couple_kakei
(2020.4.16 17:40 dot.)

 先月の15日くらいは一体何をしていたかというと、WEX勝沼をキャンセルして富津岬に行っていた。外出自粛などまだ求められておらず、せいぜい人混みに行かなければ「感染しない」と考えていた時期である。実のところ、それほど深刻には考えていなかった。だから、この首相夫人のことをそれほど責め立てるのは酷なのかもしれない。
 しかし、うちの職場の仕事の状況はこんな風になっていた。

 1月:例年通り
 2月:半ばくらいからコロナ関係のキャンセルが入り始める
 3月:月初からいきなりキャンセル連発で稼働率が一桁%になる
 4月:緊急事態を受けてむしろ仕事を断る

 3月に入ると、まるっきり激減しているのである。それまでの稼働率が50%くらいだったのが、7%以下に落ち込んだのだ。新型コロナウイルスの国内感染者数が急増するのは3月27日頃なのだが、その3週間前には収益がガク減りどころでない落ち方をしているのである。おそらく、客商売をやっているところは、軒並みこんな感じになっているのではなかろうか。自分がのほほんとしてたのは、雇われてる側であったればこそで、経営者はみんな頭悩ませ始めてたのが、3月15日という訳だ。
 それまで何となく「仕事減ったなー」とは感じていたが、上司から帳簿を調べて視覚化する様に言われて初めて、「こらごっつい事なってんなー」と感じる事が出来た。自分が言いたいのは、首相夫人の呑気さを責める事ではなく、今後いつまで続くか分からない緊急事態において、自分の家計を経営者的な視点でみて、今後の想定をしなければならない、という事である。