2020-03-16-14.32.11
 せっかくの4連休をどこにも出かけずウチでダラダラするのも何なので、どっかに連れて行けという嫁さんのリクエストに応えて、富楽里の道の駅でちょっと上等な食事したあと、富津岬に行ってきた。嫁さんが海に行きたいというからだ。まぁ、新型コロナウィルスのお陰で、博物館なども軒並み閉館閉園で、行けるとことしたら、近所なら海くらいしかないのである。
 さて、行ってみたら、一体どうした訳か、猛烈な暴風である。「潮風を頬に受け(南の島のフローネ)」どころではない。全身で猛烈な風と砂を受ける羽目になった。まぁ、嫁さんがこういうトコに来る時は、大抵はサマにならない事が多い。本人のせいではないと思うが。
 ところで、ここ最近、にわかにではあるが、またちょっと写真熱が微熱ではあるけど再発している。なので普段なら、こういう所に来ても、別に「大記録」にレポートを載せる訳ではないので、大して何も考えずに適当にスナップして帰るだけなのだが、久々にちょっと構図を考えて撮ってみた。といっても、iPhoneなので、構図以外に考えようもなかったのであるが。
 やってみて思ったのは、確かにスマホで写真というか、画像を撮るのは楽ではあるし、加工もその場で出来るし、何よりSNSにその場でアップ出来るなど、利便性がとても高い。もちろん、帰ってから直ぐにブログに使えたりもする訳だ。
 しかし、やっぱりカメラ使って写真撮ってるのとは、まったく別の作業である。かつて二眼レフでやってたみたいに、測光したり、絞りやシャッター速度を考えたり、三脚の位置を微妙に変えたり、レリーズ押したり、フィルム巻いたり、そうした緊張感とか期待感が入り混じった所作がない。カメラ使って写真撮るのが好きな人は、こうしたのが好きなのではなかろうか。
 ついでにいうと、今日は砂が飛んでくる様な強風である。もし、二眼レフを三脚で立てていたら、強風で倒れないだろうかとか、ファインダー覗いてる間に砂が入ってこないだろうかとか、そういう心配もした。そういうのも、写真を撮る上での(対策を考える)楽しみだったりする。
 てな様な事を考えつつ、久々だからか、あまり大した写真撮れてないなぁ、とガッカリしてる。

2020-03-16-14.41