2020-02-03 10.38.31-1
 モトクロッサーなどのレーサーには、大抵の場合はサービスマニュアルというのが付いてくるのだが、トレール車なのどの市販車には付いてこない。XR250の時もなかったので、この趣味を始めた時に改めて買った記憶がある。オイル交換とか、タイヤ交換した後のホイールの取り付けとか、大体はボルトやナットの締め付けトルクの数値以外に用事はないのだが、無きゃ無いで困るのである。ちなみに、XR230の時は、某筋からPDFのデータを貰う事が出来た。PDFなので自分で印刷したが、買えば結構な値段がするので、有り難かった。
 さて、TT-R125だが、これは実はレーサーらしいのであるが、何分にも古くて人手にも渡ったものでもあるし、マニュアル(ヤマハではオーナーズマニュアルというらしい)は付いてなかった。もしかしたら、最初から無かったのかも知れない。今回はXR230みたいに魔改造するつもりは全然無いので、当然お金もあまりかける気がないのであるが、オイル交換とかタイヤ交換くらいは自分でやる事もあるだろうから、やっぱりマニュアルは欲しい。という事で調達した。7,040円。結構良い値段である。でもまぁ、持っておけば、重整備をお願いする時に、バイク屋さんから持ってきて、と言われる事もあるだろうし、役に立つだろう。
 ところで、こないだの練習で嫁さんが「XR230の時に比べて、スタンディングが前屈みになってシンドイ」と言ってきた。そこでXR230とTT-R125のステップとハンドルの位置を測り比べてみたら、前後上下に各々50mmほど、TT-R125の方が狭い事が分かった。TT-R125の方が小柄な乗り手を想定しているのである。となると、ハンドル位置を前へ上へ移動させるのが直ぐ思いつく。その手のクランプも売っている。もし自分でやるとなると、クランプのボルトの締め付けトルクが知りたくなる訳だ。そういう時にマニュアルが必要になる。
 もっとも、それをやろうとしたら、チョークの位置なども変えねばならないし、となると自分の手には余るので、バイク屋さんに任せる事になる。魔改造するつもりはないが、乗り易くするのは魔改造ではないと自分に言い聞かせている。

2020-02-03 10.40.46-1
実際に自分に用事があるのは、この辺りらへん