2019-09-27 11.03.10
 前々から気にはしていたのだが、防災用品と言えば、まず思い浮かべるのが、「水、食料」という事なのだけど、実は結構大事なのは、「出す方」つまりウンコオシッコの処理ではないのか、という事。飲み食いすれば当然出るし、飲み食いしなくても出るものは出る。ところが、こないだの台風みたいに、長期に渡って断水という事になれば、水洗トイレの水は流せないのである。これは非常に由々しき問題である。庭に穴掘ってやるにしても、衛生上よろしからぬのは言うまでもないのだ。
 という訳で、今回、自分の防災用品史上、初めて非常用トイレの用品を調達した。100枚入り。一体これでどのくらいの期間持つのか分からないが(2人で1日2回として、25日分)、とりあえず保存期間は10年との事。結構長い間持つもんだ。ちなみに、箱に入っているのは、凝固剤のシートだけみたいで、それを包むというか入れるというか、その為の袋は別途購入してくれとの事。45リットルのゴミ袋で良いそうなので、100枚入りのを近所のホームセンターで買ってきた。
 これが、四街道の家に引っ越してからの、初めて防災用品という事になる。階段の下の物入れにしまっておく事にしたが、これから月々5000円くらいの予算で、必要と思われる物を揃えていこうと思う。まぁ、使わないに越した事ないのだけどね。