scared-1283751_640
 「キレる高齢者」が問題になって久しいのであるが、そうした高齢者(に限らずキレる人)は性格異常者なのであろうか。まぁ、性格による部分があるのは確かであるが、そのきっかけになる瞬間を今日、2回も体験した。

 まず一つ目は、年末年始の帰省で新幹線の切符を買いに行った時の事である。新幹線の切符は、1ヶ月前から買えるので、みどりの窓口に10時前に着いた。すでに何人かの人が並んでいたのであるが、その最後尾に並んだ時、若い駅員がやってきて「受付は済まされましたか?」という。何の事か分からんかったので、「はぁ?」と聞き返したら「9時半からの受付の分で締め切らせて頂きました」という。おいおいちょっと待て。切符の販売は10時からやろうに、9時半で締め切ったとはどういう事か。ますます訳が分からん。するとその若い駅員は、さも仕方ないなぁという風に、切符買う白い紙に行き先だの時間を書けという。まぁ、これは今までもそうだったが、乗る列車の番号まで書けという。こんなもん、今までは言われた事がない。そんなのは窓口の方で選んでくれてたからだ。「そんなもん、どうやって調べたらええねん」と言い返すと、時刻表を見ろという。「そんなもん見方分からん」と言い返すと、新幹線は青字で印刷されてるページだという。「そのページのどこを見たらええねん」と言い返したら、希望する時間帯はこの辺ですという。ところが老眼で字が細かくて見えないのだ。結局、その車番を見てもらって確認し、白い紙に書いたが字が汚かったのか(これは自分が悪い)、その駅員が書き直して窓口に持って行ってた。
 去年も同じ窓口で買ったのだが、こんな事はしてなかったので、今年からこの方法になったのであろう。前に並んでたおばちゃんも、ちょっと面食らった様な事を行っていた。10時になって券売が始まったが、そのあとにも列に並ぶ人がいて、しかもいの一番に「受付」したのに、10時まで他所に行ってたという理由で後回しにされてた。そのおっさんも「並ばなくていいって言われたのに」とこぼしていた。
 やり方を変えるのは会社の都合もあろうから、それはそれで良いが、こっちはそんなん全く知らんのである。それを、さも当たり前の様な口調態度で言われたら、そりゃ人によってはキレるんじゃないかな。自分は見た目からは想像できんくらい大人しい性格なので逆上しなかったが、ぶっちゃけ怒鳴りつけてやろうかと思ったくらいである。どうして「混雑を避けるために今年からこの方法になりました。ご協力お願いします」と言えないのであろうか。

 二つ目は、いつも買い物に行くホームセンターである。猫のエサと砂、そしてプリンターのインクを買ったのであるが、明らかに金額がおかしい。ざっと計算しても1万は多いのである。その事をレジの陰気なおばちゃんに行ったら、間違ってないという。レシートみて確認したろ、と思ったら、おばちゃん、自分で確認して、餌と砂の数を逆に入力している事に気がついた。が、すんませんの一言もないのである。おいおいおい、客から間違い指摘されて、実際間違ってて、すんませんの一言もなしか? これ、何も言わんかったら、間違った金額取る事になったんやぞ? と怒ったろかと思ったが、見た目からは想像できんくらい大人しいry、という事で、黙っておいた。

 キレる高齢者がキレる原因ってのは、大体この辺りにあるんじゃないかな。要するに、「一言足らん」というやつだ。