2020-03-03 09.27.46
 こないだ、玄関の階段周りが水汚れで黒ずんでいるので、嫁さんに掃除しとく様に言いつけたのだが、デッキブラシで擦るのが大変だから、ケルヒャーでやってくれという。何をズボラな事言うとるかー、と言いそうになったのだが、よく考えてみたら、ケルヒャーはバイクの洗車用であると同時に、家の外壁洗浄用としても買ったのである。故に購入費用は、バイクの活動費からではなく、家の家財費から捻出されたのだ。言ってみれば、バイクの洗車は、家の洗浄の「ついで」みたいなもんなのである。
 実のところ、水道と電源のある庭からは、ホースだのコードだのが、ギリギリ届くかどうかというところだったのだが、そこは創意工夫でどうにかした。やっぱり、デッキブラシで擦るより、ケルヒャー使った方が100倍楽である。だからこそ買ったのである。水は使い放題というところなので、それだけ水道代も掛かる訳であるが、デッキブラシを使う場合でも水はホースでかけるであろうし、ケルヒャーの場合は発射してる時だけ水を使ってるので、ホースで出しっ放しよりは、やはり経済的なんだろうと思う。
 ウチの家は、前の持ち主が外壁はキレイに塗り直してくれたので、築30ウン年とは思えないほどキレイなのだが、塀とかコンクリ床の部分は流石に黒くなったりくすんだりしてる部分が目立つ。洗浄すれば、見た目にもキレイになるので、暇を見つけてやるに限る。
 ちなみに、エンジン洗車機もあるのであるが、やっぱり自宅で使うにはケルヒャーの方が使いやすい。それに、あの大パワーを家の壁めがけてぶちまけたりしたら、汚れと同時に剥がれては困るもんも剥がれてしまいそうで、躊躇する。音もやかましいし、給水の問題もあるし(ケルヒャーは水道の蛇口から使えるのが良い)、やっぱり買って正解だった、ケルヒャー・K2サイレント。

2020-03-03 09.27.59
右側はまだ洗ってない部分
そろそろ続きやらないと