2019-12-28 16.58.36
 普段、あまり意識しない癖に、いざ壊れたり買い換えるという段になると、なかなか気に入ったのが見つからなかったり、買い替えたくなかったりするものに、椅子がある。気に入った椅子というのは、手離し難いものなのだが、修理が効かないものが多いだけに、なくなく捨てて買い換える、という事が多い。
 今使っている椅子は、実は新小岩時代にゴミ捨て場に捨ててあったのを拾って来たものである。本来、この手の家具は、粗大ごみ処分のシールを買って来て貼って、取りに来てもらわねばならないのだが、おそらく程度の低い奴がゴミ捨て場に不法投棄したのである。そこへたまたま通りがかった自分が、ウホウホと持って帰り、それまで使っていたあまり気に入ってなかった椅子を、マンションの階段下に不法投棄したのである。まぁ、自分も大概だった訳だ。
 あれから何年使っているのかもう忘れたが、これが意外に使い勝手が良くて愛用し続けている。実は座面が割れた事があって(写真の通り、二ヶ所)、木工ボンドでくっ付けたり、それでもまた外れたから、今度はバイクのシート止めるデカいホッチキスで補強したりと、色々やって使い続けて来たのだが、先日、またしても割れてしまった。
 いよいよ買い換えるかー、とも思ったのだが、やっぱりなかなかイイ椅子がないのである。またいざ買うとなると、結構イイ値段もする。だったらまた修繕して使った方がいい。基本的には、材質が木だけに、木工ボンドでくっつくのである。ただし、今度はもっとハードな修理をしようという事で、ステンレスのプレート買って来て、木ネジをぶち込んで補強した。これなら、よっぽどの事がない限り、そうそうは座面の割れた所が外れたりはしないだろう。
 ちなみに、ネジの穴を開けるのに使ったドリルは、今から10年前にトランポの床の板張りをする時に買って来た奴である。あれから10年経つが壊れてない。今日初めて、スイッチいれたらモーターから火花が飛んでるのが見えたのだが、まぁ、ガスが充満してる所ででもなければ、爆発したりはしないだろう。