてある。もちろん、運転席と助手席のシートはリクライニングさせられない。ところが、嫁さんはリクライニングさせろという。調べてみると、DXのシートはリクライニング出来ない様に作ってあるのだが、ストッパーを削ってリクライニングさせている人がチラホラいる。自分でやるには難しそうだが、やってやれない事はないのだ。リクライニングさせる前提として、となると次のトランポでは、座席の後ろに今みたいな棚を作る訳には行かない。しかし、今の棚の下段に入れている洗車機と需品箱だけは外せないので、それらをどうするか。下段の分だけの棚を作るか(バイクの前輪を押し当てる何かも必要だし)、この部分も様研究である。また、運転席のシートをGLのに交換してリクライニングさせる案もあり、これもまだ調査段階である。

 カーナビ、ETCと言った運転装備は、前は後付けでベタベタ貼り付けたが、今度はキレイすっきりビルドインにしたいと思っている。カーナビにしてもETCにしても結構古いものなので、新しいのを付けたい。ビルドインは自作でやっている人も多いのだが、自分はそこまで器用ではないので、店に頼んだ方が良さそうな気がする。もっとも、そうするにしても金のかかる話しなので、直ぐに出来るかどうか。出来れば納車時にやっておきたいものだが。
 ドラレコはこないだ付けたばっかりなのだが、それが流用できるならしたい。これも配線をビルドイン出来そうならそうしたいものである。