IMG_2567
 ここ一年ほどであるが、みりんがトイレ以外の所でウンコする事が多い。確かに今年で9歳だが、ボケるほどヨボっちくもなってないし、トイレでする時はちゃんとする。別のとこ、ソファーであったり、リビングの椅子であったり、そうした所でウンコする時は、大抵は人が見てない時で、リビングに降りてきて気が付く、と言うパターンである。
 ところが昨日、嫁さんとソファーに座って、大画面のテレビ見てたら、おもむろに二人の間に入ってきた。良くある事なので気にしないでいたら、自分の腰の横辺りが急に暑くなってきた。猫がくっついてるにしては熱いので、自分と猫の間に手を入れてみたが、特段異常がない。が、その熱さがブールの中で小便した時の熱さに似ているので、もしや!と思い飛び上がって電気を点けてみたら、なんと驚いた事にソファーの上でションベンしてやがった。そして、さっきまで熱かった部分が急激に冷たくなっていくのを感じて、自分がモロに被害を被ったことを理解した。いや、最大の被害はソファーだったのだ。
 このあとは大騒ぎである。本来なら、猫を怒鳴り散らす所なのだが、あまりの出来事に、なんかもう、夫婦揃って大笑い。想定外の事態に直面すると、笑ってしまうのを初めて体験した。しかし笑ってる場合でない。ソファーにションベンが染み込まない様、ウェスを被せて、もともと汚くなっていたソファーのカバーは捨てる事に。この作業をやろうとした矢先、今度はリビングの椅子の上でウンコ気張り始めて、流石に引っ叩いたものの、ウンコは見事に椅子のカバーの上に出産。ダッシュで逃げるみりん。以前、シロがこんな事しやがったら、烈火の如く怒ったもんだが、不思議にあまり腹が立たなかった。
 このあとは、ソファーにアルコールぶっかけて拭きまくり、ファブリーズもぶっかけ、とにかく臭いがしなくなるまで拭きまくって、嫁さんの爺様の介護用に使ってたペットシートのデカイのをソファーに掛けてから、新しいカバーを付けた。一人だとただただムカつく作業だったろうが、二人でやると、なぜか笑い話になるから、これも不思議なもんだ。

 猫がトイレ以外の所で粗相をするのは、高齢でボケた時か、何か不満や不安なんかでストレスある時である。今回のは、どうみても確信的に、ワザとそうしたとしか思えない。つまり、ストレスが原因となるが、みりんは何でストレス溜めているのか。みりんは良く、自分が嫁さんに小言を垂れる時に、二人の間に入ってくる。おそらく、仲を取り成しているのだろうが、これがストレスになっているのかもしれない。猫なりに気を使っている、と言う事なのだろう。

IMG_2517