1_l
 先日、XR230を手放した訳だが、そもそもXR230を残していたのは、嫁さんに乗せる為であった。なので、足長キットもハイシートもファットバーも、マフラー以外の改装は全部ノーマルに戻し、サグも嫁さんの体重に合わせたセッティングに変えてあった。のであるが、結論から言うと、重すぎて敬遠されてしまった。嫁さんがバイク乗りに行きたがらない理由は、「コミュ障で人と話しするのが嫌」「デブった体を見られたくない」と、別にバイク乗る上で大して影響しない理由なのだが、「転けたら自分で起こせない」と言うのは、それなりの理由である。ぶっちゃけた話し、XR230は重いと思う。
 と言う訳で、売り飛ばしたのは良いのであるが、問題は後をどうするか。まず、現在納車が進んでいるX-Trainer250にスモールホイールを履かせて、ミニトレ化する案。一粒で二度美味しいのが好きな自分としては魅力ある案であるが、体が二つあるのにバイクが一つでは、どっちかが乗っている間、もう一人は乗れない事になる。まぁ、先に述べた様に、ズボラの謎理屈でバイク乗りに行かない人だから、これでも良いかと思ったのだが、よくよく話し詰めてみると、乗りたくない訳でもないらしいので、この案は不具合がある。
 次に、RR4T125にそのミニトレ用のホイールを履かせる事も思案してたのだが、ミニトレ用のホイールはRR4T125には着かないと言う事が分かって、早々に廃案。よく考えてみたら、もう一台新車を買う余裕は無いし、さらに嫁さんの体格に合わせて調整するなんてもの、予算的に無理なのであった。
 その次に考えたのが、「どっちみち、じい様の山に山菜摘みに行くのが目的なら、スーパーカブでもいいんでね?」と言う案。レース出るつもりも無いんだから、だったらそれでも良いんでないかと思ったのだが、これには嫁さんが非常に嫌がった。曰く、「カブでオフロードコース走って良いんですか」「成田の大坂登るのが唯一の得意だったのに」と言うのである。前者は別に走ったら行かんと言うルールは無いので関係ないが、後者は確かにカブでは難しいだろう。
 となればオフロードバイクという事になる。そこで閃いたのが、RR4T125のエンジンはTT-R125のエンジンがベースになってる、とか聞いた事。だとすれば、TT-R125にすれば良いのではなかろうか。自分も昔、少しだけ乗らせて貰った事があるが、軽量でどこの坂でも登っていく印象だった。スペックを知れべてみると、シート高は805mmとXR230と同じでありながら車重はXR230よりも20kgも軽い。
 問題は、タマ数が少なくて、あまり手に入り難いという事。ヤフオクにはチラホラ出てたりするのだが、それでも22〜28万円とお高い。かつ、ぶっちゃけた話し、中身がどうなってるのか得体も知れない。ここは少々高くても、伝手を頼った方が得策であろう。XR230の時とは違って、もう魔改造する気もお金もないので、来たら乗れるというのが良いのだ。