2020-05-03 14.17.44
 コロナで自粛して様がコロナ関係なかろうが、外食というのは「気分」でやってしまうものなので、うっかりすると外食費がびっくりするほど増えてたりする。なので出来る限り外食は控える様に心がけて、3月は成功したのであるが、その後のコロナ自粛である。する事がないと口さみしくなるのか、先月は増えてしまった。結局、活動自粛しても収支はトントンである。
 とはいえ、工事の人が来るからと、昨日6時間、家の掃除やってた嫁さんに、何にも給与しないというのでは具合が悪い。何が食いたいか聞いたところ、佐倉のベイシアの向かいにあるインド料理屋に行きたいという。何かというとインド料理屋に入りたがるのだが、まぁ、褒賞であるからにはダメともイヤとも言えないので、出向く事にした。
 この近所の外食店は、軒並み自粛で、テイクアウトのみになっている所が多い。この店もそうで、注文してから外で待って、受け取って帰る。何が食いたいか、嫁さんに注文させたら、結構良い値段になってびっくりしたのだが、ナンをチーズナンにして貰うだけで良かったのに、別個にチーズナンも入ってたりして、それで値が嵩んだのだ。駐車場にデカデカと出てた看板の「カレーベント」なら780円である。
 お味は、まぁ、お持ち帰りなので、温かいものは少々冷め、冷たいものは少々温まり、という具合で、店で出来たてのを食べる事を考えたら、ちょっと値引きな感じであるが、まぁ普通に美味しい。この手の店は、カレーの辛さはオーダー出来るところが多いが、お持ち帰りでは並な日本人の大抵が食べれる辛さにしてあるようだった。緊急事態宣言が解除されたら、今度は店で食べたいものである。
 嫁さん曰く、ラッシーが猛烈に甘い、という事だったが、おそらく辛いのを食った時対応の甘さなのと、少々温くなってたからかもしれない。冷たいものは甘みが低く感じられるので、結構甘みを強くしてある事が多い。そもそも、この店に行きたいと言い出したのは、学校給食がなくなって牛乳が余ってるのか、ラッシーの作り方がツイッターに流れてて、それを見て嫁さんがラッシーを作ったのだが、生臭くて嫌だと言ったところ、インド料理屋のと飲み比べてみろ、という流れがあったのである。自分はインド料理屋のラッシーの方が好きである。

2020-05-03 13.45.17