2020-05-20 20.24.23
ちなみに、外食は生活費からは出してない

 嫁はんが夜も夜中に、「今月赤字が出ました、補填して下さい」と言ってきた。昨日、メガドンキで食ったクレープ代が足が出たという。まぁ、こんな事言われるのは最早慣れっこなので、先月指導した帳簿を見せる様に言った。これからは毎月監査をして、帳簿に不備がないか点検する事にしたのだ。これはぶっちゃけ、嫁はんの家計能力を信用してない事になるが、実際そうであってもなくても、監査の必要があるのは、自分の職場の仕事でも理解するところである。
 点検してみると、確かに生活費の部分では赤字になっているが、予備費の部分ではほぼ先月の繰越し額と同じ金額が残っていた。予備費というのは、食費等の生活費以外で使って良い費用で、まぁ、もし生活費に不足が生じた場合は、そっちから回して良いという事にしている。しているのに、赤字になったと騒いでいるのは、単に家計の取り決めをしっかり理解してないからである。帳簿には不備はなかったし、数百円の赤字なら予備で補える。強いて言うなら、生活費の残金の計算を間違えたか、しっかり把握してなかったかで(おそらく後者)、お金足りないのにクレープ食ったのが、赤字を生じさせた原因である。
 それより困ったのが、先月、嫁はんの家計の金の動きに合わせて帳簿を作ったのだが、その理屈と動きが分からないという。先月、何度もひつこくその概念について説明したのだが、頭に入ってないらしい。入ってはなくても、数字は言われた通りに入力してた、という訳だ。言われた通りにやってるから、数字としては間違ってない。ただ、表の仕組みが分かってないのでは、解も答えも理解し難いであろう。また一から説明せねばならなかったのであるが、以前の自分なら「同じ事何度も言わすなや!」とブリブリ怒ってるところであるが、そうはせず、出来るだけ丁寧に説明しなおした。
 というのも、今週は職場の監事監査で、出来るだけ間違いがない様に資料を揃えたつもりだったが、監事から突っ込まれるハメになった。また、預り金の集計表の付け方でも会計士から突っ込まれた。こちらは言われた通りにやってるつもりなのだが、説明が足りなかったのか自分の理解が足りなかったのか、結局としては自分が詰められる結果になった。自分としては言われた通りにやってるつもりなので、それで自分が詰められるのは理不尽に感じるところであるが、仕事の流れを自分が理解してないから、不備があってもそれを指摘できなかった(つまり自分を守れなかった)。といっても、資格も経験もない自分が、そんなもん1年そこらで理解するというのが無理がある。無理な事を、日々頑張ってやってるのだ。
 いくら頭の上からガンガン言われたって、分からんもんは分からん。むしろ順序だてて説明してくれないと、全く分からん。仮にそれが自分の金の流れであっても、表なりシステムなりを誰かが作った場合、その概念を理解するのは難しかったりする。だから嫁はんには、出来る限り分かり易く説明しなおしたつもりである。(ただ、生来のずぼらさ加減は、いくら説明しても直しようがないのだが)