e0f6350a
 昨日、無事にテレビドアホンの設置が終わったのだが、ちょっとだけ宿題が残った。というのは、2階の増設モニターが実は要電源のもので、一応は壁の下にコンセントがあるので電源は取れたのだが、コードが伸びていて、ちょっと見栄えがみっともない事だ。1階の親機の方は、もともと電源を取れる様に、リビングの照明のスイッチの上にコンセントが付いているタイプである。これと同じ様に2階の階段灯のスイッチも変えれば、コードがスキッとする訳だ。
 ところで、この家のコンセントやスイッチは、建設当時の古いものがそのまま使われている。中にはカバーだけ取り替えてある部分もあるのだが、そうした所は使用頻度が高くて汚れた目だったのだろう。カバーは替えてあってもスイッチ自体はそのままなのは、スイッチを交換するのだけでも電気工事士の資格が必要で、持ってない人は電気屋に頼むしかないのであるが、工賃が1箇所で3,000円ほどするので、新設するか壊れでもしない限り、見栄えのためだけに頼むのはバカくさい。カバーだけなら、資格は要らないのである。
 うちのコンセントやスイッチの数を調べてみたら、合計で33箇所あった。これを全部、今風の物に交換すると、単純計算で工賃だけで9.9万円かかる事になる。結構な出費である。自分で交換できたら材料費だけである。そこで電気工事士の資格を取るのに、どれだけの難易度なのか調べてみた。とりあえず学科の方は何とかなりそうである。ところが実技試験があって、これがかなり大変との事。工具を買うのは良いとして、練習用の部材が結構いい値段で、しかもなかなか試験が難しいとあっては、いくら掛かるか分からない。結局、電気屋に頼んでも変わらないか、下手したらもっと掛かる。という事で、電気工事士の資格はあっさり断念。まぁ、コンセントもスイッチも壊れた訳ではないので、このまま使う事にする。
 当面、必要なのは、2階のコンセントスイッチである。今風のというのは、コスモワイド21という奴で、コンセントとスイッチがセットになったやつもある。ただし、上がスイッチで下がコンセントである。この逆が欲しいのだが、製品としてはないらしい。もっとも、上下逆に入れ替えて使っている人もいるので、やれない事はないのだろう。その辺りは電気屋に言えばやってくれるんだろうな。